きよ先生の大人(おとな)のバレエブログ

バレエを愛するすべての人たちに私の熱い思いを届けます。
特に大人からバレエを始めた方、これから始めたい方の参考になればと思います。
バレエを子供の頃からやっていないから」と言うExcuseは捨てましょう!
大人から始めても上達はするのです!
また、バレエを観るのが好きと言う方も是非ご覧下さい。
バレエを鑑賞するとき、一味違った観かたができるようになると思います。

ただし、私はバレエ教師で、治療師でも医者でもないことを、ご了承下さい。

このブログ内の記述における著作権は大杉バレエアカデミー及び きよ先生に帰属します。
無断引用・転載などは固くお断りいたします。

バレエ・5月、6月のレッスンスケジュール

5月~6月ののレッスン予定


以下の日程は、入会体験レッスン、1dayレッスンをお休みさせて頂きます。

5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(度・祝)

29日(火)、30日(水)、31日(木)

6月20日(金)、30日(土)



バレエカウンセリングに関しましては受講頂ける日もございますので

メール、またはお電話にてお問い合わせください。

1dayレッスンは、

5月6日、13日、20日、27日 

6月3日、10日、17日、24日

です。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・古典とは、歴史とは川の流れのようなもの

バレエを愛する皆さんこんにちは。
桜はあっという間に散ってしまいましたね。
桜の花の潔さは崇高さまで感じさせられます。今度は葉桜になり、目を楽しませてくれるでしょう。

さて、こぶたのみーしゃさんからコメントを頂きました。



きよ先生、こんにちは

私の方こそ、先生のブログに自分の意見を書いてしまい、しかも、それに対して真摯なご返答を頂き、恐縮しております。「自分の主張と違う意見だから」とシャットダウンしてしまわずに、取り上げて下さる先生の度量の広さに感謝しております。

別に、誤解とか、そういうことは思っておりません。人それぞれ色々なとらえ方があり、それこそが古典、そして芸術の力だと私は思っております。皆が同じ様にとらえていたらそれこそ恐ろしい話ですし、それを強要するのもおかしな話だということは、歴史を振り返ってみても明らかなことです。

「大切にしてゆく存在」という共通項をお互い持っているわけですし、きよ先生も私も、それぞれが思うベクトルで古典を大切に思い、それを次世代に伝えていくということが一番大切なのかなと思うのですが、いかがでしょう?



こぶたのみーしゃさん、お返事をありがとうございました。

いえいえ、ご意見頂き感謝しているくらいなのですから、どんどん、書いて送ってください。

やはり、私は自分のバレエしか知らないので、
他の方からのお話し、ご意見がすごく貴重だと感じております。ありがとうございます。

自分の周りしか見えていないので、ときどき、暴走しておかしなことを書いてしまうんですf(^_^ ;
すみません。

でも、こぶたのみーしゃさんのように話して頂けると、嬉しくて嬉しくて、筆が乗っちゃいます。

いや〜、度量の広さですか、、、お恥ずかしいです。

本当に、古典と言うものを語りだしたらキリがないですよね。
ベクトルの方向が違うというよりも、捕らえ方の違いでしょうね〜。

私は「いじっちゃいやよ」派で、こぶたのみーしゃさんは、もっと全体を見ていて「これら新作もいずれは古典になる」派で、どちらかと言うと、私のほうが視野が狭い、お恥ずかしいことに。

また、これは譲る譲れないという問題でもなく、両者とも「古典を大切にする」と言うところでは同じなので
ご意見は素直に受け止めさせて頂き、こちらこそ、ありがとうございました。

歴史とは川の流れのようなもの、もともと形など無かったのかも知れませんね。(←内輪ウケ)
だから、こうして戦っているのでしょう。(あ、モロに内輪ウケ)

