2018年12月17日

イタリア語レッスン生徒募集

2019年度生徒募集

・レッスン形態:個人レッスン

・レッスン時間:1時間〜

・開講日:毎日

・入会金:4,000円

・レッスン料:1時間につき4,000円

・レッスン内容:入門レベル、映画で学ぶイタリア語、星の王子様で学ぶイタリア語,
歌で学ぶイタリア語など


・お問い合わせ:
エバンス外語スクール
〒732-0067:  広島市東区牛田旭2丁目4―10
Tel:082-221-9720
e-mail :info@evans-gaigo.jp

kiyo0816 at 11:25|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年12月13日

スポーツ短歌 7

・題:バトミントン選手

・躍動す火花二人のブルースリー コート飛び交う流星群

(ミニエッセイ)

コートの一方には青白い炎を思わせるサウスポーのチャンピオン。
彼のサーブで試合は始まった。

時には高く、あるいは低く
時には軽やかに、あるいは鋭く
時には激しく、時には音さえ立てず
シャトルはネット上を流星のように飛び交う。
対峙するプレイヤーはブルースリーを思わせる
軽やかな動きでコート上を躍動する。
そしてラケット一閃、止めの一刺し。


kiyo0816 at 08:56|PermalinkComments(0) スポーツ短歌 

2018年12月11日

映画「愛と喝采の日々」

BSで放映された1977年公開のアメリカ映画「愛と喝采の日々」(The Turning Point)を観た。
監督はハーバート・ロス。

世界最高峰のバレエ団の一つアメリカン・バレエ・シアターで、若い頃プリンシパルの座を競ったバレリーナをシャーリー・マクレーンとアン・バンクロフトが演じる。
一人は引退して家庭の主婦になり、一方はいまだに現役で舞台に立ってはいるが、若手の台頭で屈辱的な扱いを受ける機会も増えている…。

多くのバレエ関係者がこの映画にかかわっており、バレエシーンの隅々に気働きが感じられる。
全盛期にあったミハイル・バリシニコフの踊り、特にドンキホーテは圧巻。



kiyo0816 at 10:37|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年12月08日

スポーツ短歌 6

・題:決勝の日

・芝の穂に朝露光るスタジアム ここで戦う今日は決勝

(ミニエッセイ)

スタジアムの芝生には露が降り、それが朝日を浴びて、まるで無数のオレンジ色の鈴が揺れているようだ。
この清々しい芝生の上でこれから二時間後、決勝が始まる。




kiyo0816 at 09:14|PermalinkComments(0)

2018年12月04日

映画「リバー・ランズ・スルー・イット」

BSで放映された1992年公開のアメリカ映画「リバー・ランズ・スルー・イット」(A River Runs Through It)を観た。
監督はロバート・レッドフォード。

モンタナ州の自然の中で育った二人の兄弟。
牧師である父親がフライフィッシングの魅力を二人に教えた。
一生楽しめる遊びを父から教わった息子は釣りに行くたびに父親の事を懐かしく思い出す。

開高健の「オーパ」で知ったが、中国の古諺にこうあるそうな。
“一時間、幸せになりたかったら酒を飲みなさい。
三日間、幸せになりたかったら結婚しなさい。
八日間、幸せになりたかったら豚を殺して食べなさい。
永遠に、幸せになりたかったら釣りを覚えなさい。“

子供が幼い頃、この映画を観ていれば私にも教えることがあったのにと思わせられた。


kiyo0816 at 09:57|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年12月01日

プライベートレッスン

先週からMさんの英語の個人レッスンが始まった。

使うテキストは中学校の教科書のSUNSHINE ENGLISHと映画「ローマの休日」。
彼女はこの映画を観たことがなく、早速書店に行ってDVD付のシナリオブックを買って来て観た。
ヘップバーンに大変魅了されたそうな。

レセプションを終えて宿舎に帰りベッドに入ったシーンの最初のセリフ。
I hate this nightgown.
I hate all my nightgowns.
And I hate all my underwear,too.

ここで
all my nightgowns
all my underwear
の違いに注目。



kiyo0816 at 14:05|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年11月29日

ベルナルド・ベルトルッチ

イタリアの映画監督ベルナルド・ベルトルッチが77歳で亡くなった。

そのことを私は以前私のイタリア語レッスンの生徒だったKさんからいただいたメールで知った。
彼女が知らせてくれた訃報記事は以下の通り。

E morto Bernardo Bertolucci, l'ultimo grande maestro del Novecento
Il regista aveva 77 anni. Ha attraversato la storia del cinema mondiale con capolavori come 'Novecento' e 'Ultimo tango'. 'L'ultimo imperatore' ha vinto nove Oscar, compreso miglior regia e sceneggiatura
Se non fosse davvero esistito, il personaggio Bernardo Bertolucci – poeta, documentarista, regista, produttore, polemista, autore per eccellenza del cinema italiano, star del cinema internazionale - prima o poi, questo personaggio piu grande che natura l’avrebbe inventato qualcuno, per raccontare, in maniera romanzesca ed esemplare, quello che ha attraversato il cinema nella seconda meta del secolo scorso, dallo sperimentalismo al cinema d’autore, dalla cinefilia alla grandeur, dai low budget alle megaproduzioni, dal provincialismo alla visione internazionale. Il regista di capolavori come Novecento, Ultimo tango a Parigi, Il te nel deserto, Piccolo Buddha e L'ultimo imperatore, il film da nove Oscar, e morto all'eta di 77 anni a Roma dopo una lunga malattia.
Il figlio del poeta e la natia Parma Bernardo Bertolucci, in queste avventure e capovolgimenti era sempre li, da protagonista o da testimone del secolo. Cosi italiano e cosi internazionale. Cosi sofisticato e cosi nazional-popolare. Cosi letterario e cosi visuale. E non si puo non restare stupefatti di fronte a una vicenda umana e a una carriera cinematografica che si sono aperte nell'Appennino di Casarola di Parma, la casa di famiglia dei Bertolucci, e hanno percorso le strade del mondo per viaggiare sempre, pero, nello Zeitgeist, nello spirito del tempo, quello spirito che Bernardo, con antenne da vero artista, ha saputo identificare, interpretare, raccontare. Della favola, a tratti amara, sempre avventurosa che e stata la vita di Bernardo Bertolucci, ricordiamo l’inizio veramente da favola.

