2017年12月15日

9432:清澤眼科医院通信 第2303号「新オルソKガイドライン発効」ほか


(管理ページ)
ーーーー
無題今年の漢字は「北」だそうです。

2017年『今年の漢字』第1位は「北」 主催・写真提供:(公財)日本漢字能力検定協会

その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が12日発表され、「北」に決まった。この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの越前和紙に広島県産の熊野筆で力強く揮毫(きごう)した。
ーーーー

ortho6「オルソケラトロジーガイドライン(第2版)」発効
新しい「オルソケラトロジーガイドライン(第2版)」
日本コンタクトレンズ学会オルソケラトロジーガイドライン委員会:が発効し、日本眼科学会誌にそれが公表され、またhttp://www.nichigan.or.jp/member/guideline/orthokeratology_2edition.pdfにもその全文が公開されました。


このガイドライン改定は、私の様なオルソK処方医師の多くが心待ちにしていたものです。本日、印刷されたこのガイドラインをレンズ製造会社の担当者が医院までお届けくださいました。


内容としては、「オルソKの承認と同時に作成されたガイドラインは作成後7年を経過し一定数の市販後調査データの集積が得られたため先のガイドラインの見直しを行うこととなった主な改正点は適応年齢を原則20歳以上とするものとし未成年者への処方に対しては慎重処方とした角膜感染症対策として界面活性剤によるこすり洗いとポピドンヨード剤による消毒をそして水道水によるレンズケースの洗浄すすぎその後の乾燥と定期的な交換を推奨した。」とされています。


実際に、適応の部分は、オルソKによる屈折矯正の長期予後についてはなお不確定な要素があること正常な角膜に変化を与えることなどから慎重に適応例を選択しなければならない年齢:患者本人の十分な判断と同意を求めることが可能で親権者の関与を必要としないという趣旨から20歳以上を原則とする20歳未満は慎重処方とする」となっています。


これで、20歳未満の対象者にも「処方医の裁量権」という言葉に頼らずに処方ができるようになった訳ですが、本文を見るところでは、其処があまりはっきりとした変更には見えません。


オルソケラトロジーは、従来から実際には小児における近視の進行の低減が重要な目的でもありましたし、近視の進行が速い小児がその最も優れた対象でもあった訳ですから、この改定をきっかけに、このオルソケラトロジーという治療法が日本の眼科医療の中でも今後は一層盛んに行われるようになることを期待する次第です。


 

私も比較的早くからこの治療法に着目し、最もポピュラーなレンズを選んで、医院の担当職員にもこの治療法に習熟させています。オルソKの解説:http://www.universalview.jp/clinicはこちらに有りますが、その中の取り扱い医療機関(都内で40件程度)にもすでに登録して戴いています。


今回、振り返ってみましたら、4年前の記事に 「2014年清澤眼科医院 10大ニュース その5 近視治療のオルソケラトロジー法を本格的に導入しました。」がありました。

 「図9オルソレンズを角膜に乗せフルオレセインで染めると周辺部と中央部だけが触れて、その間にリング状の涙液が溜まった部分が見えます。フィット良好ならこのようにドーナツ状です。 多くの患者さんがこの方法を始めました。 立ち上げから指導いただいたユニバーサルビュー社のSさん、Wさんに感謝いたします。ユニバーサルビュー社は、もともとソニーの関連会社であるM3社の資本も取り入れている新進気鋭注目のベンチャー企業です。その販売するナイトレンズの製造元は信頼性の高い東レです。

筑波大学や慶応大学をはじめいくつもの大学が取り組んでおりますから、私はこの方法が今後日本の眼科医療の中で急速に広まると予測しています。そんな訳で、親しい先生には機会があれば、その導入をお勧めしています。しかし、私は角膜やコンタクトレンズの専門家ではなく町のコンタクトレンズも扱うという眼科医なので、その先駆けとしてではなく、みんなが着目したときにはすでに始めていたという線でよかろうかとゆったり構えています。

 図10角膜の形状を見る角膜トポグラファーも昨年末に購入(2013.10)しました。これがあれば、円錐角膜などで見られる角膜の不正乱視もよくわかります。」

ーーーー
9426: 白内障手術は高齢女性の死亡率を減らす

JAMA Ophthalmology誌から
白内障手術は高齢女性の死亡率を減らす
総死亡だけでなく、主な死因別リスクも減少する
白内障と診断された65歳以上の女性を追跡し、白内障手術を受けた患者と受けなかった患者の総死亡死因別死亡のリスクを比較した、米California大学Los Angeles校のVictoria L. Tseng氏らは、どちらも手術を受けた患者で有意に低かったと報告した。結果はJAMA Ophthalmology誌電子版に2017年10月26日に掲載された。

清澤のコメント:元論文のアブストラクトも自動翻訳して手を加えて見ましたが、このネット記事はとてもよくまとまっています。実は不調法にも私はこの統計(共変量調整Coxモデル)の指し示すところがよくわかりません。
−−−−
結果から著者らは、WHIに参加した高齢女性で白内障手術を受けた人は、受けない人よりも総死亡と死因別死亡リスクが減少していた。ただし、白内障手術で個々の原因による死亡率が減少する理由は不明で、さらに研究を進める必要があると結論している。元記事➡http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54788437.html

ーーーー

2017120918293020171209183059



ーーーー


清澤眼科医院通信からのお願い
◎このブログは、お悩みの患者さんの個別の相談に乗る(無診察診療を行う)ものではありませんので、このブログへのメッセージメールは一切受け付けておりません。但し、各記事へのコメントは賛否および質問他受け付けます。各記事の下端のコメント欄から意見をご投稿ください。
その内容によって紙面上に返答いたしております。

このページから随時連結している下記の「患者の気持ちの質問箱」をご利用ください。これは「質問とお答えの公開」を前提とした匿名でのご質問にお答えするもので、一つの先行した質問に清澤がお答えするまで、次の質問者の質問は入れられないような仕組みにしてあります。
ーーーーーーーーー


a6f5d8d5眼科医療に関するご質問は「患者の気持ちの質問箱」(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。質問が入ると、私が答えるまで次の質問は入れられません。このブログの各記事に戴いたコメントにも随時応答しています。個別の電話相談は眼前の診療の妨げともなりますので、お受けできません。あしからずご了解ください。
ーーーー

ーーーー

予約ネット大「清澤眼科ネット予約ページにリンク」 ◎このブログを見て、遠方および近所から神経眼科関連のなかなかむつかしい新患患者さんが訪ねてきてくださっています。遠方の患者さんの場合、あらかじめ「MRI撮影」の枠や「視野測定」の枠も予約段階で押さえ、一度の来院で2週間後程度で結論が見えるようにしますので、予約電話の時に職員にその旨もお伝えください。
ーーーー

537411_184460035003937_148770035239604_278609_687779983_n キヨサワモトヒロもfacebook登録できています。⇒リンク https://www.facebook.com/motohiro.kiyosawa?fref=ts 今後は、清澤眼科医院のアカウントではなくこちらをメインとし、ブログの記事をシェアいたします。

ーーー ーーーー 


77578c8b 月に一度の水曜日に蕪城先生と田中先生とで眼瞼痙攣患者さんとの面談を一日6名ほど行ってくださっています。この研究に向けての今回の追加シリーズは当医院分と井上眼科病院を合わせてあと少しだそうです。しばらくは採血を続けます。(17年10月6日追記) 国の科学研究費の補助も受けて推進中の「眼瞼痙攣の原因ゲノム解析の研究」。 ボトックス注射をするなどの目的で患者さんが来院されたときに、清澤がその目的などを説明し、同意を戴けた方々から当医院荒川看護師の手で採血し、検査分析会社に検体を提出します。

