2007年02月

2007年02月14日

283 瞼の癌

瞼にも癌が出来ます。 (管理頁
その瞼の癌にもいろいろなものがありますが、比較的年齢の高い中高年の患者さんで瞼の縁に治り難い潰瘍やできものが出来た場合には癌も疑って検査を進めるのが良いでしょう。再発性の物貰い(ものもらい、霰散腫:さんりゅうしゅ)が調べてみたら癌であったという場合もあります。

小さいうちであれば、局所麻酔で腫瘍部分を切除し、傷を縫い寄せただけで取り去ることが出来ます。

私は、試験切除片が悪性腫瘍であって、切除断端に腫瘍がすでに入っていた場合には、この後でより広い範囲の眼瞼皮膚を再切除して再建する手術を美容形成外科の医師に依頼しています。

比較的頻度の多い眼瞼腫瘍は、基底細胞腫と扁平上皮癌です。

(http://www.eyeweb.org/eyelids.htm⇒リンクをみますと、)

基底細胞癌
1. 基底細胞癌 Basal cell carcinomas; は最も多い眼瞼の悪性腫瘍です。太陽の光が当たる下瞼に出やすい傾向があります。真珠のような光沢の表面を持つ結節状の腫瘍で潰瘍を作ります。 この腫瘍は周りの領域を侵しますが、遠隔転移は稀です。

扁平上皮癌

2. 扁平上皮癌 Squamous cell carcinomas: 基底細胞癌よりは稀です。この腫瘍は転移をすることがあります。

黒色腫

3. 悪性黒色腫 Malignant melanomas: これは稀な腫瘍です。よく転移を起こし、前から有った黒子がこの悪性腫瘍に変化することがあります。

皮脂腺癌
4. 皮脂細胞癌 Sebaceous cell carcinomas : マイボーム腺meibomian glandsから発生し、その悪性度は高いです。その成長は霰粒腫に(chalazion)に似ています。ですから再発する霰粒腫では注意が必要なのです。

瞼の悪性腫瘍(Malignant Tumors of the Eyelid)という Margo CEとMulla ZDがArch Ophthalmol.(1998;116:195-198)に書いた論文によりますと、フロリダの住民で基底細胞癌と扁平上皮癌以外の癌で1981から1994までの症例を集めた所、206人の原発性の癌瞼悪性腫瘍の患者が見つかったそうです。

多い順にメラノーマ、皮脂腺癌、そしてリンパ腫が多かったということです。平均年齢は76歳と高く、黒人は3人しか居らず大変少なかったそうです。

黒色腫(メラノーマ)と皮脂腺癌の頻度は10万人に0.06と0.05とのことでした。

カポジ肉腫が中胚葉起源のものではもっとも多く、B細胞系のリンパ腫も多かったとされています。

内臓や上顎の癌などに比べてこの眼瞼部分の腫瘍は、表面にありますので発見も早く、比較的完治できる場合が多いと思います。

瞼の周りの治りにくいに爛れや、もともとあった小さな黒子がだんだんに大きくなったというような場合にはお早めにご近所の眼科医か私にご相談ください。


今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁





kiyosawaganka at 06:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)角結膜、前眼部 

2007年02月12日

282 眼科で見るMeige症候群、メイジュ症候群 (ジストニア)

● 眼科から見たメイジュ(Meige)症候群 (管理頁

メイジュ症候群眼瞼痙攣に顔面、特に口の周りや、下顎などの奇妙な水を吸うような不随意運動を合併する特徴的な表情を示す疾患です。やや広く疾患概念を広げ、両側の眼瞼痙攣をメイジュ症候群と呼ぶ先生も居られるようです。






020104● 病因は眼瞼痙攣と同様に大脳基底核を含む錐体外路系の神経回路の異常に起因するジストニアと考えられますが、脳に明確な異常は認められていません。近年は、浸透率の低い常染色体優性遺伝性疾患である可能性が指摘されています。

● 40〜70歳代の中高齢者で発症率が高く、罹患率は男性:女性の比で約1:2と女性に多いとされ、実際に患者さんを拝見しても女性に多く見受けます。

020103● 症状が似ているがメイジュを含む眼瞼痙攣(それらは頭頸部ジストニアに含まれます)ではない疾患には片側顔面痙攣、眼瞼ミオキミア、開眼失行、眼瞼下垂などがあります。いずれも正しい診断から正しい治療が始まります。

020103● 内服療法:薬剤量がだんだん増えてきますので、私はなるべく内服薬は控えて治療しています。
・ 抗コリン剤…塩酸トリフェキシフェニジル(アーテン)など
・ 抗てんかん剤…クロナゼパム(リボトリール、ランドセン)などは最初の治療薬の候補にしやすいと思います。