Bernardo Bertolucci, addio al maestro
Quando il bel ragazzo ventenne, figlio di un grande poeta come Attilio Bertolucci, amico di Pier Paolo Pasolini, amato da Moravia, vicino a Elsa Morante, a Cesare Garboli, a Enzo Siciliano, a Dacia Maraini, vince a vent’anni il Premio Viareggio per la poesia con Il cerca del mistero. Da questo laboratorio culturale – in cui a tempo debito si muoveranno anche la sua bella moglie inglese Clare People e il fratello piu giovane di Bernardo, Giuseppe -, dalla tradizione letteraria e musicale della sua natia Parma, discendono, oltre all’amore di Bernardo Bertolucci per i testi letterari, il gusto per il melodramma, l’amore per le scene madri, l’approccio mitico e popolare, la tendenza postmoderna a costruire con materiali preesistenti – quelli che, direbbe Violeta Parra, formano il suo canto. E quindi, su una filmografia di sedici film, a realizzare ben cinque film di origine schiettamente letteraria pur restando un autore straordinariamente visivo.
L'incontro con PPP e la nascita della Nouvelle Vague italiana E un percorso cinematografico affascinante. Bernardo lavora come assistente di Pasolini, gira documentari, affronta il primo film, La commare secca, su un'idea di PPP e con atmosfere tipicamente pasoliane. Poi un secondo, Prima della rivoluzione, nel 1964, una riscrittura a chiave di La Certosa di Parma, che diventa il suo manifesto cinematografico, annuncia il suo lato cinefilo ("Non si puo vivere senza Rossellini" e la citazione imperdibile) e lo promuove autore e cantore della borghesia di fronte ai cambiamenti drastici che segnano gli anni ’60. E se inizialmente il film viene accolto con freddezza dal pubblico e dalla critica italiana (ma, a Venezia, c’e chi gli consiglia di tornare a fare il poeta), e giusto un po’ meglio dai francesi, in compenso Pauline Kael, la dea della critica americana, assieme a un gruppo di "miracolosamente talentuosi ragazzi francesi" celebra anche Bernardo Bertolucci e il suo film, "stravagantemente bello per i suoi eccessi", dove si racconta la bellezza della vita "prima" della rivoluzione. Alberto Moravia, in una sua accesa recensione, equivochera e parlera di "dopo" la rivoluzione, reinterpretando il film secondo l'equivoco. Poco importa. Quello che conta e che dalla cinefilia e dalla poesia e nata una stella, a cui si affianchera , un anno dopo, a costituire il nucleo della Nouvelle Vague italiana, Marco Bellocchio con l'eversivo I pugni in tasca.
Tra il '68 e Ultimo Tango Nel fatidico '68 Bertolucci gira un film tipicamente sessantottino, Partner. Poi nel 1970, per la Rai, quello che all’epoca colpi tutti come un piccolo, sofisticato gioiello, Strategia del ragno, ispirato a Borges. Per darci nel 1970, ancora, quello che resta forse il suo film piu compiuto, maturo, personale, Il conformista, che trasforma ed e al tempo stesso fedele al testo di Moravia. Un film che se non riusci all'epoca a farsi amare dal pubblico italiano, di nuovo venne amato dalla Kael, che lo defini "un'esperienza sontuosa, emotivamente piena"- e che a tutt’oggi di Bertolucci resta il film piu riuscito, concluso, coerente.
Ma il fenomeno internazionale B.B. esplode con Ultimo tango a Parigi, e la complessa vicenda giudiziaria/ censoria che segui, e che rende difficile giudicare il film fuori dal suo contesto di scandalo. Uno scandalo paragonato dalla solita Kael allo shock culturale prodotto da Le sacre du printemps. E il fatto che Bernardo Bertolucci ogni tanto sia ritornato sulle sue responsabilita (o meglio sarebbe dire sulla sua irresponsabilita) nell’imporre scene e atmosfere brutali a Maria Schneider, non fa che rinnovare negli anni lo shock prodotto a suo tempo e a rendere piu difficile un giudizio. Che all’epoca a taluni e sembrato semplice: intense le scene in interni, con un superbo Marlon Brando invecchiato e dolente, imbarazzanti le parti con Schneider e Leaud, appassionante (nonche discutibile) il tema della trasgressione e del sesso come unico valore.

Bernardo Bertolucci: i 12 capolavori
I nove Oscar de 'L'ultimo imperatore' La storia delle vicende giudiziarie di Ultimo tango e un romanzo in se stesso, un po' grottesco un po' horror, tra condanne alla perdita dei diritti civili e roghi medievali di pellicola. Ma e la storia che ha creato la fama internazionale di B. B. e che gli consente nel 1976, sempre sensibile agli umori del tempo e ad anni di cultura di sinistra dominante, di girare Novecento, un’epica grandiosa e “hollywoodiana”, piena di grandi nomi del cinema nostro e internazionale, che racconta cinquant’anni di storia padana, a tratti potente e commovente, a tratti retorica e manieristica , sempre audace per le dimensioni e le ambizioni. Dopo la ricezione tiepida, nel 1979, di La luna, che racconta l’ambiguo e difficile rapporto , ai confini dell’incesto , di una madre e di suo figlio adolescente, dopo La tragedia di un uomo ridicolo ( 1981), una storia di avidita provinciale e rapimenti, che conquista a Tognazzi un premio a Cannes ma ha un risposta modesta dalle sale, nel 1987 Bertolucci conquista a sorpresa nove Oscar con un film veramente epocale, un trionfo di diplomazia e creativita, di gusto scenografico italiano e di abilita narrativa, L'ultimo imperatore, un grande successo a livello mondiale che apre le porte del mondo cinese e consacra Bernardo Bertolucci come un grande regista internazionale.
L'ultimo Bertolucci dal Te nel deserto a Io e te Tornato in Italia dopo un lungo periodo a Londra, sua seconda patria, Bertolucci, con Io ballo da sola, da un racconto di Susan Minot, esalta la bellezza del Chiantishire e il piacere di vivere "dopo" la rivoluzione. Con Il te nel deserto (1990) riscopre l'opera di Paul Bowles e il mondo tragico ed elegante degli “expat”. Quindi si muove, nel 1993, verso il Nepal, per raccontare la storia di Piccolo Buddha e aprire alle culture orientali. Nel 1996, tornato a Roma, dirige tutto in interni la storia di un'ossessione amorosa, L’assedio. Mentre nel 2003 ritorna all’amato, mitico '68 con la storia di tre ragazzi che intrecciano scoperte erotiche, politica e cinefilia in The Dreamers, un film di scoperto voyeurismo e di scoperta nostalgia che per molti versi riconduce alle atmofere di Ultimo tango. Ma la malattia che da anni lo assedia, sta avendo il sopravvento. Bertolucci non riesce a "montare" il suo Gesualdo da Venosa, un film a cui pensa da tempo. Gli restano le storie intime e private, e gira, praticamente sotto casa, un intenso incontro scontro tra fratello e sorella in Io e te ( 2012), dal romanzo di Niccolo Ammaniti. E la fine della bella favola. Ma Bernardo Bertolucci, il ragazzo poeta, il regista, la star, il premio Oscar, se ne va lasciando un segno che resta.


kiyo0816 at 05:38|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年11月22日

スポーツ短歌  5

・題:時よ止まれ

・あそこまで走ればゴール初マラソン いま黄金の時間よ止まれ

(ミニエッセイ)

36年前、新婚旅行先のハワイで妻と二人で走ったホノルルマラソン。
夜明け前のアラモアナ公園をスタートし、ワイキキビーチ、ダイヤモンドヘッドを乗り越え、ヘトヘトになってたどり着いたカピオラニ公園。
ゴールが目にはいった時、早くゴールして楽になりたいというよりも、この恍惚感に満ちた時が終わってほしくない、「いつまでも続いてほしい」という気持ちで私は走っていた。



kiyo0816 at 10:57|PermalinkComments(0) スポーツ短歌 

2018年11月19日

ハイキング

先日、妻と近所の山に登って来た。
IMG_2520

東区スポーツセンターの登山口から登り始め、向かったのは神田山。
IMG_2512

途中、やや脇にそれたところで200年前の江戸時代からある山王大権現の石碑に気付く。
願いがかなうとの由なので手を合わせる。
IMG_2506


いつも麓から見上げて大したことはないと高をくくっていたが構深い山だ。
神田山から折り返して見立山に向かう。
「ここは毛利氏が中国一円を手中に収め112万石の大大名となった元就の孫、輝元が吉田の郡山城から太田川デルタに本拠地を移す際に築城地を見立てるためにココに登ったことから見立山と呼ばれるようになった」
と説明にある。
IMG_2513

なるほど広島の市街が一望できる胸がすくような場所だ。

昼食をとって下山。
IMG_2516


紅葉が素晴らしかった。
IMG_2518



kiyo0816 at 10:39|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年11月17日

スポーツ短歌  4

・題:表現者

・駆けぬけて影も残さぬスプリンター 絵筆を持たぬ芸術家たち


(ミニエッセイ)

一陣の風のようにスプリンターたちは100mを駆けぬけて行った。
後には何も残らない。
砂漠を渡る風でさえ砂に風紋を残していくのに、スプリンターたちは何も残さない。
風よりもさらに鮮やかだ。
トラックの上にはたった今駆けぬけて行った彼らの幻が残っているだけだ。
彼等は作品を残さない芸術家だ。


kiyo0816 at 08:45|PermalinkComments(0) スポーツ短歌 

2018年11月16日

映画「華麗なるヒコーキ野郎」

BSで放映された1975年のアメリカ映画「華麗なるヒコーキ野郎」The Great Waldo Pepperを観た。
学生時代に京都の祇園会館で見て以来の再見だ。
監督はジョージ・ロイ・ヒルで、この映画で主演するロバート・レッドフォードとは『明日に向って撃て!』『スティング』に続く三作目のコンビ。

