December 29, 2005

天皇杯準決勝

島根に帰ってきました、いやぁやっぱり落ち着きますね。
そしておそらく最後の青春18切符の旅。
27日の昼に国分寺を出て、21時に名古屋。
名古屋では寮の先輩の家に泊まり、ありがたい社会人からの教示を頂き、
次の日、名古屋を9時に出て21時にやっと松江にたどり着きました。
今回は兵庫から日本海に出たんだけど、中国山脈を越えるとき、
まさに「トンネルを抜けると雪国でした」状態でした。
そして1両編成の電車に乗りながら、最近の横風で倒れたニュースを思い出しながら、
もしそうなったら、救助遅いんだろうなとネガティブシンキングをしてました。

で、今日はのんびりサッカー・天皇杯準決勝の
「清水対C大阪」、「浦和対大宮」を見てたんですが、
両方とも延長戦120分の激闘で大変興奮し、
ブログを書いているわけです。
特に、最近日本代表に選ばれた浦和の長谷部誠が圧巻でした。
試合は浦和が4−2(延長2−0)で勝ったんですが、
後半3点に長谷部は全て絡む活躍(2得点1アシスト)。
長谷部が出ている試合は何試合か見ていたんですが、
今日の特に延長からの長谷部は代表レギュラークラスの活躍でした。
例えると、この間のチャンピオンズリーグの前半のACミランのカカ並でした。
(敵がリバプールじゃなくて大宮な分違うけどね。)
もうボールがわったって前を向かせると絶対なんかやっちゃう感じで。
パスを出せばラストパス、ドリブルをすれば3人ぐらい引きずりまわすで。
このパフォーマンスがコンスタントに出来るなら本当に、
激戦区、日本代表のMFレギュラーに食い込めるじゃないかと。
憎いね21歳。

みなさん、よい年末年始を。
年が変わるときはやっぱり「ゆく年来る年」ですか。
そして、年が変わる瞬間ジャンプして、
年が変わった時、俺は地球に立ってなかったて言うんですか。
でも今年は8年かなんかに一度のうるう秒があるので、
2秒飛ばなきゃいけませんよ。
(24時59分59秒→60秒→00時00分00秒)
凄いジャンプしなきゃ。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/kiyoharahanshin/50295063