・ 精神的な不安など心的要因により症状の悪化が見られることがある場合には抗不安剤…ジアゼパム(セルシン)などの使用も考慮します。

・ 特定の薬でだれにでも症状緩和効果が得られるものはありません。効果がなければ、ほかの薬を試すことが必要ですし、私はむしろ次のボトックスを中心に治療を進めてゆきます。

020101● ボツリヌス療法
ボツリヌス菌という細菌が作り出すボツリヌス毒素の作用を利用した大変良い治療法です。この説明は詳しい当ブログ内他項に譲りましょう。⇒リンク。口の周りにも目の周りの半量を足すと大概は良い結果が得られます。

・ 一般的には、3〜6か月後に状態の再発を患者さんが自覚し、再投与を希望すれば繰り返し投与します。軽い症例では1−2割の患者さんでは再投与が不要な場合もあるようです。繰り返し治療が必要だという可能性よりも、投与後にこの症状から開放される十分な期間が得られることにご注目ください。

013002・ ボトックスが効いた状態で眼瞼部の皮膚が進展して垂れている(眼瞼皮膚弛緩症)時には、眼瞼の余剰な皮膚を切除します。また合併する開瞼失行で開瞼困難な場合にはクラッチ眼鏡を当医院でも調整します。(ばねの力で持ち上げるのではなく、自分の上眼瞼挙筋の筋力で開くようなセンソリートリック(知覚刺激)を与えるように作るのに少しコツがあります。⇒リンク

020201● 外科的治療法…眼輪筋切除術
・ 神経切除法は、不必要な刺激が眼筋に伝達するの遮断するため、顔面神経枝を切除する方法です。顔面神経は複雑で、適切な神経枝を切除するのが難しく、現在私は用いては居ません。
・眼輪筋筋切除術は、眼を閉じる働きがある眼輪筋を、その表面の弛緩した皮膚とともに切除する方法です。重症例では、親しくしていただいている医科歯科大学の形成外科の先生に紹介状を出してお願いし、観血的な手術をしてもらっています。また、炭酸ガスレザーでの出血のない方法での手術を兵庫医大の三村教授が行っています。

この疾患は特徴のある症状を呈しますが、現在は眼瞼痙攣のひとつの亜型と考えてよいでしょう。近い将来に遺伝子診断のできる疾患の列に加わる可能性は低くは無いと考えられます。

サルペトリエ病院本館さてちなみにMeige先生がどんな経歴の人かを調べてみますと、Parisのサルペトリエ病院に居た世界で一番有名な神経内科医師のシャルコーの弟子でチックなどの研究をしています。MeigeがMeige症候群の記載をしたのは1910年頃で1940年に亡くなっていますが、その肖像は見つけられませんでした。Review neurologiqueの編集もしていますので学会では大成した人の様です。
ピチエサルペトリエ病院入口私もパリに留学したとき毎週月曜日の午前にこのピチエ・サルペトリエ病院で神経眼科の外来(ペルトリーゼ教授の脳外科の一部で女医のシェゾン先生が担当していました。)と神経内科の病棟回診を見せてもらいました。(回診は大学の先輩の相馬芳明先生にくっついて歩いていました。)(後にダイアナさんが事故でなくなったのもこの病院です)当時はほとんど見ることのなかったクロイツフェルドヤコブ病の患者さんを初めて見せられ、その説明をしてもらったことを思い出します。

(この疾患は Meige症候群 Brueghel's syndrome、Meige Syndrome、Meige's syndrome、ブリューゲル症候群、メージュ症候群、メージ症候群、Brueghel症候群、Meige症候群 などとも記載されます。2009.7.28追加)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁




kiyosawaganka at 09:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)眼瞼痙攣、片側顔面けいれん、ボトックス 

2007年02月11日

281 無水晶体眼に用いられるソフトコンタクトレンズの連続装用

”無水晶体用長期装用コンタクトレンズ”をキーワードにお探しの方がいらっしゃいましたので無水晶体眼に用いられるソフトコンタクトレンズの連続装用について説明いたします。 (管理頁



013002無水晶体眼にはいったん入れたら一月程度までの期間入れたままにし、その後煮沸するタイプのレンズがよく用いられます。これが連続装用コンタクトレンズです。国内唯一の連続装用の白内障術後用ソフトコンタクトレンズの商品名は東レのブレスオーです。⇒リンク


頻回交換のいわゆる使い捨てのレンズにはなぜか無水晶体眼が相当する+10D程度の度の製品はありません。

さて、白内障手術における最も多い合併症は後嚢の破損と呼ばれるものでしょう。

これは白内障の手術の過程で水晶体の後ろの膜が破れ、その破れ目から硝子体が前房に出てくる状態を引き起こします。

012903白内障の手術をする医師には最も避けたい事態でありますが、この場合まず残った水晶体の核を何とか摘出し、引き続いてはみ出した硝子体を処理します。

はみ出した硝子体が僅かであれば問題なく人工水晶体ををレンズの袋の前方に乗せて手術を完了できます。これを人工水晶体の嚢外固定(アウト:アウトオブザバックout of the bagの略)と呼びます。