1920年代、一次世界大戦終結後も飛行機に魅せられた男の物語。
あこがれのドイツ人パイロット、エルンスト・ケスラーと戦いたかったウォルド・ペッパー。
ハリウッド映画の空中での戦闘シーンでついにケスラーを相手に長年の夢をかなえる。
自分より強い相手に挑戦したい、そしてその尊敬する相手から認められたい。
その夢がかなったウォルド・ペッパーが、ケスラーと互いの健闘をたたえて敬礼を交わし、青い空のかなたに消えていくシーンは忘れられない。

それにしてもこの邦題「華麗なるヒコーキ野郎」は何とかならなかったものかと今でも思う。



kiyo0816 at 09:23|PermalinkComments(0)

2018年11月12日

スポーツ短歌  3

題:メダリスト


不惑過ぎ カムバックした メダリスト 
何を求めて 秋陽に立つ


(ミニエッセイ)

10月に奈良で開催された国際ゴールドマスターズ奈良大会。
私はサブグランドでウォーミングアップを終えてメインスタジアムに戻ってきた。
トラックの第四コーナーに彼は立っていた。
オリンピックの陸上400mリレーのメダリストの彼は現役を引退してはや10年、46歳になっていた。
しかし、全身ゴムまりのような弾力を感じさせる肉体は見た限り衰えを感じさせなかった。
秋の朝の光が彼を包んでいた。
スターがそこにいた。

約一か月前、スペインのマラガで行われた世界マスターズ陸上競技選手権大会で、45歳代の世界記録にわずかに届かなかった彼のチームはこの大会を再挑戦の場所に選んだ。
結局、途中でオーバーゾーンがあったためバトンは彼の手に届かなかった。
観客の落胆のため息がスタジアムを包んだ。


kiyo0816 at 10:59|PermalinkComments(0) スポーツ短歌 

2018年11月10日

映画「めぐり逢い」

BSで放映された1957年のアメリカ映画「めぐり逢い」An Affair to Rememberを観た。
監督はレオ・マッケリー。

男女のすれ違いを描いたドラマで、主役を演じるのは当時のハリウッドを代表する美男美女のケーリー・グラントとデボラ・カーのイギリス出身の二人。
この当時のスターは気品があったと60年前のこの作品を観て思う。
ストーリーはごくシンプルだが、筋や人間関係がやたらと入り組んだ最近の映画に食傷気味の私には、分かりやすくて楽しめた。

ケーリー・グラントのセリフにはユーモアがちりばめられ、拝借して使ってみたくなる。
ピンクシャンパンなる飲み物もどんなものか飲んでみたくなった。
すれ違いのあった男女は結局めぐりあい、ハッピーエンドを迎えるが、私も心地よい余韻を味わうことが出来た。



kiyo0816 at 09:27|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年11月07日

スポーツ短歌  2

・題:飛行機雲

・振り切った円盤の先に飛行機雲 遠く切ないユーミンの声

(ミニエッセイ)


私が円盤投げの練習をするのは広島市を流れる太田川の河川敷。
それもほとんど人がやってこない不便な場所だ。
何しろ円盤は人にぶつけてから謝ったのでは遅いから、こんな場所で一人さびしく投擲練習をせざるを得ないのだ。

河川敷なので視界を遮るものは何もない。
頭上には広々と空が広がっている。
そこには時には空を両断するように飛行機雲が長く白いラインを描いている。
私の投げた円盤がその飛行機雲に向かって飛んでいく。

「ひこうき雲」は40年以上前の荒井由美のヒット曲。
その頃、私は京都の大学に通っていた。
それまでのどの歌い手とも違う、際立った個性を感じた。
最近、荒井由美の発見者は作曲家の村井邦彦であったことを知った。



kiyo0816 at 09:28|PermalinkComments(0)

2018年11月05日

翻訳受注

いつも翻訳のお仕事をいただくS社さんから、毎年この時期恒例の年末調整に関する文書の翻訳のご依頼をいただいた。
例年はポルトガル語だけだが、今年は同じ文書を英語にも翻訳する。

S社さんで勤務する外国人が去年まではブラジル人だけだったのが、英語を母国語とする人たちも加わったことが英訳が必要となった理由。

「住宅借入金等特別控除申告書」など、日本語としても初めて耳にするような言葉が並んでいる。

kiyo0816 at 11:19|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年11月02日

マスターズ陸上日記2018年 その31

11月2日(金)

10月27,28日の両日、2018国際ゴールド マスターズ奈良大会に参加してきた。

◎結果(男子65歳代の部)
・砲丸投(5k):10m46(2位)
・円盤投げ(1k):38m50(1位)

円盤投げの38m50は自己新記録で、自分の持っていた広島県記録37m41を一年ぶりに更新することが出来た。

10月27日(土)
奈良駅に着いて、試合開始まで時間がなかったのでタクシーで鴻池陸上競技場に向かう。
タクシーの運転手さんから知らされたこと。
夜、居酒屋に行くなら大和地鶏料理がおすすめ。今一つは宮島の鹿は奈良公園から行った鹿の子孫であること。
奈良に来て広島の事を教えてもらうとは思ってもみなかった。

砲丸の試合が終わってホテルにチェックインし、一休みしてから三条通りを歩いて興福寺に向かう。
三条通りは行きかう観光客でにぎやかだが、外国人の多いことには驚かされる。
周りからは英語、中国語、ハングル語、インドネシア語、ドイツ語が聞こえてきたが、中には私の聞いたことがない言葉もあった。

夕暮迫る興福寺の境内から見た夕日は荘厳だった。
IMG_2495


夜は三条通りの居酒屋でタクシーの運転手さんに教えてもらった地鶏を楽しむ。
奈良に来たら是非飲もうと思っていた銘酒「春鹿」はまことに柔らかい酒で満足した。

10月28日(日)

朝7時半、投擲練習場に到着。
緑に囲まれた贅沢な環境を独り占めして円盤投げのウオーミングアップ。
記録が出そうな予感があった。
IMG_2498


8時40分、メインスタジアムに行って、タレントの武井壮がメダリストの朝原宣治氏をメンバーに加えM45クラス(男子45〜49歳)の4×100メートルリレーの世界記録に挑戦するエキシビションレースを見る。
間近に見る朝原宣治氏は引退して10年がたつというものの、スターの雰囲気を変わらず漂わせていた。
レースは2→3走のバトンがつながらず、アンカーの朝原氏が走る前に終わってしまった。

私の試合は一投目で38m50が出たが、その後記録は伸びなかった。
IMG_2503

しかし、本年最後の試合を県新記録で終えることが出来、満足して奈良を後にすることが出来た。



kiyo0816 at 10:31|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年11月01日

スポーツ短歌  1

「あこがれの人」

あこがれの 彼をやぶった 100メートル 表彰台の このさびしさは何故

kiyo0816 at 11:04|PermalinkComments(0) スポーツ短歌 

2018年10月30日

映画「カリートの道」

BSで放映された1993年のアメリカ映画「カリートの道」Carlito's Wayを観た。
監督は「アンタッチャブル」のブライアン・デ・パルマ。

主役のカリートを演じるのがアル・パチーノ。
私が初めてアル・パチーノを見たのは1973年の映画「スケアクロウ」で、当時は確かアル・パシーノと日本では呼ばれていた。
Al Pacinoのciは英語読みでは「シ」、イタリア語の発音では「チ」。
彼はイタリア系アメリカ人なのでパチーノと後に正しく訂正されたのだろう。

彼は眼で演技する。
セリフ以上に眼が雄弁に物語る、イタリア人俳優のジャンカルロ・ジャンニーニに匹敵する希有の演技者だと思う。

エンドロールに流れるジョー・コッカーの歌う「You Are So Beautiful」が、死んでゆくカリートの心中を語っている。


kiyo0816 at 10:17|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年10月23日

ヌートリアと猫

先日、妻と川岸を散歩していた時の事。

男の人が川べりに降りて行って猫たちにパンを与えてやっていた。

そこに草むらから現れたのが体長50センチほどのヌートリア。
猫に交っておじさんから食パンをもらって行儀よく食べていた。
栄養状態が良好と見えていずれも丸々と太り、毛のツヤもよろしい。
IMG_2423