ーーーーー
cx-db7268e6(シャルルボネ症候群では失明した患者さんがこのように自分を取り囲む群像が見えるといいます。)
7230 眼がみえないのに幻影が見える患者さんのPET検査のご案内
(眼科医への患者さん紹介のお願い。今後も継続してゆきます。) 進行した緑内障やある種の視神経炎などで、両眼失明またはそれに近い状態になると、ほとんど何も物が見えないのに、そこには存在しないはずの模様や人物などが見えると訴える人がいます。この現象は「シャルル・ボネ症候群」と呼ばれ、失明すると比較的多くの人が経験するようです。

 ポジトロン断層法(PET)で、この現象を解明しようと思います。両眼失明またはそれに近い状態で、模様や人物などの幻視が見える方で、PET検査を受けたい方を募集しています。また失明はしているが幻視は見えないという方も対照群として募集します。
PET検査は、板橋区の東京都健康長寿医療センター研究所で行い、頭部MRIも同時に撮影します。(文責;鈴木幸久)

 眼科医清澤のコメント:興味のある方は清澤眼科をご受診ください。研究目的の無償でのPET検査を手配いたします。

追加:ビジュアル・スノー(視界が砂嵐のようになる病気)も研究対象としてPET検査に紹介しています。
ーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。電話予約では、カルテを一々開いて電子データ(カルテビューアー)で何を検査するのかを確認しながら予約を入れます。

 遠方からの神経眼科のための新患患者さんがぱらぱら見えます。このところ、有名病院の神経眼科外来では予約を取るのに2か月先であるとか、診療所からの電話が無いと予約が入れてもらえないなどと言う話も聞きます。

当医院はあくまで町の無床診療所ですから、その目指すものは神経眼科に関する本物の疾患のトリアージュ(弁別)。画像診断と採血検査で私だけの手におえないものがないかどうかを判断します。難しい疾患が見つかれば、東京医科歯科大学脳外科や神経内科、膠原病内科など最適な治療専門施設に治療の依頼を出します。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」 夜間このブログをご覧いただいた方に便利なのがこのネット予約。自動予約ではなく、お申し越しの内容に合わせて翌朝にリコンファームの電話を差し上げる無駄の少ない仕組みです。

ーーーーーーーー
08211105_521420728d209 ティーツリーの洗顔用フォーム
4272 新しい目の周りを洗浄する泡の石鹸です。 瓶には透明な液体石鹸が入っていて上の蓋を押すと、一つまみ分の眼に沁みない白い泡石鹸が出てきます。50mlの一瓶が90日分だそうです。
imagesCAJTGBYH

当医院では、従来からマイボーム腺機能不全に対して、目の周りをおしぼりで5分程度蒸してから、次に石鹸で目の周りを洗い、それから温水で石鹸分を流し去って、そのあとを特殊な脱脂綿(オキュソフト)でふき去ることをお勧めして居ます。

 31 ーーーーーーーーーーーーー
この先は毎日は書き換えてはおりません。最終改定 清澤眼科院通信 (2017.11.14) です  ヘッドライン
1、近況: 1)公開医院情報。 2)自前ドメインのホームページ。(リンク)。このブログの各部に繋いでいます。携帯用サイトも始動しました。 清澤眼科医院もfacebook登録できました⇒リンク

2.予約電話03-5677-3930。ネット予約に⇒リンク

3.清澤の水曜午後は東京医科歯科大学眼科神経眼科外来です。先に清澤が話を伺い、以後の処方等は江本博文医師が行います。⇒リンク

4.最近のページビューは一日2000件程度(ユニークユーザー数で1500人):現在の累計540万件(2017.11.14)。ブログに眼疾患の記事を書き足して、この数字を見るのが現在の私の主な趣味です。

5.当医への眼科ネット相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズご案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介 眼瞼痙攣関連記事(⇒リンク)

8. 病名説明記事検索方法 病名 x 清澤眼科で答えが出ます。
9.当ブログの新テーマ 32

ここからが本文です
--------------------
8336:ドクターズファイル:清澤源弘:(取材日2017年3月1日)更新されました。
99999______ ◎ドクターズファイル:清澤源弘 東西線南砂町駅からすぐの「清澤眼科医院」。
診療内容は、一般眼科・小児眼科・神経眼科と多岐にわたる。さらにはコンタクトレンズも取り扱う「目のキーステーション」だ。院長の清澤源弘先生の専門は神経眼科。その技術の高さから「神経眼科のエキスパート」、とりわけ「眼瞼けいれん治療のパイオニア」と呼ばれるが、清澤先生自身は、「むしろ今は『ブログの先生』と呼ばれることが多いのです」と屈託なく笑う。開院以来、日々の診療を綴るブログ「清澤眼科医院通信」が人気で、訪問者数は1日平均2000アクセスだそう。ブログを見て来院する患者や、その内容を診療に生かす医師も多いという。そんな清澤先生に、医院や神経外科のことからプライベートまでたっぷり聞いた。 (取材日2017年3月1日)
以下にこの記事の概略を採録 : (出典⇒:https://doctorsfile.jp/h/34545/)
ーーーーー
ex◎同様にホスピタジャパンの当医院のページ(株式会社イーエックス・パートナーズが管理)もリニューアルされました。よかったらご覧ください。(リンク: https://www.hospita.jp/detail/1031551/)
ホームページを提供する各ポータルサイトではページのリニューアルが流行っているのかもしれません。更新されていないと、掲載される内容も古くなりますので、これは喜ばしいことかとと思います。
ーーーー
清澤眼科医院通信 136-0057江東区新砂3−3−53 清澤眼科医院
電話5677-3930 ファックス5677-3929 すべては患者さんのためにの額

1 目標;すべては患者さんのために
1-1)一人でも多くの患者さんに利用していただけるよう、自分と職員を励まして居ます。(諸メディアの取材にも協力します、取材のご希望があればお電話ください。)

1-2)近況: 丁寧な診療のための常時医師2人ないし5人の診療体制にしています。

2014年11月診療所面積も最初の3倍強(100坪)に拡張しました。緑内障専門外来(週3コマ)、網膜硝子体外来、神経内科外来、神経眼科外来、眼科形成外来、臨床心理学外来、リハビリコスメセッションも設置しました。

2013年からオルソケラトロジーやアレルギー舌下療法も手掛けています。

------------------
1-3) キープティア1 ○液状のコラーゲンプラグ(キープティア:違和感も脱落もありません。)と軟質シリコンプラグ(スーパーイーグルプラグ:長期有効)がドライアイ治療に好評。(⇒⇒当ブログ記事リンク



331−4) ◎コンタクトレンズ処方は、使い捨てレンズを中心に行っています。


自前HP
2-1)医院独自のホームページ運用中
。 (リンク) 当医院のホームページからブログの各部を連結。






患者の気持ちロゴ眼科医療に関するご質問は患者の気持ちの質問箱(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。このブログの記事に戴いたコメントにも応答しています。 (無料電話相談をお受けする意思はありませんので、来院無き患者さんやご家族からの電話での相談にはお答えできません。)

2-2)患者の気持ちページ”の眼科質問箱質問箱には様々な質問と答が掲載されます。


ーーーーーーーーーーーーーー
telephone box bus 2−4)当医院は予約をお勧めしています。予約取得には9:00〜19:00の電話が簡単です。予約いただくと、診療開始後に追加検査の順番を待つ無駄を減らせます。当日特にお急ぎの時は、受付窓口にお伝え下さい。可能な範囲で便宜を図ります。 受付終了時間をぎりぎりに設定しており、その時刻が診察終了予定時間です。初診のコンタクト合わせなどは受付終了の30分前にはお入りください。その時間に診察するという誤解を与えるため、2017年10月に予約という言葉が、特殊再来と特殊検査以外に対しては予約という言葉を全廃止しました。当日は受け付け順です。ご案内時間程度にお考え下さい。)

pc
当医院では夜間でも予約が出来るネット用予約システム⇒リンクも運用中です。 ネット診療予約には、日中の時間帯に確認電話を差し上げます。 初診は問診表に記入して持参されますと、所要時間を短縮できます。(⇒印刷用問診票にリンク:



