2010年09月20日

両生類に猛威、カエルツボカビ菌 アジアから拡大?

9/20 両生類に猛威、カエルツボカビ菌 アジアから拡大?(Yahoo!News:産経新聞)

---許可いただいてませんが、全文掲載

産経新聞 9月20日(月)7時56分配信

 世界的に感染が広がり、中米などでカエルなどの両生類の大量死を引き起こしているカエルツボカビ菌が、日本を中心にしたアジアが発生源の可能性があることが国立環境研究所などの調査で分かった。日本のオオサンショウウオなど両生類の多くが同菌に感染しながら死んでおらず、菌の遺伝子の種類も海外の25倍と多様だからだ。米国では感染したオオサンショウウオが死なない理由を解明し、両生類絶滅を食い止めるための研究にとりかかるという。(杉浦美香)

 カエルツボカビ菌は真菌の一種。水を媒介に広がり、感染すると皮膚が硬化し、皮膚呼吸ができなくなるなどして死んでしまう。

 中央アメリカ・パナマの国立公園では1998年に同菌が確認され、約2カ月間でカエルの種が6割以上絶滅し、生息数も9割以上減った。オーストラリアでも年間100キロのスピードで菌が広がったことが報告され、「両生類にとって過去最悪の感染症」といわれている。

 カエルツボカビ菌はアフリカ原産のアフリカツメガエルがペットや実験動物用に輸出されるとともに世界的に広がったというのが通説だった。日本でも平成18年12月、外来のペットのカエルで初めて確認され、専門家らが緊急事態宣言を出す大騒ぎになった。

 ところが、国立環境研究所が北海道から沖縄まで全国1千カ所で約5500の両生類の検体を検査したところ、全体の3%が菌に感染しているにもかかわらず、大量死が発生していないことが判明。菌の遺伝子も海外では2種類にすぎないのに、日本では50種類あることが分かった。

 さらに、世界でカエルツボカビ菌が広がり被害が出たのは1980年代だが、日本ではそれより100年近く前の1902(明治35)年のオオサンショウウオの標本からもこの菌が検出された。このことから、日本では同菌が昔から自然に存在し、日本の両生類は抵抗力を持つようになっている可能性が高いという。

 米国・ワシントンのスミソニアン国立動物園は日本から譲り受けたオオサンショウウオでこの謎を解明、研究するとしている。

 調査した環境研の五箇公一主席研究員は「詳しく調べる必要があるが、韓国や中国でも日本と同様、カエルツボカビ菌の被害が出ておらず、この菌はアジアが起源の可能性が高い。同菌についての脅威は日本ではないと思われるが、環境破壊や地球温暖化などの影響で、両生類が危機的状況であることには変わりはない」と話している。

---

納得できる要素が多いですね。オオサンショウウオの時に感じていたことでした。
  

Posted by kitsune_chan21 at 21:48Comments(2)●カエルツボカビ症

2009年10月21日

絶滅危惧種の魚、ネット販売の男逮捕へ

買う人がいるから、売る人がいる。
買う人がいない限り、売りたいと考えても商売は成り立たない。

買う人こそ、罰せられるべきだと思う。

---

10月21日9時27分配信 産経新聞

 環境省が絶滅危惧(きぐ)種に指定している淡水魚、イチモンジタナゴを、捕獲が禁止されている滋賀県の琵琶湖産と偽って、ネットで販売したとして、滋賀県警は20日、不正競争防止法違反(産地偽装)の疑いなどで埼玉県内の会社員の男(40)の逮捕状を取り、近く逮捕する方針を固めた。

  [フォト]鳥の12%に絶滅危機 日本ではノグチゲラなど39種

 捜査関係者によると、男の自宅の家宅捜索で、国が捕獲を禁じている絶滅危惧種で、国指定の天然記念物の「アユモドキ」や「ミヤコタナゴ」も無許可飼育していたことが判明。県警は、希少種の捕獲や譲渡を禁じた種の保存法違反の疑いでも捜査を進める。

 男は、県警の任意の調べに対し、「ミヤコタナゴは1匹、高ければ約1万円の値段でネット販売した」などと供述。違法に魚を捕獲し、マニア向けにネットで販売して金をもうけていたとみられている。

 捜査関係者によると、男は、今夏、実際には滋賀県で捕獲していないにもかかわらず、インターネットサイトのオークションに「滋賀県産天然イチモンジタナゴ」と称して、イチモンジタナゴの産地を偽って販売した疑いなどが持たれている。男は「実際は岐阜県内で捕獲した」と供述しているという。