この川岸には狸も住んでいて時には猫、ヌートリア、狸、カラスが仲良く食事を楽しんでいる。


kiyo0816 at 10:59|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年10月19日

映画「ルシアンの青春」

DVDでルイ・マル監督の「ルシアンの青春」を観た。
約40年前の学生時代、京都の祇園会館で観た作品だ。

連合軍がフランスのノルマンディ上陸作戦を開始した一九四四年六月。ナチスドイツの占領下にあったフランス西部の農村の青年ルシアンが、些細なきっかけからゲシュタポの手先となっていく…。

主役のルシアンを演じたピエール・ブレーズは一般公募で採用されたずぶの素人であったそうだが、戦争に翻弄されていく田舎の青年の素朴さと稚気、若者らしい矜持とツッパリを演じるのにピッタリの風貌。
私に強い印象を残した俳優の一人だ。

映画の冒頭、森の中の坂道を自転車で駆け下りるルシアンの背後に流れる似流れるジャンゴ・ラインハルトとフランス・ホット・クラブ五重奏団のテーマ曲もあいまって忘れられない映画の一つだ。



kiyo0816 at 11:33|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年10月16日

マスターズ陸上日記2018年 その31

10月16日(火)

先週土曜日(13日)第67回大阪マスターズ記録会兼府民スポレクに参加してきた。
結果は65歳代砲丸投(5k)は10m65、円盤投げ(1k)は36m25でいづれも一位だった。

朝六時、広島発東京行きの新幹線乗車。
土曜日とあってか始発の広島で自由席の車内はほぼ満員の込み具合。
7時半ごろ新大阪着。
ここから大阪メトロ御堂筋線に乗って競技場のある長居駅に向かうところが、逆方向の電車に乗ってしまい、終点の千里中央駅について初めてそのことに気が付いた。
あわてて折り返しの電車に乗り、競技場に着いたのは砲丸の招集時間の直前。
ほとんどアップらしいアップをしないまま競技開始。
それでも10m65,10m59が投げられたのは上出来だった。

砲丸を終え、円盤投げまでは時間があるのでスタジアムで軽い食事をとる。
このスタジアムには随分とスズメが多い。
隣接するヤンマースタジアムが見える。
IMG_2351


円盤投げは公式練習から絶不調。
最期の投げでやっと36m25が出た。
IMG_2352

大阪から帰っての最初の練習でフォームに手を加えたところ38mが再び飛び始めた。
今シーズンも残すは10月27,28日の2018国際ゴールド マスターズ奈良大会。
砲丸11m、円盤40mを投げてシーズンを締めくくりたい。

この大会ではタレントの武井壮がメダリストの朝原宣治氏をメンバーに加えM45クラス(男子45〜49歳)の4×100メートルリレーの世界記録に再挑戦するそうな。



kiyo0816 at 10:33|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年10月14日

映画「太陽がいっぱい」―その2

(前回の続き)

ローマの大通りにあるカフェ。フィリップの知り合いのフレディが女連れ(その一人がロミー・シュナイダー)で通りかかる。フレディがトムに「仕事は何をしているのか」と話しかける。
トムは答えて言う。
「仕事なんてしていない。他人の金で暮らしているんだ」
トムのこの居直りの見事さ。

また金持ちの息子フィリップは事あるごとに貧しいトムをからかう。
トム、フィリップ、マルジュの三人でタオルミナに向かって地中海に繰り出したヨットでの食事中。
フィリップは素手で魚料理を食べている。
そのフィリップがナイフとフォークで料理を食べているトムに「上品ぶることがそもそも下品だ。魚にナイフは使わないのが本当だし、そもそもナイフの持ち方も違う」と言ってトムのナイフに手を伸ばし持ち方を直させる。
卑屈な苦笑いを浮かべながらも言いなりになるトムだが眼には憎悪があふれている。
その後もネチネチと繰り返される嫌がらせといやみ。そしてついにそのときが来る。

「太陽がいっぱい」のタイトルを象徴するラストシーンはこうだ。
完全犯罪の成功を確信して海辺のカフェのデッキチェアーでくつろぐトム。
店の女が具合が悪いのかと尋ねる。
「そうだ、太陽のせいさ。でも最高にいい気分だ。飲み物をくれないか」
「何にする?」
「最高のを」

この作品の後もアラン・ドロンは多くの映画に出たが、彼の個性が最も発揮されているのはこの「太陽がいっぱい」だと思う。
更に言えば彼は青春スターだった。
1960年公開当時、彼は25歳(1935年生まれ)。
同じく青春スターの象徴だったジェームス・ディーン(1931年生まれ)は1955年の「エデンの東」の公開時は24歳。
つまり「太陽がいっぱい」当時のアラン・ドロンとほぼ同じ年齢だ。
しかし両方の作品を見比べると、ジェームス・ディーンがひねくれた性格のキャルを演じておりながらも暖かい血を感じさせるのに対し、アラン・ドロンは太陽がさんさんと降り注ぐ地中海にあっても冷え冷えとした血を感じる。
そしてこの彼の持つ個性はこの作品において、あたかも「冷たい太陽」であるかのように輝いた。

毛沢東の言葉を借りれば「若く、貧しく、無名」なハングリーな人物を演じる時こそアラン・ドロンの魅力は十全に発揮されたのだと思う。



kiyo0816 at 13:31|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年10月10日

映画「太陽がいっぱい」―その1

BSで放映された1960年のフランス映画「太陽がいっぱ」Plein soleilを観た。
監督はルネ・クレマンン。

私には「太陽がいっぱい」よりもアラン・ドロンとの出会いが先だった。
おぼろげな記憶では私が中学一年生だった1964年、東京オリンピックの年だ。
この映画が公開された1964年から四年が経過していた。
アラン・ドロンを見たのは「スクリーン」という映画雑誌だった。

如何なるきっかけで私が映画に関心を持ち、自分の小遣いで「スクリーン」の購読を始めたのか、今となっては覚えていない。
ただ外国の映画スター達はなんと美男美女ぞろいなのかと感心したことを覚えている。
中でもアラン・ドロンは絶世の美男子といわれていた。

一方、彼の主演した映画「太陽がいっぱい」の方は、映画ビデオやDVDがいつでもレンタル出来る昨今と違って、長い間私にとっては幻の作品だった。
初めてそれを見たのは二十歳を過ぎた頃、テレビの洋画劇場でだった。
アラン・ドロン演じるトムが、地中海を行くヨットの上で友人のフィリップをナイフで刺し殺した時、折からの強風にあおられたヨットが地中海を疾走する時の、波しぶきと光の氾濫するシーンが何故か強く印象に残った。
カメラマンは名手のアンリ・ドカエ。

そして先日、約40数年ぶりに見た「太陽がいっぱい」で、当然のことながらアラン・ドロンは20台の若者のまま、一方、彼よりずっと年下だった私は60歳をとっくに越えてしまった。

アラン・ドロンが恵まれた家庭で、愛情をたっぷりと受けて育った人間でないことは、この作品の彼の顔つき、表情が隠しようもなく物語っている。
(人は見た目で判断してはいけない)と言うが、「太陽がいっぱい」のアラン・ドロンを見ると、(人は見た目で判断できる)のではないかと思ってしまう。
しかし、そういうアラン・ドロンであったからこそ、この貧しい生い立ちで、野心に満ちたトムがはまり役であり、彼自身の最高傑作となったのだと思う。

(前半終わり)



kiyo0816 at 10:04|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年10月07日

映画「ニキータ」

BSで放映された1990年のフランス映画「ニキータ」Nikitaを観た。
監督は『レオン』のリュック・ベッソン。

警察官を射殺した不良少女ニキータ(アンヌ・パリロー)に終身刑が下されるが、彼女はその凶暴性を見込まれ、それまでの自分の記録を消され、別の人間として政府に雇われた暗殺者として訓練を受け生きていく。
その後、殺人マシーンとしてニキータに任務を与え続ける政府の過酷さ。
その冷酷非情さに、ニキータはある決断をする…。

