きよみたん&かずちん師匠の写真集・ブログ

東京ディズニーリゾートのニュースや、 懐かしのグッズを紹介

2016年08月

blog20160830_1
8月がもう終わりますね。
早いもので、ディズニーの夏のイベントも、
ついに明日(8月31日)で終了します。
(´;ω;`)
今回の記事は、東京ディズニーシーの
ミニーのトロピカルスプラッシュのショーで、
よく見ないと気付かなかったり、観覧する
場所によっては見えないことを紹介します。
blog20160830_2
(↑) 今年から、ホセとパンチートもショーに
登場しています。
2人がバナナに乗っていて、見ていると
楽しそうですが、これってすべり落ちたり
しないのかなぁ・・なんて心配になった方は
多いかも(?)しれません。
(´▽`)
でも、大丈夫。
blog20160830_3
(↑) よく見ると2人が座っている所には、
腰のあたりに体を支える枠があったの
ですね。
しかも、ホセには脚の色と同じ緑、そして
パンチートにはピンクの色の枠になって
いるため、遠くからでは気づきにくくなって
いるのです。
また、落下防止のベルトのような物が
体ににつながれています。
さらに、足を置くための物も設置されていて、
安定して乗れるようになっているのですね。
blog20160830_8
(↑) デイジー、ミニー、クラリスが乗っている
バージ(船)から、水が噴き出した様子。
幻想的な感じですね。
3人はそれぞれ、命綱(安全ベルトと呼んだ
ほうがいいのかな・笑)のような物で
つながれているため、動ける範囲は
限られていますが・・・
blog20160830_4
(↑) バージが出入りする橋の付近では、
後ろを向いて挨拶してくれます。
クラリス。
blog20160830_5
(↑) ミニー。
blog20160830_6
(↑) デイジー。
上で書いたように、動ける範囲は限られて
いますけど・・・
blog20160830_7
(↑) 動ける範囲のギリギリまで行き、
腕を伸ばすと・・・なんと!
手をつなぐことができるのです。
w(゚o゚)w オオー!
命綱、目いっぱい張ってますね。
(⌒∇⌒)

それでは、次回の更新をお楽しみに。

  
↑ ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックして応援してください。

今回は、海外で発売されたディズニー
ベアの懐かしのグッズの紹介 Vol.2を
掲載します。
紹介するのは、ディズニーベアの時代に
発売された絵本です。
今から8年くらい前に、きよみたん&
かずちん師匠の写真集・本館(PC版の方)で
紹介したことがあるのですが、ブログにも
掲載しておこうと思い、今回記事にしました。
(*・ω・)ノ
blog20160828_1
(↑) 2005年にアメリカのパークで発売
された、ディズニーベアの絵本です。
大きさは縦20.5センチ×横16.8センチ。
blog20160828_2
(↑) 1番最初のページ。
本編のストーリーは、このページの次からで、
29ページあります。
もちろん、すべて英語の絵本です。
blog20160828_3
(↑) これは、最初にミッキーが持っていた
テディベアです。
現在のダッフィーはミニーが作ったと
いう設定ですが、ディズニーベアの頃は
誕生のストーリーが違いました。
もう知らない世代の方も多くなってきたので
簡単に説明します。

テディベアを抱いたミッキーがパークの
オープン前に、まだ来ていない友達を
待っており、ミッキーが一緒にパークを
まわる相手が欲しいと思っていると
ティンカーベルが現れ、テディベアに
ピキシーダストをふりかけ命が吹き込まれて
ディズニーベアが誕生した・・・という
ストーリーです。
blog20160828_4
(↑) テディベアが、ディズニーベアとして
誕生したシーンです。
このストーリーは、当時のディズニーベアの
ぬいぐるみ等に付いているミニブックに
載っていました。
blog20160828_10
(↑) 当時のミニブックの内容。
1~2ページ目。
絵本とは、テディベアの顔が全く違いますね。
blog20160828_11
(↑) 当時のミニブックの内容。
3~4ページ目。
ディズニーベアになった顔も、絵本とは
かなり違っていました。

