初めましてブルースタースピリット代表、アニマルコミュニケーター、ヒーラーとしても活動しております、”きよまる”こと澤井聖子(サワイキヨコ)です。

動物と人間はもっと仲良くなれる。
そのお手伝いをさせていただいております。

いろいろなセッションもしておりますので、是非お気軽にご相談ください。

なかなか忙しくしていて、ゆっくりブログを書く時間がなくてだいぶご無沙汰しております。
ピノンもキューちゃんも、変わらず元気ですのでご安心を!

先日、今回で2回目になるのですが、お家に来てくれるトリマーさんにお願いして、ピノンのカットとお手入れをお願いしました。

このモフモフともお別れ〜。 

1


前回よりは、毛玉が少ないので、なんとかツルピカにするのは免れるかな?と思っていたのですが、甘かった!
やっぱり今回もツルツルしましょうということで、甘くはなかった!
私の好きなモフモフさんからツルピカハゲ丸君な仕上がりになる模様。

 
3


お顔だけは、丸くしてやってつかぁさい!ということで、こんな感じです。w
みるみるほちょ子になっていくピノンさん。

4

いつになったら、ふわふわ仕上げが許されるのか。
尻尾も、だいぶ刈られました。
まるで収穫祭のよう。w
 
ピノンの毛質が細く柔らかく、あっという間に絡まり毛玉が生まれてしまうため、鬼のようにブラッシングが必要なようなのですが、あまりやるとストレスになってしまうので、毛玉ちゃんが生まれてしまうのを許してしまった私の不覚であります!!! 

お風呂に入れてもらうと、もうこんなにしぼみます。
 
5

ドライヤーで乾かしてもらって、少し膨らみました。w

6

終わって、トリミング台を降りると、文句と抗議の嵐!

7

怒ってます!

9

でも、かわいい。💓

10

毛が刈られて、寒そうなので、お洋服を着てもらいました。

11

疲れちゃったようで、眠気には勝てないようです。
お疲れちゃんでした。✨

12


ちなみに、今回は顔を丸めに仕上げていただきました。
前回は、こんなでした。
プードルっぽい。

でも、やっぱり怒ってます。

attachment04

attachment00



images

よく利用するスタバ。

こちらのテラス席はワンコOKということなので、今回はお散歩途中に寄ってみました。
お店の方が、「テラスにどうぞ〜。」というご案内をしてくださったので、席に着いたのですが、ここで問題が!

注文をしたいけど、ワンコを置いて、店内に行くわけにいかず、テラス席に座り、ガラス越しにスタッフの方に合図を送り続けること15分余り、、、、、誰も気がついていただけず、諦めて帰ろうとした時、違うお客様の注文を届けにスタッフさんがテラスに現れたので、すかさず注文するにはどうしたら?と。

すると、基本的に注文は店内のカウンターで、ということらしい。
でも、今回のわたしのように、見てくれる人がいない一人と一匹の場合は、どうしたらいいでしょう?ということで、メニューを持って来ていただき、席でオーダーとチェックをさせていただきました。 

単にワンコOKという情報だけでなく、テラス席に着く前に、オーダーのシステムがわかるようにしていただけたら、入らなかったのになぁと、ちょっと残念に思いました。

おなかがすいていたのですが、なんだか気持ちも落ちてしまって、ドリンクだけ頼んで、早々に出てしまいました。

テラス席に入るところに、そう言った案内板みたいなものがあると、犬連れの人は2名以上で入る方がいいな、とか判断材料になるんじゃないかなぁと。

で、結局、小町のブランチキッチンに行って、ご飯を食べました。
最初から、こっちに行けばよかった、と後悔。

だいぶご無沙汰です!
少し前になりますが、ピノンの毛玉が、とかしてもとかしても、どうにも止まらなくなってしまったので、ついにトリミングかなぁ・・・・と思って、ネットで調べていたら、お家に来て、目の前でカットしてくださるところを発見!

Happy Dog Kamakuraさんです。

早速来ていただくことに!
プロの方が、どんな風にやってくださるのか見ることができますし、それにいろんな疑問にも答えてくださいました。

トリマーさんは、とても優しそうな女性の方でピノンの毛に触るなり一言!