獣の様だったニキータがテロリストとしての訓練を受けていくにつれ、洗練されたエレガントな女に変貌していく変化は見どころ。
ジャンヌ・モローが謎めいた女役で出ている。


kiyo0816 at 10:49|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年10月05日

マスターズ陸上日記2018年 その30

10月4日(木)

曇り。
河川敷は風があってやや肌寒い。

全日本マスターズ選手権が終わって、二か月ぶりに砲丸投げ(5k)を再開した。
立投げをしている間に指の付け根の手の甲が腫れ上がり、痛む。
たった二か月のブランクなのに指が弱くなっていることに驚かされる。
一回だけ10mまで飛んだ。
今年のベスト記録は岡山県マスターズ選手権での10m67。
中国マスターズ選手権で富中さんに破られた65歳代の広島県記録を、今年あと二回の試合で何とか取り戻したい。

円盤(1k)は37m台が7本連発で出て、今年一番満足感のある練習が出来た。
腰のスイングと、手先の強い振り切りが連動すれば37mはまず投げられることが分かった。
練習の終わりに、脇を広く開けてターンして投げたところ、これがばっちりはまってきれいなアーチを描いて円盤が飛んで行った。
40mが近づいてきた感じがする。

河川敷は野草が繁茂して写真の通り。
IMG_2252

私の円盤は緑色なので草むらの中に投げ込むと見失って、しばらく探し回らなくてはならない。
河川敷は虫の音と赤とんぼとスズメの群舞で秋たけなわだ。



kiyo0816 at 13:58|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年09月30日

映画「マイ・インターン」

BSで放映された2015年のアメリカ映画「マイ・インターン」The Internを観た。
監督は ナンシー・マイヤーズ。

ファッション通販サイトを運営している女社長のジュールズ(アン・ハサウェイ)。
急成長のその会社にシニア・インターン制度で採用された70歳の老人ベン(ロバート・デ・ニーロ)がやってくる。
私服ばかりの若い社員たちの中で、スーツで通すベンは徐々に社員やジュールズの信頼を勝ち得ていく。

70歳のシニアを演じるロバート・デ・ニーロはこの映画が公開された時は72歳。
若い頃、『ゴッドファーザー PART II』『タクシードライバー』『レイジング・ブル』などの作品で見せた狂気の演技は、この作品ではみじんも感じさせず、彼のユーモラスな一面をたっぷりと見せてくれる。
しかし上記の作品群で彼の見せた笑顔は、一瞬にして狂気を帯びた激しい暴力に変わったものだ。
それを見てきただけに、この「マイ・インターン」で見せるロバート・デ・ニーロの好々爺の笑顔がいつ変貌するのかと期待と怖れを持って見続けた。



kiyo0816 at 10:26|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年09月27日

マスターズ陸上日記2018年 その29

9月27日(木)

先日の日曜日(23日)鳥取で行われた全日本マスターズ陸上選手権、65歳代の部の円盤投げ決勝で36m95を投げて優勝することが出来た。
今年一番の目標にしていた大会だったので念願の優勝が出来たのは収穫だったが、記録は不本意なものだったのでうれしさと悔しさが相半ばというところ。
2018-09-23 09.31.34


23日の試合に備えて前日の22から鳥取のホテルワシントンに泊まった。
鳥取は40数年前、父の転勤で2年ほど暮らした街だが当時の記憶は全く残っていない。
夜には駅前の居酒屋に一人出かけて前祝。
人気店とあってお客が引きも切らない盛況ぶり。
まずはビールと地酒の飲み比べセット、「山陰うまいもんセット」を注文。
この「山陰うまいもんセット」はヒットだった。
お造りの盛り合わせ、山陰珍味盛り、炭火焼各種、日替わり小鉢で1,480円。地酒は日置桜がうまかった。
さらにビール、焼き鳥、キスのフライ、ビールを胃袋に収め、十二分に満足してホテルに帰る。

そして23日の当日。
練習グランドでのウオーミングアップでは誠に調子がよかった。
40mの投げが2,3本出たが、その後、急に左方向に円盤がそれはじめた。この異常が結局試合本番まで尾を引いてしまった。
2018-09-23 10.32.56


残る大会は10月27,28に奈良で行われる国際ゴールドマスターズ奈良大会。
是非とも40mを投げて今年を締めくくりたい。


kiyo0816 at 14:17|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年09月24日

映画「緑の光線」

BSで放映された1986年のフランス映画「緑の光線」Le Rayon Vertを観た。
監督は「海辺のポーリーヌ」のエリック・ロメール。

自己主張の強いベジタリアンの独身女デルフィーヌが、友人のキャンセルが原因で、夏のバカンスを一人で過ごさなければならなくなることが物語の発端。
登場人物同士の会話が台本を感じさせないほど自然である。

ラストシーンでデルフィーヌは若い男性と知り合い、二人は海辺で、それを見た者は幸福を得られるという緑の光線を夕日が沈む瞬間に見る。
太陽は、朝でもなく昼でもなく、それが沈む最期の瞬間に奇跡的な現象を生む。

この邦題「緑の光線」は現代のフランス語Le Rayon Vertの直訳だが、もう少し何とかならなかったかと思う。

ラストシーンでは「太陽は最後に一番輝く、自分の人生もそのようにありたい」と言った大女優の言葉が思い出された。


kiyo0816 at 15:47|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年09月20日

マスターズ陸上日記2018年 その28

9月20日(木)

昨日、全日本マスターズ選手権前の最期の投擲練習に行って来た。
今日(20日)を最終練習とする予定だったが、朝の天気予報で20日から三日連続の雨となっていたので、急遽予定を変更して投げてきた。
今日(20日)は予報通り朝から雨。
昨日投げておいてよかった。

河川敷の上空はすっかり秋の空だ。
IMG_2175

右肩をぐっと突っ込んで円盤を振り切って、手ごたえがあり、38m80の練習では今年のベスト記録が出た。
私の出場する65歳代の部の円盤投げ決勝は三日後の23日(日)午後1時競技開始。
40mを投げて一位を争いたいものだ。
徐々に気分が盛り上がってきた。

川岸の草むらにはイヌタデが姿を見せた。
昔は「赤まんま」の愛称があった野草だ
IMG_2174


川土手のジョギングコースにはキバナコスモス。
IMG_2178





kiyo0816 at 13:20|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年09月18日

インドネシア語企業研修

先週、N社様でのインドネシア語研修が終了した。

この秋にはインドネシアに赴任する方が対象だったが、インドネシア語が全く分からなかった社員が、予期せぬ辞令一枚で、三か月の語学レッスンで現地で仕事をしなければならない。

サラリーマンは厳しいな。

kiyo0816 at 10:09|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年09月14日

映画「男と女」

BSで放映された1966年のフランス映画「男と女」を観た。

監督はクロード・ルルーシュで、この作品によって彼の名声は一気に高まった。
出演はアヌーク・エーメ、ジャン=ルイ・トランティニャン他。
主演の男女二人の会話はごく抑えられていて、ルルーシュは男女の表情としぐさによって二人の心の内を観客に語らせる。

音楽を担当したのはフランシス・レイ。
この映画のテーマ曲は1966年当時ラジオの深夜放送で繰り返し流されていた。
フランシス・レイの作曲した映画のテーマ曲は日本でも大変ヒットしたが、その代表的なものは「パリのめぐり逢い」、「白い恋人たち」、「雨の訪問者」、「ある愛の詩」などでその曲を聴けば、私にはたちどころに映画のファーストシーンが蘇って来る。
私は「パリのめぐり逢い」のテーマ曲が好きだった。



kiyo0816 at 10:49|PermalinkComments(0) 映画日記 

2018年09月12日

庭の花

昨日植えたコスモス

2018-09-12 08.07.47


kiyo0816 at 09:20|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年09月07日

インドネシア語レッスン

先週からFさんのインドネシア語個人レッスンが始まった。
当方の教室の空き時間がなかったため、Fさんとインドネシア人講師の自宅からほど近いコメダ珈琲店でレッスンをすることになった。

