2005年11月28日

男系であろうと女帝はダメ

 以前も書いたのだが、私は女系はもちろんのこと、男系の女子の皇位継承も否定的である。つまり、愛子内親王殿下が天皇として即位することは反対ということだ。どうも、愛子内親王殿下が天皇として即位して幸せになれるようには思えないのだ。また、愛子内親王殿下の即位は伝統に則ったものではなく、避けることができるのであれば避けるべき事態である。

 8人10代の男系女性天皇はたしかに存在した。だから、女系に皇統が移ることは伝統に反していても、愛子内親王殿下が天皇になることは伝統に反しないと一部の人は言う。保守系のblogでも「女系は反対だが、“愛子天皇”は容認」とするものは少なくない。しかし2665年の我が国の歴史で、女性が皇太子となったのは孝謙天皇のわずか一例だけなのである。125代中、わずか一例だけを取り出して伝統とは言えまい。前例とは言えるであろうが・・・
 また、現代の天皇の公務は非常に過酷なものである。その過酷さは女帝が存在した古代や江戸時代とは比べ物にはなるまい。民間から嫁いだという事情も多分にあるが雅子妃殿下ですらあれ程苦しんでおられるのだ。天皇としての公務はもちろん皇太子妃以上の負担になろう。
 妊娠、出産を抱えて公務をこなす女性天皇の負担が重いのはいうまでもないし、生まれてくる子ども(場合によっては次代の天皇)が満足に母の愛情を受けられずに育つのもほぼ間違いない。結局、女性天皇は誰も幸せにならないのだ。

 また、女性は生理中に神事を行えない。女性天皇も、天皇が天皇たる所以とも言える祭祀活動を1ヶ月の約4分の1は行えないのだ。これは結構重要な点である。祭祀なんぞどうでもいいというのであれば、女系だろうが何だろうが、さらには天皇じゃなくて徳川将軍でも別にいいということになるだろう。毎日誰かが自分のために祈ってくれている。その事実が、国民に心の安定をもたらし、皇室に崇敬の念を抱かせる。そして、その崇敬の念が皇室制度を磐石のものとするのだ。天皇の祭祀活動は毎日行われるのがあるべき姿である。

 女系天皇に反対しつつも、男系の女子の即位に賛成する者は、心のどこかで女系容認派と妥協しているのではないか?心のどこかで男系男子による皇統維持が困難だと考えているのではないか?憲法改正にも言えることだが、国体の問題に妥協はありえない。外交交渉なんかと一緒にされては困るのだ。
kiyo83 at 23:53│Comments(3)TrackBack(4)皇室 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. [天皇][時事]女帝反対同盟!?  [ 金田一輝のWaby-Saby ]   2005年12月17日 18:35
皇統断絶問題TBセンターに「女系だけでなく、女性天皇にも反対である」というエントリができたので、女性天皇反対関連の記事をトラバしておいた。 そこで知ったのだが、「憂國のSea Sparrow」というブログが、同様に「女性天皇反対」の論陣を張っておられたので紹介しておく...
2. 女系だけでなく、女性天皇にも反対である  [ 皇統断絶問題TBセンター ]   2005年12月19日 11:56
保守系ブログでは男系維持で女系反対が多数ですが、女性天皇(愛子様)に反対している...
3. 女性天皇と女系天皇  [ 冬時間の風景 ]   2005年12月19日 19:33
疑問として。女性天皇ならばよいが、女系天皇はダメ、という意見もあるわけだが、たとえばアンケートにおいて現れている意見は、「女系天皇制に変えなければならない」という意見ではない、と思う。もっと軽く、「女性でも、いいんじゃないか」程度の、寛容というか、いい加...
4. 天皇問題??  [ 時事問題ショートコメント! ]   2006年01月05日 02:45
昨日の初詣では、沢山の巫女さんが、お守りや破魔矢を、売っていた。 下の写真では分かりにくいが、5人の巫女さんが並んで、にこやかに売っていた。 昨年の答申は、「男女平等だから、巫女さんも男にやらせろ」というような、愚劣そのものの、汚らわしい無知蒙昧なもの....

この記事へのコメント

1. Posted by ひなげし   2005年12月14日 12:23
同意見です。女性である私から考えても女帝は過酷すぎると思っています。それを小さな幼児に押し付ける大人達。
愛子様が即位する時は、みんな土の下だからどうでもいいと思っているのでしょうか。
2. Posted by kiyo83   2005年12月15日 17:45
コメントありがとうございます。
現代の天皇は古代のように歌を詠んで祭祀してればいいというわけにはいきませんからねぇ。

日本各地を飛び回り、色々な人に会わなければならない。天皇・皇后両陛下が平然と公務をこなしているように見えるので勘違いが生じているんじゃないかと思うんですが、天皇の公務は十分に激務ですから。

女系天皇はもちろんのこと、女性天皇についても十分に議論を重ねる必要があろと思いますね。
3. Posted by 皇室典範問題研究会兵庫支部   2006年03月13日 00:34
5 はじめまして、夜分恐れ入ります。
12日の大阪での1千人規模の集会に行って
三笠宮寛仁親王殿下の御著書「皇室と日本人」を
拝読させていただきました。
桂宮殿下が重度の障害を御持ちのようですね。
それに西洋人が日本人より如何に野獣臭いかがわかります。
敬宮殿下には畏れ多い事ながら皇位継承よりも
皇后になるべきだと言う方もおられます。
秋篠宮殿下に女子が御生まれの際は旧宮家を
皇族に復帰させてでも皇位継承や直宮家相続を
していただく覚悟がないといけないでしょう。
自分としては「女性天皇ありき」ではならないので
結局は明治天皇や昭和天皇の御子孫でもある
旧皇族男子に次期皇太子になっていただかねば
ならないでしょう。
お互い頑張って行きましょう!!
それでは。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
プロフィール
kiyo83
真正保守の結集を願い、自身も真正保守たらんとする22歳。最近、女系天皇に反対するBlogは多くても女性天皇(男系女子)に反対するBlogが少ないことに大いに不満。もうすぐ大学卒業。ちなみに卒論のテーマは「現代日本人と皇室制度」。

メールはkz-rednight21?excite.co.jpまで(?は@に)
最新コメント