おはようございます。
きよです。



さてさて、

少し空きましたが、裁縫のお話です\(^o^)/

今日はマス縫い3マス縫いのお話。



興味ない人はポチッと撤退。

ドラゴンクエストXランキングへ



ここで私が言う、2マス縫い3マス縫いとは、

ヨコぬい(8)、滝のぼり(8)、たすきぬい(7)、逆たすきぬい(7)、2倍ぬい(9)、
水平ぬい(10)、大滝のぼり(10)、3倍ぬい(12)のことを指しています。
( )は消費集中力。


裁縫の基本は消費集中力を節約することですので、

2マス縫いなら、

たすきぬい、逆たすき > ヨコぬい、滝のぼり > 2倍ぬい

3マス縫いなら、

水平ぬい、大滝のぼり > 3倍ぬい

と、コストパフォーマンスの良い優先順位で使います。


状況にもよりますので絶対ではないですが、

普段から最新装備を縫っている熟練職人さんは、

2マス縫いならたすきぬい逆たすきを好んで使っていますし、

3マス縫いなら序盤の精神統一後の最強水平ぬい(大滝のぼり)×3を行なっています。


通常では効率の悪い3倍ぬいでも、

アタマ装備や足装備だと、しつけがけ最強3倍ぬいが効率良いのでよく使われたりします。



では、あえて効率の悪い(消費集中力を多く使う)2倍ぬい3倍ぬいを使った縫い方を。



相性の良い縫い方

例えば縫いパワーが、

最強ふつう弱い

と続くこの状況↓

Screenshot_20181014-181058

虹布の会心ターンがないものとして。
消費集中力は今は考えない。

ほぼ全ての裁縫職人さんが、パッと最強たすきぬいを考えたと思います。

その時に出た数値によって ふつう弱いの縫い方を変えていきます。



では、ほぼ同じで「70」が「72」になった、

最強ふつう弱い

と続くこの状況↓

Screenshot_20181014-181049

虹布の会心ターンがないものとして。
消費集中力は今は考えない。

私ならたすきぬいではなく「72」に最強2倍ぬいをあてます。


理由は「72」に最強2倍ぬいをすると、

残数値が「0」「4」「8」「12」「16」「20」「24」となり、

「0」ピッタリとなる他、「4」や「8」などの良い数字が残りやすいからです。


これが、先ほどの「70」に最強2倍ぬいをすると、

残数値が「−2」「2」「6」「10」「14」「18」「22」となり、

「−2」「2」となる等、嫌な数字が残ります。



上記のように、ある特定の数字には相性の良い縫い方というものがあります。

以下に、いくつか例を挙げておきます。


○「27」に強い単縫い

残数値「0」「1」「3」「4」「6」「7」「9」

誤差「1」以下候補が多くある上に、嫌な数字「2」が無い。


○「81」に強い3倍ぬい

残数値「0」「4」「9」「13」「18」「22」「27」

「0」ピッタリとなる他、「4」も残る。


○「77」に強い3倍ぬい

残数値「−4」「0」「5」「9」「14」「18」「23」

糸ほぐし出来る集中力があるならアリ。


○「68」に最強2倍ぬい

残数値「−4」「0」「4」「8」「12」「16」「20」

糸ほぐし出来る集中力があるならかなり良い。



もちろん、

この相性の良い縫い方が絶対でもなく、残り集中力などの状況にもよりますけど。



他にも特定の数字に相性の良い縫い方はあると思いますが、

私はあまり詳しい方ではないので。


新たに知った相性の良い縫い方などがあれば、このページに追加していきたいと思います。

ではでは、今日はこの辺で\(^o^)/




金運上昇ッ!
ポチッと押してねッ!