インドネシアの大学に一年間留学していたFさんの夢は、現在お勤めの会社のインドネシア支店を設立し、日本のローカルフードの一つをインドネシアで広める事。

その目的への第一歩としてまづお勤めの企業のHPを全てインドネシア語に翻訳する作業からレッスンを始めることになった。

生徒さんの遠大な夢のサポートが出来ることは外国語スクール店主の冥利に尽きることだ。

kiyo0816 at 09:15|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年09月04日

マスターズ陸上日記2018年 その27

9月3日(月)

朝7時30分の河川敷。
IMG_2058

先日までのセミの合唱は消え、今は虫の声が取って代わった。
日差しの強さも蒸暑さもさほど変わりはないのに、昆虫たちはわずかな変化を感じ取って舞台の役どころを交代していく。
川岸にはすすきも姿を現した。
IMG_2057


全日本マスターズ陸上選手権(鳥取)も三週間後に迫ってきた。
競技スケジュールも発表になり、私の出場する65歳代円盤投げの決勝は9月23日(日)の午後1時からで出場者は20名。
フォームはかなり固まって来て36〜38mは安定して出るようになってきた。

今年の優勝ラインは38〜40mと予測していたら滋賀県のH選手が8月末の大会で41mオーバーを投げていた。
大いに刺激を受けた。
高いレベルのしびれるような勝負を競う、その一人になりたいと思う。

昼前に練習を終わる事には夏そのものの炎天が広がり、セミ達も鳴きはじめた。
IMG_2059




kiyo0816 at 13:59|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年08月14日

マスターズ陸上日記2018年 その26

8月13日(月)

午前7時40分。
蒸暑いが上空には秋を思わせる雲。
空にはすでに秋が来ている。
IMG_1881


下半身の補強の為、今月から三つ練習メニューに加えている。
・バウンディング(10段×7本)
・その場ジャンプ(10回×3本)
・腿上げ(30回×3本)
若い頃は60キロだった体重が78キロになっているためその場ジャンプはまことにきつい。
腿上げは当初ダッシュをやろうとしたのだが、やってみたところ足がもつれてひっくり返りそうになるので、腿上げから始めることにした。
思えば全力疾走などここ数十年やったことがなかったもんな。
その後2kのダンベル投げを10本。これは円盤を振り切るパワーをつけるのが目的。

本練習では久しぶりに37m50が出た。
円盤のアーチの頂点を上げるように投げてみて成功。
今日は思いついてデジカメを後ろに設置して動画を撮ってみるが37m50の時は円盤が高く浮いていた。

来月鳥取で行われる全日本マスターズ陸上選手権で、円盤投げの私のクラス(65歳代)の優勝記録は38m前後になるだろう。
今日はいいきっかけがつかめた。

豪雨の影響で砂をかぶっていた隣のゴルフ場も復旧し、今日からゴルファーの姿が見られるようになった。
IMG_1901

IMG_1902


川面では何度も魚が跳ねる。
IMG_1904




kiyo0816 at 10:26|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年08月04日

マスターズ陸上日記2018年 その25

8月3日(金)

朝6時半、河川敷に到着。
このところの猛暑にたまりかね、朝の早いうちに練習しようと思い立ったのだ。
IMG_1809

西日本豪雨でこの河川敷沿いの木々は軒並みなぎ倒されたが、一ヶ月が過ぎ小木が徐々に立ち上がって来ている。
準備体操をしていてふと見るとアリが何匹も地面を動いている。
あの豪雨の中をどうやって生き延びたのだろうか。
木もアリもたくましいもんだ。

円盤の描くアーチが低いことが距離が伸びない大きな原因なので、高さを出すべく試行錯誤している。
今日は最後のリリースで両足で爪先立つ感じで投げてみる。
36mを何本か超える。

練習を終えて川を渡る橋脚の下でしばらく休む。
川岸の階段に座っていると上げ潮のせいか、かすかに潮の香りが風に乗ってくる。
ここは涼しい風が吹き抜けてほっとする。
IMG_1834


広島マスターズ事務局から2017年度の記録集が送られてきた。
私は65歳代の部の日本ランキングで砲丸は10位、円盤は5位に入っていた。

人影のない、ジリジリと焼けるような川沿いの道を自転車で帰宅。
IMG_1837



kiyo0816 at 14:04|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年07月27日

マスターズ陸上日記2018年 その24

中国マスターズ陸上選手権―その2
(前回の続き)

上空は雲一つないカンカン照り。
私の出場する65歳代の部は8名の出場。
去年の中国マスターズ選手権(鳥取)とほぼ同じメンバーだ。
全てのクラスの中で一番出場者が多いのは団塊の世代と重なっているからか。
二回の公式練習投擲はいずれも35mほど。
長年のライバルの松本さんから円盤が低空飛行になっているとアドバイスされる。
分かっちゃいるけど、これがなかなか修正出来ないんだよな。

いよいよ一投目。
意識して高めに円盤を振りきって36m01。
一投目にしてはまずまずの出足。
しかし結局この記録が今回のベスト記録になってしまった。
二投目以降は35m13、35m12、ファウル、31m、ファウル。
回を追うごとにフォームがバラバラになって行って、コントロールが出来なくなってしまった。
「ガツン」という思い切った振り切り、腰のスイングが出来ず、ダラーンとした投擲になってしまった。
今年の全日本マスターズ選手権の優勝ラインは38〜40mになるだろう。
この試合で38mは投げておきたかった。
結果は一位が36m01の私、ライバルの松本さんは32m39で二位だった。
松本さんとの円盤投げの通算成績は2勝2敗。

バスに乗って今夜の宿のホテルに行く。
シャワーで汗を流してホテル近くの居酒屋へ行く。
焼肉屋へ行ったほうが良かったと後悔しつつ店を出えて、ホテルに戻り、長く暑い一日の疲れが出て、ほぼ気絶状態で眠りに落ちる。

7月15日(日)
4時起床。
散歩を兼ねて新山口駅近くのコンビニに行き、コーヒーとサンドイッチ、新聞を買ってくる。
上空は雲一つないみごとな朝焼けだ。
空一面が朱色に染まり、地平から黄色い太陽が姿を現した。
IMG_1718

ホテルに戻り新聞を読みながらゆっくりと食事。
6時30分からホテルでバイキングの朝食という手もあったのだが、いつも朝が早い私は6時30分まで待てないし、その上、食べ放題となるといつも逆上して限界まで食べてしまうという悪癖がいい年をしていまだに治らないのだ。

7時半、ホテルを出て新山口駅に向かう。
新山口駅はかつては小郡駅という名称であり、山口線のホームの外れには昔の「小郡(おごほり)」の駅表札が残されている。
種田山頭火のこの駅表札を見たのだろうか。
IMG_1708


9時、維新百年記念公園陸上競技場に到着。
受付で昨日の円盤投げの表彰状を受け取る。
9時30分、サブトラックでウオーミングアップ開始。
サブトラックにはトラックを走っている人が一人いるだけでセミの声だけが炎天下に響いている。
サブトラックでは実際に砲丸を投げられないのでタオルを丸めて投げる動作を繰り返す。
IMG_1711

何とかいい感じになったところで切り上げ、招集所に向かう。
去年の中国マスターズでは10m45の大会新記録で優勝したが、今日は10m70は投げたい。

65歳代の砲丸投げ出場者は6名。
1投目 10m22
2投目 10m33
3投目 10m24
4投目 10m49
5投目 10m19
6投目 10m56

6投目の10m56は大会新記録。
これで優勝かと思っていたら私の次に投げた富中さんが10m92まで飛ばした。
彼には一発があって、この大会では円盤投げでも30mを初めて超えて自己新記録を出している。
高校時代は1600mリレーで全国制覇をした元スプリンターだ。
10m67の私の広島県記録も破られた。
今回は敗けてしまったが、秋の大会では10m92を破って県記録を取り戻すという新たな目標が出来た。

