blog20180807_1
今回は、ミニーの飼い猫についての
トリビアを紹介しますよ。
(*・ω・)ノ

ミニーは犬と猫を飼っています。
飼い犬については、2017年12月8日や
2018年1月1日の記事の中でも紹介
しましたね。
blog20180807_2
(↑) 飼い犬はフィフィです。
フィフィはプルートの妻で、プルートとの
間に5つ子がいます。
※ 5つ子については2017年12月8日の
記事をご覧ください。

それでは本題の、飼い猫について
お話します。
(=^・ω・^=)
映画のキャプチャ画像も掲載して、詳しく
解説しますよ。
blog20180807_3
(↑) フィガロの短編映画シリーズに、
1946年に公開された、「Bath Day
(邦題 子ねこのフィガロ)という作品が
あります。
blog20180807_4
(↑) この作品で、フィガロがミニーの
飼い猫という設定になっているのです。
blog20180807_5
(↑) 昼寝をしていたフィガロは、お風呂の
準備をした飼い主のミニーに呼ばれます。
お風呂に入りたくないフィガロは必死に
抵抗しますが、体を洗われ、その後、
リボンを付けられたり香水をかけられたり
します。

ここまで読んで、「フィガロって、ゼペット
じいさんの飼い猫なのでは?」と
思った方は多いのではないでしょうか。
(⌒?⌒)
blog20180807_6
(↑) そう、フィガロは元々、1940年公開の
映画「ピノキオ」で、ゼペットじいさんの
飼い猫として登場したのです。
blog20180807_7
ところが、上で紹介した1946年公開の
「Bath Day」では、ミニーの飼い猫という
設定にもなったのでした。
でも、ミニーの飼い猫のことは、知らない
方も多いのでないでしょうか。
やはりフィガロは、ピノキオに登場する
キャラクターとして知られていますね。
( ̄ー ̄)ニヤリッ

東京ディズニーシーには、フィガロズ・
クロージアーというショップがあり
ますよね。
しかし、このショップ名は、ロッシーニの
オペラ「セビリアの理髪師」の主人公
フィガロが由来であり、猫のフィガロから
付いた物ではないようですよ。
Σ(=゚ω゚=;)

次回の更新をお楽しみに。

  
↑ ブログランキングに参加しています。
上のバナーをクリックすると当サイトに
投票されます。
1日1回クリックして、応援お願いします。