100年くらいまでは遡って検証できますが、それよりも前になると、誰も証明できなくなりますよね。

1580年あたりがバレエの発祥と言われていますが、どこからが、バレエなのか、その線引きもできませんし、私の語る、クラシックバレエの発祥も定かではありません。

なので、こぶたのみーしゃさんの仰るとおり、「いずれは古典となる」という事も受け入れないといけませんね。

新しい解釈、新作、これらが、いずれ「古典」となる。ありえることです。
私はコレが本当のクラシックバレエだ!と、旗印をつけることもできません。

一つの基準値として、服部のママ世代が私のそれなのだな〜、と思います。

これは、こぶたのみーしゃさんも賛同して頂けるとは思うのですが、
バレエにおいて、新解釈として「アクロバット」のような振り付けはNGではないでしょうか。

どこのどのバレエ団が、とは申し上げられませんが、
「やっちゃたよ〜〜〜〜」と言うのがありました。
完全にバレエを逸脱し、サーカス!!。
見には行きませんでしたが、フライヤーを見ただけで拒絶反応が起こりました。

そこまで、極端なことをされると、私は怒るわけです。
クラシックバレエ」をなめんじゃねーよ、きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ"彡☆
っとなるわけです。

結局はやっぱり、私は古い人間なのでしょうね。

言い訳ではありませんが、自分で踊っている分にはとぉーーーーっても楽しいのですが、
いざ、他のバレエの公演を見に行くと、所謂「先生目線」であら捜しをしてしまう。

因果な商売ですね、バレエ教師と言うのは。
好きなものを、素直に受け止められない。


なので、ここでシメを入れなくてはいけないのでしょうが、こぶたのみーしゃさんの他にも一家言ある方もいらっしゃると思いますので、是非、是非、ご意見、とは行かなくても「私はこう思う」的なコメント頂けたら幸甚です。

どんどん、ご意見お願いします。

(*´・ω・`)bね、こぶたのみーしゃさん?もっと、語り合いたいですよね?(*^_^*)


ではでは〜〜〜。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。





バレエ・クラシックバレエの変化、行き着く先

バレエを愛する皆さん、こんにちは。
ついに四月突入です。

新しくバレエを始めた方、ようこそ!
そして、バレエを頑張っている先輩方、新人さんを優しくフォローしてあげてくださいね。

さてさて、先日「こぶたのみーしゃ」さんから頂いたコメントに対して、
非常に自分勝手な記事を書いてしまい、申し訳ありませんでした。

大意はなく、私の主観のみと思って書いてしまいましたが、思わぬ展開になってしまいました。

以下、再び「こぶたのみーしゃ」さんから頂いたコメントです。


きよ先生、こんばんは
思いもかけず、私の書いたコメントにこのような深いテーマで返答を頂けて、恐縮しております。

「古典」と言うのは、本当に難しいテーマだと思います。何を持って「古典」とするのか。そもそも「古典」とは何なのか?そんなことを考えたら、きっとずっと語り続けても足りないと思います。

私は「古典」と言うのは通奏低音の様にそこにあって、何かあればそこに戻っていけるものであり、そこから新たな発見を必ず与えてくれる存在だととらえています。
今ある新たな作品も50年後100年後には「古典」になっているのかもしれません。そして、次の世代の下支えになり、新たな古典を生み出す原動力になるもの、それだけの力を持つものが「古典」だと、私はとらえています。

ものすごく抽象的なことを書いてしまいましたが、ご理解頂けると幸いです。


こぶたのみーしゃさん、ご意見ありがとうございます。

仰るとおり、現在「新作」、「新しい解釈のもの」が、いずれクラシックバレエ」と
認められるかもしれない。

>新たな古典を生み出す原動力になるもの


>何かあればそこに戻っていけるものであり、そこから新たな発見を必ず与えてくれる存在だととらえています。

これらの考え方は私も同感です。

ですが、クラシックバレエに関してだけではなく、
何事にも、「原点」があります。

私はクラシックバレエが現在まで脈々と受け継がれてきた歴史、
それを安易に、いじってほしくは無いんですね。

行き着くところは、どんな形であれ、

発祥を振り返ってみて、先達が作ってきたクラシックバレエの歴史は
私たちがこれからも守るべき歴史だと、そのように思っております。

そして、「新しい解釈」から生まれ出た作品を好まないのは、あくまで「私個人」の趣向だと
申し上げておりました。

「否定はしません」≠「ご勝手に」です。

お分かりいただけますでしょうか?