34予約変更カルテも院長が内容を確認しています。






今後も迅速で笑顔の有る対応を心がけます。  当医院へのアクセス地図(⇒リンク)JR東京駅(地下鉄東西線大手町駅に通路で乗換)から12分の東西線南砂町駅の東3番出口直前の2階です。


快速は止まりません。 






3、清澤の水曜午後は2017年も東京医科歯科大学臨床教授を拝命し神経眼科外来で1度だけ診療します。担当医としての継続的診療希望にはむしろ南砂町の医院をお訪ねください。

情報公開 1: 開業して約13年ですが、有り難いことに、まだ英文及び邦文の論文が出せています。
2013年−2017年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績⇒リンク;http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54649009.html

2012年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(⇒リンク)

2011年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク

◎2010年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク)

2009年清澤眼科(および医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク)

情報公開 
2:特殊外来担当者一覧:
神経眼科外来は、眼科専門医石川弘講師(日大)、鈴木幸久医師(総合三島病院、東京医科歯科大学講師)

内科専門外来:浅見医師(医科歯科大学神経内科)担当。

このほか臨床心理士に依るカウンセリングは小野木臨床心理士。

緑内障外来は木村至医師(埼玉医大)、西尾医師、伊藤医師。

網膜硝子体外来は寺松医師(竹内眼科)が担当。

眼形成を土井医師(聖隷浜松病院:月一度)。

清澤の担当する一般外来は優秀な赤井医師、柏倉医師、小林医師、桜井医師によって常にサポートされており、手前味噌で恐縮ですが、迅速丁寧な対応ができます。

(2016改定記事です⇒) 情報公開 

:801 当院の眼瞼痙攣患者調査(眼瞼痙攣の患者像 そして眼瞼痙攣治療を成功させる10のコツ) 36





以下が2017年11月以後の医師配置表です。

午前(9:00−12:30) 午後(3:30−7:00)
月 清澤+小林          清澤+柏倉   
+西尾(緑内障)


火 清澤+赤井          清澤+女子医大(交代)                     
+緑内障(伊藤)
リハビリメイク(月1かずき)  +臨床心理(小野木)                       
水 赤井            (午後休診)

木 清澤+赤井         清澤+柏倉+(斜弱・小町ORT)     
+石川弘(神経眼科*)

金 清澤+桜井          清澤+柏倉   
+西尾(緑内障)

+浅見(神経内科)

土 清澤+医科歯科大医師   
+ 寺松(網膜硝子体)   
+ 鈴木(神眼、月一度)   
+ 土井(眼形成、月一度)

*の意味は:
神眼:神経眼科特殊外来(完全予約制)
神内:神経内科特殊外来(完全予約制)
臨床心理カウンセリング(完全予約制)
緑内障:緑内障特殊外来(完全予約制:週3駒+月1度)
網膜:網膜硝子体(完全予約制)
眼形成:眼科形成外来(完全予約制)

ーーーーーーーーー
pet2 進行中の各種研究プロジェクト
各プロジェクトは関係研究機関での倫理委員会許諾承認済みです。
 
◎眼瞼痙攣の原因遺伝子検索プロジェクト進行中(東京大学蕪城准教授と共同研究)

◎視神経炎回復後の網膜厚変化の研究プロジェクト(東京医科歯科大学神経内科三条講師、浅見医師と共同研究)

ーーーーーーーーー

 38
当院は関連病院との連携を特に重視しています。 神経疾患関連疾患は東京医科歯科大学神経内科および脳外科にお願いしています。眼瞼下垂は東京医科歯科大学美容形成外科へ。
ぶどう膜炎、強度近視などは東京医科歯科大学(JR御茶ノ水駅前)へ、
網膜剥離などは蔵前の竹内眼科へ、
白内障手術は竹内眼科、西葛西井上眼科病院、順天堂東京江東高齢者医療センター他にお願いします。
難しいコンタクトレンズ処方は他院に繋ぎます。
涙道関係は西葛西井上眼科(涙道外来)または桜木町眼科(林医師)などにお願いします。

当医師からの紹介患者さんを特別大事にしてくださる的確な紹介先を複数持つ事が開業医の最大の財産です。
病院での治療が一段落したら、当院に戻っていただきましょう。お世話になっているこれらの病院の先生方に心から感謝しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

清澤眼科

ホスピタジャパンという病院紹介サイトに当医院紹介の新ページができました。構成を工夫して”患者の気持ち”のサイトにもリンクしてもらい、当院への予約や質問が出来る様にして有ります。
(⇒リンク)お試しください。症状で検索する新HPも作成しました。

ーーーーーーー

 394、当ブログは、一日閲覧数で2000件、一日訪問者数でも1500人に成長しました。

恐縮ですが未受診者からの電話医療相談や電話での医師推薦依頼には対応できません。

お困りの方も保険診療として一度は受診し、当医のセカンドオピニオンや適切な専門医への紹介を有料でお求めください。

当医の専門は神経眼科ですが、長年の経験と人脈を生かして、眼科に関する相談を各疾患万遍無くお受けします。

5、眼科の医学的相談には、”患者の気持ち”サイト内の質問箱をご利用ください。

患者の気持ちロゴ 質問欄⇒(ここでリンク)。質問を歓迎します。恐縮ですが、質問箱の答は公開とし、多くの方々に共有していただきます。



6、コンタクトレンズ:

オアシスとアドバンス ○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。丁寧で迅速な診療での処方を心がけます。販売は新砂コンタクトレンズです。 ワンデー・バイオメディックスEV2200円、ワンデー・アキビューモイスト2700円、エアオプティクスEX2500円、などが廉価でお勧め品です。
各種デファインも扱っています⇒価格表

新砂コンタクトレンズ

o2 一人でも多くの患者さんと出会いたい。開業した13年前からの信念です

新砂コンタクトレンズ価格表にリンク 販売数量が伸びているのがワンデー・バイオメディックスEV2200円。シンプルで廉価、眼科医院ルートでしか販売されてないのが人気の理由です。

◎サンテ・ルタックス20という黄斑疾患を対象とし、ルテインを高配合した参天製薬のサプリメント(3150円)も取扱中。こちにも試供品があります。

ボト マイボーム腺機能が低下してドライアイを示す方々にオキュソフトの使用をお勧めしています。洗浄消毒成分を含んだ清浄綿で、入浴時に温タオルで蒸し、石鹸で眼周囲を洗った後で眼周囲を拭くものです。お試しください。

7、
眼瞼痙攣の治療について

 40当医院のボトックス投与予定:再初診とも電話でボトックス治療希望とおっしゃってご予約ください。水曜(院長不在日)にはボトックスは施療できません。


8、
◎病名説明記事の検索○検索方法  1)直接Googleに<清澤眼科、xxx>と病名のxxxを入れ換えてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。

9、関連記事: ーーー

 図6 藤野貞先生の教えを受けたメンバーで、「神経眼科臨床の為に」の改訂第3版を作りました。 (アマゾンへリンク)この記事の全文にリンク








ーーーーー

 眼瞼痙攣表紙 改版した『目がしょぼしょぼしたら、眼瞼けいれん?片側顔面けいれん』です。


続きを読む

kiyosawaganka at 07:00|PermalinkComments(0)

2017年12月14日

9435:眼科診療の全国的なデータベース構築へ

眼科診療の全国的なデータベース構築へ、AI活用も
AMED
の研究事業で日本眼科学会など

20171207 18:10

眼科診療に関する全国規模のデータベースの構築に向けたプロジェクトを、日本眼科学会などが開始した。収集した情報を眼科医療の現場などで共有し、臨床研究・開発の推進やコスト削減などにつなげるのが目的。将来的には、集めたビッグデータと人工知能(AI)の技術を組み合わせて高度な自動診断補助や予後予測アルゴリズムを研究し、患者がどこにいても最先端の治療を受けられる体制の整備を目指す。【松村秀士】