試合の後は湯田温泉に妻と一泊した。
国宝の瑠璃光寺五重塔には感動させられた。
IMG_1724



kiyo0816 at 09:00|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年07月24日

マスターズ陸上日記2018年 その23

中国マスターズ陸上選手権―その1

7月14日(土)

4時起床。
昨夜の残りのマグロとタコの刺身でどんぶり飯の朝食。
自転車で広島駅に向かう。
三連休の初日とあって広島駅構内は人でいっぱいだ。
しかも暑い。

9時41分、新山口駅に到着。
駅構内のコンビニで今日の試合の為の食糧を調達する。
さるそば、チキンカツサンド、シソのおにぎり、お茶。

山口線に乗車し、山口県維新百年記念公園陸上競技場に向かう。
二両編成のワンマンカーで30%ほどの乗車率。
見まわしたところスマホに目をやる人が四人、漫画を読む高校生が一人、付箋がいっぱいついた教科書を読んでいる女子学生が一人。
文庫本を読む中年の女の人が二人。
しかもこの二人とも文庫本に手製と見えるカバーをかけている。
山口は西の京都と呼ばれるがこんな些細な車内風景にも文化レベルの高さを感じる。

右側の車窓に川の流れが見える。
椹野川(ふしのがわ)だ。
昭和の初め、小郡に庵を結んだ俳人、種田山頭火が川岸を逍遥し、川の流れに泳ぎ、時にはシジミをとって来て一杯やったのもこの椹野川だ。
河口からは遠いので川幅こそ狭いが清潔な流れであることは車窓からでも見て取れる。

10時32分、矢原駅到着。
IMG_1700

10分ほど歩いてスタジアムに到着。
着替えをしてからスタンドの最上部に上がってコンビニで買ってきたざるそばなどで腹ごしらえをし、ビニールシートを敷いて昼寝。
IMG_1701


12時10分に円盤投げのアップのためにサブトラックに向かう。
サブトラックに向かう途中に池があり、女の人が一人鯉に餌をやっている。
ただのため池的な池ではなく、見るからに由緒のありそうなたたずまいを持った池だ。
IMG_1702


サブグランドに到着。
やる気一杯の太陽の攻撃を避けて木陰で体操をしていると同じ65歳代円盤投げに出場する大原さんもやって来た。
彼はグランドの入口で帽子をとって一礼した。
彼は高校の体育の先生だ。
IMG_1703

グランドに降りて円盤を投げる。
この試合のポイントは右肩をぐっと入れて右手を強く振り切る事。
これが出来る時には練習で38mは飛ぶのだが、今日は右肩がスムーズにはいらない。
無理に右肩を入れると振り切りのタイミングが遅れて円盤が左方向に飛んでいく。
修正できないまま時間になったので切り上げロッカーに戻って準備をする。
(次回に続く)

kiyo0816 at 10:12|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年07月13日

マスターズ陸上日記2018年 その22

7月12日(木)

曇り。
河川敷は先週広島を襲った洪水で川岸の木々が軒並み倒されてしまっている。
IMG_1694

河川敷の芝に覆われていなかった部分は土がすっかり洗い流され、大小無数のの石がごろごろ転がっている。
隣接する川岸のゴルフ場は芝が細かな砂にすっかりおおわれており、コース上の木は倒れてはいないものの、立ち枯れの様相を呈している。
ゴルファーの姿は勿論ない。
IMG_1695


今週末(14,15日)山口市で開催される中国マスターズ陸上選手権に向けて今日が最後の投擲練習だ。

砲丸(5k)は右足の押しと両肩のスイングを意識する。
10m65が出る。
中国大会の65歳代砲丸投の大会記録は去年私が鳥取で記録した10m45。
この記録をもう一度更新したいものだ。

円盤投げ(1K)は腕ではなく、両肩のスイングで振り切るつもりで投げて37m70が出る。試合ぎりぎりでいい感じがつかめた。

太田川に流れ込んでいる小川には数匹の亀がぷかぷか浮かんでいる。
IMG_1692

あの洪水の中で亀はどこにいたのだろう。川岸で見かけるテンやヌートリア、キジの夫婦も洪水の後、姿が見えなくなった。
練習を終える頃にはやる気一杯の夏の太陽が空から熱線を浴びせかけていた。
IMG_1699




kiyo0816 at 05:34|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年07月09日

エッセイコンテスト入賞

第10回「珈琲のある風景」エッセイコンテスト2018で私のエッセイが入賞した。

結果発表のサイトは以下。

http://www.coffeefunakura.com/essay/essay.html

kiyo0816 at 08:48|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年07月04日

マスターズ陸上日記2018年 その21

7月4日(水)

このところ台風の影響で雨の日が続き屋外での投擲練習が出来ない。
山口で行われる中国マスターズ陸上選手権まで残すところあと10日となったが、今後の天気予報を見る限りでは,実際に投擲練習が出来るのはあと二回だけになりそうだ。

最期に投擲練習を行ったのは先週の6月28日(木)。
しばらく使っていたシューズの底に穴が開いたので、思いついてルームサイクルに乗る時に使っている上履きをはいてみた。
薄いゴム底の紐の無い、小学生などが体育館での授業に使うようなものだ。
ところがこれが地面をじかに感じられて実に具合がよかった。
試合で使うにはいささか恥ずかしい気がするが、中国マスターズでも使ってみようかと思案中。
6月28日(木)の河川敷の上の青空
IMG_1588

芝刈りされたグランドIMG_1589

川岸の夏草風景
IMG_1591




kiyo0816 at 09:34|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年06月21日

マスターズ陸上日記2018年 その20

6月日15日(金)

7時半に河川敷に着いた時には薄曇り。
川岸の草むらからは虫の声。
虫が鳴くのは秋になってからと思っていたが、草むらでは5月から虫の声がしている。今年になって初めて気が付いた。
IMG_1521


砲丸(5k)はグライドの最期の左足の着地にタイミングを合わせて腰をスイングさせてみる。
最初はタイミングが合わなかったが徐々にかみ合ってきて10m52まで飛んだ。
この投法を体にしみ込ませようと思う。
IMG_1519


円盤投げ(1K)はターンの際、円盤を持った右手で大きな円を描くようにイメージしてみる。
最期に極端に高角度で振り切って38m50が出る。
5月以降、投擲練習日の二回に一回は38mが出るようになった。
60歳になった時は30mを越えるのがやっとだったので6年間で8m飛距離が伸びた。
今年の目標の40mが練習ではそろそろ出そうな気がしてきた。

11時に練習を終えるころには秋のようなさわやかな空が広がっていた。
IMG_1520




kiyo0816 at 14:23|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年06月14日

マスターズ陸上日記2018年 その19

6月10日(日)に行われた広島県マスターズ陸上選手権の結果。

65歳代の部砲丸投げ:10m22(一位、大会新記録)
65歳代の円盤投げ:35m13(一位)
IMG_1438


砲丸投は10m50、円盤投げは37m50が今大会の最低の目標だったので不本意な成績に終わってしまった。
IMG_1441


次の試合は7月中旬に山口県である中国マスターズ陸上。

スタジアムから新尾道駅へと続く坂道
IMG_1444




kiyo0816 at 13:43|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年06月04日

マスターズ陸上日記2018年 その18

6月日1日(金)

所により午前中から雨という天気予報通り、ウオーミングアップをしていたらポツリポツリと降り始めた。
6月10日(日)の広島県マスターズ選手権まで二週間を切った今となっては小雨程度で練習を中止して帰宅するわけにはいかない。

円盤を投げ始めても雨は降ったり止んだりを繰り返す。濡れた円盤は投げる際に滑りやすくて誠にやっかいだ。
去年(2017年)の和歌山での全日本マスターズ選手権も雨の中での試合になった。
私は雨を予想して大きめのポリ袋を持って行ったがこれが役に立った。
投擲の順番が使づくと円盤をタオルで拭いてポリ袋に入れそのままサークルに入り、濡れていない円盤を袋から取り出して投げた。ポリ袋作戦を実行したのは私一人だったが、その試合で二位になったのはポリ袋のおかげだったともいえる。
あの全日本マスターズ選手権で65歳代の部に出場していた選手に中には高校以来50年以上も円盤を投げている人もいたが、ポリ袋を持って投擲サークルに入る人は初めて見たと言ってほめてくれた。

