きよ先生の大人(おとな)のバレエブログ

バレエを愛するすべての人たちに私の熱い思いを届けます。
特に大人からバレエを始めた方、これから始めたい方の参考になればと思います。
バレエを子供の頃からやっていないから」と言うExcuseは捨てましょう!
大人から始めても上達はするのです!
また、バレエを観るのが好きと言う方も是非ご覧下さい。
バレエを鑑賞するとき、一味違った観かたができるようになると思います。

ただし、私はバレエ教師で、治療師でも医者でもないことを、ご了承下さい。

バレエ・身体が硬いとダメなんですか?

暑かったり寒かったりの気温の変化が激しいですね。うちの坊ちゃん(唯一のオスねこ)も風邪をひいてしまいました。
バレエを愛する皆さん、お元気ですか?きよです。


さて、バレエと言うと、柔軟性を要求されると思われがちですね。


皆さんも言われたことあるんじゃないですか?

バレエをやっていると言うと

「じゃぁ、めちゃめちゃ身体、柔らかんでしょ?」
「Y字(またはI字)バランスできる?」
「180度開脚できる?」

などなど、、、。

以上のこと、できなくてもバレエはできます。

バレエは「柔軟性は求めません!」

バレエを続けているから、身体に柔軟性が出てくるのです。

ですので、身体を柔らかくするためのストレッチはしません。

しかし、レッスンをする際に、怪我を回避するためのストレッチは入念に行います。

例えば、お尻の筋肉、そのすぐ下の太ももの裏の筋肉、ふくらはぎ。
これら下半身の筋肉を柔らかくしておかないと、レッスンの時、怪我をしてしまう可能性が高いですね。

どうしたら、この三か所を柔らかくできるでしょうか?

「長座体前屈」?ノン、ノン。

レッスン前に、今からご説明するストレッチをやってみてください。


まず、立った姿勢で、足を肩幅に開きます。(足先はパラレルで)膝を曲げます。

その曲げた膝の間に、前屈します。頭を中に入れてください。両腕はだらんと脱力します。
手のひらが床についてしまっても、力は抜いてください。

その体勢で、お尻を高く上げていきます。

この時、膝は伸ばさないように。

伸ばさないようにして、お尻だけを天井に向けてあげて行って下さい。

いかがですか?特に太ももの裏側がピキーンと来ませんか?太ももの裏側が伸ばされている証拠です。
当然、お尻の筋肉も伸びているんですけれどね。

どこも痛くない、と言う方はお尻を上げていく途中、膝を緩めて伸ばしてしまっていると考えられます。
膝の位置は変えないで、お尻を高く上げましょう。

これを20〜30秒やったら、リラックス。そして、また同じ動作を繰り返してください。
数回繰り返して、正しい体勢でやっていたら、どんどん、楽になってきます。

これで、お尻と、太ももの後、ふくらはぎが伸びてくれました。

試しに足をドゥバンにゆっくり上げてみてください。お尻が連れて行かれず、太ももの後が引っ張られず楽に上がると思います。

以前に紹介した「いもむし歩き」と併用すると、より効果的です。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓



※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。




バレエ・6月、7月のレッスンスケジュール


6月、7月のレッスン予定

以下の日程は、入会体験レッスン、1DAYレッスンをお休みさせて頂きます。

6月29日(水)、30日(木)
7月29日(金)、30日(土)、31日(日)

1DAYレッスンは日曜日だけになっております。

また、1DAYレッスンは、6月5日、12日、19日、
7月3日、10日、17日、24日のみです。


バレエカウンセリングに関しましては受講頂ける日もございますので
メール、またはお電話にてお問い合わせください。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓



