2017/05/04

ダンボール彫刻家 / 本濃研太 『ザ・ジャングル』





次回、キヲクの空箱の展覧会はーー

ダンボール彫刻家 / 本濃研太『ザ・ジャングル』


18278430_1321739221240581_1180659550761449298_o


 

会期:
2017年6月1日(木)~6月12日(月)までの12日間
11:00~18:00
会期中無休 入場無料
※作家本人は初日のみ在廊

 

会場:
広島市安佐南区長束3-21-7
gallery キヲクの空箱

長束郵便局ななめ前
駐車場なし/目の前にコインパーキング有


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わしの一番のお気に入りの作品は、
2013年に発表された『先進国無能会議』という作品。

image


東日本大震災後、何かしなくては!と思って制作したそうです。

407649da
展示風景 / テーブルを囲んで話し合いをしています


IMG_7369-1280x853-1
先進国のエライ人は、一体何を話し合っているんでしょうね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



IMG_1384

すでにリックルでは、ブローチをご紹介していましたので気になっていた人も多いのでは。

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



2016年10月から2017年1月まで、島根県にある浜田市世界こども美術館で開催された
『ダンボールの変身展』のダンボール作品ばかりを集めた
4人の作家のうちの一人として出展し、好評を得たのは記憶に新しい。

IMG_9335



IMG_9338

IMG_9319

IMG_9320

IMG_9349

IMG_9334

尻がツボすぎる!



IMG_9342

IMG_9344





IMG_9324

IMG_9337

IMG_9346

IMG_9330

IMG_9331

IMG_9332



IMG_9316

IMG_9329

IMG_9333


楽しかったなー!

すべり台も、シャっと0.1秒で当時47歳児はすべりましたよ。


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


IMG_1735

そして、なんと!

今回のキヲクの空箱の展覧会のために、本濃研太氏が
「ちいせえやつ」と呼んでいるシリーズのダンボール彫刻の胸像を
先着10名さまに、『オーダー制作』していただけることになりました!


イヌ、ネコ、トリ。
ブタ、ワニ、フクロウ。

トカゲ、カエル、サカナ?
どんな動物でもかまいません。

なんなら、動物でなくてもいいかも(笑)


大切な家族のように一緒に暮らしているわんこ&ねこ。
昔飼っていた愛犬の写真を元に。


本濃研太氏の目と手をとおして、


「そう言われると似ていなくもない。」


「なんとなく、似ているような気がする。」


ぐらいの、ダンボール彫刻の胸像を制作します(笑)

8CD048AA-3E3C-4348-AD87-BA8538F9742F

C5454BF1-B516-4289-BC45-FC17205E1AA7





サイズは、
高さおよそ15から20センチぐらい。(大雑把です)


価格は15000円(税込)で、
納期はオーダーをいただいてから約半年ぐらい。(大雑把です)

モチーフとなるいきものの写真を10枚程度ご用意ください。
全身、前後左右、アップ、模様などが、わかるものが理想的です。


EE4E69B9-4032-41DB-9C09-36A514085F6E


66FC75D7-E1E7-48AB-8D14-97EA1F8363EE


8E5352FA-8909-49E7-9026-EAA299B3B0BA


本日より、先着受付、スタートです!

詳細、お気軽にお問い合わせください!

リックル内(そらもと)082-850-0822


IMG_1726



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨年の秋に、ほんのうくんがキヲクの空箱を下見に来てくれた時に、
「この空間を、ジャングルみたいにしたいですねぇ。」ってことで、
展覧会のテーマはずばり、『ザ・ジャングル』に決定!


さてさて、どんな楽しい空間を創り上げてくれるのでしょう。


本人曰く
「誇大広告してもらってもいいぐらいの展示にします」
と力強いお言葉をいただいてます。



わくわく楽しみです!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



プロフィール画像
本濃研太 (ほんのうげんた)

ダンボール彫刻家

1978年北海道出身。神奈川県在住。

 

2003年よりダンボールで成形しアクリル絵の具で着彩した
繊細かつ大雑把な”ダンボール彫刻”を中心に活動。

個展やグループ展での発表のほか

演劇、音楽、ファッション、雑貨などとの共同制作も行っている。


 

2012年には宮城県「風の沢ミュージアム」、
2015年には千葉県「ふなばしアンデルセン公園子ども美術館」で大規模の展覧会を開催。

 

また、2012年に調布市せんがわ劇場にて公演された
演劇集団「風煉ダンス」の「ゲシュタル島崩壊記」の舞台美術を担当。
 

2013年に神奈川芸術劇場にて公演された
”渋さ知らズ大オーケストラ 『天幕渋さ船~龍轍MANDALA~』”、
2014年に青山円形芸場で公演された白崎映美と東北オールスターズの
「東北6県ろーるショ―」に美術として参加した。

 

昨年10月から今年の1月まで、島根県にある浜田市世界こども美術館で開催された
『ダンボールの変身展』のダンボール作品ばかりを集めた
4人の作家のうちの一人として出展し、好評を得たのは記憶に新しい。

 

本濃研太 公式ウェブサイト
http://www.geocities.jp/genhonnoh/


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


gallery キヲクの空箱

広島市安佐南区長束3-21-7

長束郵便局ななめ前
駐車場なし/目の前にコインパーキング有

TEL: リックル内(そらもと)082-850-0822



 



kiwoku_no_karabako at 18:44|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2017/04/09

山口マオ個展「もうひとつの山口マオをお見せしましょう」@gallery キヲクの空箱   4/22~5/1




 17238441_1274306815983822_986331137_n


2013年秋の広島初個展から3年ちょっと。
マオさんがキヲクの空箱に帰ってきます。

4月22日(土)から5月1日までの10日間です。


※3年前のDM

3年前の広島”初”の個展では、ほんとうに多くの方にご来場いただきました。

宇宙雑貨のマオ猫世代な古くからのファンや、
わにわにの絵本でファンになったこどもたち、その親世代と、
幅広い層のお客さまにお越しいただき、マオさんの作品の世界と、
海猫堂のグッズ、絵本の販売と、改めて懐の深さを感じた展覧会でした。


版画の実演や、版画ワークショップも大人気でしたね。

379647_366931160109803_923868310_n


1474620_366931323443120_305760183_n

※絵本にサインをしているマオさん。真剣に正座して覗き込むこどもたち。
   ただのサインではなくて、絵まで描いてくれるサービス精神たっぷりなマオさん。


*


しかし、会期後に、えー!マオさんの個展があったの!知らなかったー!
というお声も多数いただいていまして、
いつかまたやってもらいたいなーと願っていました。

この度、はつかいち美術ギャラリーが20周年を迎えるにあたり、
山口マオさんの代表作のひとつ、
「わにわに」シリーズ全5冊の絵本原画120点を一堂に紹介する
全国初の展覧会が開催されることに。

これをきっかけに、
せっかく広島に行くので、空箱でもやれたらいいねー
というマオさんからお声かけいただき、2度目の個展が実現しました。




IMG_1453


はつかいち美術ギャラリー
http://www.hatsukaichi-csa.net/gallery/





わにわにシリーズをマオさんのオモテの顔とするならば、
ブラックユーモアや社会風刺、ウィットに富んだもうひとつの作風が、マオさんの裏側の顔。

「わにわに」シリーズも「あむ」もちろん大好きなんですが、
わし個人としては、マオさんの社会派なメッセージを含んだ作品が大好きで、
キヲクの空箱では、ダークサイドの山口マオ作品を中心に
ドドーンと展示販売していただけることになりました!


