test表示

人妻不倫旅行日記

人妻を連れて旅から旅へ…高橋浩一のAV監督日記です

IMG_20191021_100755-979x1305

秋の海辺へ人妻と旅に出た。地方の旧家に長女として生まれ、家名を継ぐ事を運命づけられて育った。法学部を出たのに現在は総合病院のベテラン看護師として働くと云う異色の経歴を持つ人妻だ。

旦那さんとはお見合いで出会い14歳も歳が離れている。それじゃあ当然夫婦の営みなど無いだろと思っていたら、何と未だに継続中との話! ご立派である。

人妻の趣味は読書だそうで、車で海岸線を走っていたら

「あ! ○○先生のお書きになった獄門島の風景みたい!!」

と狂気乱舞。その後も度々作家の名前と作品名が出てきて、人妻がかなりの読書家なのが分かった。面白かったのが思春期の頃に読んだ耽美派作家の話だ。学校の図書館にあった全集を読み、図書館になかった作品は市立図書館で全部読んだと云う。その作家の作品は男女の歪んだ性的な関係も描いており、少女だった人妻はゾクゾクしながら妄想を膨らませたと云う。

そんな人妻とのSEXは予想もつかぬ方向へ向かっていった…

IMG_20191017_121138-1338x796

旅を終え帰路の電車を待っている。久しぶりに本来のコラボの面白さを味わった気がする。

今回は旅館ではなく貸別荘だったので、誰の目も気にせずに快楽を追求する事が出来た。ただ、部屋に光を沢山取り入れる為なのかガラス窓が多く、覗き放題の状況だった。

私が連れて来た人妻はもちろん他人に覗かれるのも、他人の行為を覗くのも初めて。普通なら恥ずかしい筈なのに、むしろ覗かれる状況を楽しんでいたように見えた。結婚して以来30年近く普通に暮らしてきた人妻が、ある日突然夫が見守る前で他人とSEXをした、そんな異常な出来事が人妻の中に眠っていた何かを目覚めさせたのかもしれない。再会し、求めあい、再び挿入したとき人妻が思わず口走った

「この感じ…待ってた…」

夫ではない他人棒を待っていた、人妻は前回の撮影後ずっと旦那が求めてきて、途絶えていた女の悦びを何度も味わったと云う。それでも他人棒を待っていたと云うその一言で私の中の何かが爆発した…

IMG_20191016_184203-1582x969

夕暮れの海を眺めながら人妻と混浴した。彼女とは前回は泊りではなかったので、初めての混浴だ。今日は既婚者四人が揃った訳だからW不倫×W不倫で四W不倫、悪路走行もなんのそのである。

IMG_20191010_133427-612x816

夏に出会った人妻を連れ、途中で買い物などしながら山ルートを進んでいる。道の駅に寄ったのだが、地物野菜が安くてどれも立派!
野菜と人妻、さてさてどちらから料理すべきか…

IMG_20191016_115100-1084x887

以前お会いした人妻を連れ、ある目的地を目指している。そして別の場所から“あの男”も同じ目的地を目指して出発した筈だ。さてさて、今回は“邪魔者”のいない旅である。しかし、勝負は先手必勝! 峠を越えて敵バカップルを待ち構えたい…

IMG_20191015_191309-1305x979

女はいつ頃から欲望に素直になるのだろうか。30代はまだ躊躇いがあるように見える。では40代は? 私の数少ない経験から云うと、女は40代後半から欲望に対して貪欲になるような気がする。

さて、今回日帰り旅にやって来たアラフィフ人妻は実に欲望に素直な女性である。真昼間の観光地で

「若い既婚男性とダブル不倫してたんですけど、その彼が『俺クンニ上手いんだよ』って言うから本当かなあって思ってたら本当にクンニが上手くて、私イキ難いんですけどイカされちゃって〜」

と、赤裸々に不貞のセックスを語り出した。相当悶々が溜まってたらしく、混浴に誘ったらまってましたとばかり脱ぎだした。しかし、風呂に入るまで待てなかったようで、私の怒張を見るといきなりしゃぶりついてきた。快楽を得る事に躊躇しない、どこまでも貪欲に、ひたすら快楽を追求しようとする姿は清々しい。

欲望は男にだけあるのではない、女だって男に負けない位、いやそれ以上に持っている。果てるまで腰を振り、復活したらまた果てるまで腰を振る。女として最後の火を燃やそうとするかのような、アラフィフ女性の本気度は素晴らしい!

IMG_20191001_134714-612x816

明朗快活な人妻と旅に出ている。デザイナーと云うと繊細なイメージだが、人妻は大きな空間をデザインするので大胆な面と細かな気配りの両方持っているようだ。

それにしても肉感的な唇の持ち主である。口紅をそんなにひいてる訳でもないのに、ポッテリと艷やかに見える。キスをしたら、やはり肉厚な感触が良かった。

ただ、困ったことに人妻が私の手の内を読んで先回りしてしまう。勘がいいと云うか、年齢の割に熟成してると云うか…ひょっとしたら旦那さんも妻の大人びた一面に気後れしてるのかもしれない。ジレンマを抱えたポッテリ唇人妻との夜が更けてゆく…


IMG_20191001_095856-816x612

秋晴れの朝、地方に住む人妻に会う為電車で向かっている。女心と秋の空、今日の旅先には何が待っているのか…

このページのトップヘ