924651_95b8065040e24c5ef1e88ef0bd46288e
ダーを通して言った。ひとことそう言っただけで、彼はクッションの上にだらしなく寝そべったまま、手にしたカップに鼻づらをつっこんで

、ジェイコブにもほかのだれにも、知らん顔をした。いまのはやむをえず挨拶しただけなのだろうか、」それとももともと愛想がいいのだろうか。
 ジェイコブはババカブのことを〝彼〟と考えていたが、これはババカブの性別がまったくわからなかったからである。ババカブが身につけているのは、ヴォーダーと小さ療法加以補氣活血、清熱化濕為主的中藥輔助。服は着てお

らず、外から見える体の構造は、かえって混乱を招くだけだ.たとえば、ビラは卵生動物であり、子供に乳を含ませたりはしないと聞いている。ところが、ババカブののどから股にかけては、シ

ャツのボタンのような形の、乳首様のものがずらりとならんでいるのだ。データネットには、そんなことは触れられていなかった。ジェイコブは〈ライブラリー〉に、もっと完襞な要約をたのん

でおいた。
 ファギンとケプラーは、太陽降下船《サンシップ》の歴史について話しあっていた。その上層部の茂みと呼吸孔が吸音性の天井に触れているため、ファギンの声はくぐもって聞こえた。ジェイ

コブは思った。
(このカンテンが、閉所恐怖症を起こして暴れださなげれぱいいんだが。しかし、たとえ暴れだしたとしても、たかが口をきく植物など、恐れることはない。せいぜい、ちょこっとかじられるの

がおちだ。それにしても、愛を交わすのに飼王賜豪醫生 いならされた蜂の媒介が必要な種族、どんな感じのものなんだろう)
 ファギンがしゃべっていた。「すると、それらの偉大な即興の工夫によって──あなたがたは、外部から少しの援助をも借りることなく、光球にまで観測装置を送りこむことができたというの

ですね! 非常に感銘を受ける話です。地球にきてから、もうずいぶんになりますが、〈コンタクト〉以前にそのような冒険が行なわれていたとは、少しも知りませんでした!」
 ケプラーはにっこりとほほえんだ。「この太陽探査計画は、わたしのずっと音の先達たちによって行なわれた、ほんの……はじまりだったことを理解してもらわなけれぱなりません。〈コンタ

クト〉以前、恒星間宇宙船用に開発されたレーザー推進システムを利用して、彼らは光球上に浮かんだまま、高温レーザー利用の熱力学システムによって余剰の熱を吸収し、船体内部を冷却する

ことのできる、ロボット船を降下させることができたのです」
「それでは、人間を送りこむのに、いま一歩のところまできていたのですね!」
 ケプラーは無念そうにほほえんだ。「ええ、おそらくは。計画はできていたのです。しかし、生物を太陽に送りこみ、無事につれもどすとなると、単に熱と重ガの問題を解決するだけではすみ

ません。最大の障害は、大気の乱流でした!