 イチモンジタナゴは、かつては琵琶湖でも広くみられたが、現在は北部の数カ所にしか生息しておらず、滋賀県は条例で捕獲を禁止している。岐阜や岡山、九州などにも生息しているが、琵琶湖産は希少価値が高く、マニアの間で人気という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091021-00000508-san-soci

※全文、無許可ですが転載させていただきました。

  
Posted by kitsune_chan21 at 21:47Comments(5)ニュース

2009年07月24日

5周目を前に

この静岡県淡水生物館をはじめたのが、2005年7月24日。

あっという間に4年が経過したように感じていますが、たくさんの方々と交流を持てたことに感謝しています。ありがとうございます。

「ネットでの情報が少ないので」という目的でブログを始めたものの、それが良かったのか悪かったのか、今となっては批判も少なくありません。

30歳を過ぎてから川遊びの楽しさを再認識し、河川の現状、生態系の現状を知り、今の子どもたちと、子どもを育てている親たちに少しでも川に関心を持って欲しかったこと、川遊びの楽しさを伝えて拡げることが楽しかったはずなのに、別の問題で今は伝えることの楽しさを失っています。

また、楽しいと感じることができるようになるまで、暫く休養したいと思います。

  
Posted by kitsune_chan21 at 23:55Comments(11)持論

2009年06月20日

かめきちの引越し

引越し1昨日、会社の私のグループでサーバ利用していたPCがダウン。月曜日からの仕事に支障をきたすため、復旧作業をしていました。

時間だけがかかる作業を走らせ、途中のまま深夜に帰宅。

今日も朝から引き続き復旧作業をしていると、嫁さんから亀梨(かめきちのこと)の引越しをしたとのメール。。昼に帰宅すると、2Fのベランダに引越ししていました。(網はカラス対策:ダイソーで210円)

引越し2帰ってすぐ午後から所用があったので様子を見ただけ。写真はどちらも夕方撮影したもの。何故かおたまじゃくしが投入されています^^;

水草は、メダカ水槽から持ってきたようですが、どうも見ているとメダカの稚魚らしきものがチラホラと。。

危険な場所で孵化したようですね。がんばれ、メダカ。負けるな、メダカ。

  
Posted by kitsune_chan21 at 22:50Comments(6)観察−カメ

2009年06月04日

川魚を食べて健康になろう

磯田魚類養殖漁業生産組合直売所

5/17の記事(琵琶湖沿岸の魚食文化)の中で紹介していますが、「磯田魚類養殖漁業生産組合直売所」のオフィシャルサイトの情報をいただきましたので、お伝えしておきます。

前は無かったし、最近HPをがんばって作ったんだろうな〜。それとも、見つけられなかっただけ?

 通販も可能なようなので、ご興味のある方はどうぞ。

イサザの佃煮は、魚のニガテな私でもお薦めできる逸品です。

磯田魚類養殖漁業生産組合直売所

  
Posted by kitsune_chan21 at 22:39Comments(4)サイト紹介

2009年05月18日

タニシパワー

タニシ1タニシ2滋賀県産のタニシ。

タニシ好きな方、何タニシかわかりますか?私は、残念ながらわかりません。

タイトルの何がタニシパワーかといいますと、写真の通り、流木の上に一晩いたかと思ったら翌朝にはコケが奇麗に食べられています。左の写真で見ると右側が一目瞭然ですよね。

ジャンボタニシ(スクミリンゴガイ)は景観的・生理的に好きではありませんが、これは何となく丸い形が気に入った(マルタニシ?)のでお持ち帰りしました。

これまでは、カワニナにがんばって貰っていましたが、段違いのパワーです。いい仕事してますね〜。

水草水槽ではないので被害はありませんが、そのあたり実際のところ、どうなんでしょ。

  
Posted by kitsune_chan21 at 21:34Comments(8)観察−2009

2009年05月17日

琵琶湖沿岸の魚食文化

ブラックバス滋賀県への遠征で楽しみにしていたのは、琵琶湖沿岸での食文化です。静岡県の魚の町、焼津市で生まれ育ち、海の魚には恵まれているものの、川魚の食文化はほとんどありません。

そんな町に住みながら、赤身の魚がダメ(マグロ、カツオ・・)なわたくし。脂がのればのるほど、敬遠してしまうのです。

まぁ私の事情は置いといて、今回滋賀県彦根市の磯田さん(滋賀県彦根市須越町1078)に寄りました。営業時間に間に合わず既に閉店していたのですが事情をお話したところ、ありがたいことに開けてくれました!