自分のブログだからといって、好き勝手なことを書いてしまい、
誤解を招いてしまったこと、深謝いたします。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。


バレエ・4月、5月のレッスンスケジュール

4月〜5月のレッスン予定

以下の日程は、入会体験レッスン、1dayレッスンをお休みさせて頂きます。

4月29(日)、30日(月)

5月3日(木・祝)、4日(金・祝)、5日(度・祝)

29日(火)、30日(水)、31日(木)



バレエカウンセリングに関しましては受講頂ける日もございますので

メール、またはお電話にてお問い合わせください。

1dayレッスンは、

4月1日、8日、15日、22日、

5月6日、13日、20日、27日

です。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・クラッシックを感じて欲しい

桜の花も満開、20度を超える日が続いております。バレエを愛する皆様、お元気すか?
きよです。

先日、久しぶりに「こぶたのみーしゃ」さんからコメントを頂きました。

私の記事、「バレエ・我が愛しのアリシア」です。

ご紹介しますね。


久しぶりに先生のブログを読んで、つらつらと下がっておりまして、この記事を読みました。
確かに、先生のおっしゃるように、オディールのフェッテの後はどや顔で・・・笑ってしまいました。意識したことなかったですが、その様な演出?が多いですね。
でも、そんな最近のもので、ストーリーとして破たんなく進んでいるものを見つけました!それは、スカラ座のロベルトボッレとザカロワのものです。ぜひ、ご覧になって下さい。ミュージカル好きのきよ先生も納得の展開になっていると思います。



こぶたのみーしゃさん、コメントありがとうございました。
んんーーーーー。

そう、グランフェッテの後は、皆「ドヤ顔」、これは演出ではなくて、バレリーナの、気持ち
本当に「どや!」だと思うんです。


グランフェッテはできて当然、知らん顔してポーズ。そして退場、が一番美しいと思うんですよね。

グランフェッテに限らず、全てにおいて、自分を主張しては美しくないと思います。
そう流れを止めないで欲しいのです。

どんな凄いことをやっても、見せつけるようなことはして欲しくない。
だって、そうすると観客は「ああ、凄い、人間離れしている!」と思っちゃうわけです。

人間離れ=人間がすることじゃない

バレリーナは夢を売る商売で、人間くささを見せちゃいけないんです。
なので、離れ業(?)をやっても、それは白鳥、黒鳥、妖精がやっていることで、人間が生生しくやっていると感じさせたらアウトだと私は思っています。

ストリートパフォーマンスでカッコいいダンスを披露しているのとは違うんですよね。

なので、「ドヤ顔」は私的にはNG。なんです。

おとぎの国のお話しなのですから、さらっとやって貰いたい。
「ああ、黒鳥が人間の姿を借りて踊っている」と感じてもらえたらパーフェクト。

まぁ、これは個人的な好みですが。

それと、教えていただいたバージョンですが、クラシックバレエを逸脱していますよね。
観ない様にしていました。

バレエ団、振付師、最近の方々は特に「新バージョン」を作りたがります。

これも、好き嫌いあると思います。

新しい解釈で、斬新な作品に生まれ変わらせようとする。
私はそれが嫌いです。

なぜ、、「クラシックバレエ」なのか。
伝統を受け継いでこその、「クラシックバレエ」なんです。

新しい解釈、斬新な演出、

これらは、原作をいじった「亜流」、二次製作と私は捕らえます。

本流、原作をいじると、それは、ただのパロディー。
原作に乗っかった、受けを狙った作品にしか思えないのです。

これは、本当に私の主観。好みでしかありません。

新しい演出のほうが好き、と言う方も大勢いらっしゃると思います。

でも、私はあくまで、「クラシックバレエ」にこだわり続けたいのです。

バレエは日進月歩だとは認めます。
ですが、それは身体の使い方や、正しい使い方、こうした方が美しく見えるよ、といった発見に基づいたもので、
作品のアレンジを進歩とは認めたくはないのです。