ご自宅に飾れる小さめの版画やオリジナルのイラスト、
お買い求め安いシートでの販売も。

また、最新刊、谷川俊太郎さんの詩にマオさんが絵をつけた絵本、
「だいち」の販売もいたします。



9784265052851

だいち


だいちのうえに 
くさがはえ

だいちのうえに
はながさき

だいちのうえに
きはしげり

だいちのうえに
あめはふる




だいちのうえに
うまはかけ

だいちのうえに
とりはとび

だいちのうえに
へびははい

だいちのうえに
かぜがふく




だいちのうえに
ひとはたち

だいちのうえに
たねをまき

だいちのうえに
いえをたて

だいちのうえの
つかのまに




だいちのうえで
あいしあい

だいちのうえで
にくみあい

だいちのうえで
たたかって

だいちのうえで
しんでゆく


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「だいち」の絵本の原画もキヲクの空箱で展示するかも?




ぜひ両会場をはしごして、ふたつの山口マオの顔を堪能してください。





IMG_7464

山口/マオ
1958年千葉県生まれ。東京造形大学卒業。
画家、版画家、絵本作家。
1991年「年鑑日本のイラストレーション」新人賞、1993年N.Y.ADC賞受賞





会期:
2017年4月22日(土)~5月1日(月)

OPEN:
11:00~18:00
会期中無休
入場無料

会場:
gallery キヲクの空箱
広島市安佐南区長束3-21-7 
旧街道長束郵便局ななめ前
ギャラリー前にコインパーキング有

問い合わせ先:
USED SELECT SHOP RiCKLE!内ソラモト
TEL.082-850-0822







kiwoku_no_karabako at 13:12|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2016/09/17

亀山ののこ写真展「9」憲法第9条


亀山ののこ写真展「9」憲法第9条

 

13873239_866049953540121_8521961720541310690_n


フォトグラファー亀山ののこが、
日々の風景や子供たちの笑い声を通して問いかける「平和とは何か」。


改憲の足音が聞こえる今こそ、もう一度考えたい。


 

2016年9月25日(日)~10月2日(日)
※9月28日(水)はお休み

平日11:00~16:00/土日11:00~17:00

 

場所  キヲクの空箱
入場料 500円(小学生以下無料)





 

・会期中毎日、先着 9 名様に
    ”てんねん工房cobo”特製「オリジナル 9 クッキー」をプレゼント。

 

・短編アニメーション、「戦争のつくりかた」随時上映。「Noddin・7分」

 

・関連物販もあります。

 



13876570_866050020206781_6128715098012350443_n





問い合わせ
  TEL  :090-2601-5734(長橋)
  MAIL :pocoapoco.h@gmail.com



 
主催:poco a poco ~あったか未来をつくる会~ from Hiroshima
   http://poco-a-poco.jimdo.com/




kiwoku_no_karabako at 13:58|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2016/08/07

JEMS 2046 〜30年後のモデル〜 


13873127_158229954599749_3715736030187689361_n








広島市立大学の学生有志チームと比治山大学の学生有志チームが
同じテーマで制作した展示を二つのギャラリーで行います。

1週間ごとに会場を交換することで展示が変化します。


入場無料です。




4年目の今年のテーマは、「30年後のモデル」です。

毎年「30年後の◎◎」というテーマを決定し、テーマに沿った作品を制作、展示するものです。

1年目は「30年後の流行」でした。
2年目は「30年後のケータイ」でした。
3年目は「30年後のオモチャ」でした。



参加アーティスト

■比治山大学
大見陽子、小坂麻結、のあ、砂田健太、竹下実来、常石侑

■広島市立大学
片長遥菜、村上春海、黒田若菜、藤田早紀、中川智佳
倉智華蓮、松本将平、塚本結、大和田理世 


------------------------------------



◆前期日程:2016年8月25日(木)〜8月30日(火)の6日間

広島市立大学 → キヲクの空箱
比治山大学     → 横川創苑

◆後期日程:2013年9月1日(木)〜9月6日(火)の6日間
     

広島市立大学 → 横川創苑
比治山大学     → キヲクの空箱


時間は、いずれも11時〜19時。
最終日のみ、17時まで。
会期中休廊日はありません。



------------------------------------

◆会場

・横川創苑

広島市西区横川町3-11-12
電話:082-232-1337
http://souensouso.com

横川商店街の好立地にあるホワイトボックスのギャラリーです。



・gallery キヲクの空箱


広島市安佐南区長束3-21-7

旧国道沿い 長束郵便局の交差点
JR安芸長束駅より徒歩5分

ウェブサイト:http://kiwokunokarabako.com/

明治の終わり頃に建てられた築110年の古民家を改装したギャラリーです。

------------------------------------

13626644_158229987933079_6850156150553193613_n


◆主催:JEMS2046実行委員会
◆共催:横川創苑 / gallery キヲクの空箱

 


 



kiwoku_no_karabako at 12:58|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2016/03/25

近藤康平 個展 『未来の記憶』



12742408_10209189963970269_8172865554413894409_n

◆ステイトメント
 

時間というのは過去→現在→未来と一直線に流れるものではなくて、
いまこの瞬間に過去/現在/未来が同時に複数存在するということを聞いたことがある。
 

たしかにそんな不思議な感覚に触れたような気がすることはある。

ずっと未来の懐かしさをいま感じるような・・・
ずっと生まれる前の過去をいま知っているような・・・

 

どうやらこれらの感触は自分が空っぽになったときに訪れてくることが多く、
その空っぽは海や風や空を眺めるときにもたらされることがあるようです。

そして絵にもそのような力が宿れば・・・。
 

現在をこえた大きな不思議な時間に触れることは、
僕たちに目に見えない大きな力を与えてくれるのだと思います。

 

未来や過去の記憶を、いまこの瞬間に触るような展示になればいいと思っています。

 


----------------------------------------------------------------------------------------

近藤康平個展「未来の記憶」

期間:4月19日(火)~5月2日(月)

場所:広島市「キヲクの空箱」
   【住所】広島県広島市安佐南区長束3丁目21-7
   【web】http://kiwokunokarabako.com/

営業時間:11時~19時
(4月29日のみ通常営業終了後19時~21時までナイトギャラリー開催)


作家在廊予定日:
4月19日(火)11時~19時
4月29日(金・祝)11時~21時
4月30日(土)11時~19時
5月1日(日)11時~19時(19時からクロージングパーティー。要予約)
5月2日(月)11時~19時


---------------------------------------------------------------------------------------

イベント名:近藤康平個展「未来の記憶」クロージングパーティー」

日時:5月1日(日)

場所:広島市「キヲクの空箱」
   【web】http://kiwokunokarabako.com/
   【住所】広島市安佐南区長束3丁目21-7

出演:樽木栄一郎

時間:19時~

料金:2000円

定員:30名

フード出店:月待ち

お問い合わせ・ご予約は:no89live@gmail.com

内容:近藤康平初の広島個展のクロージングパーティー。
古民家の二階、作品が並ぶ空間でみんなでお酒を飲んだりおいしいものを食べたり、
おしゃべりを楽しみましょう。

そしてスペシャルゲスト!!
近藤康平の盟友樽木栄一郎が歌を唄いに来てくれます!

