October 04, 2006

【原則無料へ!】利用規約改定【アイテム課金化】

1新しい世界への旅立ち!!
SF Action MMORPG, RF online 運営チームです.


RF onlineが 9月中に部分有料化へと転換になります.
部分有料化をするようになる大きな目的は
新規顧客確保とともに既存顧客にもっと大きな楽しみを差し上げるためです.

最大限、既存の顧客の方々にもっと多くの楽しみを付与するための
RF Online の努力と考えてくださればありがたいです.

部分有料化に対する詳しい事項は 9月中にサイト告知を通じて案内致します。
それに関連して来る 9月 20日(水) RF online の利用約款の一部を変更することになりましたので,
ここに係わる情報をご案内致します.


〓 利用約款変更事項案内 〓

※ 利用約款変更 □現在の約款, ■変更内容。詳細は以下を参考してください.

1.  RF オンライン利用約款第 4条 1項追加
■ gv cash ( 以下キャッシュ ) 利用者がサービスを通じて提供される有料サービスを利用するために現金のように支払うことができる仮想の電子マネーでインターネット上の現金等価の決済手段を意味します.


2.  RF オンライン利用約款第 7条 1項追加
■別途 gv cash ( 以下キャッシュ ) 利用約款及び関連法規に相違になる場合


3.  RF オンライン利用約款第 10条 (利用料金)
□ 1) 利用料金の種類は次各号のようです.
・個人定額制 : 30日以上の一定期間を基準で会社があらかじめ策定した
料金を賦課する商品
・個人定量制 : 30日未満の一定期間を時間で区分してこれを基準で
会社があらかじめ策定した料金を賦課する商品
2) 利用料金と係わって具体的な商品の種類, 期間, 時間, 金額及び納付方法
などは会社がオンラインまたは印刷媒体を通じて別途で告知する内容によります.
3) 各料金種類別損害賠償または払い戻しは本の約款第5章損害賠償及び払い戻し規定に基づいて処理されます.
■ 利用約款第 10条 (利用料金) 削除.


4.  RF オンライン利用約款第 10条
□ 第 10条の 2 未成年者の有料決済
■ 第 10 条未成年者の有料決済


5. RF オンライン利用約款第 13条 (サービスの内容及び変更)
□ 1) 会社はサービスの向上または問題解決のために事前告知なしに内容の一部
または全部を変更, 追加, 各種バグパッチ, その他ゲーム運営上必要な内容の
オンライン及びオフラインアップデートを通じて随時に変更することができます.
2) 会社はRF online ゲームホームページを通じてサービスシステム及び
回線点検に関する事項, 約款の変更に関する事項, ゲームの運営に関する事項
ゲームイベントに関する事項, ゲーム情報アップデート及びゲームワールド追加に関する事項などを利用者に告知します。そのため利用者は随時にRF onlineゲームホームページを訪問して告知事項を確認しなければなりません.
告知事項の未確認によって発生する利用者の被害は会社で責任を負いません. ただ, 消費者に重大で明白な被害が予想される場合には会社は別途の検討をします.
■ 1) 会社は利用者にインターネット基盤 3D MMORPGであるRF onlineゲームサービスを提供します.
2) 新しいゲーム内容の追加, 各種バグパッチ, その他ゲーム運営上必要なゲームの内容はオンラインまたはオフラインアップデートを通じて常時変更になることができます.
3) 会社はRF online ゲームホームページを通じてサービスシステム及び
回線点検に関する事項, 約款の変更に関する事項, ゲームの運営に関する事項,
ゲームイベントに関する事項, ゲーム情報アップデート及びゲームワールド追加に関する事項などを利用者に告知します。そのため利用者は随時にRF online
ゲームホームページを訪問して告知事項を確認しなければなりません.
告知事項の未確認によって発生する利用者の被害は会社で責任を負いません. ただ, 消費者に重大で明白な被害が予想される場合には会社は別途の検討をします.