このプロジェクトは、日本眼科学会や国立情報学研究所、日本眼科医療機器協会などが共同で実施。国内の医療機関から眼科診療に関するデータを収集できる体制を整備した上で、「眼科領域のナショナルデータベース」をつくる。集まった情報を活用することで、眼科診療所では診断の標準化や専門外分野の補強が見込めるほか、健康診断センターや製薬会社ではコスト削減が図れるようになるという。

2017年度は19医療機関で眼科診療データを収集する体制を整え、3年以内に収集の対象を54医療機関に拡大。将来は全国の医療機関へ対象を広げる予定だ。

同プロジェクトは、日本医療研究開発機構(AMED)の17年度「臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業」に採択された。

清澤のコメント:果たしてどなたのプロジェクトか?と少しググってみました、「次世代眼科医療を目指す、ICT/人工知能を活用した画像等データベースの基盤構築」は筑波大学医学医療系眼科、大鹿 哲郎 教授が筆頭申請者です。

 

続きを読む

kiyosawaganka at 23:34|PermalinkComments(0)

9433:今年の漢字は「北」に決まる

無題12/12(火) 14:06配信     オリコン

その年の世相を漢字一文字で表す師走恒例の「今年の漢字」が12日発表され、「北」に決まった。この日午後2時過ぎ、京都・清水寺で森清範貫主が縦150センチ、横130センチの越前和紙に広島県産の熊野筆で力強く揮毫(きごう)した。

はがきやウェブサイトを通じた公募で決まる「今年の漢字」は、12月12日の「漢字の日」に一年を振り返り、漢字一字に込められた奥深い意義を再認識する機会を持つことを目的に始まり今年で23回目。

今年は15万3594票の応募があり「北」が7104票。度重なる弾道ミサイルの発射や核実験の強行など「北」朝鮮の動向に脅威と不安を感じた年であり、トランプ米大統領来日時の「北」朝鮮による拉致被害者家族との面談で、日本国民が「北」朝鮮拉致問題を再認識した年。

  そのほか、2位「政」、3位「不」、4位「核」、5位「新」、6位「選」、7位「乱」、8位「変」、9位「倫」、10位「暴」となった。

続きを読む

kiyosawaganka at 23:08|PermalinkComments(0)

9434:「オルソケラトロジーガイドライン(第2版)」発効

ortho6新しい「オルソケラトロジーガイドライン(2)日本コンタクトレンズ学会オルソケラトロジーガイドライン委員会:が発効し、日本眼科学会誌にそれが公表され、またhttp://www.nichigan.or.jp/member/guideline/orthokeratology_2edition.pdfにもその全文が公開されました。


このガイドライン改定は、私の様なオルソK処方医師の多くが心待ちにしていたものです。本日、印刷されたこのガイドラインをレンズ製造会社の担当者が医院までお届けくださいました。


内容としては、「オルソKの承認と同時に作成されたガイドラインは作成後7年を経過し一定数の市販後調査データの集積が得られたため先のガイドラインの見直しを行うこととなった主な改正点は適応年齢を原則20歳以上とするものとし未成年者への処方に対しては慎重処方とした角膜感染症対策として界面活性剤によるこすり洗いとポピドンヨード剤による消毒をそして水道水によるレンズケースの洗浄すすぎその後の乾燥と定期的な交換を推奨した。」とされています。


実際に、適応の部分は、オルソKによる屈折矯正の長期予後についてはなお不確定な要素があること正常な角膜に変化を与えることなどから慎重に適応例を選択しなければならない年齢:患者本人の十分な判断と同意を求めることが可能で親権者の関与を必要としないという趣旨から20歳以上を原則とする20歳未満は慎重処方とする」となっています。


これで、20歳未満の対象者にも「処方医の裁量権」という言葉に頼らずに処方ができるようになった訳ですが、本文を見るところでは、其処があまりはっきりとした変更には見えません。


オルソケラトロジーは、従来から実際には小児における近視の進行の低減が重要な目的でもありましたし、近視の進行が速い小児がその最も優れた対象でもあった訳ですから、この改定をきっかけに、このオルソケラトロジーという治療法が日本の眼科医療の中でも今後は一層盛んに行われるようになることを期待する次第です。


私も比較的早くからこの治療法に着目し、最もポピュラーなレンズを選んで、医院の担当職員にもこの治療法に習熟させています。オルソKの解説:http://www.universalview.jp/clinicはこちらに有りますが、その中の取り扱い医療機関(都内で40件程度)にもすでに登録して戴いています。


今回、振り返ってみましたら、4年前の記事に 「2014年清澤眼科医院 10大ニュース その5 近視治療のオルソケラトロジー法を本格的に導入しました。」がありました。

 「図9オルソレンズを角膜に乗せフルオレセインで染めると周辺部と中央部だけが触れて、その間にリング状の涙液が溜まった部分が見えます。フィット良好ならこのようにドーナツ状です。 多くの患者さんがこの方法を始めました。 立ち上げから指導いただいたユニバーサルビュー社のSさん、Wさんに感謝いたします。ユニバーサルビュー社は、もともとソニーの関連会社であるM3社の資本も取り入れている新進気鋭注目のベンチャー企業です。その販売するナイトレンズの製造元は信頼性の高い東レです。

筑波大学や慶応大学をはじめいくつもの大学が取り組んでおりますから、私はこの方法が今後日本の眼科医療の中で急速に広まると予測しています。そんな訳で、親しい先生には機会があれば、その導入をお勧めしています。しかし、私は角膜やコンタクトレンズの専門家ではなく町のコンタクトレンズも扱うという眼科医なので、その先駆けとしてではなく、みんなが着目したときにはすでに始めていたという線でよかろうかとゆったり構えています。

 図10角膜の形状を見る角膜トポグラファーも昨年末に購入(2013.10)しました。これがあれば、円錐角膜などで見られる角膜の不正乱視もよくわかります。」

続きを読む

kiyosawaganka at 22:30|PermalinkComments(0)

9430:清澤眼科医院通信 第2302号「一位は南阿佐ヶ谷」ほか


(管理ページ)
ーーーー
午前中の来訪者など
〇外国人の眼科検診:2人の予定だったが1人は来ず。予約のすっぽかしこれを、no showという。
〇生命保険の担当者と面会:今の日本の株価はバブル。いつ崩れてもおかしくないと。
〇コンタクトレンズ会社の方の来訪。3種類の近方加入から選べる一日用の遠近両用コンタクトレンズはいかが?かと。来年になったら、昼に説明会を予定することにします。

午後:医科歯科大学の神経眼科外来。
1)AZOORか?視神経症か?という問題。OCTでは網膜に変化があり、視神経乳頭は腫脹していたら?
2)今日のキーワードはと問うたら、「再発する視神経炎」 抗アクアポリン4抗体が陽性なら、パルスのみならず血液透析併用も考えると。
3)神経眼科外来のカンファレンスメンバーも忘年会疲れ? 来週の忘年会は新年会に延期とします。
4)今年の漢字は「北」だそうです。

ーーーー
9429:AZOORか?視神経症か?