ミニブックには、誕生までのストーリーしか
載っていませんが、絵本には、誕生の前後の
ことまで描かれています。
それでは、絵本の紹介を続けましょう。
blog20160828_5
(↑) ミッキーとディズニーベアは、
パーク内を一緒にまわります。
ホーンテッドマンション前で、恐がって
ミッキーの後ろに隠れるディズニーベア。
(´▽`)
blog20160828_6
(↑) Peter Pan's Flight(ピーターパン空の旅)の
アトラクションに入った様子。
blog20160828_7
(↑) リロ&スティッチも絵本に登場します。
この他にも、ミッキーとディズニーベアが
いろいろなアトラクションをまわる様子が
描かれています。
blog20160828_8
(↑) ミッキーと一緒に眠るディズニーベア。
blog20160828_9
(↑) 裏表紙。

この絵本を購入して読んでみた時、イラストの
ディズニーベアが、自分が持っていたイメージ
とはかなり違っていたので少し驚きましたね。
でも、これはこれでとても楽しい絵本なので、
とても気に入っています。
もう販売していないので、この本は大切に
保管しています。

それでは、次回の更新をお楽しみに。

  
↑ ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックして応援してください。

今回は、懐かしのグッズ TDRのグッズ・
ディズニーベア編 Vol.5を掲載します。
ダッフィーがディズニーベアと呼ばれて
いた頃の、2005年11月に発売された
ぬいぐるみバッジ・ストラップ・
ぬいぐるみを紹介します。
※これまで掲載したディズニーベアの
グッズについては、カテゴリーの
懐かしのグッズからご覧ください。
blog20160826_1
(↑) 2005年11月に発売された、
クリスマス・バージョンのサンタの
衣装のぬいぐるみバッジ。
blog20160826_2
(↑) 斜めからのアップ。
blog20160826_3
(↑) 2005年9月に発売されたセーターと
ベレー帽の衣装のぬいぐるみバッジは
頭(首に近いあたり)に安全ピンが
付いていましたが、クリスマスの
ぬいぐるみバッジはまた、背中の位置に
安全ピンが付いていました。
サンタの帽子やマフラーで上半身が
重いのに安全ピンが背中にあるため、
取り付ける場所によっては、バランスが
悪くて傾いてしまったものです。
blog20160826_4
(↑) サンタの衣装のストラップ。
blog20160826_5
(↑) 斜めからのアップ。
blog20160826_9
(↑) ぬいぐるみバッジ・ストラップに
付いていた、ディズニーベア誕生の
ストーリーが載っているミニブック。
blog20160826_6
(↑) サンタの衣装のぬいぐるみ。
中にビーズが入っているタイプです。
blog20160826_7
(↑) 斜めからのアップ。
blog20160826_8
(↑) ぬいぐるみの耳に付いている、ディズニー
ベア誕生のストーリーが載っているミニブック。
ぬいぐるみバッジなどに付いている
ミニブックとは違い、表紙のミッキーと
ディズニーベアのイラストがレンチキュラー
印刷になっており、角度を変えると絵柄が
変わって見えます。
blog20160826_10
(↑) 2005年の、クリスマスのイベント期間の
グリーティングで撮影した写真です。
当時はS.S.コロンビア号の前の、
クリスマスツリーの所でグリーティングが
行なわれていました。
当時のディズニーベアのフォトフレームは
2016年8月2日の記事に掲載してある
ので、そちらをご覧ください。

クリスマスが終わった2005年12月26日
(だったと思います)に、ディズニーベアは
ダッフィーと名前が変わり、ミニーが作った
ぬいぐるみという設定になりました。
そして、ダッフィーのグッズが新しく発売に
なったのでした。
よって、今回紹介したのが、ディズニーベア
時代の最後のぬいぐるみバッジ・ストラップ・
ぬいぐるみとなりました。
(´;ω;`)