-------------------------------------------------------------------------------------


prof_photo


【近藤康平プロフィール】

ライブペインティングパフォーマー/絵描き

1975年生まれ

鳥取大学大学院連合農学研究科卒業 森林学を学ぶ



ライブペインティング、服飾ブランド提供、書籍装丁、CDジャケット、
舞台美術など様々な「絵」のジャンルで活動をしている。


主な展示

『flower』(原宿 ラフォーレ原宿 2011年)

『みたかった景色』(代田橋 CHUBBY 2012年)

『+blue』(中目黒 ジィオデシック 2013年)

『過程』(神保町 エディトリー神保町 2013年)

『祝福の色』(沼津THE BLUE WATER 2014年)

『under』(名古屋rita 2014年)

『zero landscape』(代田橋CHUBBY 2014年)

『park the flower』(新宿伊勢丹 2015年)

『「color magic symphony』(渋谷PARCO part1 2015年)

等多数



【work】

●ファッションブランド「ACID GALLERY」への図案提供(2013年s/s~)

●NHKネットコミュニケーション小説への表紙絵・挿絵提供

●白井良明(ムーンライダーズ)など各ミュージシャンのCDジャケット柄提供

●Schroeder-Headz ツアーグッズ コラボレーション(2014年~)

●フランス子供服ブランド「b.b.c」ヴィーナスフォート店 店内壁画(2013年)

●伊勢丹新宿店「羊羹コレクション2014」への映像作品提供

等多数



【ライブペインティング】

様々なミュージシャンの演奏に即興で絵を描いていくのを特徴としている。

40分前後の時間で、音楽に反応/同期しながら、巨大なキャンバスに手の平を

つかいものすごい速度で,何度も景色を塗りかえていくパフォーマンスは

「このようなライブペインティングはみたことがない」

「映画をみているようだった」

と好評を得ている。


これまでに白井良明(ムーンライダーズ)、坂本美雨、會田茂一、新居昭乃、おおはた雄一、

ショコラ&アキト、ハシケン、L.E.D.、schroeder-headz、

渡辺シュンスケ、エマーソン北村、坂田学、清水shimmyひろたか、ASA-CHNAG・・・

など様々なミュージシャンとライブペインティングセッションを

おこなっている。


2014年よりギタリスト木暮晋也とARTでROCKなユニットCANVAS BANDを結成。


近藤康平 公式ウェブサイト

http://kondokohei.net



*


 gallery キヲクの空箱

広島市安佐南区長束3-21-7
旧国道沿い 長束郵便局の向かい
JR安芸長束駅より徒歩5分




ギャラリー関連の問い合わせ先はー

■RiCKLE!

広島市安佐南区山本3-8-6
銀山門前通り
フレスタ東山本店ウラ
TEL.082.850.0822.
open.11:00-20:00
水曜定休 駐車場8台完備
http://blog.livedoor.jp/rickle/






 

kiwoku_no_karabako at 11:00|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2015/09/18

『エフスタイルのしごと』2015.09.26.(sat)〜29.(tue) 4DAYS

fstyle_DM_omote




広島じぞう通りにあるセレクトショップ「LEQUEL」の企画で、
【 エフスタイルのしごと展 】を開催します。


エフスタイルさんにとっては広島では初めての展示会となります。



靴をぬいで上がっていただけるギャラリーでは、
色とりどりのモチーフマットや、ベーシックなバスマットやキッチンマットなど、
様々なデザインをご覧いただけます。


そして新作の、再生ビンを使ったガラスのプロダクトや、
国産い草を使った品物などもご紹介します。


その他、定番のゴムが入っていない靴下、ホールガーメントのニット、
亀田縞のパンツやスカート、銅鍋やわっぱセイロなどの道具類なども一堂に展示いたします。

広島で初お披露目の品々も多数並びます、ぜひお出かけください。





場所:キヲクの空箱

日時:2015年9月26日(土)〜9/29(火)

時間:
9/26(土) 11:00〜18:00
F/style( 五十嵐・星野 在廊 )
※ 19:00よりRiCKLE! にて「酒と肴とF/styleと」

9/27(日) 11:00〜19:00
9/28(月) 11:00〜19:00
9/29(火) 11:00〜19:00

 

また、9/26(土)は19:00より<RiCKLE!>にて
F/styleの五十嵐さん星野さんお二人を迎えて、
新潟のお酒やわっぱセイロを使った軽食などを愉しむトークイベント
「酒と肴とF/styleと」も開催されます。
 

参加費は¥1,500 + ワンドリンク
(小学生以下は無料。ただし、要ワンドリンク)



皆様のお越しを心よりお待ちしております。 


 

チケット情報&問い合わせ

■LEQUEL 

〒730-0043
広島市中区富士見町14-12中田ビル1F
TEL:082-249-7776
営業時間 11:30~20:00
定休日 水曜日(祝日は除く)
URL: http://www.lequel1412.jp/
mail: info@lequel1412.jp


 

■RiCKLE!(キヲクの空箱の問い合わせ先もこちらです)

広島市安佐南区山本3-8-6
銀山門前通り
フレスタ東山本店ウラ
TEL.082.850.0822.
open.11:00-20:00
水曜定休 駐車場8台完備
http://blog.livedoor.jp/rickle/




<F/styleプロフィール>

ともに新潟生まれの五十嵐恵美と星野若菜のふたりにより
2001年にスタート。
 

「製造以外で商品が流通するまでに必要なことはすべてやってみる」をモットーに、
デザインの提案から販路の開拓まで一貫して請け負っている。
 

おもな仕事に、山形の月山緞通とのコラボレートによる
マットシリーズ、新潟の伝統工芸シナ織りのバックなど。
 

伝統産業と「いま」を結び使い手へと商品を届けている。
 

著書に「エフスタイルの仕事」など

http://www.fstyle-web.net/




[出品予定]

シナの裂き織りバック、シナの縄の鍋敷き、シナの縄の花かご 、colord hempmat(色付き麻のマット)、綿のニット編みバック(最新作)、ホールガ-メントの綿ニット丸首長袖(最新作)、銅の行平鍋・ミルクパン、銅の片口(最新作)、わっぱ鍋とわっぱセイロ、ふるい、馬毛の裏ごし、銅のチロリ 、銅のコースター 、花鋏、ステインプルーフスリッパ、ステインプルーフバケット、パソコンケース、祝儀袋入れ・カードケース、スーピマ綿のゆたんぽカバー・ブランケット、はぜの和蝋 燭、燭台、亀田縞シリーズ全般、亀田縞の白縞、割烹着、スリッパ、手ぬぐい、ワイドパンツ、亀田縞のティッシュボックスカバー、 ホールガーメントの綿麻のニット(五分袖カーディガン、vネック)、綿ニット、ウールニット、vネックパーカー、ゴムが入っていない靴下[ストライプシリーズ]、 靴下全般、月山緞通の麻マット、モチーフマット、紙器、籐のバスケット&ハンガー、他多数 