AZOORと視神経炎の鑑別
というと奇異に思われる方が多いかと思いますが、実際にはその判別が必要になる場合が有ります。

normal_azoor1_2days01まず、Acute zonal occult outer retinopathy (AZOOR, 急性帯状潜在性網膜外層症)は「若年者に発症することが多く、突然の光視症(光が走って見えるなど)を伴った視野欠損を訴える。網膜の外層の一部の疾患と考えられており眼底にはほとんど変化がないため、眼底検査や蛍光眼底造影検査では診断が出来ない。そのためERGや多局所網膜電図検査が診断のために有用となる。病変が中心部に出現した場合、視力低下を来す。(慈恵医大眼科ページから)」という事になります。AZOORについての清澤の詳細な解説は⇒こちらからご覧ください。http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51059978.html

Swollen%20left%20optic%20disc%20in%20patientまた、視神経症詳細はこちら http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54094820.html)は、視神経に病変が起きて視力と視野を犯す疾患で特発性視神経炎をはじめいくつかのサブカテゴリ―の物が含まれます。
(1)
特発性視神経症では20代から50代の、女性にやや多い疾患で、比較的急激に、片眼または両眼の視力低下が生じます。眼球運動痛や球後痛を感じる場合が約半数です。中心暗点型の症状が多く、霧視や視野欠損も起きます。視神経乳頭炎を伴うものと、視神経乳頭が正常の球後視神経炎の2つの型があり、前者は予後が良いとされます。球後視神経炎では脊髄や大脳白質にも病変が及び、軽快と悪化を繰り返す多発性硬化症に発展することもあります。また、

(2)自己抗体を作り炎症を起こす型の「抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎」も見つかっています。視神経炎の約10%にこの抗体が証明されるといわれます。これは、ほとんどが女性で、両眼を侵し、重篤な視力低下を生じます。治療はメチルプレドニンの大量療法ですが、時には血漿交換療法、免疫抑制薬や大量ガンマグロブリン治療も応用されます。

(3)虚血性視神経症:視神経の栄養血管の循環障害。
(4)圧迫性視神経症:腫瘍などの圧迫。
(5)外傷性視神経症
(6)中毒性視神経症:
エタンブトール、シンナー(トルエン、メチルアルコール
(7)遺伝性視神経症:レーベル病と優性遺伝性視神経萎縮ほか
(8)その他:「鼻性視神経症」、「栄養欠乏性視神経症」

ーーーー

ーーーー

5ee7a_1637_58181d0870fda70d5163cf0a79e2e4919425:「本当に住みやすい街」1位は南阿佐ヶ谷 ネットでは驚きの声 :記事紹介

 

2017年12月12日 11時58分

ざっくり言うと

  • 住宅ローン専門の金融機関「アルヒ」が「本当に住みやすい街TOP10」を発表
  • 「交通の利便性」など5つの基準で評価した結果、「南阿佐ヶ谷」が1位だった
  • Twitterでは驚きの声や、在住者からの喜びの声もみられた

images清澤のコメント:私も自宅は高円寺南ですが、阿佐ヶ谷までは50メートル。確かに東西線、中央総武線、それに丸ノ内線と移動はしやすいですし、スーパーマーケットなども多数あり、便利な界隈ではあります。私もこの地域の住民がこのニュースに喜んだのは容易に想像することが出来ます。阿佐ヶ谷駅周辺の方が高円寺や荻窪の駅周辺よりも少しスノッブな感じです。

−−以下はネット記事の引用です−−
住宅ローン専門の金融機関「アルヒ」が12月6日、住宅専門家が厳選した1都3県の「本当に住みやすい街TOP10」を発表した。「南阿佐ヶ谷」が1位という結果に、ネットでは衝撃が広がっている。

同社が発表した「本当に住みやすい街大賞」は、理想ではなく、実際にその地域で“生活する”という視点から選定。住宅や不動産の専門家が参画する選定委員会による公平な審査のもと、「発展性」「住環境」「交通の利便性」「コストパフォーマンス」「教育・文化環境」の5つの基準から各5点満点で評価した。その結果、1位「南阿佐ヶ谷」、2位「勝どき」、3位「赤羽」、4位「三郷中央」、5位「戸塚」という順位となった。

1位を獲得した「南阿佐ヶ谷」は、「自然の豊かさと都会の便利さを合わせ持つ、家族暮らしに最適な街」(原文ママ)と評価された。「住環境」「交通の利便性」「教育・文化環境」の3つ項目で満点を獲得し、総合評価4.58を獲得。2位「勝どき」に0.4ポイントの差をつけた。

南阿佐ヶ谷は、東京メトロ・丸ノ内線の駅ではあるが、JR中央線・阿佐ヶ谷駅から徒歩10分に位置しているため、実質2路線が利用でき、ターミナル駅の新宿駅まで10分ほどと交通至便だ。さらに、桜の名所である善福寺川緑地にも近く、自然が多い立地。夏には七夕祭り、秋から冬には「阿佐谷ジャズストリート」といった催しも盛んに行われている。

Twitterでは、

“3位が赤羽で2位が勝どきって言うのはふーんって感じだったけど1位、南阿佐ヶ谷っていうのがめちゃくちゃリアル。”
“1位が南阿佐ヶ谷だったので驚いた。将来を考えても今の高円寺周辺に住みやすい街があるのは嬉しい話だな。。”

と驚きの声が上がっている。(中略)

街に関するランキングといえば、リクルート住まいカンパニーの「住みたい街ランキング」が有名。2017年版では1位「吉祥寺」、2位「恵比寿」、3位「横浜」、4位「目黒」、5位「品川」が選ばれており、こちらは関東居住者を対象としたWEBアンケートで、今回の「本当に住みやすい街大賞」とは、かなり顔ぶれが異なる。改めて理想と現実の違いがあらわになったとはいえ、穴場ともいえる意外な街が首位だったことには驚いた人も少なくなかったようだ。
(山中一生)
元記事にリンク http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54788408.html

ーーーー

ーーーー
9426: 白内障手術は高齢女性の死亡率を減らす

JAMA Ophthalmology誌から
白内障手術は高齢女性の死亡率を減らす
総死亡だけでなく、主な死因別リスクも減少する
白内障と診断された65歳以上の女性を追跡し、白内障手術を受けた患者と受けなかった患者の総死亡死因別死亡のリスクを比較した、米California大学Los Angeles校のVictoria L. Tseng氏らは、どちらも手術を受けた患者で有意に低かったと報告した。結果はJAMA Ophthalmology誌電子版に2017年10月26日に掲載された。

清澤のコメント:元論文のアブストラクトも自動翻訳して手を加えて見ましたが、このネット記事はとてもよくまとまっています。実は不調法にも私はこの統計(共変量調整Coxモデル)の指し示すところがよくわかりません。
−−−−
結果から著者らは、WHIに参加した高齢女性で白内障手術を受けた人は、受けない人よりも総死亡と死因別死亡リスクが減少していた。ただし、白内障手術で個々の原因による死亡率が減少する理由は不明で、さらに研究を進める必要があると結論している。元記事➡http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54788437.html

ーーーー

2017120918293020171209183059

昨年に続き、故郷の柿が干し柿になって母から届けられました。院内で6個ずつ分けました。

ーーーー

忘年会


金曜日に発表した清澤眼科医院
201710大ニュースです。
昨日、医院関係者を集めて近所の「木曽路」にて医院の忘年会を開きました。
この写真は医院職員の一部の方々です。
今年のニュースをこのブログ記事から選び、職員に入れ忘れ項目を補完してもらって、それを10件にまとめてみました。20171116081804



 

  1. カルテナンバーも増え神経眼科をはじめ診療は一層充実しています。

  2. ボトックス治療も一層増えています。

  3. 比較的高齢な職員が院長も含めて増えています。若い方は年長者の知識経験を吸収して、清澤眼科で学んだと胸を張って誇れる一層有能な人材に育ってください。

  4. 「眼と心の健康相談室」の充実。社会的援助への誘導も充実させましょう。

  5. 入職者を歓迎、退職者に感謝:視能訓練士学生受け入れも初めて行いました。入職者(看護師パート2、非常勤医師5)、退職者(職員1、非常勤医師5)、産後復職2、産休中2でした。

