1年ぶりの更新です。お久しぶりです。
この1年何をしていたのかといえば激務の割に雀の涙ほどの給料しかでない仕事に精を出す傍ら金に物を言わせて電子書籍を買い漁りインプットばかり増えていってアウトプットを怠るただのうんこ製造マシーンと化してました。


仕事の一環でつい先日、うっかり7分丈のパンツで入ってしまったがために蓮コラみたいな虫刺され跡ができてしまったのが最近のうんこ製造マシーンの一番の悩みです。


さて、この1年でおそらく30〜40万円漫画に投資したのでゆるやかに更新再開していこうかなと思います。辛くならない程度に。それでは再開一発目の感想はやっぱこれだろうということで。



Change!





高校1年生だった13年前(歳ばれる)から私が尊敬して敬愛してやまない曽田正人先生の最新作です。もうほんとに大好きで大好きで大好きで、テンプリズムの後新作を今か今かと待ちわびてて、これが始まった時は感激しすぎてぶっ倒れるかと思いました。

テンプリズムの時になんでサイン会行っとかなかったんだろうと悔やまれてならない。change!が始まった時あわよくばまたサイン会やるんちゃうの、と思ってましたけど物欲アンテナが働いているのか一向に気配がありません。でも曽田先生レベルになると会いたい通り越して生きていてくれるだけでいいレベルなのでサインとか二の次でいいからしっかり身体を休めながら面白い漫画を描き続けてほしい...。




さて肝心のあらすじなのですが、電子書籍版の表紙に書いてある通り「和歌のお嬢様、ラップ始めました」という話。

ラップ。ラップですよ。

ロードレースに始まり消防士、バレエ、モータースポーツ、ファンタジーときてラップ!しかも昴に次ぐ2人目の女主人公!その名もMCしおりん!

く〜っそうきましたか相変わらず斜め上方向からぶっ込んできやがる好き!!

ラップなんて(なんてというのも失礼ですが)地味に生きていたらそもそもどこからがラップと言えるのかすらわからないほど接点のない代物ですでも大丈夫!(吉高由里子感)そこは我らが曽田大明神、全くわからない分野でもその魅力が伝わる漫画を提供していただいております。




【あらすじ】


超お嬢様学校に通う去年栞(こぞのしおり)パイセン(高一)は、後に相棒となる倉田造酒(くらたみき・高一)との出会いによりひょんなことからクラブでのMCバトルに飛び込み参加。ラップの魅力に取り憑かれていき、高校生ラップ選手権への出場を決意する。





まず注目していただきたいのが、しおりんとミキティの線の細さ()昴やカペタの女の子たちがあんなモデルみたいにスラーっと筋肉質だったのに、今回の2人、見てよすっごい可愛らしい!


IMG_0802



なんせ2人は15歳。ミキティだっていくら悪ぶってても所詮は高校に上がったばっかり。親と学校という鳥籠から今まさに飛び立とうとしてる雛鳥の危うさが外見から垣間見える(気持ち悪い)

でもさすがは曽田チルドレン。ラップという日本語VS日本語のバトルに初めて参戦して、案の定ボロ負けしたことに対して本気で悔しがるところ、涙ぐむ仕草、それでこそあんた曽田先生の子供だよ...としおりんに賛辞を送りたくなった。


音楽と言葉の世界の話でありながら、コマから迸る友情・努力・スポ根。これだよこれ!私の見たかった曽田大神はこれなんだよ!!!



また、ラップのバトルってどんなのかわからなかったけど、「ラップの文化や歴史を踏まえてのMCバトル」というミキティの言葉にガチ文系の私は俄然興味が湧いてきた。ラッパーたちの歩みを即興で音に乗せるのがラップなのだと思うと熱い。

余談だが曽田先生の公式ツイッターにはバトルの歌詞の監修をしている晋平太さんが漫画の中に出てきたラップを再現する動画がたまに上がっててこれがまた熱い。珍しくアニメ化してほしい。雑魚との淡い恋模様も熱い。



とにかく熱い漫画です。月刊マガジンで大好評連載中!まだ5巻しか出てないから買うなら今!!