blog20181020_1
今回はドナルドダックの伯父の、
スクルージ・マクダックのトリビアを
紹介します。
(。・ω・)ノ゙

映画のキャプチャ画像を掲載しながら
説明しますよ。
blog20181020_2
(↑) ダックバーグというに町に住んで
いるスクルージは、お金を愛する、
世界一のお金持ちです。
スクリーンデビューは1967年公開の、
Scrooge McDuck and Money
(邦題 スクルージ・マクダックとお金)
でした。
blog20181020_3
(↑) 自宅の巨大な金庫には、たくさんの
お金が入っています。
Σ(゚д゚;)
コミックの原作では、赤の上着を着ている
ことが多いようです。
映画のデビュー作も赤の上着でした。
パークでは、トゥーンタウンでのグリー
ティングではオレンジ色の上着ですが、
それ以外は、最初に掲載した写真の
ように青い上着で登場しています。
よって、青の上着のイメージが強いですね。
私はスクルージのグッズは、ほとんど
持っていません。
ちょっと探してみたところ・・・
blog20181020_8
(↑) ・・・この、食玩のフィギュアしか
見つかりませんでした。
(T_T)
これも赤の上着です。

それでは、この記事のタイトルにも
なっている、スクルージ・マクダックの
デビュー作に登場する、日本の五十円
貨幣について説明します。

映画のオープニングで、いろいろな国の
貨幣が現れるシーンがあります。
その中に・・・
blog20181020_4
(↑) ・・・日本の五十円貨幣も登場
しているのですよ。
かずちん師匠はこれを発見した時、
見間違えかと思い、何度も巻き戻して
確認してしました。
(・∀・)
「この五十円、穴がないじゃん?」と、
思った方も多いかもしれませんね。
実はこれ、かなり昔に発行された五十円
貨幣なのです。
blog20181020_7
(↑) これが映画に登場している、
五十円ニッケル貨幣(穴なし)です。
昭和30年~33年まで発行されました。
非常に短い期間ですね。
※ 出典 財務省ウェブサイト
通常貨幣一覧

一覧に掲載されている画像を使用し、
彩度とサイズを調整して掲載しました。
財務省ウェブサイト コンテンツ利用の
ルールに従い使用しています。

昭和34年~41年までは、穴が空いている
五十円ニッケル貨幣が発行されていました。
そして昭和42年からは、現在の五十円
白銅貨幣が発行されています。
スクルージのデビュー作の映画は1967年
公開なので、昭和42年です。
映画を製作していた時は、現在の五十円
白銅貨幣穴はまだ発行されていなかったと
思いますから、穴が空いている五十円
ニッケル貨幣が流通していたはずです。
それなのに、穴が空いている五十円
ニッケル貨幣ではなくて、それより前の
穴なしの五十円ニッケル貨幣が、なぜ登場
しているのか不思議ですよね。
当時、日本についての情報はあまりなくて、
日本の貨幣のことをよく知らないスタッフが、
この穴なしの五十円が流通している物だと
思って描いたのかな?
(⌒?⌒)

もう1つ、スクルージのトリビアを紹介
しておきます。
blog20181020_5
(↑) これは、東京ディズニーリゾート内で
使用することができるギフトカードです。
このギフトカードは、スクルージが発行
しているという設定なのですよ。
blog20181020_6
(↑) よく見ると、赤い丸印をつけた
部分に、スクルージ・マクダックの
サインが入っていますよ。
(*゚▽゚*)

次回の更新をお楽しみに。

  
↑ ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると当サイトに
投票されます。
1日1回クリックして、応援お願いします。