  6. 新しい特殊再来の開設や再開
    今後も特殊診療枠を増やしていきたい。また特殊外来を援けて的確な補佐をしてくれた事務職員に感謝。

    この間に当医院での診療を終了された医師にも感謝。

    今後も、ここでの特殊再来診療がつまらなくならぬように、医院サイドでも工夫をして行こう。各先生に何を見て戴けるのかも常に考えていきたい。

  7. 医院内の改変:検査機器の配置換えを2回施行。診療体制についての全体ミーティングも施行。処方箋のカルテビューアー内へのスキャンも開始。

  8. 医院周りの環境変化:地下鉄工事で駅入り口が借り出口で不便になっている。長谷工ビル工事も進捗中。製鉄工場跡地も開発中? オリンピックに向けてすべてが普請中である。

  9. 和み:毎月の写真展示と4月の絵画展示などは職員と患者の心を和ませてくれた。担当者に感謝。

  10. 学会発表、文献発信もそれなりにできた。ご協力に感謝。

2b入口から清澤眼科結論:「倒れ掛かってきたら当医院の上に倒れること必定の隣の工事現場のクレーン」という所が受けていたそうです。
清澤眼科医院も初期の成長期からやや安定期に入ったようです。衰退期に入らぬために一層の工夫を致しましょう。

ーーーー

 

ーーーー


清澤眼科医院通信からのお願い
◎このブログは、お悩みの患者さんの個別の相談に乗る(無診察診療を行う)ものではありませんので、このブログへのメッセージメールは一切受け付けておりません。但し、各記事へのコメントは賛否および質問他受け付けます。各記事の下端のコメント欄から意見をご投稿ください。
その内容によって紙面上に返答いたしております。

このページから随時連結している下記の「患者の気持ちの質問箱」をご利用ください。これは「質問とお答えの公開」を前提とした匿名でのご質問にお答えするもので、一つの先行した質問に清澤がお答えするまで、次の質問者の質問は入れられないような仕組みにしてあります。
ーーーーーーーーー

 

a6f5d8d5眼科医療に関するご質問は「患者の気持ちの質問箱」(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。質問が入ると、私が答えるまで次の質問は入れられません。このブログの各記事に戴いたコメントにも随時応答しています。個別の電話相談は眼前の診療の妨げともなりますので、お受けできません。あしからずご了解ください。
ーーーー

ーーーー

予約ネット大「清澤眼科ネット予約ページにリンク」 ◎このブログを見て、遠方および近所から神経眼科関連のなかなかむつかしい新患患者さんが訪ねてきてくださっています。遠方の患者さんの場合、あらかじめ「MRI撮影」の枠や「視野測定」の枠も予約段階で押さえ、一度の来院で2週間後程度で結論が見えるようにしますので、予約電話の時に職員にその旨もお伝えください。
ーーーー

537411_184460035003937_148770035239604_278609_687779983_n キヨサワモトヒロもfacebook登録できています。⇒リンク https://www.facebook.com/motohiro.kiyosawa?fref=ts 今後は、清澤眼科医院のアカウントではなくこちらをメインとし、ブログの記事をシェアいたします。

ーーー ーーーー 


77578c8b 月に一度の水曜日に蕪城先生と田中先生とで眼瞼痙攣患者さんとの面談を一日6名ほど行ってくださっています。この研究に向けての今回の追加シリーズは当医院分と井上眼科病院を合わせてあと少しだそうです。しばらくは採血を続けます。(17年10月6日追記) 国の科学研究費の補助も受けて推進中の「眼瞼痙攣の原因ゲノム解析の研究」。 ボトックス注射をするなどの目的で患者さんが来院されたときに、清澤がその目的などを説明し、同意を戴けた方々から当医院荒川看護師の手で採血し、検査分析会社に検体を提出します。

ーーーーー
cx-db7268e6(シャルルボネ症候群では失明した患者さんがこのように自分を取り囲む群像が見えるといいます。)
7230 眼がみえないのに幻影が見える患者さんのPET検査のご案内
(眼科医への患者さん紹介のお願い。今後も継続してゆきます。) 進行した緑内障やある種の視神経炎などで、両眼失明またはそれに近い状態になると、ほとんど何も物が見えないのに、そこには存在しないはずの模様や人物などが見えると訴える人がいます。この現象は「シャルル・ボネ症候群」と呼ばれ、失明すると比較的多くの人が経験するようです。

 ポジトロン断層法(PET)で、この現象を解明しようと思います。両眼失明またはそれに近い状態で、模様や人物などの幻視が見える方で、PET検査を受けたい方を募集しています。また失明はしているが幻視は見えないという方も対照群として募集します。
PET検査は、板橋区の東京都健康長寿医療センター研究所で行い、頭部MRIも同時に撮影します。(文責;鈴木幸久)

 眼科医清澤のコメント:興味のある方は清澤眼科をご受診ください。研究目的の無償でのPET検査を手配いたします。

追加:ビジュアル・スノー(視界が砂嵐のようになる病気)も研究対象としてPET検査に紹介しています。
ーーーーーー
受診予約は電話03-5677-3930。昼休み中も電話番を置いています。電話予約では、カルテを一々開いて電子データ(カルテビューアー)で何を検査するのかを確認しながら予約を入れます。

 遠方からの神経眼科のための新患患者さんがぱらぱら見えます。このところ、有名病院の神経眼科外来では予約を取るのに2か月先であるとか、診療所からの電話が無いと予約が入れてもらえないなどと言う話も聞きます。

当医院はあくまで町の無床診療所ですから、その目指すものは神経眼科に関する本物の疾患のトリアージュ(弁別)。画像診断と採血検査で私だけの手におえないものがないかどうかを判断します。難しい疾患が見つかれば、東京医科歯科大学脳外科や神経内科、膠原病内科など最適な治療専門施設に治療の依頼を出します。
予約ネット大「ネット予約ページにリンク」 夜間このブログをご覧いただいた方に便利なのがこのネット予約。自動予約ではなく、お申し越しの内容に合わせて翌朝にリコンファームの電話を差し上げる無駄の少ない仕組みです。

ーーーーーーーー
08211105_521420728d209 ティーツリーの洗顔用フォーム
4272 新しい目の周りを洗浄する泡の石鹸です。 瓶には透明な液体石鹸が入っていて上の蓋を押すと、一つまみ分の眼に沁みない白い泡石鹸が出てきます。50mlの一瓶が90日分だそうです。
imagesCAJTGBYH

当医院では、従来からマイボーム腺機能不全に対して、目の周りをおしぼりで5分程度蒸してから、次に石鹸で目の周りを洗い、それから温水で石鹸分を流し去って、そのあとを特殊な脱脂綿(オキュソフト)でふき去ることをお勧めして居ます。

 31 ーーーーーーーーーーーーー
この先は毎日は書き換えてはおりません。最終改定 清澤眼科院通信 (2017.11.14) です  ヘッドライン
1、近況: 1)公開医院情報。 2)自前ドメインのホームページ。(リンク)。このブログの各部に繋いでいます。携帯用サイトも始動しました。 清澤眼科医院もfacebook登録できました⇒リンク

2.予約電話03-5677-3930。ネット予約に⇒リンク

3.清澤の水曜午後は東京医科歯科大学眼科神経眼科外来です。先に清澤が話を伺い、以後の処方等は江本博文医師が行います。⇒リンク

4.最近のページビューは一日2000件程度(ユニークユーザー数で1500人):現在の累計540万件(2017.11.14)。ブログに眼疾患の記事を書き足して、この数字を見るのが現在の私の主な趣味です。

5.当医への眼科ネット相談窓口 ⇒リンクご利用ください。

6.新砂コンタクトレンズご案内⇒リンク

7.眼瞼痙攣治療紹介 眼瞼痙攣関連記事(⇒リンク)

