test表示

人妻不倫旅行日記

人妻を連れて旅から旅へ…高橋浩一のAV監督日記です

2018年07月

IMG_20180731_090057-736x1306

携帯電話やスマホが現代の必須アイテムになってからカメラで写真を撮る人を余り見かけなくなった。今回の人妻が至るところでカメラを使い写真を撮っていたのが印象的だった。

29歳、結婚1年目、サービス業で働くキャリアウーマン。高校時代の部活が写真部だったので、趣味の写真を通じて旦那と出会ったと云う。今も夫婦で共通の話題があるのはいいことだ。

だが、結婚してから夫婦の価値観の違いに気付き戸惑うことがある。サービス業と云う客の望みを第一に考える人妻のスタンスと、実力主義の世界で生きる旦那のスタンスの違いは大きい。人妻が専業主婦だったら何も問題はなかったかもしれない。そして、もうひとつの問題は明らかに旦那の性格に起因してるようだ。

それにしてもサービス業のプロは変なところでもサービス精神を発揮してくれる。本人は意識してないのかもしれないが、男としてはゾクゾクする。

「お願いします、入れて下さい…高橋さんのチン〇が入ってる…それダメ、中でグルグルかき回されると…」

確かにそんな言葉言って欲しいなと思うが、素朴で生真面目な人妻が言うとインパクトがある。男をむちゃくちゃその気にさせると云うか、サービスのプロのサービスは身に染み付いたサービス精神なんだと実感した…

IMG_20180730_092727-1305x736

台風一過、快晴の下新幹線で西へ向かっている。今回の人妻は見るからに意思の固そうな女性で、目に迫力?がある。
まだ結婚1年にも満たない新婚さんだが、何故こんな旅に出てきたのか?これから旅の道中でその理由が明らかになってくるだろう。

真夏の旅は情熱的になる事が多い。頑固そうな人妻がどう変貌していくのか楽しみだ…

IMG_20180727_150404-1305x736

若い頃部活でスポーツに励んでいた人が大人になっても体型を保ってることがたまにある。筋肉質で爽快な感じの熟女がやってきた。陸上部で短距離走をやってた熟女は、現在は二児の母となり介護の仕事もこなすパワフルな女性だ。

初体験は高校時代だそうだが、彼が入ってた部活の部室だったと云う。体育会系の汗と涙の滲んだ放課後の部室で抱き合う男と女…何ともドラマチックで高校生らしいシチュエーションだ!

そんな爽やかな熟女が結婚相手に選んだのは浮気がバレて奥さんに逃げられたバツイチの子持ち男性だ。人生は爽やかにはいかないのである。

さて、この熟女さんが結構などスケベでドMで三年SEX レス状態だったのである。いつものように熟女さんにパンツを下ろして貰ったら、とても嬉しそうな笑顔で一刀彫りをガン見された。風呂の中で触ったら既にびしょびしょ…

夏のSEX はお互い汗まみれだ。熟女さんの額に肩に背中に玉のような汗が浮き出し流れてゆく。何もしなくても暑いのに温泉に入って、更に肌を合わせまぐわう。もう汗だか愛液だか分からないものがポタポタ落ちる。今年の夏のSEX は異常に熱量が高い…

人妻不倫旅行#185に特典映像ディスクが付いて発売されるようで、一足先に中身を拝見した。ここに収録されているのは#115〜#138の未発表映像だ。

2011年から2013年の旅で出会った人妻たちとの、僅か10分程度の出来事だが実に濃い内容だなと感じた。本編と一緒に未使用の素材を編集したのだが、中身はすっかり忘れていて初めて見るようなワクワク感があった。

よく覚えている人妻もいれば、殆ど記憶に残ってない方もいる。そんか中で強烈だったのはやはり#127の人妻だ。南の島からやってきた究極の天然記念物的な女性で、やることなすこと可愛いのだ。

この場面は翌朝かと思ってたが、画面に脱ぎ捨てたジーパンが映ってたので、宿に入って最初のSEX で、彼女が号泣する前か後らしい。それにしても、あれだけ恥じらってた人妻が一旦肌を交えると止まらなくなったのがよく分かる。

不倫旅行では人妻と様々な会話をし、何度も肌を合わせ、濃密な関係になってゆく場合もある。限られた時間でしか作品を見せられないのがもどかしい時もある。しかし、本来なら日の目を見る事がなかった未収録画像で、それぞれお気に入り人妻の新たな一面が見れるのは嬉しいことだ。たった10分のドラマだが、人妻たちの熱い姿に触IMG_20180720_172014-1305x736

欲しい…

女性の喫煙に関しては余りいい印象を持っていないのだが、熟女さんの中にはタバコを吸う姿が様になる方がいる。何だかちょっと人生の一服をしてる感じがしてカッコいいのだ。

48歳の熟女さんは現在ゴルフ場でキャディーをしている。二十歳で結婚して子どもまでもうけたが、旦那のギャンブル癖で破綻した。その後、彼女は子供を連れて温泉旅館の仲居さんとして働くようになり、更にコンパニオンはと転身していった…

辛酸を舐めた女のSEX は情熱的で濃厚だ。そんなねちっこい情事の後にホッとした一服。けだるさとリラックスした雰囲気に大人のオンナを感じた。

夕食の時に酒を頼んだら、仲居さんではなく物凄いケバい熟女さんが持ってきた。私服だったので仲居さんではない、おそらくホテル内にあるクラブのママだろうか?今回連れて行った熟女さんが、コンパニオンをあと10年続けていたらこんな感じになるのではないかと云う、ケバさとエロさと枯れた感じが融合した超熟女さんだった。そんな熟女さんがタバコを吸ったらどんな様になるんだろうと、全然関係ないことを想像して盛り上がってしまった…


IMG_20180702_194736-1305x736

昨年夏に始まった人妻resortシリーズが、また夏を迎え新たな人妻を連れて旅に出た。

リゾートと云う言葉は夏をイメージさせるので、このシリーズにはぴったりの季節だ。さて、読書家は想像力豊かな方が多いのだが、今回の人妻もそのタイプで幼い頃から図書館に入り浸り、成人してからは本屋に勤め結婚後は古本屋でパートをすると云う徹底した本好きだ。

エッチ方面にも興味津々で、ちょっとそっち方面に話を振ると直ぐに妄想の世界に入り込む。目は熱を帯び身体が何かを求めて接近してくる。本当にエロい人と云うのは何をやっててもエロいのだと分かる。例えば会話してるだけでも興奮してくるし、食事してるだけなのに何故かエロチックな雰囲気になってしまう。

淡白な夫を持ったエロ過剰気味な人妻の本当にハメを外した姿が我々の股関を熱くしてくれるだろう…IMG_20180711_130452-1305x736

このページのトップヘ