新たな人材が、かたくなに、原作に忠実になぞって継承していく。

それが、クラシックバレエの在り方だと思っています。

新しい演出、振り付け、アレンジ等々、それが好き、否定しません。

ただ、原作を超えられるものは、絶対に無い。そう思う・・・。でも、押し付けはしません。

グランフェッテが16回から32回に増えた、それはそれで、素晴らしいことだと思います。
身体の使い方が分かって、スキルがレベルアップしたのだと思います。

私の信念、バレエの意味はここにある。それだけです。

ごめんなさいね。私は頑固な古い人間だと思われるかも知れませんね。

新しいものを受け入れられない狭量な人間と思われるかもしれません。
でも、しかたが無いんです。

私は服部千恵子先生の門下生ですから。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・春の訪れ

バレエを愛する皆さん、ご機嫌いかがでしょうか。きよです。

早いもので、もう三月です。

三月というと、やはり芽吹きの季節(花粉の季節でもありますが)なので、希望に満ちたお便りや、不安満載のご相談も頂きます。

中でも、結構あるのが

「ポワントのお許しがでました」と言う、喜びの声。

良かったね〜、と思ったら、あら・・・。

「痛くて痛くて、しかたないです(T_T)、トウパット、たくさん重ねても痛いです」

「こんなに痛いものかと・・・、トウッパトで良いのがあったら教えてください」

えっとぉ、そう言われましても。

「きつくて履いていられないので、幅広に変えました」

・・・(・∀・i)タラー・・・


私は何とアドヴァイスをすればよいのやら・・・。


「ポワントは痛いものなのよ!」などと、かましてはいけませんよね(´ー`A;) アセアセ

痛いんですね。指でしょうね、当然。

指がしっかり鍛えられていない、足の裏(土踏まず)を使っていない、ポワントに全体重が乗っている、
などなど、原因は一杯あります。

と、とにかく「痛い」人は、今から足指と土踏まずを鍛えましょう!

トウパットを重ねてはいけませんよ。

トウパットの役割と言うのは「指を痛めないため」ではありません。

人の足先のカタチは千差万別。
なので、大量生産されているポワントが自分のつま先にぴったり合うことが少ないです。

つま先にトウパットを入れて、自分の足先がしっくりくるように形成するためです。

コレ、意外とカンチガイされている方、多いです。
トウパットで痛みを和らげる。

違います!と怒っても、ポワント初心者さんには難しいですね。

本当ならね、

はだしでルルベが、せめて5秒間、爪先立ち(指の先ですよ)できるようにならないと
ポワントは「痛い」です。

それと、ちゃんと身体の引き上げができていないと、
つま先に全体重が乗っかってしまって、痛いです。

基礎をやり直さないと。。。

でも、お教室ではポワントのレッスンがあるんですよね。
だったら、おうちで密かにエクササイズしてください。
エクササイズの仕方は、前のほうに記事に書いてありますので、それを参考にして頂ければと、

たとえば、このあたりにあります

それと、
「きつくて痛いから幅広に変えた」かた、
それも、エクササイズ不足です。
特に足の裏。
土踏まずがきちんとアーチを形成されていると足は細くなります。

それをせずに、甘やかして幅広を履いていると故障の原因になりますから
とにかく、エクササイズしかないですね。

頑張ってください。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・3月・4月のレッスンスケジュール

3月~4月のレッスン予定

以下の日程は、入会体験レッスン、1dayレッスンをお休みさせて頂きます。

3月21日(水・祝)、29日(木)、30日(金)、31日(土)

4月29(日)、30日(月)

バレエカウンセリングに関しましては受講頂ける日もございますので

メール、またはお電話にてお問い合わせください。

1dayレッスンは、

3月3日、4日、10日、11日、17日、18日、24日、25日

4月1日、7日、8日、14日、15日、21日、22日、28日

です。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・十年前のきよちゃん

バレエを愛する皆さん、おはこんばんにちは!きよです。

相変わらず、更新をサボっておりますが。。。いけないですね。反省しております。
最近では、特にバレエ系でネタになりそうなものがないので、、、と言ういい訳も板に付いちゃってたります。

なので、今回も日記でお願いします。って誰にお願いするのかな?