「あ〜。この子は毛が子犬みたいに細いから、からまっちゃいますね〜。」

そうなのです、一緒に布団に潜って、寝て起きるだけでも毛玉になっちゃうのです。w

1畳くらいのスペースがあれば、持って来ていただいた道具をチャチャッとセットして、カットサロンの出来上がり!

attachment00


私もそばにいるので、安心している様子。

attachment02

毛玉をリセットするため、思い切って切りましょう、ということになりました。
どんどん刈られて、ほそっこくなるピノン。w

attachment03

とってもお利口さんにしてますね〜。
お顔の全貌が見えてきました。

attachment04

押さえ方など、とっても参考になります。

attachment00

ググーッと顔を出して、切ってもらってます。
ん?初めてするカットの感じで、だんだんイメージが変わってきました。

attachment01

わ!誰?w
とってもプードルっぽいカットになりました。
新鮮!


attachment02

ちょっとモヒカン風になってます。

attachment04

結構、たっぷり時間をかけてやっていただいたので、疲れちゃったのか、文句言ってます。w
たははは!

attachment00

トリマーさんが帰って、ご褒美のおやつを食べたら、爆睡してしまった。w
お疲れ様!よく頑張りました!

attachment02

普通のサロンなどでは、毛玉のカットにこんなに時間をかけられないので、ブチっと無理に取ったり、皮膚に傷がつくことも、よくあることなのだそう。

なので、今回は、こちらにお願いして本当に良かったなぁと思いました。

爪の切り方や、ブラシの使い方、はさみの入れ方なども丁寧に教えてくださいました。

おなかもツルツルにしてもらったし、しばらくはカットの必要なし!

個人的には、もしゃもしゃしたピノンが好きだけど、カットしてもらったことで、こんなかわゆいお顔してたのね〜!と改めてラブ爆発中!💓

それにしてもほそっこい!
ほとんど毛なのね。w


  

昨日は、幼稚園から一緒の同級生のお宅へ、子供達が学校に行っている間に、ワンコ遊びでお邪魔しいました。
ムクムクモコモコの大きなワンちゃんは、エイジンくん。
オーストラリアン・ラブラドゥードゥルという、日本ではまだ珍しい犬種の子。
ものすごく無邪気で天真爛漫な3歳の男の子。

エイジンくんは、大好物のさつまいもそっちのけで、ピノンと遊ぼうと、体当たりのラブコールを送ってくれましたが、なかなか釣れないピノン。 

大きな体で力いっぱいの愛情表現に、ピノンたじろいでしまい、ず〜っと牽制してばっかりいたけど、帰る頃に、ようやくちょっとずつ仲良くなれたみたい。

attachment02

大きさの違いがわかりますね〜。
エイジンくん16キロ。
ピノン4キロ。

2匹ともかわいい!!!!💓

attachment01

なんとなく、打ち解けてきた感じ。💓


attachment00

そして、ここのお宅は、文鳥さんのつがいもいるんだけど、なんと!幸せなことに、放し飼い。
友人ママとお茶を飲みながら話していると、どこからともなく飛んできて、肩にとまってくれました。

なんという幸せ!

文鳥さんも羽を切られていないので、自由にお部屋の中を飛び、ノンストレスののびのびした本来の姿で生活していました。

こんな風に、人と小鳥が共存している!
本当に素晴らしいことだなぁ!と感動しました。

約45年ぶりに文鳥さんとも戯れて、至福のひと時を過ごさせていただきました。

ピノンとエイジンくんも、次はもっと仲良く遊べるかもね♪



  

皆さ〜ん!こちらでもお知らせをしていくことにしました。
私、ラジオパーソナリティとしても活動をしております。
番組名は、「天然 アニマルチャンネルきよまる!食とペットのホリスティックアニマルチャンネル♪」です。

食のプロフェッショナルとして、そしてアニマルコミュニケーターの立場から、お話をさせていただいております。 
是非お聴きくださいね〜💓
 

全ての番組が聴けま〜す。
 
https://ameblo.jp/kiyolenon/entry-12345423271.html

このページのトップヘ