 

 

kiwoku_no_karabako at 16:27|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2015/08/24

JEMS2045 〜30年後のオモチャ〜



jems2045omote
 

広島市立大学の学生有志チームと比治山大学の学生有志チームが
同じテーマで制作した展示を二つのギャラリーで行います。

1週間ごとに会場を交換することで展示の形態も変化します。


入場無料です。




3年目の今年のテーマは、「30年後のオモチャ」です。

毎年「30年後の◎◎」というテーマを決定し、テーマに沿った作品を制作、展示するものです。

1年目は「30年後の流行」でした。
2年目は「30年後のケータイ」でした。


------------------------------------

◆前期日程:2015年8月29日(土)〜9月3日(木)の6日間

広島市立大学→キヲクの空箱にて展示
比治山大学→mosaicにて展示

◆後期日程:2013年9月5日(土)〜9月10日(木)の6日間

広島市立大学→mosaicにて展示
比治山大学→キヲクの空箱にて展示

時間は、いずれも11時〜19時。
最終日のみ、15時まで。
会期中休廊日はありません。


------------------------------------

◆会場

・18帖の空間。mosaic

横川駅前の好立地にある18帖のちいさなギャラリーです。

広島市西区横川町2-9-7

横川駅前 市電の通りセブンイレブンの向い




・gallery キヲクの空箱

明治の終わり頃に建てられた築110年の古民家を改装したギャラリーです。

広島市安佐南区長束3-21-7

旧国道沿い 長束郵便局・ファミリーマート向い
JR安芸長束駅より徒歩5分

ウェブサイト:http://kiwokunokarabako.com/

------------------------------------

◆主催:JEMS2045実行委員会
◆共催:18帖の空間。mosaic / gallery キヲクの空箱



 



jems2045ura




 

kiwoku_no_karabako at 17:51|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2014/09/26

木村タカヒロのキヲク展 2014.10.04.sat〜




イラストレーター 木村タカヒロ氏の個展を、
週末のみ、土日祝の3週に渡って開催いたします。


テレビ番組のオープニングアニメーションや、
芸能人の顔を『顔破(ガンパ)』したり、
奇天烈なキャラクター『キムスネイク』の産みの親だったりと、
さまざまな顔を持つ木村タカヒロさん。


キヲクの空箱の個展では、彼の代表的モチーフである、
「顔」、つまり「フェイス」を中心としたアートワークを中心に、
今回の個展のために描き下ろした最新作から活動を開始した90年代の作品まで、
木村タカヒロというひとりのアーティストのキヲクを辿る展覧会です。


omote_02
omote_03
omote_04
omote_05



初日の4日には、リックルを会場に、広島を拠点に全国でツアーやライブで活躍の
シングルウを迎えて、ライヴ&ペイントも。

W1600×H1400のキャンバスを3枚。
120分で3つの作品を描き上げます。


その時、その場の空気を感じ取り、即興で奏でる音。
keta raのギター、Houribe LOUのハンマーダルシマー、KIYOのドラム。


初顔合わせの打ち合わせで「予定調和は必要ない」と
お互いにニヤリとしあったメンバーたちの顔を見て確信した。


アーティスト同士にしか辿り着けない、いわゆる「ハイ」になる状態でやりたい、
やれたらいいね、やろう、と、言葉を交わさないで確認しあったのであろう。


その空気を一緒に作り上げるのは、100人のオーディエンスであり、
サンデーズを含めた主催者サイドのホストたちである。


ヤル側、ミル側、といった障壁を取っ払い、混沌と一体となって、

ライヴという時間を全員で創り上げたい。


そんな時間をみんなと共有したい、と思っている。(sora)






ライブペイントで描き上げた作品も期間中はリックルに展示しています。
キヲクの空箱の展示とともに、ハシゴでご高覧ください。



omote_01



4日のイベントは、

11:00からのサンデーズによるフード&ドリンクとアニメーションの上映は入場無料です。

18:30からのライブイベントは、前売りチケット(3000円)が必要です。
ご了承ください。


キヲクの空箱での展覧会はもちろん入場無料です。



ura




リックルという空間で、
サンデーズのフード&ドリンクを愉しみ、
シングルウの音楽に包まれながら、
木村タカヒロのペインティングアートを、
浴びる、時間。

100人限定。
100人で乱舞る。




LIVE & PAINT & PARTY
『100 one hundred』


TAKAHIRO KIMURA × singulou × SuNDAYS × RiCKLE!
@RiCKLE!


2014.10.04.sat.

11:00~ SuNDAYS FOOD START ! (入場無料)

18:30~ LIVE & PAINT ART ! (要チケット)

20:30~ PARTY !


ticket : 前売り/ ¥3,000-(taxin) 当日/ ¥3,500-(taxin)
limit:100



18:30~のライブペイントイベントはチケットのない方は入場できませんが、
11:00~のサンデーズによるフード&ドリンクと、
キヲクの空箱での個展初日の展示、
リックルでのアニメーション作品の上映は、
入場無料でどなたでも楽しんでいただけます。






チケットに関するお問い合せは
TEL:082-850-0822(RiCKLE!)
その他、参加メンバーにお問い合せください。

used select shop RiCKLE!
広島市安佐南区山本3-8-6 銀山門前通り







木村タカヒロ(TAKAHIRO KIMURA)

1965年東京生まれ。セツモードセミナー卒業。
1990年、イラストレーターとして活動を開始。
人間の顔をメインモチーフに、ペインティング、コラージュ、
アニメーションなど、様々な表現法を駆使して作品を量産。

2003年バーチャルタレント集団「キムスネイク」を生み出し、
個性的なキャラクターによる奇天烈アニメーションを、
テレビ番組やCM、WEB等で発表している。
タレント、ミュージシャンとのコラボレーションも多い。

父は伝説のアニメーター木村圭市郎氏。

2010年、初の作品集「e-motion」刊行。

木村タカヒロ  www.faceful.jp

KIMSNAKE(キムスネイク) www.kimsnake.jp


◆kimveil

kimveil(キムベール)はイラストレーター・木村タカヒロの絵を用いて、
インテリア雑貨、ファッションアイテムを中心に、独創的プロダクトを制作する、
三好るいデザインによるオリジナルブランドです。


*


【 shingulou (シングルウ)】

広島在住の3人のミュージシャンが、ギター、ダルシマー、ドラムで紡ぐドラマチックサウンドファンタジー。

楽器の限界、枠を超えた 予想不可能な展開。

KETA RA, KIYOの兄弟ユニットであるShin gu- にホウリベルウのLOUこと
yuichi FUJISAWAが加わったスペシャルユニット。



■KETA RA
10代の頃より、テルミン+ベースのアンビエントデュオ「ヒオトビオク」のメンバーとして
アンビエント/ドローンな音楽性を追求。

2011年より本格的にガッドギターでのソロ活動を開始。

ソロ活動開始初年度より日本各地のグッドバイブレーションスポット、
クラブ、カフェ、ギャラリー、野外フェス等で演奏し年間80本以上のツアーを敢行。

ガットギターを用いて緻密で繊細にエフェクトされたフレーズ、
ミニマルにシンクロするギターの粒子、
そしてオーガニックかつアンビエントなサウンドスタイル
美しく優しい独自の世界観は時に天候や空気までをも巻き込む演奏で各地で支持されている。