先日、解剖学の教科書を探していたら、なんと昔の雑誌が出てきました。
びっくり〜〜〜〜。
まだ、取ってあったんだわ。

某化粧品会社の会報誌、と言うのでしょうか。
商品を買うと付いてくる、カタログ冊子ですね。ちょうど、10年前の2月号!
なんか、「読め!」と言われたようで、ぱらぱらめくってみました。

ありましたです。

「がんばっているお客さまをご紹介します」

マー〇ゥレ〇ス・ビューティー と言うコーナーで紹介され、インタビューが載っています。
大きな写真と一緒に.+゚*。:゚+ハズカシィ(〃ノωノ)キャッ.+゚*。:゚+

まぁ、その写真といったら、福々しいったらありゃしない。

このブログのトップ記事にある画像とは全然違う「優しそうなお姉さん」風です(*^_^*)

一番最初の記事に貼ってある画像を見に行こうとしてるでしょ。

。:゚(*ノ∀`*)σゥヶルーヒャヒャヒャ!!

ですよね。

ま、写真は置いておいて、

そのインタビューの内容を読んで、それこそ「私はバカか!」となりました。

確かに若かった。若気の至りな発言でしょう。
でも、(★>Д<★)メッチャ恥ずかしいゎぁ…

大見出しで

「全身で美を表現するバレエ。だからこそ、外見も内面も輝いていたいですね」

ははは、でもこれは言えていますな。
皆さん、いつも身なりだけではなく、行動、話し方、すべてに気をつけて「美しく」いてください。


しかし、本文で、語っちゃていますね。ヤバイ、ヤバイ。

バレエだけ、やっていては、表現も乏しくなってしまう。そのためにも、興味のあることにはなんでもやっていきたいな、と」

その頃は、ネイルアートにハマっていて、ネイルサロンでデコッて貰ってたのですが、
元来の細かい作業好きの自分でもやりたくなってしまい、一式揃えて「セルフ」をやっていました。

ゆくゆくはネイルスクールに通って、本格的に学びたい。などと仰っていましたわ、私ったら。

最後は

「略・・・すべて、バレエにいい影響を与えてくれる、そこに行き着いてしまうんですよね(笑)」

と、〆ているので、まぁ許そう。

ですが、本当に言っていることが幼いな〜。教科書どおりだな〜って思います。
まだまだ、アマちゃんだったな。

バレエの先生って大変な仕事なんだよ。

バレエが好きだけでできるわけがない。

なので、な〜にが「ネイルスクール」じゃ、な〜にが「表現が乏しくなる」だわさ。

言っちゃうよ、10年前のきよちゃん。

今の自分はどうなってる?
ネイルだのなんだのってよそ見している?できないでしょ?

「目標だったバレエの先生になれた。」って言っているけれど、
まだまだじゃないですか。

バレエの先生になったために、今日まで、どんだけ苦労してきた?
「解剖学」勉強しーの、「栄養学」学びーの。

勉強することがいっぱいでしょ?
毎日、毎日勉強しっぱなしじゃない。

終わりがないの。教えることは学ぶことなの。

ね、長くて形の良かった爪は、今はどうなってる?
手入れをしている時間がもったいなくて、短くしてるじゃない。

だから、10年前のきよちゃん、あなたはまだまだ本当のバレエの先生じゃなかったのよ。

バレエの先生に引退はないのよ。
止めたければどうぞ止めてください。
でも、自分が許さないと思うよ。

今は、他の何者にも成りたくはない。
もっと、もっとバレエを勉強したい、日本のバレエの行く末を見たい。

10年前のきよちゃん。
あなたが、こんなカタチで残っていてくれて嬉しいよ。

恥ずかしいけどね。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;






※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

大杉バレエアカデミー 大人だってバレエ 大人のバレエ教室 都内 板橋区 千川駅徒歩5分



バレエ・足裏、足指を鍛える

バレエを愛する皆さん、おはこんばんにちは!←古い!
お元気ですか?相変わらずマイペース過ぎるきよです。

いろいろと、あれやこれやと、ぼちぼちとやっていたら、あら?
いつから、「成人の日」が1月15日じゃなくなったの?と気がついたり、

成人式を当て込んだ、ちゃっかりした詐欺集団に頭にきてたら、あら?