私の場所に隣接して河川敷に作られたゴルフ場が見渡せるが、雨のせいかグルファーの姿はない。広大な河川敷で雨に打たれているのは私一人だ。この季節になれば雨に打たれるのはかえって気持ちがいいくらいだ。
映画「明日に向かって撃て」の中でポール・ニューマンとキャサリン・ロスが自転車に乗る場面で流れる曲がB・J・トーマスの「 雨にぬれても」だ。
Raindrops keep falling on my headで始まる爽やかなバラードだ。
今は雨に濡れているが「もう少しで幸せが僕を迎えに来る…」とB・J・トーマスは歌う。

雨がいよいよ激しくなってきたので橋げたの下に退散して今度は砲丸を投げる。
2018-05-29 11.08.02

左足の着地のタイミングにひらめきがあって、2,3本いい投げが出来た。
いい気分で「雨にぬれて」自転車で帰宅。



kiyo0816 at 17:29|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年05月28日

マスターズ陸上日記2018年 その17

5月日25日(金)

上空には秋を思わせるようなうろこ雲(?)が広がっている。
河川敷を吹き過ぎる風も秋のような涼しさだ。
IMG_1281

年明けから痛み始めた左肩は整形外科のリハビリを受けても一進一退。
昨日は、はり師に生まれて初めてはりをうってもらった。
何となく痛みが薄れた感じがする。

砲丸(5k)は途中で思いついて円盤投げのスイングを意識して投げてみる。
肩までドスンを突っ込めて10m72が出る。
思いついたことはとにかくやってみると新たな発見がある。
独学の面白さだ。

円盤投げ(1K)は38m75の練習における自己ベストが出た。
今までの最高はちょうど一年前に投げた38m15。
今日はセカンドベストも38m40まで飛んで、38m台はどうすれば投げられるか分かってきた気がする。

いつにもまして充実した練習を終えて、川岸に降りて川を眺める。
IMG_1315

ロバート・レッドフォードが監督した「リバーランズスルーイット」と言う映画があった。ロバート・レッドフォードの作品の中ではアカデミー賞をとった「普通の人々」よりも私はこちらのほうが好きだ。

キジの夫婦が今日も草むらを散歩していた。
雌が先を歩き、赤い顔の体の大きなオスがその後を追う。
一度だけだがキジ鍋を食べたことを思い出す。
伊豆の旅館でのことだ。
IMG_1319



kiyo0816 at 16:20|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年05月24日

マスターズ陸上日記2018年 その16

5月日21日(月)

朝7時50分。
快晴。
今日の河川敷の上空は見事に真っ青な空。
ジュクジュクと鳴き続ける鳥の声。
川岸に住み着いているキジの夫婦のメスが一羽散歩中。
オスは餌を探しに出かけているのか見当たらない。
IMG_1279


砲丸(5k)は前回の練習で11m超えの一発が出た理由の上体でのスイングの再現が本日の練習の狙い。
再現はなかった。
たった四日で手ごたえのあったあの感覚がすっかり消えていた。
これは実によくあることだが、悩ましいことだ。
結局10m35が今日のベスト。

円盤投げ(1K)はフォームが出来上がって来た。
ファウル気味ではあったが実測では39mまで飛んだ。
40mの匂いがしてきた。

先日川岸で見つけたブルーベリーのような木の身。
黒く熟れた実が増えてきている。
ふと見ると何の鳥かその実をついばんでいるではないか。
私は占有権を主張すべく、勇敢にもその鳥を追い払ったが、一日中見張っているわけにはいかない。
結局彼らのお余りを頂戴することになりそうだ。
IMG_1280




kiyo0816 at 09:45|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年05月19日

マスターズ陸上日記2018年 その15

5月日17日(木)

朝7時50分。
薄曇りで、河川敷は湿度が高く蒸暑い。
ウグイスのさえずりがいつものように聞こえ、キジの夫婦が草の中で餌を探している。
IMG_1206


砲丸(5k)は投げ初めは調子が悪く9m60前後の投げが続く。
8投目で思いついて、上体の回転で投げることを何回か続け、その後右手をしっかりと押し込むようにして見たところ飛び始めた。
15投目で11m16が出た。
去年の全日本マスターズ65歳代の部の3位にあたる記録だ。
今日は会得があった。

円盤投げ(1K)は37m30が今日のベスト。
円盤投げはこのところの練習ではコンスタントに37〜38m飛ぶようになった。
腕を高くキープしてのターンと、腰の回転がだいぶ身についてきた。
IMG_1205


川岸の藪の中で甘い実のなる木を一年ぶりに発見し、熟れた身を一つ食べた。
ブルーベリーを少し酸っぱくしたような甘さだ。
これはなんという名前の植物なのだろう。
もうしばらくするとほとんどの実が黒く熟すが、今年はビンを持って行って収穫し、ジャムを作ってみようと思っている。
IMG_1242


kiyo0816 at 10:15|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年05月12日

庭の花 その2

2018-04-18 08.06.25


kiyo0816 at 09:41|PermalinkComments(0) スクール日記 

2018年05月07日

マスターズ陸上日記2018年 その14

5月5日(祝)

岡山県マスターズ陸上選手権。
会場は備前市総合運動公園陸上競技場。
海のすぐわきにあり、潮風が吹きぬける清潔なスタジアムだ。
IMG_1122

もっとも潮風が吹き抜けすぎてホームストレートはまともに向かい風。
短距離の選手たちには気の毒だった。
IMG_1132

しかし周囲の山からはウグイスのさえずりが途切れることなく聞こえ、備前市は桃源郷かと思わせられる。
円盤投げ(1K)二投目に出した35m22で65歳代の部一位。
最終四投目はかなり距離が出たがわずかに右にファウル。
目標の38mには届かなかったが課題ははっきりしているのでまあ良しとする。
IMG_1128


砲丸(5k)は最終四投目の10m67で65歳代の部一位。
島根県の松本さんの持っていた記録10m27を破っての大会新記録だった。
三投目までは腰の回転が出来なかったが、最後の一発でうまく腰での投げが出来た。
四年ぶりに試合で10m67が出た。
こちらは大いに収穫があった。

江戸時代前期の寛文10年(1670)に岡山藩主池田光政によって創建された、現存する世界最古の庶民のための公立学校である閑谷学校を見たかったが時間がなかったのは残念だった。

タクシー、赤穂線、新幹線を乗り継いで6時に広島の自宅に帰宅。
朝3時の起床に始まった長い一日が終わった。
ぐったり疲れてしまった。



kiyo0816 at 13:58|PermalinkComments(0) マスターズ陸上 

2018年05月02日

マスターズ陸上日記2018年 その13

5月1日(火)

朝7時45分。
快晴。
5月5日(土)に備前市で行われる岡山県マスターズ陸上選手権へ向けての最期の投擲練習。
河川敷は前日ここを使った少年野球チームの指導者たちが伸びた芝を刈ったのだろう、短く散髪されていて、ふかふかの芝の上を走るのは実に快適だ。
IMG_1116

5月5日は試合前に投擲練習は出来ないので、それを想定して入念にアップを行う。

円盤投げ(1k)は36m90が今日のベスト。
私の参加するM65の円盤投げの大会記録は39m14なので今日の出来では届かないが、38mは飛ばしたいと思う。
38mは今年の全日本マスターズ選手権で優勝するための最低ラインだと思われる。
IMG_1113


砲丸(5k)は調子が出るまで時間がかかる。
試合では公式練習2投、本番4投なので、私のように20回以上投げてやっと調子が出てくるようではいけないのだ。
今日も20回目にやっと10m33.
こちらの大会記録は私のライバルである松本さんの持つ10m27。
この記録は出来たら更新したい。
群生する黄色い花。
IMG_1115

帰り道。
IMG_1117


kiyo0816 at 11:02|PermalinkComments(0) マスターズ陸上