近年では様々な美術作品への楽曲提供やコラボレート、
イベントプロデュース等も行い
自ら「自然とひかりの作家」として様々な方法でアート制作も行っている。


■yuichi FUJISAWA (Houribe LOU)
大学卒業後、New Yorkにて音楽、アートを学ぶ。
フロリダ・東京とブルーマングループのメインメンバーを経て、現在は広島在住。

2000年以上前にペルシャで生まれた打弦楽器、ハンマーダルシマーと共に
広島市平和記念公園・元安橋で道ゆく人と平和を祈る。

自身が在籍、プロデュースするジャパニーズシャーマントライブバンド【ホウリベ ルウ】では、
FUJI ROCK FESTIVAL '12・SET STOCK '12 などの大型フェスにも出演、
タワーレコード渋谷店リニューアルオープンプロジェクトLive Liveful では
ユザーン氏・OMA氏らと共演。

渡辺俊美氏・音速ラインのライブ・レコーディングに参加。



■KIYO
若年期より JAZZ, CLUB MUSIC,FLEE MUSIC 等のライブシーンで
勢力的に活動を行いながら 琴 尺八 雅楽等の日本の伝統表現。

絵画 映像 演劇や舞台等、様々なアートとコラボレートした活動を展開。


2006年には音楽家 野村彰浩氏の語りかけにより
宮島厳島神社の国宝"高舞台"でドラムセットを演奏するという貴重な体験をする。


"electro set"での個体表現。

オールコンポーズによる”ORBIT”(ex)

そして時にはドラムから離れ、
MPCと録音機材のみを使い空間の音のサンプリング音だけを使った空間作曲も手がける。


2013年にはニューヨークで演奏を敢行


近年ではketa ra との兄弟ユニット"shin gu"をはじめ
houribe LOUのリーダーYuichi Fjisawaとketa raとのtrio ”shingulou”等、
積極的な活動を展開中。




シングルウ オフィシャルウェブサイト
http://www.shingulou.com


■TOWER RECORDS
http://tower.jp/item/3280030/moving-stratus


■Amazon
http://www.amazon.co.jp/moving-stratus-shingulou/dp/B00E3CLC1W/ref=cm_cmu_up_thanks_hdr





gallery キヲクの空箱
広島市安佐南区長束3-21-7



 

kiwoku_no_karabako at 18:23|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2014/09/15

JEMS2044 〜30年後のケータイ〜 終了しました。


広島市立大学と比治山大学の学生有志チームによる大学交流展
『JEMS2044 〜30年後のケータイ』展が終了し、
撤収後に表彰式並びに講評と打ち上げが昨夜、空箱で開催されました。


展示の模様はまた後日アップしますが、
表彰式と粉モンパーティー(打ち上げ)の様子をお届けします。


IMG_1269

IMG_1271

IMG_1270

IMG_1272

IMG_1273

IMG_1279

IMG_1274

IMG_1278

参加メンバーそれぞれのギャラリートークを真剣に聞き入ってます。


IMG_1268

W受賞の染色作品「Memory?」を制作した上岡シナプス由季さん。

IMG_1280

受賞者全員で記念撮影。

■建築家・美術家 福島俊を 賞

比治山大学 松葉千織
作品名『MARUDE HAIGOREI』

ARコードで読み取ると、ケータイで動画が現れるという作品でした。
双方向のコミュニケーションが楽しいケータイというツールを上手く駆使していました。


■アトリエぱお 加藤宇章 賞

広島市立大学 上岡由季
作品名『Memory?』

染色で脳のシナプスを表現した色の綺麗な作品でした。
空箱での展示では窓越しの光を透過した透け感がよかったです。


■ギャラリーG 木村成代  賞

広島市立大学 渡邊藍子
作品名『歪み(ゆがみ)』 

立体で4人の家族が一列に並び、背中の液晶画面にタッチしている作品でした。
一見ユーモラスな人たちなのに、よく見るとぞっとする感じもあって
30年後への想像を掻き立てる作品でした。


■写真家 藤岡亜弥  賞

比治山大学 川野詩穂
作品名『私の友達』

脳から漫画のフキダシでメッセージを発している平面作品。
緻密な線とマンガ的表現が評価されました。


■キヲクの空箱 賞

広島市立大学 野添ゆかり
作品名『あなた』

喉元にQRコードの刺青を入れた自身の写真パネルと、
来場者のQRコード刺青シールをその場で制作し、お渡しする作品でした。
30年後には人は誕生直後に個人情報を埋め込まれるのでしょうか。


■モザイク 賞

広島市立大学 松本千里
作品名『ユビキタスの窓』

来場者に吸盤をガラスの好きな場所に貼ってもらって
自由に可変するインスタレーション作品でした。
モザイクの大きな窓、空箱の中庭窓という展示場所の特性をよく活かしていました。


■MVP賞(来場者からの投票で一番人気)

広島市立大学 上岡由季
作品名『Memory?』

アンケート用紙の質問で、「一番買いたいと思う作品は?」に最も票が集まりました。
アトリエぱお 加藤宇章 賞とのW受賞で本人大喜びでした(笑)



*


ほぼ女子会のピチピチした賑やかな打ち上げでした!


ご来場いただいたみなさま、PRをしてくださった関係者の方々、
学生のためならと審査員を引き受けてくださった審査員の四氏、
両大学の先生方、そして参加してくれた学生のみなさん。

ありがとうございました。


また来年の、『30年後の◎◎』をテーマに交流展で。
どんなテーマになるのか?
どんな学生さんたちが参加してくれるのか、もう今から楽しみです。



作品紹介、展示の様子はまた後日レポートします。





gallery キヲクの空箱




kiwoku_no_karabako at 13:31|PermalinkComments(0)過去の展覧会 

2014/09/09

JEMS2044 〜30年後のケータイ〜 後期日程[ 広島市立大学チーム ]

今日から日曜日までの6日間。

JEMS2044 〜30年後のケータイ〜 後期日程

キヲクの空箱では、広島市立大学チームの展示が始まりました。

 IMG_0412


アーティストの原石8人による、それぞれにテーマを掘り下げた表現が
キヲクの空箱という空間を上手く使って展示されています。

IMG_0394

 

お時間許せばぜひ足をお運びくださいませ。
もっとお時間許せば、横川モザイクとのハシゴでどうぞ!


IMG_0409



gallery キヲクの空箱


広島市安佐南区長束3-21-7
旧国道 長束郵便局斜め前




 

kiwoku_no_karabako at 11:26|PermalinkComments(0)日々のできごと. 