※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・舞台 刀剣乱舞を観て

5月も半ばを過ぎ、いったいいつ更新されるんだ???
と思います。

ごめんなさい、バレエを愛する皆さん、お元気ですか?きよです。

昨日、「刀剣乱舞」の舞台を観に行きました。
と、言っても映画館で見る「ライブビューイング」ででした。

もちろん、生の舞台を観ようとチケット取り、頑張ったのですがことごとく外れ、ライブビューイングもやっとでした。

tokenranbu01


刀剣乱舞はオンラインゲームです。私はゲームはやりませんが、登場人物や設定が好きなので。

いやぁ、凄かったですよ。
3時間、休憩もなくぶっ通し。内容の2/3は戦闘シーン。

スピード感ばっちりの殺陣。舞い踊るかのような、12人の刀剣男子に見とれてしまいました。

・・・で気づいたこと

彼らは役者ですから、当然「殺陣」の経験もあると思うのですが、約二か月間の稽古であそこまで上達するものなのだろうか。

必死に稽古をしたに違いありません。

でも、やっぱり見せ方が上手です。ついていた演出家の先生が上手なのか、あるいは殺陣と言うものは本来美しいものなのか、私は分かりませんが。

上手に見えたとき、それはやはり「ななめの方向」にきっちり入っていた時でした。

すっきり、それこそ「すぱっ」と斬れた感じ。

バレエと同じですね。

きちんと斜めの方向が決まったとき、きっちりと5番に入ったとき、自分でも「決まった!」と思いますもんね。

そういった瞬間を「型にはまった」というのでしょうか。


まさに、ぴたっと決まった美しい瞬間が何度か見られました。


ああ、ひと時、バレエを忘れ遊んで来ようと思っても、こうやってバレエと比較したり、同じようなところを探したり、やっぱり私はバレエから離れられないんですね。

それは、やはり「型にはまった」時の、充実感、幸福感を知ってしまっているからなんでしょうね。


それでは、もう一枚。12人の刀剣男子の画像を。

tokenranbu02




それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓


 



※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・5月、6月のレッスンスケジュール

5月、6月のレッスン予定



以下の日程は、入会体験レッスン、1DAYレッスンをお休みさせて頂きます。




5月3日(祝火),4日(祝水),5日(祝木)、

28日(土)

6月29日(水)、30日(木)



1DAYレッスンは日曜日だけになっております。



また、6月の1DAYレッスンは、5日、12日、19日のみです。




バレエカウンセリングに関しましては受講頂ける日もございますので

メール、またはお電話にてお問い合わせください。




それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓


 




※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・ブログ、10年目のご挨拶

桜の季節も去って、暖かくなると思いきや、また寒さがやってきましたね。
体調管理が難しい今日この頃。
バレエを愛する皆さん、こんにちは。きよです。

最近、と言うかこの2,3年、ブログの更新がなかなかできません。
ごめんなさい。

だって、もう、このブログ開設してから、この4月で10年ですよ。
ネタもなくなります。


しかし、よくもまぁ、10年も続いたものです。

支えてくださってきた読者様がたのおかげでございます。
感謝しております。

なので、今後も細々と続けて行きたいと思っておりますのでよろしくお願いします。



さてさて、先日ですね、このブログに寄せられたコメントや掲示板を裏っ側から読み直していたんですよ。

そうしたら、お返事や、記事にしていないコメントが結構ありました。

そういう方たち、「せっかくコメントしたのにREが無い!」と思われていらっしゃると思います。

どうしてREをしなかったのか、探ったら、共通点が見つかりました。

しつこいようですが

「ご挨拶」が抜けているものが大半でした。と、いうかほとんどがそれでした。

残念だなぁ〜。せっかく質問してくれているのに・・・。です。


この質問に答えたら、皆さん喜ぶだろうなぁ。でも、残念賞。

・・・と言うのが多いです。

本当に、本当に、ご挨拶が抜けていると(-_-;)はぁ・・・。

しつこいのは分かってるんですよね。
でもバレエは「ご挨拶」が基本でしょ〜。

こだわりすぎでしょうか。
もっと、フランクに行くべき???
でも、これが私のポリシーだし。


たくさん、ありすぎて、本当にもったいないコメントたち。

お願いです、ご挨拶付きで、コメントちょうだいね。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓


 


※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・やっぱ内転筋でしょ

バレエを愛する皆さん、こんにちは、きよです。
すっかり桜も満開ですね。でも、明日の雨と風で散ってしまうかもの予想。
もう少し楽しみたいです。

さて、今回は日記です。

先日、地下鉄に乗っていた時の話。

ちょうど目の前に可愛らしい女性が座っていました。

全身、薄桃色のスーツで、これからデート?と思わせるようなファッションでした。

でも、その彼女、スマホゲームに夢中になっていて、ちょっと残念。

しかも、ゲームに夢中になっているものですから、全身無防備になっていました。

可愛らしい服装、たぶんミニスカートだと思いますが・・・。

足が「大股開き」になっちゃってて(-_-;)

スカートの中が丸見えになっちゃってました。

彼女は私の降りる駅に着いてもまだ、乗っている雰囲気でしたので
私は下車する前に、そっと彼女に耳打ちしました。

「スカートの中が見えてますよ」

彼女は「はっ」として、足を揃えました。

皆さんは、スマホゲームに夢中になっていても、絶対にこの女性のようにはならないでしょうけれど。

だって、普段から内転筋(内もも)を鍛えているのですから、ね(^_-)