上の写真はブラックバスのお造り。淡水魚ならではの寄生虫の心配もありましたが、味の程は。。うまい!! コリコリとした食感や味わいがタイのような。。予想以上にと言うのが失礼なほど、おいしくいただきました。

ニジマス続いてニジマスの刺身。

ついているタレは、ミソと和ガラシを混ぜたような感じのものでした。

わたくし、赤身は先ほども言いましたがダメなのです。サケもダメなのです。。でもおいしかった。でも、それ以上はご想像ください。これは、私がダメなだけなのです。

ホンモロコの佃煮アユの佃煮続いて佃煮です。

左がホンモロコ。右がアユです。

ホンモロコは、ハラワタなのか、ちょっと苦味がありました。独特の感じが好みがわかれそうです。アユは、佃煮では初めてでしたが、塩焼きの方がおいしい感じもします。(個人的な主観なのですいません。基本的に魚がニガテな人が書いています)

フナの佃煮そして、フナの佃煮。

こちらもちょっと独特。苦味と骨っぽさを感じました。

写真はありませんが、イサザとエビの佃煮も食べまして、私の個人的な感想では次のようになります。

イサザ>アユ>フナ>ホンモロコ

ホンモロコは、おいしい魚(高級魚)と聞くのですが佃煮にすると違うのか、たまたま季節の関係もあって今回そう感じたのかわかりません。

勝手なことを書いていますが、どれも食べたことのない味わいで感慨深かったです。今回、スゴモロコの佃煮には挑戦していませんでしたし、また別の味も含めて堪能してみたいと思います。

P.S. 写真提供 seotaroさん  ありがとうございます!

べーさんから送っていただいた「イサザ・小ハスの佃煮

★6/4追記

オフィシャルサイト: 磯田魚類養殖漁業生産組合直売所

  
Posted by kitsune_chan21 at 22:45Comments(5)旅と魚

2009年05月16日

2009/05/06 PM 滋賀県某所

カワムツ続いてのポイントは、タナゴ探しということで、おすいぬさんが過去に実績のあるというポイントへ。

カネヒラ、ヤリタナゴ、アブラボテとビワヒガイも採集しているということで、婚姻色の魚たちは見られるのでしょうか。期待が高まります。

ビワヒガイドンコ写真が適当になってしまい申し訳ないのですが、seotaroさん採集のビワヒガイ。婚姻色が奇麗です。

そして、私が採集したドンコ。これまで捕まえた中でも一番大きなサイズでした。バケツ内でタナゴに飛び掛っているので隔離。

ヤリタナゴ1ヤリタナゴ2結果は、残念ながらカネヒラには出会えませんでした。

私としては目的のヤリタナゴのメスをゲット。アブラボテも、このポイントでは黒点が少なかったですね。

このあと、別のポイント2ヶ所へ行きましたが、フィールド写真が全景ばかりなのでありません。残念ながら成果もイマイチ?

ウツセミカジカミナミヌマエビ静岡県でも見慣れているウツセミカジカを本場にて。

それからミナミヌマエビのブルー固体。いい色してますね〜。お持ち帰りしましたが、まだ色を保っています。

ということで、今回の滋賀遠征は終了となりましたが、とても楽しい遠征となりました。seotaroさん、おすいぬさん、ありがとう。楽しい2日間でした。ryuさんも会いに来てくれてありがとう。次はガサにご一緒しましょうね。

  
Posted by kitsune_chan21 at 12:08Comments(4)探索−2009

2009年05月11日

2009/05/06 AM 滋賀県某所

水路滋賀遠征2日目です。1日目の夜は番外編で後日書きますが、2日目は護岸されていない素掘りの水路を探す旅でした。

結構な範囲を探し回りましたが、なかなか見つかりませんでしたね。この写真のポイントも、やった!と思ったものの、アメリカザリガニの姿しか見られず残念!