2014/09/08

JEMS2044 〜30年後のケータイ〜 前期日程終了 明日から後期日程スタートです。

キヲクの空箱では、前期日程の比治山大学チームの展示が終了しました。

今日は、横川mosaicとの会場チェンジで市立大学チームが設営を行います。

明日からの後期日程もお楽しみに。


前期日程の審査員を務めていただいたのは、

建築家で美術家の福島俊を氏と、
アトリエぱお代表の加藤宇章氏の両氏。


作品1点1点に真剣に向き合い学生達とコミュニケーションしながら
審査をしてくださる姿を見て、若きアーティストの原石たちは何を感じたでしょうか。
何を思ったでしょうか。

この両氏の姿を見せることができただけでも大きな収穫だと思います。

ほんとうにありがとうございました。

10565655_736245076411511_1250989879_o


ひとつのテーマに対して、考え、向き合い、自分なりのイマジネーションを表現した作品たち。
ふたつの大学のカラーがはっきり現れていてとても興味深い展示になっています。

同じ作品群を会場を変えて展示することで、また違った見え方もするはずです。
(そうなるように展示空間を構成する力を養うことも狙いのひとつ)


前期を見た方も、見逃した方も、ぜひご来場ください。

また、会場ではアンケートをお願いしています。

お世辞で褒めても、いっそ学生たちの為にはなりません(笑)
ぜひ、思ったとおりの忌憚のないご意見を
ビシビシ書いてやってください。





garelly  キヲクの空箱

広島市安佐南区長束3-21-7
旧国道長束郵便局向かい・ファミマ前


 

kiwoku_no_karabako at 11:03|PermalinkComments(0)

2014/08/28

大学ART交流展 JEMS2044 〜30年後のケータイ〜


00_png_srz


10559760_262393447304530_7148674397622209122_n




広島市立大学と比治山大学が同じテーマで制作した展示を
二つのギャラリーで行います。

1週間ごとに会場を交換することで展示の形態も変化します。


入場無料です。




2年目の今年のテーマは、「30年後のケータイ」です。


初めての年となった昨年は、「30年後の流行」でした。


毎年「30年後の◎◎」というテーマを決定し、テーマに沿った作品を制作、展示するものです。


------------------------------------

◆前期日程:2014年9月2日(火)〜9月7日(日)の6日間

広島市立大学チーム→mosaicにて展示
比治山大学→キヲクの空箱にて展示

◆後期日程:2013年9月9日(火)〜9月14日(日)の6日間

広島市立大学→キヲクの空箱にて展示
比治山大学→mosaicにて展示

時間は、いずれも11時〜19時。
最終日のみ、15時で終了。
会期中休廊日はありません。

------------------------------------

◆参加メンバー

・広島市立大学チーム

Azusa Sumioka
Akiko Watanabe
Rina Tokumura
Yukari Nozoe
Yuki Kamioka
Hiroki Kamata
Miho Shirai
Chisato Matsumoto

・比治山大学チーム

半川瑠里佳
影久みのり
ナノ助
桑山優里
仁井谷佳人
橋本明日菜
加治慈海
迫田奈々穂
中村美月
HUYU
波多野奈美
佐那
松葉千織
中村響
大山莉歩
安井実歩
世良由香莉
ねね
山緒ちくわ


------------------------------------

◆特別審査員

前期日程:建築家・アーティスト 福島俊を氏
     アトリエぱお代表 加藤宇章氏

後期日程:ギャラリーG 代表 木村成代氏
     

学生のためなら、と、快く審査員をお引き受けいただいた四氏に心より感謝いたします。

------------------------------------

◆会場

・18帖の空間。mosaic

横川駅前の好立地にある、シンプルなホワイトボックスの白い空間です。

広島市西区横川町2-9-7

横川駅前 市電の通りセブンイレブンの向い

ウェブサイト:http://yokogawa-mosaic.com/


・gallery キヲクの空箱

明治の終わり頃に建てられた築110年の古民家を改装したギャラリーです。

広島市安佐南区長束3-21-7

旧国道沿い 長束郵便局向い
JR安芸長束駅より徒歩5分

ウェブサイト:http://kiwokunokarabako.com/

------------------------------------

◆主催:JEMS2044実行委員会
◆共催:18帖の空間。mosaic / gallery キヲクの空箱



 


kiwoku_no_karabako at 16:30|PermalinkComments(0)今後の展覧会 

2014/02/10

キヲクの空箱 2013年度 展示スケジュール

キヲクの空箱では、二十四節気にちなんだ名前のついた、年間24の展示枠をご用意しています。

(2014年2月10日更新)



2013年度の展示枠もあと2枠となりました。
2014年度のご予約も承っております。

利用条件など、お気軽にお問い合せください。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#23|啓蟄|3月6日〜3月18日

申し込み受付中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#24|春分|3月20日〜4月1日

申し込み受付中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



お問い合せは...

gallery@loop17.jp



*


■2013年度


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#01|清明|4月4日〜16日


オープニング展『オワリはじまり』(終了しました)

28名のグループ展

7つのキーワードから着想した新作の展示&販売


568名(在廊アーティストを含まず)のご来場をいただきました。

ありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#02|穀雨|4月18日〜4月30日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#03|立夏|5月2日〜5月14日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#04|小満|5月16日〜5月28日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#05|芒種|5月30日〜6月11日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#06|夏至|6月13日〜6月25日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#07|小夏|6月27日〜7月9日


R.Temuulen展(ラクチャ・テムレン展)


あさ起きてすぐ 目のまえに
おだやかな海がひろがって
にわさきの木に 小鳥がさえずる。

時間がとまったかのような
しずかさを味わいながら さて と思う。

なにが さて かはわからないけれど
なにか うちがわからにじみ出てくる
思いがある。

R.Temuulen


1972年 モンゴル ウランバ-トル 生まれ
1995年 モンゴル 芸術大学卒業
現在 広島県江田島 在住

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#08|大暑|7月16日(火)〜7月21日(日)


Chim↑Pom 2013 「広島!!!!!展」の準備展@ホットスポットギャラリー


【概要】

アートのかけはしとして2013年に広島市内3館そして市内の文化施設、
ギャラリ―などが一丸となって開催される
「アート・アーチひろしま」開幕に併せて勝手な応援企画として、
Chim↑Pomの「広島!!!!!展」@旧日本銀行広島支店実現に向けて、
準備のための展覧会として8会場同時開催で
「Chim↑Pom 2013「広島!!!!!展」準備展!@広島市内ホットスポットギャラリ―」
を開催します。

Chim↑Pomは、 2008年のピカッ騒動以来広島での発表の場を失っていましたが、
震災以後も日本社会へ彼らなりのアートメッセージを投げかけてきました。

しかし肝心な広島での展覧会が開催されてきませんでした。

この度、2011年の震災以後の作品を含めた、
Chim↑Pom作品の多くを広島市民に見て考えてもらえる展覧会
「広島!!!!!展」を旧日本銀行広島支店にて開催するための「準備展」です。