それでは、次回の更新をお楽しみに。

  
↑ ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックして応援してください。

今回は、懐かしのグッズ TDRのグッズ・
ディズニーベア編 Vol.4を掲載します。
ダッフィーがディズニーベアと呼ばれて
いた頃の、2005年9月に発売された
ぬいぐるみバッジとストラップの紹介です。
※これまで掲載したディズニーベアの
グッズについては、カテゴリーの
懐かしのグッズからご覧ください。
blog20160825_1
(↑) 2005年9月(だったと思います)に発売された、
セーターとベレー帽の衣装の、
ぬいぐるみバッジ。
blog20160825_2
(↑) 斜めからのアップ。
blog20160825_3
(↑) これまでのぬいぐるみバッジの安全ピンは
背中についていましたが、このぬいぐるみ
バッジは頭(首に近いですが)に付いています。
まぁ、セーターを着ているので、背中には
付けられなかったからでしょうね。
ちなみに、このセーターとベレー帽の次に
発売されたクリスマスのぬいぐるみバッジは、
安全ピンの位置がまた背中に戻っています。
blog20160825_4
(↑) セーターとベレー帽の衣装のストラップ。
blog20160825_5
(↑) 斜めからのアップ。
blog20160825_7
(↑) ディズニーベア誕生のストーリーが
載っているミニブック。
blog20160825_6
(↑) 当時ディズニーベアのグッズは、白いタグが
付いていました。

セーターとベレー帽の衣装の後は、
2005年11月にクリスマス・シリーズの
グッズが発売されました。
クリスマスが終ると、ディズニーベアは
ダッフィーと名前を変え、ミニーが作って
誕生したという設定になりましたね。
これには当時、かなり驚きましたが。
(゚ロ゚;)エェッ!?
そんなわけで、クリスマス・シリーズが
ディズニーベア時代の最後のグッズです。
次回の記事では、そのクリスマスの
ぬいぐるみバッジ・ストラップ・ぬいぐるみを
紹介しますので、お楽しみに。

  
↑ ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックして応援してください。

blog20160822_1
ディズニーの夏のイベントも、あと1週間
ちょっとで終了ですね。
夏限定のショーも、もうすぐ見納めです。

ところで先日、彩涼華舞のショーの最中に、
プルートの尻尾が外れて落ちるという
珍事があり、その様子を目撃しました。
Σ( ̄ロ ̄|||)

ショーのビデオ撮影をしていたので、
写真は撮っていません。
そこで、撮影したビデオ映像のキャプチャ
画像を掲載して報告します。
blog20160822_2
(↑) プルートの尻尾が外れて落ちるという
珍事があったのは、2016年8月21日の、
彩涼華舞の3回目のショーの時でした。
上の画像は、シンデレラ城前にフロートが
到着した直後の様子。
プルートの黒い尻尾があるのが見えます。
blog20160822_3
(↑) 音楽が流れショーが始まってから、
およそ3分半ほど経った時でした。
プルートの尻尾が外れ落ちたのでした。
上の画像が、尻尾がお尻から外れた瞬間で、
プルートの左足の後ろに見える黒い物が
尻尾です。
blog20160822_4
(↑) 外れて落ちる尻尾のアップ。
次の瞬間、尻尾は見えなくなりました。
blog20160822_5
(↑) 少ししてからプルートが、左足で
何かを蹴って動かしているような様子が
見られました。
落ちた尻尾を足で移動させていたようです。
blog20160822_7
(↑) 尻尾が床にあることに気付いた
ミッキーは、ミストが吹き出しゲストから
見えづらくなるタイミングで、尻尾を
拾いさらに後ろに移動させました。
blog20160822_8
(↑) そしてプルートは、ミストによりゲストから
見えづらい間に、しゃがんで尻尾を拾い
あげると、端の方に尻尾を運んでいました。
blog20160822_6
(↑) 踊りの中で後ろ向きになるシーンが
ありますが、完全に尻尾が無いのが
わかります。
blog20160822_9
(↑) ミッキーは、プルートの尻尾が
無くなっていることを理解していた
ため、次に踊りの中で後ろを向く
シーンでは、後ろを向く瞬間に移動して
プルートの後ろ姿を隠し、また前を向く
時には自分の位置に戻っていました。
グッジョブ!ですね。
(*゚▽゚*)
blog20160822_10
(↑) シンデレラ城前からフロートが動き、
パレードルートを回り、再びシンデレラ城の
前に戻って来た時には、プルートの姿は
ありませんでした。
どこで移動したのか見えませんでしたが、
フロートの内部に入ったようです。
その後はプルートは登場することが
ないまま、ショーは終了しました。

以上が、プルートの尻尾が落ちてしまった
珍事の報告でした。
事情を知らない、または気づかなかった
ゲストの中には、なぜプルートがいない
のか不思議に思っていた方も多かった
ようですが、これがその理由ですよ。

次回の更新をお楽しみに。

  
↑ 人気ブログランキングに参加しています。
1日1回クリックして応援してください。

↑このページのトップヘ