それに、バレエでは、常に「内もも同士がくっついているもの」ですから。


追記として、

私は若かりし頃から、
知り合いでもない人、特に女性に注意をすることが多かったですね。

たとえば、スカートのファスナーが下がっていたり、裾がまくれ上がっていたり、ブラウスがウエストからはみ出していたり、などなど・・・。(今の季節、コートのベルトを引きずってる方い多し)


おせっかいと言われればそれまでなんですが、

他人のことなんだから、ほっておけば良いと思われますよね。
確かに、注意された本人は「恥ずかしい」という思いが先に立って、私に感謝などしないと思いますが、

私は、女性が「恥ずかしい恰好をしている」のが耐えられないんですね。


職業病としか言えないのですが、「恥ずかしい恰好をしていることが許せない」のです。

「恥ずかしい格好」は要するに「お行儀が悪い」と言い変えられるものです。


バレエで間違っていることをしていると、それは私から見ると「お行儀の悪い恰好をしている」としか思えないのです。

そうですね、私がいつも言っている、バレエは「お行儀が良くないといけない」。

これですね。

私の質の悪い(笑)注意ぐせも、ここから来ているのだと思いますよ。

そして、女性は美しくないと絶対にいけないのです。
これは、バレエをやっている、やっていないに関係ありません。


顔かたちではありません。


姿かたち、所作、そう言ったものが美しくなければ、私は許せないのです。

特にバレエをやっている人が、恥ずかしい恰好をしていたら、「美意識の欠如」として私は許せません。


生徒さんにも言っています。

バレエをやっている限り、女性の美意識に関しては敏感であって欲しいと。

恥ずかしい恰好をしていて得をすることはないでしょう?

私ほどではなくても良いです。押しつけではないですけれど、もう少し「美意識の向上」に目を向けてもらえればと思います。


それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓



※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。



バレエ・4月、5月のレッスン予定

4月、5月のレッスン予定

以下の日程は、入会体験レッスン、1DAYレッスンをお休みさせて頂きます。

1DAYレッスンは日曜日だけになっております。

バレエカウンセリングに関しましては受講頂ける日もございますので
メール、またはお電話にてお問い合わせください。


4月29日(金・祝)、30日(土)

5月3(祝火),4(祝水),5(祝木)、
28日(土)




それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓



※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・宝塚への思い

バレエを愛する皆さん、こんにちは。きよです。
だんだん、日が長くなってきて、気温も少しずつですが暖かくなってきましたね。
桜の開花もそろそろでしょうか。

さて、今回は「aisa_mei」さんと仰る方から質問を頂きました。

ご紹介するとともにお答えしています。どうぞ、ご覧ください。


【投稿者】 aisa_mei

最近バレエに興味をもった小6です。
きっかけは宝塚で、私もあの舞台に立ちたい!
と思いました。
しかしバレエを習っていないといけないと知り
今度はバレエに興味が湧いてきたのです。
私は小1の頃からずっとジャズダンスを続けていて身体の柔らかさには自信があります!
今からバレエを習い始めても追いつくでしょうか?
できれば宝塚音楽学校も受験したいです。
回答お待ちしております!

**************************

aisa_meiさん、こんにちは。ご質問ありがとうございました。

バレエに興味を持っていただいて嬉しいです。

私も、宝塚は大好きです。

宝塚音楽学校への入試の基準は「義務教育終了〜高卒までの年齢(15歳〜18歳)の女子」となっていましたから
年齢的にはaisa_meiさんは、まだ大丈夫ですね。


宝塚音楽学校の入試では、第一次試験ではバレエの経験は問われません。

バレエ歴を尋ねられるのは二次試験からと聞いています。

aisa_meiさんも、今、バレエを初めて、頑張り次第では合格も夢ではないかもしれません。

ただし、私の周りの宝塚音楽学校へ入学が叶った人たちは、小学生、低学年時代からバレエや声楽を習っていた方ばかりですので「追いつくか」どうかははっきりとはお答えできません。

大丈夫という保証があるからやる、ではなくて宝塚に入りたいからやる。

がんばって挑戦する。

という気持ちが大事だと思いますよ。


そして、一つ大事な、アドヴァイスです。
「宝塚」は非常に礼節に厳しい世界です。(バレエの世界もですが)


aisa_meiさん、きついことを書くかもしれませんが、aisa_meiさんのコメントには礼節がありましたか?。

いつも、書いていることですが、何かコメント(以外でも)を書くときは、いきなり本題に入らず、ごあいさつから始めるものです。

aisa_meiさんのコメントには「ごあいさつ」が抜けていました。

「こんにちは。」でも、「はじめまして」でも良かったのです。一言添えていただければ、と思いました。

宝塚音楽学校での入試でも、その点は必ず重視されることです。
生活態度が細かくチェックされるので、気を付けてくださいね。

新しい挑戦を始めるaisa_meiさん。頑張って目標を達成してください。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓


