2009年08月07日

運動員が撲滅員に?!

4ヶ月の永〜い御無沙汰でした。時は桜花爛漫から、ひまわりやダリヤの時期に変わっています。

過日、近隣のまちで行われた夏祭りを見学に行ってきました。この夏祭りの一環行事として2万発を打ち上げる花火だけは何度か見ていたのですが、花火以外での見物は初めてです。

お邪魔したのは、そのまちの神社にある神輿が神社に戻って来る日(宮入り)でした。アスファルト舗装された目抜き通り道路を通行止めにして、各種団体による太鼓や踊りが披露されていました。天気も上々でしたので多くの見物客でごった返しの状況でしたが、真夏の日差しはハゲおっさんにはいけません。帰宅して、しばらくすると腕や頭皮がヒリヒリ痛いのです。

小生の住んでいるまちの首長選挙が2ヶ月後に実施されます。先日、朝7時前、拙宅の玄関のチャイムが鳴りました。数度鳴らしたようですが、未だ寝ていると判断してお帰りになりました。

小生にとっての朝の1分は昼間の1時間に匹敵(少々オーバーですが)します。先程寝たばかりなのに、朝っぱらからピンポンピンポン鳴らされたのでは堪りません。百歩譲って緊急の用事でしたら受忍限度以内なのですが、推察する限り特定首長候補の運動に励んでいるよう御仁が鳴らしたようです。

両親とは別棟に住んでいます。早朝に強い?高齢のお袋が起きていて誰が来たのかを把握していました。さあ〜!それからが大変です。

その夜、その御仁に電話をいたしました。来た用件を聞きたかったのです。「朝早くから何の用事?何しに来たの?」と問いかけても何も言わないのです。そりゃ〜あ、選挙運動とは言えないよな〜ッ!と内心で解釈をしていますが、ポロリと・・・の選挙の件で・・・というセリフを期待していたのですが聞かずに終わりました。

公選法の「事前運動・・・」に抵触するという恐れからか、この御仁は貝になってしまいました。小生は内心、公選法はアメリカ並みの解釈に拡大解釈?する時代だと常々思っています。選挙の件で来て頂く事に何ら違和感はありません。ただ、候補者の信条等々を具体的に示すプリントが欲しいのです。短い交通標語のような口当たりの良いことばかりの羅列ではゴミ箱直行便になってしまうのです。

特定の候補者を担ぐのは自由です。しかし、その担ぎ方に問題山積です。候補者がどのような人物であるのか、首長担当能力が既に構築され、その能力の実例を披露願いたいと思うのです。選挙時だけ片っ端からローラー作戦をすること事態、その候補者の能力の無さを証明しているようなものです。

多額の公費補助を受ける候補者です。具体的な数字や文言を掲げ、当落に関係なく公費補助分以上の選挙時住民啓蒙費?としての効果を視野に入れた活動は必要です。

「バガ〜ッ!そんな流行のマニフェスト型選挙何かでぎっこあんめ〜よッ!何せ家業が忙しくってよ〜ッ!」何て云われそうです。

                           



kiuehori
posted at 11:16

2009年04月15日

2008年09月17日

2008年06月18日

2008年02月13日

2007年12月31日

2007年11月08日

2007年10月10日

2007年09月13日

2007年08月05日