ヤリタナゴ若干前後しますが、1ポイント目の様子。

若干微妙な雰囲気が漂いながらも、入ってみた場所では、アブラボテ、ヤリタナゴ、カワムツなどが入りました。

ヤリタナゴのメスも狙っているのですが、この場所では残念ながらオスばかりでした。

このあと別の親水公園のようなポイントでは、魚影がほとんど感じられず撤収。写真はありませんが、おすいぬさん採取のアブラハヤのみでした。

  
Posted by kitsune_chan21 at 23:25Comments(6)探索−2009

2009年05月08日

2009/05/05 PM 滋賀県某所

フィールド続いて3ポイント目、4ポイント目です。

まずは素掘りの水路からと言うところで、うみへび氏から連絡が入る。彼は日本海側にいるようだ。成果はわからないが、1年以上あとにブログに掲載されるのを待とうと思う。

アブラボテドンコ開始後3cm程度のカワムツと思われる固体が網に入るが写真はなし。

暫くガサしながら進むと、ついにタナゴが!アブラボテのオス、メスが順当に入ります。もちろん初採取。オスばかりの琵琶湖水槽用にアブラボテのメスが欲しかったので1つ目の目標をクリア。

右は、ドンコです。静岡県にはいない魚種。以前愛知県でも採取しています。

スジシマドジョウ1スジシマドジョウ2そして、おすいぬさん採取のスジシマドジョウ。

大型種ではないかと言うことですが、詳しくは後日同定結果が出ることでしょう。

メダカナマズ左はおすいぬさん採取のメダカ。

右はseotaroさん採取のナマズ。良いサイズですね。

残念ながら、ビワコオオナマズやイワトコナマズではないようです。

タイコウチカマツカ私はタイコウチをゲット!

網の中で暴れている姿を見た時の懐かしさ。

昔、近所の用水路でもたくさんいたのにな〜。25年ぶりくらいの出会い(ペットショップでは売られているのを見ていますけど・・)です。

そして、でかカマツカ。最近、でかカマツカに縁があります。

フィールドトウヨシノボリいっきに5ポイント目も行きましょう。

成果はと言うと。。トウヨシノボリと2枚貝でした。2枚貝の写真を撮り忘れていることに気が付きませんでした。雨も降っていたし、まぁ仕方が無いですね。

カネヒラを狙っていたのですが見られなかったのも残念でした。

ここで、1日目はタイムアップ。ジルティラピアには辿りつけませんでしたが、次回のお楽しみということですね。

  
Posted by kitsune_chan21 at 23:36Comments(2)探索−2009

2009年05月07日

2009/05/05 AM 滋賀県某所

フィールド1フィールド2続いて2ポイント目、3ポイント目です。

移動途中に、ryuさんにメールをしたところ行きます!とのお返事。

ブログでのお付き合いが始まってから2シーズンを経てようやくお会いすることができました。残念ながら、時間の都合でお魚採りをご一緒できませんでしたが、無理矢理会いにきてくれてありがとう!

ビワヨシノボリ1ビワヨシノボリ2お魚採りの結果はと言うと、ビワヨシノボリらしきヨシノボリが採取できました。

写真ではわかりにくいのですが、エラの下あたりから口にかけて黄色な感じが特徴的でした。他にも同定ポイントがあるようですが、まぁいいか。

他には、おすいぬさんがブルーギルばかりを捕まえてうれしそうでした。

  
Posted by kitsune_chan21 at 22:40Comments(2)探索−2009

2009年05月06日

2009/05/05 AM 滋賀県某所

フィールドついに念願の滋賀遠征に行ってきました。

seotaroさんとおすいぬさんと3人で急遽予定を合わせて行くことができました。AM4:45起き、7:00に浜松駅集合です。

現地に到着し1発目は、こんなポイントでした。

アジメドジョウ1アジメドジョウ21匹目は、ヨシノボリでしたが、同定はおすいぬさんも捕まえているでしょうという理由でスルー。

早瀬あたりの浮石を蹴り上げていると、初採取のアジメドジョウがさくさくっと。

以前、いただきもので飼育していたのですぐにアジメドジョウとわかりました。見慣れたシマドジョウと模様も違い、細長いですね〜。離れた場所でマドジョウも採集。おすいぬさんは、シマドジョウ(※修正:スジシマドジョウではありませんでした)も採集していました。

ギギ1ギギ2そして、こちらも初採取のギギです。

かわいすぎる。。連れ帰りたい衝動に駆られますが、ここは我慢です。

イトモロコカワムツ左がイトモロコ。実は初採取。

静岡県内でも採取可能なポイントがありますが、捕まえたことはありませんでした。

右がカワムツです。カワムツが優先魚種で多い印象でしたが、採集個体数ではアジメドジョウの方が多かったです。捕まえやすさの問題でしょうか。

アカザナベブタムシ左はアカザ。

大きな固体はseotaroさんの採取個体。あたまが。。

小さい固体はおすいぬさんの採取個体です。アカザは小さい時の方がかわいいですね。

右の写真はナベブタムシ。網に入っているところを目撃し、ryuさんのブログで紹介されていたことを思い出しました。名前は覚えていなかったので帰ってからryuさんのブログで調べました。

