プレリートファンド株式会社 代表の木山憲一です。


約2年前になりますが、
業界専門誌「月刊レジャー産業資料」の2016年8月号に、

丸紅プライベートリート投資法人による㈱センチュリオンインターナショナルが運営する、
「センチュリオンホテル レジデンシャル赤坂 キャビンタワー」
の取得に関する記事がございましたので、ご参考までに情報共有させていただきます。


センチュリオンホテル

記事PDFデータ


※㈱センチュリオンインターナショナルが運営する上野ホテル2棟ファンドについては、
 弊社はじめ、業務提携先のアップルバンクやGMOクリック証券のサイト内でも
 現在購入可能となっております。

※丸紅プライベートリート投資法人:総合商社大手 丸紅グループの私募REITです。




ホテル運営会社の㈱センチュリオンインターナショナルに関する記事:
(一部引用)
****************************************************************************************************************************

丸紅プライベートリート投資法人は丸紅グループの私募REITです。
グループの丸紅アセットマネジメントがAMを手がけます。
投資法人はオフィスビルや商業施設、ホテル、住宅、物流施設など多様なアセットタイプに投資する総合型ポートフォリオを標榜しています。


昨年(2015年)12月に、東京都港区3丁目にあるデザイナーズカプセルホテル「センチュリオンホテル レジデンシャル赤坂 キャビンタワー」を取得しました。


当REITにオーナーチェンジ後も、引き続き業界大手である㈱ヤナガワ(分社化により現在は㈱センチュリオンインターナショナル)に運営いただいております。


国をあげて観光産業を育成しようという動きがあるなかで、ホテル関連資産には積極的に投資していく方針です。

****************************************************************************************************************************


このように、既に丸紅グループの私募REITが投資しているオペレーターですから、
㈱センチュリオンインターナショナルが運営する上野ホテル2棟についても、
流動性(リートへの売却の可能性)が高い案件と考えております。


投資ご検討の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

プレリートファンドのホームページはこちら

↓↓