初めましてブルースタースピリット代表、アニマルコミュニケーター、ヒーラーとしても活動しております、”きよまる”こと澤井聖子(サワイキヨコ)です。

動物と人間はもっと仲良くなれる。
そのお手伝いをさせていただいております。

いろいろなセッションもしておりますので、是非お気軽にご相談ください。

1年前は想像してなかったこの仲の良さ。
お留守番の時も、お互いを励まし合っている2匹を見ていると、ママは目が細〜くなります。w

attachment00

どちらかというと、これでも、ピノン(犬)がキューちゃん(うさぎ)に寄りかかっているのです。w

attachment01

ね?

attachment02

キューちゃん、偉い!

attachment03

今日のお散歩は、海に行きましたよ〜。
とっても気持ちが良かったです💓



  

ピノンが眠りに落ちるところをキャーーーーーッチ!w

ソファでウトウトし始めました。。。
いつも通り、かわゆいです。

01

なんだかとても眠そうです。

02


見ているこっちもつられそうです。。。あー、眠い!

03


もうトロトロ犬です。

04

半分夢の中にいる模様。

05

これはもう涅槃ですな。

06

落ちました〜!w
目を瞑ると、ちょっとブチャイクなピノンです。w


07

犬のまぶたって、人間と違って3つあるんですよ〜。
瞬膜という第三のまぶたがあります。
目頭から出てくる薄い膜があるんですよ〜。

今、うちの旦那さんがワンちゃんのコンタクトレンズの会社の映像のお仕事をしていて教えてくれました。犬用のコンタクトレンズがあることも驚きですが!!!w






 



  

attachment00-6

アニマルコミュニケーターとしてのお仕事も、今年で9年目になります。

今までたくさんの飼い主さんとペットちゃん達に出会わせていただきました。


甘えん坊、スネ夫くん、癇癪持ち、引っ込み思案、心配性、天真爛漫、その子それぞれに、一つではない顔がありました。


どの子もみんな、飼い主さんが大好き!

ご相談を下さる飼い主さんも、皆さん、愛情深い方ばかりでした。


その愛の絆をさらに深めるお手伝いをさせていただけることの幸せ。

素敵なエピソードの手触りを感じさせていただけることに、本当に感謝でいっぱいです。


今年は、私にとって、とても意味深い年になりそうな予感がしています。


そこで、1月~2月中にアニマルコミュニケーション通常セッションか、ペットヒーリングにお申し込みいただいた方に限り、感謝を込めて、ご相談いただいたペットちゃんへ、オーダーメイドでフラワーバッチレメディを無料でブレンドしてプレゼントさせていただきます。


◉アニマルコミュニケーションセッション料金

☆通常セッション 6,000円(対面 / 遠隔)

(感謝キャンペーン対象メニューです。)


☆亡くなられた子のセッション 7,000円(対面 / 遠隔)

☆迷子の子のセッション 9,000


◉ペットヒーリング(対面/遠隔)12,000

(感謝キャンペーン対象メニューです。)

 ペットヒーリングは、飼い主さまのヒーリングも一緒に行います。

 尚、ペットの施術はご自宅へ出張させて頂くか、遠隔ヒーリングになります。


また、アニマルコミュニケーション(キャンペーンメニュー以外のメニュー)、をお申し込みの方で、フラワーバッチレメディのブレンドボトルをご希望の方は、ボトル代1500円(別途送料がかかります。)のみで調合いたします。


◉ペットのためのフラワーバッチレメディカウンセリング

カウンセリング、ブレンドボトル代込み 4,000

(こちらのメニューも、期間中サービス価格の3,000円で承ります。)


メール、お電話、または対面でカウンセリングをさせていただき、後日ブレンドボトルをお作りして、郵送(別途送料がかかります)、またはお近くの方はお会いしてお届けします。

お申し込みは、kiyomaru+QP@gmail.comまで。
 


  

あけましておめでとうございます。
今年も、ねえママをよろしくお願いします!

