yomi20181026


小学校の昼休みに『うめじいのたんじょうび』を読みました。
かがくいひろしさんが亡くなってからしばらくして講談社から出版された絵本です。
会話のやりとりが楽しい絵本です。

うめじいのたんじょうび、あさづけきゅうりやたくあん、ふたごのらっきょう、せんまいづけは、うめじいが何歳なのか、とっても気になります。
でもわからないので、つけものいしのじっちゃんをともなって、うめじいに聞きにいく、というお話。

つけものそれぞれの性格に合わせて、ゆったりだったり、早口だったりと声のトーン、テンポを工夫してみました。
でもでも!
うめじいのうめことば!
「トーテンポー」
「ウッスラペン」
意味は?
どうやって読んだらいい?
さらにはつけものいしのじっちゃんとうめじいのかけあい。
おじいさん同士なので基本はゆっくり。
でも片方はどっしり、片方はとぼけた感じ。
心がけてはみたけれど、、、。

再挑戦する機会があったらいいな。