 










※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・テレビネタでスミマセン

三月ももうすぐ半ばになってしまいます。更新サボっててすみません。
バレエを愛する皆さん、お元気ですか?きよです。


今回は、先日ちょこっと見たテレビ番組からのお話です。


この番組を最初から見ていたわけではないので、どんな趣旨の番組か分かりませんが、
たぶん、いろいろな「へ〜」を集めたクイズ番組だと思うのですが。

観ていた部分だけを切り取ってお話します。



「身体の硬い人を集めて、どうやったら柔らかくなるか」というお題だと思います。

4つのグループに分けで「立位体前屈」をさせます。

皆さん、計測器がほとんど動かないくらいです。


そこで、あるマル秘テクニックを授けます。

1グループ目は、前屈をする前に、ゴルフボールを片足ずつ10秒間踏む。

2グループ目は、前屈をする前に、両手の指をピラミッド型にして、一本一本回していく。

3グループ目は、厚目に折ったティッシュを奥歯で噛みながら体前屈をする。

4グループ目は、「にゃー」と言いながら体前屈をする。


答えは当然分かっていましたが、真剣に「にゃー」と言いながらやっているのが面白くて見てしまいました。

皆さんも、どのマル秘テクニックが正解か、お分かりですよね。

正解テクニックをやっていたグループでは、記録が20センチ以上という驚きの結果を出されていた方もいらっしゃいました。


このテストの後、結果を踏まえて、お医者さんがきちんと説明していました。

さて、1〜4番、どれが正解だったでしょう。

番組を見た方はもちろん、はなから正解は分かっていたでしょうし、見ていない方でも、このブログを読んでいらっしゃる方なら、簡単に正解がでるはず。


良かったら、正解をコメントください。もちろん、解説付きで。
待ってまーす。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓






※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

バレエ・ポワントの立ち方

春は名のみの風の寒さよ・・・。花粉症が一気に襲ってきました。
バレエを愛する皆さん、お元気ですか?こんにちは、きよです。


今回はポワント(トウシューズ)の立ち方についてお話ししたいと思います。


このブログの検索ワードの上位にあるもので、「ポワント マメ」、
「ポワント 足の形」。


それについては、このブログでも何回も書いてあるのですが、
再度、ご説明させて頂きます。


ポワントは「ポワントに足を入れてつま先立ちをするだけ」するのではありません。


足の裏でポワントのソールを吸い付けて立つのですよね。

なので、靴の奥までつま先がずり落ちることなく、
美しい足の形のままでいられるのですよね?


そうしなければ、足指、足先に全体重がかかってしまい足が可愛そうです。


そんなことをしていたら、足先がひし形に変形してしまいますし、
マメができ、皮がめくれまくりです。


足の裏でポワントのソールを吸い付け、
体重は体の引き上げによって足先にはかかりません。


「潰れたマメ」や「足先の変形」はポワントを一生懸命やった勲章ではありません。


足の裏です!
足の裏を鍛えてください!

プラス、足の甲は絶対に出しちゃダメ!

思い出してくださいね。
そしてエクササイズをしっかりやってください。



それでは、いつもの応援ポチ、お願いします。
↓↓↓↓↓




※書ききれないコメントや、当記事に関係ないコメント、質問は右記の掲示板にお願いします。

画面右のリンクの一番上にもありますので、活用してください。

【自己紹介】

伎世(きよ)

バレエを始めて、ン十年。大人(おとな)のバレエクラスを教えています。「バレエは子供の頃からやっていないとダメ」なんて誰が決めたのでしょう。もし、あなたがバレエをやりたいと思っているなら、またバレエに興味をお持ちなら、一緒にお話しませんか?バレエを観るのが好きと言う方も大歓迎です。バレエに対する熱い気持ちを一緒に語りましょう。
日本バレエ協会会員

ブログの著作権について

このブログ内の記述における著作権は大杉バレエアカデミー及び
きよ先生に帰属します。

無断引用・転載などは固くお断りいたします。

1dayコース

ウィークエンド1dayコース

受け付け随時
週末を利用して、大杉バレエアカデミーのレッスンに参加してみませんか?

詳細はこちら

大人のためのプレバレエ

本格的にバレエを学ぶ前にバレエの楽しさ、雰囲気にふれてみませんか?

詳細はこちら

カテゴリ別アーカイブ
バレエ用品は楽天で

訪問者数

livedoor×FLO:Q パック