6.  RF オンライン利用約款第 16条 4項
□ 会社は関係法令の施行または政府機関の命令などを理由に適法した手続きによって利用者との利用契約を解約することができます.
この時有料決済した利用者との利用契約の場合会社は本約款によって決まった内容によって利用料金を払い戻し致します.
■ 会社は関係法令の施行または政府機関の命令などを理由に適法した手続きによって利用者との利用契約を解約することができます. この時有料決済した利用者との利用契約の場合会社は gv cash ( 以下キャッシュ ) 利用約款によって決まった内容によって利用料金を払い戻し致します.


7.  RF オンライン利用約款第 17条 (損害賠償の範囲)
□ 1) 会社は会社の免責事由によって 1日累積 4時間以上サービスが中止されるとか
障害が発生してサービスを利用することができなかった場合定額アカウントに一年サービス
中止/障害時間の 3倍にあたる時間を無料で延ばします.
2) サービス中止/障害時間は利用者が会社に通知した後から計算するが, サービスが
不可抗力(天災地変など)や会社の事前告知(回線工事, 定期点検など),
利用者の故意または過失によって中止されるとか障害が発生した場合には
第1項の規定を適用致しません.
3) 利用者が本約款の義務違反によって会社に損害を被らせた場合
または利用者がサービスを利用するにおいて会社に損害を被らせた場合に利用者は会社に対してその損害を賠償しなければなりません.
■ 1) 会社は無料で提供するサービスと係わって利用者に発生した会社の帰責事由
なき損害と個人情報保護政策で決める内容にあたらない事項に対しては
責任を負担致しません.
2) 会社が運営する有料サービスの重大な欠陷によって, 利用者が購買して
使っているコンテンツなどの削除や毀損が発生した場合会社は該当のアイテムに
等価補償などそれに相応する適切な手段を通じて補償を実施します.
3) 利用者がサービスを利用するにおいて不法行為をする、または本約款規定を
違反することで会社に損害が発生する場合や、第3者から会社が損害賠償請求
または各種異議申し出を受ける場合, 該当の利用者は会社に発生した損害を
賠償しなければなりません.


8.  RF オンライン利用約款第 18条 (有料サービス) 追加
■ 1) サービスの利用は基本的に無料です. ただ会社で決めた別途の有料アイテム
及び有料サービスに対しては別途となり, 有料サービス利用に関する事項は
会社が別に定めた gv cash ( 以下キャッシュ )利用約款及び規約によります.
2) 会社が提供する有料サービスを利用するためには電子マネー(以下キャッシュ)が
必要となり,有料サービス利用に対する対価で gv cash ( 以下キャッシュ )が
差引になります.
3) 有料サービス利用の決済に関する事項は gv cash 利用約款に
よります.
4) 'サービス'の利用と係わって, 利用者は会社が提供する有料サービスの利用を
希望する場合、利用者は自分のアカウントで会社が提供する有料サービスを
選択して申し込んだ後, 会社がこれに対して承認して利用者が該当の料金を
決済することで該当の項目に対する有料サービス利用契約が成立されます.
5) アイテムの使用有效期間は 1年です.


