モニター購入、からの返品。ふりだしへ戻る。

カテゴリ:
ムスコにとっては、初の自作パソコンの進捗です。

自宅に数台、使っていないモニターが転がっているのですが、

IMG_1031

モニターを購入しました。
今年の2月発売なのに妙にコスパの良い、レビューの評価も悪くない(発売されて間もないため、さほど評価数がないだけかも)。
それが車で20分程度のお店で買える(ネットよりも安い額で)。

ムスコを連れて買いに行きました。

ルンルンで帰ってきたムスコ。
そそくさと自室に持っていきます。
そのモニターにつなげる予定のパソコンはまだできていないので、とりあえずプレステを持っていきます。


翌朝、休みに入ってから滅多に午前には起きないのに、早々に起きてきて。

「モニターがちょっとおかしい」

電源を入れるとすぐに分かる、縁の一部に照度ムラ。

IMG_1030

額縁の隙間から、細くバックライトの光も漏れていて、なんだかその部分だけ建て付けが悪い感じ。

買った翌日なので、初期不良として扱ってもらえるのかモニターを元の箱に詰め直して購入店に行きました。

結果ですが、

  • 初期不良として認めてもらえました。
  • しかし、交換するにも、お店に同機の在庫がない。
  • メーカー修理は、時間がかかることと、狭額縁なので多少の光モレは仕様と言われる可能性が高い

という返答から、

返品することになりました。

実は、今回の自作について、パーツ構成はムスコが調べて親にプレゼン。

親が出資に値すると認める →  親が払う
親がそれは道楽と評価する → 自分のバイト代で払う

と協定しております。
そして、余分なモニターが転がっている我が家では、モニターはハナから
ムスコが払うもの
と決まっていました。

生まれて初めてのバイト代。兼、初めての大物買い。

ムッチャ調べて、ムッチャ納得して購入したのにこの結果。
私的には、返品対応で全額戻ってきたのでホッとしているのですが、
ムスコはちょっとショックだったよう。
モニターの物色をダンナに任せてしまっています。

返品したモニター。光モレさえなければ、ドット欠けもなく発色も良くて満足な品だったのですが。
在庫がなくて、アレが本当に仕様だったのか、個体の問題だったのか確認できなかったのが残念。

自作PCのための家族会議

自作PC試算


この春、大学に進学するムスコ。
今までダンナのパソコンを共用していましたが、さすがに本人専用のパソコンが必要だろうと話をし始めたら息子曰く、

「パソコンを自作したい」

いやいや、念頭にあったのは通学用のノートPCなんですけど・・・。

「だって、タブレットあるし」(ノートテイクや資料を見るのはそれで済ます気らしい)

「ノートPCあるし」(ダンナと共用のPCは17インチのデスクトップノート)

通学し始めたら、やっぱりノートPC必要って言われそうな気もしますが、そうなったら自分でバイトして何とかするとも言うので、昨日あたりからディスプレイを買いに行ったり動き始めています。
(ディスプレイもウチでは放置中のものが2台ある)

画像は、息子が計画したパーツ表。

分かる人には分かる。

ガチガチのゲーミングPC構成です。

カテゴリ:
昨年一年は、本当にいろいろあって。

姑のこと、実家の父のこと、私自身の体のこと。
年末には主人のこと。

いろいろありすぎて、メンタルも弱っていたのでしょう。
どうしても、ブログをアップする気になれませんでした。

ところが、ここに来て、いつも教室で利用させていただいている市民センターから活動自粛の要請が。

当面、2週間の休職が確定しました。😞
(慎重派のクラスは今月いっぱいお休みが確定)

時間に余裕ができたので、ブログの更新もしていこうと。

とりあえず、今回は、個人用のfacebookでもシェアしましたページの紹介


四角の中をクリックすると、該当ページに移動します。

突然の休校と、元気なのに活発に動き回ることができなくなったこのご時世に。

新年のご挨拶

カテゴリ:
IMG_0953


Canvaというアプリを使いiPhoneで作ったポストカードデザインです。
実は10月にはサンプルで用意していたのですが、結局テキスト化しないままになってしまいました。

スマホやタブレットは、パソコンで使っていたWard、Excelや年賀状ソフトを今までと同じように使いたいと望んでしまうと難しい面がありますが、考え方を変えるとパソコンでは手間がかかっていたことが簡単にできてしまうところがままあります。

年賀状の定型スタイルにこだわったり、特に縦書きはね。

それが「ポストカード」に切り替えるだけでたくさんのアプリが選択肢に入り、印刷屋さんの入稿用にも自宅印刷用の画像にも出力できます。
パソコンがなくてもできることは、この一年ほどでかなり広範囲になりました。

やり方は、まだまだ模索中で心許ないところも見せてしまいますが、パソコンがなくても、スマホやタブレットだけでも通えるパソコン教室にしていけたらなと思っています。



本年もよろしくお願いします。

お絵かきアプリ、Art set 4

カテゴリ:
IMG_0946

「アナログに近い」というレビューに惹かれて入れてみました。

使ってみて。

う〜ん。

色の変更やブラシサイズの変更がワンタッチでできなくて、ちょっと使いにくい。

カスタマイズができそうなのだけど、今のところマニュアルなど情報が英語版ばかり、かつ少なくてカスタマイズもままならない。

油彩や水彩が画面上で、色が混ざって行く様は他のアプリにはないリアルかんで、ここは使いこなしたら楽しそうです。

FullSizeRender



このページのトップヘ

見出し画像
×