もう、一月も半ばじゃないですか!
毎度のことながら更新がなくてすみませんです。

さて、今回は

バレエ・目に見えて面白いエクササイズとストレッチ(加筆あり)」に
「あり」さんとおっしゃる方からコメントを頂きましたので
ご紹介しつつ、お答えしたいと思います。(適宜、改行を入れています)

はじめまして

バレエはやっていないのですが
足裏、足指の力がなくて足が歪んでいて足首や膝に負担がかかっていたので、
バレエのトレーニングを取り入れてみようと検索していたところこちらにたどり着きました。

足指歩きを始めて数ヶ月、最初は一歩も進まなかったのですが
ようやく最初の10歩ほどは進めるようになってきました。

そこで質問なのですが、

このエクササイズは足裏やアキレス腱をほぐすもの、とありますが、
アキレス腱や足裏がつるような感覚で足指がくたくたになる感覚があまりないのですがこれで合っているのでしょうか…?



********************************

ありさん、はじめまして。
ようこそ、このブログへ。

動きを拝見していないので一般的なアドバイスをさせて頂きます。

これまで足裏や指を意識しないで生活していたわけですから、
足の筋肉だけでなく脳の方もどうしたらいいか判らないという状況です。

なので、足裏と指で歩く運動を自分ではしているつもりでも、
動かしたい箇所が動いていない可能性が高いです。

足裏歩行と合わせて、

足指ジャンケンや足の裏でボールを持つなど、
指や足裏を自分が思ったように動かせるようにするための
エクササイズもなさることをお勧めします。

手と同じように足を握ってみて下さい。
こぶしができましたか?
指は曲がりますか?
一本一本独立して動きますか?

せめて親指と小指は独立して動かせるようにしてみて下さい。

本当に足裏と指が動いていたら3分ほどでぐったりしてしまいます。
それを目安にやってみて下さい。

それと、アキレス腱は使いませんので、疲れたりつるようなことはありません。

お分かりいただけましたでしょうか?
また、分からないことが出てきましたらコメントくださいませね。

ありさんにとって、このエクササイズがより良い効果を発揮してくれるようお手伝いしたいと思います。

ではでは、


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;






※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・新年のご挨拶

バレエを愛する皆さん、

新年 あけまして おめでとうございます きよです。

昨年は大変お世話になりました。

また、年末には妙な記事をアップいたしまして、当該の記事は削除し、その記事に掲載さておりました
アーティストの方に深くお詫びをいたします。

新年早々、また「お詫び」から始まってしまいました。

さて、今年はいったいどんな年になるのでしょうか。

大杉バレエアカデミーもがんばります。

皆さんも更なる飛躍の年としてレッスンに励んでください。


私には自分自身をも戒めるために、いつも心に思っている言葉があります。

大好きな小説の中の一文です。

「師は、弟子に超えられて漸く(ようやく)、師として完成されるのです。」

「早く追い越して、私を本物の師にしてください。」


私が服部のママや、母、N先生を超えられるとは思えませんが、
いつか、越えられる日を願ってバレエを愛し、
レッスンを怠らないようにしたいと思います。

私が師と完成されるのならば、今、教えている生徒さん方が、
私を追い越してくれる日を待ちましょう。

新しい年に、再び心に思い、誓ったところです。

でも、そんなに長くは待っていられないよ(笑)

今年もよろしくお願いいたします。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ;







※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。
【自己紹介】

伎世(きよ)

バレエを始めて、ン十年。大人(おとな)のバレエクラスを教えています。「バレエは子供の頃からやっていないとダメ」なんて誰が決めたのでしょう。もし、あなたがバレエをやりたいと思っているなら、またバレエに興味をお持ちなら、一緒にお話しませんか?バレエを観るのが好きと言う方も大歓迎です。バレエに対する熱い気持ちを一緒に語りましょう。
日本バレエ協会会員

ブログの著作権について

このブログ内の記述における著作権は大杉バレエアカデミー及び
きよ先生に帰属します。

無断引用・転載などは固くお断りいたします。

1dayコース

ウィークエンド1dayコース

受け付け随時
週末を利用して、大杉バレエアカデミーのレッスンに参加してみませんか?

詳細はこちら

カテゴリ別アーカイブ
タグ絞り込み検索
バレエ用品は楽天で

訪問者数

livedoor×FLO:Q パック
ブックマークしてね♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


♪皆さんが育てるブログです♪
♪応援ポチお願いします♪
↓↓↓↓↓

人気ブログランキングへ

RSSで最新の記事をGET!
↓↓↓↓↓
My Yahoo!に追加
連絡用掲示板
お薦め
お勧めのバレエ関係の本です。




SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー
livedoor 天気