9.  RF オンライン利用約款第 19条 (払い戻し)
□ 1) 会社は定額利用者がサービスの停止を要請する場合には次の規定によって
払い戻します.
� 個人定額制の場合には決済された定額料金で
利用料金 [30日定額料金 / 30日 * 使用日数]と払い戻し手数料 [2,000ウォン]を
控除した後払い戻します.
ただ, 料金決済であるまたはサービス利用可能一路から 7日以内に解約を要求する
場合には払い戻し手数料なしに利用料金[30日定額料金 / 30日 * 使用日数]だけ
控除して払い戻します.
� 払い戻し時適用される各定額料金別 [30日定額料金/30日] 基準料金は
次の通りです.
RF24 料金制 : 550ウォン
RF12 料金制 : 330ウォン
� 個人定量制の場合にはサービス利用形態及び料金制の特性上払い戻しされません. 個人定量制商品の有效期間は料金決済であるまたはサービス利用可能時から 1年であり, 有效期間が経った後には自動で消滅します.
� 一方, 会社が帰責事由なしにまたは不可抗力を除いた会社の帰責事由によって 3日以上サービスが中止されるとか障害が発生した場合または 1ヶ月の間サービス中止/障害発生累積時間が 72時間を超過した場合, 利用者はアカウントに対して契約を解約することができるし, この場合払い戻し手数料は付加されません
� 前項の場合はサービス利用形態の特性上定額アカウントに限ります.
� 会社は会社の精算日に合わせて払い戻しを施行し, この時の送金手数料は
会社が負担します.
2) 個人定量制の場合会社が追加で料金商品を新設する場合別に約款に
規定します.
3) 会社は本の約款及び会社の運営政策相議義務を違反してアカウント停止などの処分を
受けた定額利用者の払い戻し要請を断ることができます.
■ 1) 利用者がサービス利用の脱退を会社に申し込んで同時に保有している
gv cash を払い戻し受けようとする場合 gv cash 利用約款
で決めた手続きによって払い戻しを受けることができます.
2) 有料アイテムと係わって, 利用者が購買したアイテムの中で使われたアイテムは払い戻しが
不可能です.
3) 会社は会員の不正な利用を防止するために他人から贈り物もらった
アイテムや無料で提供受けたアイテムはまた払い戻し出来ません.
4) 購買してから 1年が経過したアイテムの場合払い戻さないです.
5) 会社がサービス利用脱退を希望してこれによって払い戻しを要求する利用者が他人の
個人情報などを通じて決済を盗用した者なのを分かるようになった場合, 会社は該当の利用者の
払い戻し要請を拒否することができます.
同時にこれと関した決済者の個人情報閲覧の要請は関係法令によって
捜査資料要請手続きによってだけ確認することができます.
6) 会社は本の約款及び会社の運営政策相議義務を違反して勘定止まりなどの処分を
受けた利用者の場合払い戻し要請を断ることができます.


10.  RF オンライン利用約款第 20条 (兔責)
□ 第 19条 (兔責)
■ 第 20条 (兔責)


11.  RF オンライン利用約款第 21条 (管轄法院)
□ 第 20条 (管轄法院)
■ 第 21条 (管轄法院)


利用約款の変更及び適用は9月20日(水)からです
適用された以後, RF online 利用のためには変更された事項に同意頂く手続きが先行されなければなりません.

RF online を初めてプレイされるお客様は上の約款外にgvFun の利用約款にも同意して頂く必要がございます

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大虎   September 14, 2006 13:17
1 まあ、日本に来ないことを祈る・・・(,,゜Д゜)†

が、本国がそのシステムだと適用されてしまうだろうなぁ。
自分はアイテム課金は好きじゃないので、コレが来たら99%停止。
1%残したのは許容できる可能性が有るかなと・・・・
RF好きですから。
2. Posted by ひかり   September 14, 2006 23:01
いつも楽しく拝見させてもらっています。エピソード2への期待からアイテム課金でどん底にorz
ゲームシステム自体の変更ですから、SEGAが反対しても逃れられないでしょうね。oβからやってきたのに残念。SEGAには反対メールを送るつもりです。SEGAが公式にアナウンスしてしまってからでは引き返せないですから。

と、暗い話は置いておいて、3鯖ベラにて新ギルドを設立しました。よかったら相互リンクお願いします(´ー`)


http://everlast.s60.xrea.com/shylph/shylph-home.html
3. Posted by 蛍星   September 15, 2006 01:14
>新規顧客確保とともに既存顧客にもっと大きな楽しみを差し上げるためです

え!?
4. Posted by kiyo   September 15, 2006 11:12
>大虎さん
SEGAが結んだ契約内容が分かりませんが、課金方式まで一方的に変える、というのはどうなのでしょうね。
ただSEGAが拒んだ場合、新パッチを作成してもらえなくなり、運営が破綻してしまうことになるかもしれません
(いまさらSEGA自身でRFonlineの開発に乗り出すとは思えません)

>ひかりさん
そうですねー賛成・反対で言えば大反対です!
でもCCRはSEGAサミーのように多方面から収益を挙げている企業ではありません。
輸出による契約相手がいなくなってしまった今となっては、新たな収益を図る必要があったのかもしれません

>蛍星さん
既存プレイヤーのメリットは基本超マゾ仕様になる前にキャラクターが究極近く成長しているということと、プレイヤー数が圧倒的に増えるということの2点ですね
コミュニティ環境については間違いなくマイナスだと思います

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