滋賀遠征最初の1ポイント目から好調な成果を上げることができました。

※魚10種のはずが数が足りないので後日補足します。

  
Posted by kitsune_chan21 at 23:33Comments(8)探索−2009

2009年04月30日

トビゲラの巣づくり4

トビゲラの巣9トビゲラシリーズ4回目です。

最終回の前に、もう1回報告しておきます。

写真は4/29(水)に撮影。前回よりも緑化が進んでいますが、羽化までまだかかるのかな。

シジミおまけ。水槽内に投入したシジミ。

べろだしているところです。1時間程度で見えなくなる位置まで潜っていきました。

タイリクバラタナゴたちは、シジミに産卵とかするのでしょうかという実験です。ただ問題なのは、オスしか水槽内にいませんよっと。

別のイチモンジタナゴのペア水槽(スリム水槽)も今のところシジミしか入っていませんが、どうなのでしょう。

  
Posted by kitsune_chan21 at 22:53Comments(2)観察−2009

2009年04月29日

2009/04/29 PM 瀬戸川水系下流

フィールド本日、淡水魚倶楽部のSAKUさんたちが浜松遠征でガサしているだろうと言う頃に、私は都合が付かずにエビ採りガサをしていました。

静岡支部をお預かりしながら、参加できずに申し訳ございませんでした。

ウナギシジミエビ採りと割り切りながらも、暖かくなっていろいろと網に入る訳でして、いつも通り定番のウナギです。

そして、全然網に入らないエビをよそに何故かこの日、シジミが大漁でした。1cmオーバーのナイスサイズが多かったです。

テナガエビヒラテテナガエビ目的としているのはヌマエビなんですが、エビ違いは多く入ります。まぁ、マーフィーの法則(古い)ですね。

左がテナガエビ、右がヒラテテナガエビ。他にスジエビも含めて大漁でした。

ゴクラクハゼボラあまりにも定番なヌマチチブは数が多すぎるのでスルーして、10cm近いゴクラクハゼを捕まえました。

右はボラです。むっとしたようないかつい顔をしています。ボラは飼育も難しいと聞きますが、この暫く後に残念ながらお亡くなりになりました。。

カワアナゴ1カワアナゴ2

こちらも定番化しているカワアナゴ。

カワアナゴだと思ってこれまでやってきましたが、専門家のご意見はいかがでしょうか?おすいぬさん。まぁ小さいしいいかと思って持ち帰りましたので、必要でしたらご提供しますよ。

シラスウナギそしてシラスウナギ。遡上が始まったのか大漁でした。もちろん撮影後に全てリリースしました。近くにいた子ども達が欲しがりましたが、きちんと説明して逃がしました。

毎年逮捕者が出ていますので、間違ってもお持ち帰りや販売などしないようにしましょうね。

魚種が増えてくると春を感じる今日このごろ。SAKUさんたちの浜松遠征はどうだったのか楽しみです。

  
Posted by kitsune_chan21 at 22:35Comments(10)探索−2009

2009年04月25日

トビゲラの巣づくり3

トビゲラの巣6トビゲラの巣7このシリーズ3回目。また?と思われている方がきっと多いのもわかっていますが、もう暫くお付き合いください。

家族にも嫌がられています。気持ちはわかりますが、めったに見られるものでもありません(よね?) それと、このブログは淡水「生物」館ですから。(開き直り)

トビゲラの巣8ついに蛹(さなぎ)になりました。

巣づくりを始めたのが、4/11(土)です。(トビゲラの巣づくり:記事4/14)

前回記事(トビゲラの巣づくり2:記事4/22)の撮影は4/18(土)でした。

2日前の4/23(木)頃には写真と同じような感じになってきましたが、序所に緑色になっていることを考えると、あと数日で全身が緑色になるのかなと思っています。

巣づくりを1週間程度で完成させ、その後1週間程度で蛹(さなぎ)状になると言うことですね。

さて、あと何日くらいで孵化するのでしょうか。孵化後の写真は空になった巣の写真となりそうなので、恐らく次回が最終回です。

  
Posted by kitsune_chan21 at 23:37Comments(6)観察−2009