【展示作品について】

今回の準備展に併せて広島市内にて5月末より制作開始。
「平和の火」を用いた絵画シリーズ約300点。

ロープや石膏を使って、動物や植物や日用品などを描いた大小の絵画を積み上げ、
投げ込んだ一発の火によって、それら森羅万象を一気に焼き上げます。

それらの作品を市内8カ所のギャラリ―にて同時に展示販売をします。

【主催】NPO法人アートプラットホームG
【共催】18帖の空間。mosaic、キヲクの空箱、LOG、sala syasyaten、ヲルガン座、No.89、SHAMROCK
【協力】無人島プロダクション、大和プレス、広島フィルム・コミュッション、広島文化会議準備委員会、ラピスギャラリ―、gallery & antiques 2010、NSA、

【お問い合わせ】
NPO法人アートプラットホームG(ギャラリ―G)
広島市中区上八丁掘4−1 082-211-3260 (FAX082-211-3261 )
gg@gallery-g.jp 

【Chim↑Pom(チン↑ポム)のプロフィール】
2005年に東京で結成したアーティスト集団。
時代のリアルに反射神経で反応し、現代社会に全力で介入した強い社会的メッセージを持つ作品を次々と発表。
映像作品を中心に、インスタレーション、パフォーマンスなど、メディアを自在に横断しながら表現している。

東京をベースに活動しながら、世界中の展覧会に参加、海外でもさまざまなプロジェクトを展開。
近年はさらに活動の幅を広げ、美術専門誌監修や展覧会キュレーションなども行う。

著作に『Chim↑Pom作品集』(河出書房新社、2010年)、
『なぜ広島の空をピカッとさせてはいけないのか』(阿部謙一との共編著、無人島プロダクション、2009年)、
『芸術実行犯』(朝日出版社、2012年)、『SUPER RAT』(パルコ出版、2012年)
がある。

http://chimpom.jp/

【作品展示される8カ所のホットスポットギャラリー】
※ギャラリーによって会期、時間、定休日が異なります。
 ご確認の上、8カ所巡りにお出かけください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ sala syasyaten
広島市中区中町1-27久保広ハイツ501号
7月16日(火)〜17日(水)2日間
12:00-19:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ ヲルガン座廃墟ギャラリ―
広島市中区十日市町一丁目4-32森本ビル4F
7月16(火)〜18日(木)3日間
17:30-26:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ SHAMROCK
広島市中区国泰寺町1-9-8 (10:00-20:00)
7月16(火)〜18日(木)3日間
10:00-20:00 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以下5カ所はすべて6日間
但し、時間、定休日が異なります。
定休日は各ギャラリーにお問い合わせください。

7月16日(火)〜21日(日)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ ギャラリ―G
広島市中区上八丁掘4-1
(11:00-19:00)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ 18帖の空間。mosaic
広島市西区横川町2-9-7
(11:00-19:00、日曜日は11:00-15:00)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ キヲクの空箱
広島市安佐南区長束3-21-7
(11:00-19:00)
※通常水曜日が閉廊日ですが、開廊いたします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■ LOG
広島市中区土橋町6-17-2F
(平日17:00-24:00、土日14:00-24:00)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
■No.89
広島市中区八丁堀12-8 YDビル2F
(11:00-19:00)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#09|立秋|8月8日〜8月20日


『風の色』展

広島市立基町高校 創造表現コース 卒業生同期8人によるグループ展

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#10|処暑|8月27日(火)〜9月1日(日)の6日間


大学交流展 JEMS2043 〜30年後の流行〜 前期日程

比治山大学学生有志チームによる展示


横川mosaicとの共催企画です。

同じ会期で、モザイクでは広島市立大学学生有志チームが展示を行っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#11|白露|9月3日(火)〜9月8日(日)の6日間


大学交流展 JEMS2043 〜30年後の流行〜 後期日程

広島市立大学学生有志チームによる展示


横川mosaicとの共催企画です。

同じ会期で、モザイクでは比治山大学学生有志チームが展示を行っています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#12|秋分|9月24日(火)〜10月1日(火) 期間中無休


「100人の母たち」展


私たちは、原発のない世界を求めます。
このわが子のために。となりの子どものために。
世界中のいのちのために。
そして、わたし自身が自分に背を向けずに生きるために。


”100人の母たち” は、フォトグラファー亀山ののこが、

2011年3月に起こった福島原発事故を期に、原発の問題、

それを支える社会構造の問題を知り、”原発はいりません” という意思を、

自らの伝達ツールである写真を通して表明しようと始めた、母親たちとのセッションです。


一人ひとりの母たちは、原発はいらないと、実名のもとに、

また愛する我が子と一緒に、意思表示をすることを決めた女性たち。


これからも、いのちを守るものの当然の選択として、発信し続けていきます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#13|寒露|10月3日〜10月15日


 

前期展と後期展に分け2人の男がそれぞれの展示をします。

前期展:よこたよしき【 TIME PAINT 】  後期展:宍戸良【 Limbo 】

そして2つの展示をつなぐ、開催中に進行(変形)していく共同作品
【 When Where Who What Why ? 】を同時に発表します。


よこたよしき【 TIME PAINT 】
日の出と日の入、朝と夜。
毎日繰り返されるサイクルと共に流れる時間を、
数字という記号ではなく別の視点からの提案をする展示です。
ペイントと映像と立体物を複合した方法で表現します。
来場者は時間の分かるもの(時計、携帯電話等)を受付に預けてもらい、
外からの情報と光を遮断したギャラリー空間で「新しい時間」を体感していただきます。


宍戸良【 Limbo 】
Limbo : [ 天国と地獄の間 ]  [ 忘却 ]  [ どっちつかずの状態 ]
Limboという様々な意味をもつ言葉からインスピレーションを受けた油絵、
1500個以上の組み立て前のプラモデルを使用したインスタレーション、
作家の祖父が亡くなるまで忘れ去られていた写真を展示します。

思い出。思い出すための行為。思い出すためのもの。
それらのための儀式のような展示です。

開催日時:前半 10 / 3(木)〜 10 / 8(火)=  よこたよしき【 TIME PAINT 】
     後半 10 / 10(木)〜10 / 15(火)=  宍戸良 【 Limbo 】
     11:00 ~ 19:00  入場無料  ※ 水曜定休日

場所  :キヲクの空箱
住所  :広島市安佐南区長束3丁目21−7
問合せ先:082-247-6536  ギャラリーヨコタ(よこたよしき)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#14|霜降|10月17日〜10月29日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#15|立冬|10月31日〜11月12日


清水新也 油絵展

ー夢とロマンを求めてー


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#16|小雪|11月16日(土)〜11月25日(月)


山口マオ個展


ワニワニシリーズでおなじみの絵本作家 山口マオさんの個展が

広島にやってきます。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#17|大雪|11月28日〜12月10日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#18|冬至|12月12日〜12月24日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#19|小寒|1月9日〜1月21日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#20|大寒|1月23日〜2月4日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#21|立春|2月6日〜2月18日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#22|雨水|2月20日〜3月4日