8. 病名説明記事検索方法 病名 x 清澤眼科で答えが出ます。
9.当ブログの新テーマ 32

ここからが本文です
--------------------
8336:ドクターズファイル:清澤源弘:(取材日2017年3月1日)更新されました。
99999______ ◎ドクターズファイル:清澤源弘 東西線南砂町駅からすぐの「清澤眼科医院」。
診療内容は、一般眼科・小児眼科・神経眼科と多岐にわたる。さらにはコンタクトレンズも取り扱う「目のキーステーション」だ。院長の清澤源弘先生の専門は神経眼科。その技術の高さから「神経眼科のエキスパート」、とりわけ「眼瞼けいれん治療のパイオニア」と呼ばれるが、清澤先生自身は、「むしろ今は『ブログの先生』と呼ばれることが多いのです」と屈託なく笑う。開院以来、日々の診療を綴るブログ「清澤眼科医院通信」が人気で、訪問者数は1日平均2000アクセスだそう。ブログを見て来院する患者や、その内容を診療に生かす医師も多いという。そんな清澤先生に、医院や神経外科のことからプライベートまでたっぷり聞いた。 (取材日2017年3月1日)
以下にこの記事の概略を採録 : (出典⇒:https://doctorsfile.jp/h/34545/)
ーーーーー
ex◎同様にホスピタジャパンの当医院のページ(株式会社イーエックス・パートナーズが管理)もリニューアルされました。よかったらご覧ください。(リンク: https://www.hospita.jp/detail/1031551/)
ホームページを提供する各ポータルサイトではページのリニューアルが流行っているのかもしれません。更新されていないと、掲載される内容も古くなりますので、これは喜ばしいことかとと思います。
ーーーー
清澤眼科医院通信 136-0057江東区新砂3−3−53 清澤眼科医院
電話5677-3930 ファックス5677-3929 すべては患者さんのためにの額

1 目標;すべては患者さんのために
1-1)一人でも多くの患者さんに利用していただけるよう、自分と職員を励まして居ます。(諸メディアの取材にも協力します、取材のご希望があればお電話ください。)

1-2)近況: 丁寧な診療のための常時医師2人ないし5人の診療体制にしています。

2014年11月診療所面積も最初の3倍強(100坪)に拡張しました。緑内障専門外来(週3コマ)、網膜硝子体外来、神経内科外来、神経眼科外来、眼科形成外来、臨床心理学外来、リハビリコスメセッションも設置しました。

2013年からオルソケラトロジーやアレルギー舌下療法も手掛けています。

------------------
1-3) キープティア1 ○液状のコラーゲンプラグ(キープティア:違和感も脱落もありません。)と軟質シリコンプラグ(スーパーイーグルプラグ:長期有効)がドライアイ治療に好評。(⇒⇒当ブログ記事リンク



331−4) ◎コンタクトレンズ処方は、使い捨てレンズを中心に行っています。


自前HP
2-1)医院独自のホームページ運用中
。 (リンク) 当医院のホームページからブログの各部を連結。






患者の気持ちロゴ眼科医療に関するご質問は患者の気持ちの質問箱(⇒リンク)にお寄せください。公開を前提にお答えしています。このブログの記事に戴いたコメントにも応答しています。 (無料電話相談をお受けする意思はありませんので、来院無き患者さんやご家族からの電話での相談にはお答えできません。)

2-2)患者の気持ちページ”の眼科質問箱質問箱には様々な質問と答が掲載されます。


ーーーーーーーーーーーーーー
telephone box bus 2−4)当医院は予約をお勧めしています。予約取得には9:00〜19:00の電話が簡単です。予約いただくと、診療開始後に追加検査の順番を待つ無駄を減らせます。当日特にお急ぎの時は、受付窓口にお伝え下さい。可能な範囲で便宜を図ります。 受付終了時間をぎりぎりに設定しており、その時刻が診察終了予定時間です。初診のコンタクト合わせなどは受付終了の30分前にはお入りください。その時間に診察するという誤解を与えるため、2017年10月に予約という言葉が、特殊再来と特殊検査以外に対しては予約という言葉を全廃止しました。当日は受け付け順です。ご案内時間程度にお考え下さい。)

pc
当医院では夜間でも予約が出来るネット用予約システム⇒リンクも運用中です。 ネット診療予約には、日中の時間帯に確認電話を差し上げます。 初診は問診表に記入して持参されますと、所要時間を短縮できます。(⇒印刷用問診票にリンク:



34予約変更カルテも院長が内容を確認しています。






今後も迅速で笑顔の有る対応を心がけます。  当医院へのアクセス地図(⇒リンク)JR東京駅(地下鉄東西線大手町駅に通路で乗換)から12分の東西線南砂町駅の東3番出口直前の2階です。


快速は止まりません。 






3、清澤の水曜午後は2017年も東京医科歯科大学臨床教授を拝命し神経眼科外来で1度だけ診療します。担当医としての継続的診療希望にはむしろ南砂町の医院をお訪ねください。

情報公開 1: 開業して約13年ですが、有り難いことに、まだ英文及び邦文の論文が出せています。
2013年−2017年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績⇒リンク;http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54649009.html

2012年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(⇒リンク)

2011年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク

◎2010年清澤眼科(および東京医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク)

2009年清澤眼科(および医科歯科大学神経眼科研究グループ)関連業績(リンク)

情報公開 
2:特殊外来担当者一覧:
神経眼科外来は、眼科専門医石川弘講師(日大)、鈴木幸久医師(総合三島病院、東京医科歯科大学講師)

内科専門外来:浅見医師(医科歯科大学神経内科)担当。

このほか臨床心理士に依るカウンセリングは小野木臨床心理士。

緑内障外来は木村至医師(埼玉医大)、西尾医師、伊藤医師。

網膜硝子体外来は寺松医師(竹内眼科)が担当。

眼形成を土井医師(聖隷浜松病院:月一度)。

清澤の担当する一般外来は優秀な赤井医師、柏倉医師、小林医師、桜井医師によって常にサポートされており、手前味噌で恐縮ですが、迅速丁寧な対応ができます。

(2016改定記事です⇒) 情報公開 

:801 当院の眼瞼痙攣患者調査(眼瞼痙攣の患者像 そして眼瞼痙攣治療を成功させる10のコツ) 36





以下が2017年11月以後の医師配置表です。

午前(9:00−12:30) 午後(3:30−7:00)
月 清澤+小林          清澤+柏倉   
+西尾(緑内障)


火 清澤+赤井          清澤+女子医大(交代)                     
+緑内障(伊藤)
リハビリメイク(月1かずき)  +臨床心理(小野木)                       
水 赤井            (午後休診)

木 清澤+赤井         清澤+柏倉+(斜弱・小町ORT)     
+石川弘(神経眼科*)

金 清澤+桜井          清澤+柏倉   
+西尾(緑内障)

+浅見(神経内科)

土 清澤+医科歯科大医師   
+ 寺松(網膜硝子体)   
+ 鈴木(神眼、月一度)   
+ 土井(眼形成、月一度)

*の意味は:
神眼:神経眼科特殊外来(完全予約制)
神内:神経内科特殊外来(完全予約制)
臨床心理カウンセリング(完全予約制)
緑内障:緑内障特殊外来(完全予約制:週3駒+月1度)
網膜:網膜硝子体(完全予約制)
眼形成:眼科形成外来(完全予約制)

ーーーーーーーーー
pet2 進行中の各種研究プロジェクト
各プロジェクトは関係研究機関での倫理委員会許諾承認済みです。
 
◎眼瞼痙攣の原因遺伝子検索プロジェクト進行中(東京大学蕪城准教授と共同研究)

◎視神経炎回復後の網膜厚変化の研究プロジェクト(東京医科歯科大学神経内科三条講師、浅見医師と共同研究)