さて、お正月は、夫の実家の新潟へ帰郷していました。
雪がすごい!との情報から、スタッドレスタイヤのない我が家は車で行くことを断念して、新幹線で。
内心「え〜〜!!!マジで〜〜〜〜!!!!」と叫んでしまいましたが、この件では、なんとなく夫に決定権があるので従うことに。 

ピノンのことが、かなり不安でしたが、一か八か!で行ってきました。
キューちゃんは、さすがに連れていけないので、いつもの優しいお姉さんのいるホテルでお預かりをお願いしました。

ピノンくん、出かける支度をしている私たちを見ながら、かなり不安だったようで、一生懸命自分も行けるようにと、普段ならあまり入らない布製のキャリーに自分からねじねじと入って、連れてって!とじっと見つめたり、なんともいじらしいったら!w

一緒に行くから大丈夫だよ〜、とお話ししても不安はぬぐえなかったようで、とにかくついてくるついてくる。
終いには、ワンでもないウーでもない、変なイントネーションで文句を語りだし、おかしいったら!可愛いやら!

普段、クレートに入ることは抵抗がないのですが、扉を閉めて移動することには慣れていないので、予想どおり電車のホームでパニックになることもありましたが、行きよりも、帰りは慣れて、視界を遮るように、何かかけてあげれば大丈夫になりました。(ふぅ〜)

彼にとっても大冒険で、ものすごく頑張る経験となったようです。

でも、よく考えたら、車でお出かけだと、移動しているのも目で見ることができるのに比べて、クレートに入ったまま、なんだかガタガタと揺れて、出てみたら、そこは知らない場所!っていうのは、あまりにもタイムトリップ的な感覚になるのだろうなぁと思います。

実家に着いてからも、とにかく私が違う部屋に行こうとすると、「どこに行くの〜?」と目を離さずついてきます。
ものすごくアンテナを張って、遊んでいても、私の動きを見逃さないように 見張っているという感じでした。

知らないお家、知らない匂い、知らない人たち。
かなり神経を使ったことと思います。

1日目は祖父母に預けて出かけるのはやめ、みんなで一緒にいて過ごし、2日目から、少しの時間、出かけさせてもらいました。かなり心配したと思いますが、ちゃんと帰るからね。と伝えてお願いして1〜2時間だけ外出。

新潟と言ってもそこは広く、新幹線の窓から見た猛吹雪はどこですか〜?と聞いてしまいたくなるほど、実家のあたりは雪がなく、拍子抜けしましたが、お散歩道は楽しく、新雪が溶けた雫のついた畑の道は、キラキラと宝石のよう(画像で伝わらないのが残念ですが。w)で、寒くてもルンルンと歩きました。

attachment01

3日目の帰る日は、違うルートから乗るために、車で駅まで送ってもらうと、なんと!そこには雪が!!!
ヤッター!!!!ということで、初めての雪を楽しんではしゃいでました。

食べたり、撒き散らしたり!
でも、このとき食べた雪が、3時間の電車の最後の10分間、膀胱を刺激したようで、本当にギリギリセーフでした。w

はぁ、危なかったー!

attachment00 3

attachment01 2

帰りの新幹線では、だいぶ疲れたのか、熟睡してくれました。
でも、やっぱり画像見ると顔が緊張してますね。

attachment00 2

でも思った、新幹線で犬連れは大変!
人も大変だけど、ワンコも大変!

そしてやっぱり、犬連れで夫の実家に泊まる のは大変かなぁ、と。
こちらも気を使うし、 祖父母も疲れただろうなぁと。

宿泊は、やっぱり別にした方が良いのかも、と思った。
出かける先でのワンコリラックスの場所のリサーチも、ちゃんとした方がいいな、と。
いろいろ勉強になった旅でした。 

次からは絶対に車で行くわ〜!
スタッドレスタイヤ、ちゃんと用意してもらうぞ!!!と心に決めた旅でした。

ピノンもお疲れ!



  

このページのトップヘ