(クローズ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#23|啓蟄|3月6日〜3月18日

申し込み受付中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

#24|春分|3月20日〜4月1日

申し込み受付中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー






kiwoku_no_karabako at 13:29|PermalinkComments(0)2013年度スケジュール 

2013/12/19

PROJECT NOW!展『NOW! very NOW』終了いたしました。ありがとうございました。


PROJECT NOW!展

『NOW! very NOW』

終了いたしました。

1471217_558718487539849_141069526_n


1506775_558720380872993_923658662_n


旧日銀で開催された、Chim↑Pomの『広島!!!!!展』と
会期を同じくすることで、生い立ちも立場も違う2つのチームが、
広島でヒロシマをアートすることの意味を対比させてみようという試みをしました。

圧倒的スケールで、芸術の文脈に残るであろう金字塔を打ち立てたチン↑ポム。

かたや、広島の街をフィールドにアートを通じて、考える場をつくってきたNOW!。

会期中、両者は両会場を行き来し、
鍋を囲み、飲み語り、トークイベントも開催させていただきました。

勝ち負けや優劣を競ったわけではないですが、
NOW!はとてもC↑Pを意識したことは認めざるを得ません。


意識したらこそ、
自分たちの表現したいものは何なのか?
誰に何を伝えたいのか?
自分はチームとどう関わってゆきたいのか?
など、さまざまな事象が顕在化し、
3年の歩みを振り返るにはとても有意義な展覧会になりました。

わざわざご来場いただいた方に、どんな「もやもや」を感じてもらえたでしょうか?


これが、わたちたちの、「まさに今!」。

等身大でありのままの『NOW! very NOW』でした。

展覧会開催にあたり、ご協力をいただいた関係各位に、深く感謝をいたします。

きっかけを与えてくれた、ギャラリーGの木村さん。
トークイベントのMCをやってくれたGの松波さん。
そしてChim↑Pomのメンバーのみなさん。
ありがとう。ありがとう。ありがとう。


キヲクの空箱をつくるきっかけとなった、
キヲクの再生プロジェクトからNOW!に関わり、
メンバーの一員としての私と、ギャラリーオーナーとしての私。

二つの立場から、みなさまにありがとう。

これで、春から歩みはじめたキヲクの空箱の1年目の展覧会は終了です。

来年、どんなアーティストが、この空間で、何をみせてくれるのでしょうか?

私自身とても楽しみです。


gallery キヲクの空箱
そらもと けんいち


 

kiwoku_no_karabako at 13:29|PermalinkComments(0)過去の展覧会 

2013/12/03

今年最後の展覧会は、これだ! Project NOW! Exhibition ” NOW! very NOW ”

now! dots


gallery キヲクの空箱 企画展




Project NOW!展

ーNOW! very NOWー



 


1890年代、明治末期に建てられた一軒の日本家屋。 

1945年8月6日の爆風にも耐え、この地で110年の時を刻んできました。


2013年4月にアートギャラリーとして新しい使命を吹き込まれた「キヲクの空箱」が誕生したきっかけは、 

2011年の春に開催された「キヲクの再生プロジェクト」でした。


そのプロジェクトを企画運営したアート集団、Project NOW! 。

記念すべき開館1年目の締めくくりに、2010年から広島の地で、それぞれの今と真っ向から向き合い、

等身大のヒロシマを表現してきた彼らの、誕生から「今」までを総括する展覧会を開催いたします。


本展覧会では、チーム発足からの軌跡を、過去のアートアクションで使用したさまざまなモノを使って再構築。

また非公開トーク&マインドマッピングイベント「はっけよい、もやもや。」が展示前夜に行われ、

PROJECT NOW!の「今」が表現されていきます。


被爆の当事者ではないProject NOW!が、ここ「キヲクの空箱」で、 

ヒロシマに生きる当事者として、議論を闘わせ、刺激しあい、難しさ、ジレンマなどのエネルギーを交換し、

今をアップデート。


その生々しい現場に、足をお運びいただき、ぜひご高覧くださいますようお願い申し上げます。 


※期日中にスペシャルトークイベントを開催。

旧日本銀行広島支店のChim↑Pom展「広島!!!!!」と会期を同じくすることで、

Project NOW!とChim↑Pomの相互の展覧会会場をお互いに行き来し、 


「ヒロシマでアートする」ことの意義や、表現の在り方を模索します。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会期: 2013年12月8日(日)〜17日(火)

    11:00〜19:00 ※会期中無休


会場: gallery キヲクの空箱

    広島市安佐南区長束3-21-7

※入場無料

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

■ステートメント

私たちは一冊のアートブックを世に出した。

核問題と向き合うために、ヒロシマとそこから繋がる、答えのない答えを見つめるために。

中心地から自然発生的に生み出され、影響し合う、モノ・コト・ヒト。


忘れることで生きていける。忘れないことで作り出せる。

瓦礫の山から人々が築き上げた都市で、記憶の欠片を拾い上げ新たな価値を生み出していく。

ヒロシマが生まれたあの日を知らない世代が、等身大の自分たちをさらけ出す。

共感、怒り、失望、悲しみ。アクションする中で出現するもの。


カラフルなバックグラウンドを持ち合わせたメンバーが、それぞれの「今」を土俵にのせ、議論し、表現する。

私たちはこれまでに様々な企画展やイベントを通して、考える場を作り続け、多くの人々と共有してきた。


ヒロシマからヒロシマへ。果てしなくコミュニケートし続けることが、まさに「今」である。

 


【 Project NOW!プロフィール 】
 

「アートを通じて考える場を」/ Switch on,Imagination.

をキーワードに広島の街をフィールドにして、これまでにさまざまなアートアクションを開催。

一方的な「答え」を提示するのではなく、アートを通じて人々の想像力に働きかけることをテーマに、

広島に住む表現者として、そこから繋がっていく問題と向き合ってきました。
 

さまざまな職業・思考・才能を持つ22名のメンバーで構成されています。(2013年11月現在)

代表:安彦恵里香

 


■主な活動歴


2010年12月  前広島平和文化センター理事長スティーブン・リーパー氏の呼びかけにより結成


2011年4月   アートブックNOW!発行

 同年  8月  原画展「Switch on, Imagination展」@旧日銀・平和公園内など市内10ヶ所


2012年3月〜6月  キヲクの再生プロジェクト @広島パルコ前ビル3棟


2012年7月〜11月  Birthday 01-03

          #01 @ギャラリーヨコタ

          #02 @テングスクエア

                   #03 @旧日本銀行広島支店


2013年3月 アートブックNOW! 原画展 @ICAN Civil Society Forum/オスロ(ノルウェー)


2013年7月〜10月  Transformation of TARGET

8/4          "Action.1" 「Look/見上げる」         @相生橋

8/6          "Action.2" 「Walk/歩く」  @平和公園内緑地帯

         7/20-9/15  "Action.3" 「Catch/集める」 @webを通じて世界中から

9/25-10/5 展覧会「 Transformation of TARGET」 @ 旧日本銀行広島支店


2011年〜2013年 FACE PAINTING @フラワーフェスティバル・とうかさん・イノコ大福フェスタ等





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

|展覧会に関してのお問い合せ|


gallery キヲクの空箱|090-3740-3054(ソラモト)

Project NOW!|090-1762-4327(アビコ)


主催:gallery キヲクの空箱



kiwoku_no_karabako at 14:21|PermalinkComments(0)今後の展覧会 | 日々のできごと.