ーーーーーーーーー

 38
当院は関連病院との連携を特に重視しています。 神経疾患関連疾患は東京医科歯科大学神経内科および脳外科にお願いしています。眼瞼下垂は東京医科歯科大学美容形成外科へ。
ぶどう膜炎、強度近視などは東京医科歯科大学(JR御茶ノ水駅前)へ、
網膜剥離などは蔵前の竹内眼科へ、
白内障手術は竹内眼科、西葛西井上眼科病院、順天堂東京江東高齢者医療センター他にお願いします。
難しいコンタクトレンズ処方は他院に繋ぎます。
涙道関係は西葛西井上眼科(涙道外来)または桜木町眼科(林医師)などにお願いします。

当医師からの紹介患者さんを特別大事にしてくださる的確な紹介先を複数持つ事が開業医の最大の財産です。
病院での治療が一段落したら、当院に戻っていただきましょう。お世話になっているこれらの病院の先生方に心から感謝しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

清澤眼科

ホスピタジャパンという病院紹介サイトに当医院紹介の新ページができました。構成を工夫して”患者の気持ち”のサイトにもリンクしてもらい、当院への予約や質問が出来る様にして有ります。
(⇒リンク)お試しください。症状で検索する新HPも作成しました。

ーーーーーーー

 394、当ブログは、一日閲覧数で2000件、一日訪問者数でも1500人に成長しました。

恐縮ですが未受診者からの電話医療相談や電話での医師推薦依頼には対応できません。

お困りの方も保険診療として一度は受診し、当医のセカンドオピニオンや適切な専門医への紹介を有料でお求めください。

当医の専門は神経眼科ですが、長年の経験と人脈を生かして、眼科に関する相談を各疾患万遍無くお受けします。

5、眼科の医学的相談には、”患者の気持ち”サイト内の質問箱をご利用ください。

患者の気持ちロゴ 質問欄⇒(ここでリンク)。質問を歓迎します。恐縮ですが、質問箱の答は公開とし、多くの方々に共有していただきます。



6、コンタクトレンズ:

オアシスとアドバンス ○コンタクトレンズ希望の方は保険証を持ち、清澤眼科医院を御受診ください。丁寧で迅速な診療での処方を心がけます。販売は新砂コンタクトレンズです。 ワンデー・バイオメディックスEV2200円、ワンデー・アキビューモイスト2700円、エアオプティクスEX2500円、などが廉価でお勧め品です。
各種デファインも扱っています⇒価格表

新砂コンタクトレンズ

o2 一人でも多くの患者さんと出会いたい。開業した13年前からの信念です

新砂コンタクトレンズ価格表にリンク 販売数量が伸びているのがワンデー・バイオメディックスEV2200円。シンプルで廉価、眼科医院ルートでしか販売されてないのが人気の理由です。

◎サンテ・ルタックス20という黄斑疾患を対象とし、ルテインを高配合した参天製薬のサプリメント(3150円)も取扱中。こちにも試供品があります。

ボト マイボーム腺機能が低下してドライアイを示す方々にオキュソフトの使用をお勧めしています。洗浄消毒成分を含んだ清浄綿で、入浴時に温タオルで蒸し、石鹸で眼周囲を洗った後で眼周囲を拭くものです。お試しください。

7、
眼瞼痙攣の治療について

 40当医院のボトックス投与予定:再初診とも電話でボトックス治療希望とおっしゃってご予約ください。水曜(院長不在日)にはボトックスは施療できません。


8、
◎病名説明記事の検索○検索方法  1)直接Googleに<清澤眼科、xxx>と病名のxxxを入れ換えてサーチすると大概の疾患が出てきます。お試しください。

9、関連記事: ーーー

 図6 藤野貞先生の教えを受けたメンバーで、「神経眼科臨床の為に」の改訂第3版を作りました。 (アマゾンへリンク)この記事の全文にリンク








ーーーーー

 眼瞼痙攣表紙 改版した『目がしょぼしょぼしたら、眼瞼けいれん?片側顔面けいれん』です。

 

続きを読む

kiyosawaganka at 00:13|PermalinkComments(0)

2017年12月13日

9429:AZOORか?視神経症か?

AZOORと視神経炎の鑑別というと奇異に思われる方が多いかと思いますが、実際にはその判別が必要になる場合が有ります。

normal_azoor1_2days01まず、Acute zonal occult outer retinopathy (AZOOR, 急性帯状潜在性網膜外層症)は「若年者に発症することが多く、突然の光視症(光が走って見えるなど)を伴った視野欠損を訴える。網膜の外層の一部の疾患と考えられており眼底にはほとんど変化がないため、眼底検査や蛍光眼底造影検査では診断が出来ない。そのためERGや多局所網膜電図検査が診断のために有用となる。病変が中心部に出現した場合、視力低下を来す。(慈恵医大眼科ページから)」という事になります。AZOORについての清澤の詳細な解説は⇒こちらからご覧ください。http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/51059978.html

Swollen%20left%20optic%20disc%20in%20patientまた、視神経症詳細はこちら http://blog.livedoor.jp/kiyosawaganka/archives/54094820.html)は、視神経に病変が起きて視力と視野を犯す疾患で特発性視神経炎をはじめいくつかのサブカテゴリ―の物が含まれます。
(1)
特発性視神経症では20代から50代の、女性にやや多い疾患で、比較的急激に、片眼または両眼の視力低下が生じます。眼球運動痛や球後痛を感じる場合が約半数です。中心暗点型の症状が多く、霧視や視野欠損も起きます。視神経乳頭炎を伴うものと、視神経乳頭が正常の球後視神経炎の2つの型があり、前者は予後が良いとされます。球後視神経炎では脊髄や大脳白質にも病変が及び、軽快と悪化を繰り返す多発性硬化症に発展することもあります。また、

(2)自己抗体を作り炎症を起こす型の「抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎」も見つかっています。視神経炎の約10%にこの抗体が証明されるといわれます。これは、ほとんどが女性で、両眼を侵し、重篤な視力低下を生じます。治療はメチルプレドニンの大量療法ですが、時には血漿交換療法、免疫抑制薬や大量ガンマグロブリン治療も応用されます。

(3)虚血性視神経症:視神経の栄養血管の循環障害。高血圧、糖尿病、高脂血症、心疾患などの全身の危険因子が存在する場合(非動脈炎型)と、側頭動脈炎などの膠原病が原因の場合(動脈炎型)がある。緑内障との鑑別も大切。
(4)圧迫性視神経症:腫瘍などの圧迫。
(5)外傷性視神経症
(6)中毒性視神経症:エタンブトール、シンナー(トルエン、メチルアルコール
(7)遺伝性視神経症:レーベル病と優性遺伝性視神経萎縮ほか
(8)その他:「鼻性視神経症」、「栄養欠乏性視神経症」
続きを読む

kiyosawaganka at 23:32|PermalinkComments(0)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール
院長 清澤源弘
”すべては患者さんのために”を目指す江東区南砂駅前の眼医者です。眼科知識普及に役立つブログの作成が趣味。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患を治療し、コンタクトレンズにも注目。眼瞼痙攣のボトックス治療、複視や視野障害の治療が専門でPETでの脳機能評価も手がけます。東京医科歯科大臨床教授(07年4月-、現在も毎水曜午後の神経眼科外来を担当)、2006年国際神経眼科学会副会長。日本眼科医会学術部委員
診療案内
◎診療時間◎
【月・火・木・金】
・9:00〜12:30 
・15:30〜19:00
【水・土】
・9:00〜12:30

【休診日】
水曜と土曜の午後、日曜と祭日


毎週水曜は院長不在のため、代診の医師による診療となります。

診療終了時間1時間前に受付をお済ませください。

診察内容によってお時間のかかる検査をする場合もありますので
お時間に余裕をもってお越し下さい。

Archives