しかし、水晶体嚢の残りが不十分で人工水晶体が安全にその上に乗せて置けない場合には、前部硝子体切除(アンテリアー ビトレクトミー、anterior vitrctomy)を行ってはみ出した硝子体を切り取り、そのあとでやや複雑な手技を用いて人工水晶体を毛様体のすぐ後ろの溝にナイロン糸をかけて縫い付けることになります。

012901現在の白内障手術はにごったレンズの摘出と人工水晶体の挿入がセットになっていますので、術者は何とかこの人工水晶体を眼内に収めるところまでたどり着こうとはいたします。しかし、手術中のさまざまな状況で、人工水晶体(眼内レンズ)を入れるところにたどり着けない場合があります。

その場合、手術をする眼科医師は、最も安全にその日の手術が終了でき、後日の人工水晶体の挿入に繋ぐことが出来る方法を探します。

012820後日、術者は準備と体制を立て直して人工水晶体の挿入を目指すのですが、患者さんが再手術を避ける希望であったり、眼内の角膜内皮の痛みが強く再手術が望ましくない場合などにおいては片方の眼だけにコンタクトレンズの処方をします。

この際に使われるコンタクトレンズは、通常の近視眼に用いられる凹レンズではなく約+10D位の凸レンズになります。(左右の差が大きいので、片目では視力が出ても、両眼の眼鏡は作ることが出来ません。)

この場合に使われるコンタクトレンズは、いったん入れたら一月程度までの期間入れたままにし、その後煮沸するタイプのレンズがよく用いられます。これが連続装用コンタクトレンズです。国内唯一の連続装用の白内障術後用ソフトコンタクトレンズの商品名は東レのブレスオーです。⇒リンク

012819ソフトコンタクトレンズの連続装用は、白内障手術を受けた無水晶体眼にまず認可され、ついで近視に対しても厚生省が許可しました。

しかし、白内障手術を受けた無水晶体眼に対するものに比べると、近視に対するものはあまり普及しませんでした。

その使用に当たっては、煮沸消毒したものを装用し、一週間したら外してまた煮沸消毒をしてもらいます。



012817日本眼科医会のページを見ますと、必ず「連続装用の覚書」を取り交わし、日本眼科医会発行の「管理手帳」の交付を受けることが条件と記載されています。

連続装用の場合は、合併症を思わせる異物感や眼痛や充血などの症状があってもなくても、月一回の医師の定期検査を受けることが大切とも書かれています。

012818その検診では、正しく装着(フィッティング)されているかどうか、涙液や結膜の状態はどうか、角膜の上皮や内皮は大丈夫かといったポイントを診察します。

通常の使い捨てコンタクトレンズに比べて、このレンズでは角膜の糜爛や充血などもおきやすいので、よりいっそう慎重な使用が必要です。

また、このタイプのレンズが必要な患者さんの多くは高齢ですので診療所で入れ外しをして差し上げる必要がある症例も少なくありません


今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁

携帯SEO
今日:
昨日: 




kiyosawaganka at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)コンタクトレンズと眼鏡 

280 強度近視眼の眼底出血に対する治療

強度近視眼の眼底出血に対する治療

本日は医科歯科大学眼科同門会に出てきました。1昨年の医局員の最優秀論文の著者による講演があり、今回は林先生がそれに当たります。講演に先立って私一人を観客にリハーサルをしてくださいました。(原著論文はHayasi K et al, Characteristics of patients with a favorable natural course of myopic choroidal neovascularization、Graefe’s Arch Clin Exp Ophthalmol (2005) 243:13-19 )

私の母にもわかるように平易な言葉で再現してみましょう。

血管新生(参天)強度の近視を持つ患者にみられる眼底出血(脈絡膜新生血管)の中で長期にわたり自然予後が良好な症例が居ます。その特徴を説明します。

また近年,脈絡膜新生血管に対する治療の進歩により新しい治療法が臨床応用され,近視性脈絡膜新生血管に対しても治療によって予後を改善できる可能性がでてきました。

それが、光線力学療法(PDT),および抗 血管 新生 療法であるavastinアバスチンです。


020204近視性脈絡膜新生血管は,強度近視患者の視力予後不良の原因として最も重要です。

近視性脈絡膜新生血管が出来てしまった患者さんは発症後 10年以上経過すると
ほとんどの症例では眼鏡をかけても視力が0.1以下になって、長期予後は不良です。

しかし中には、治療をしなくても長期にわたり意外なほど良好な視力を維持している症例が存在します。

020202近視性脈絡膜新生血管を有する強度近視患者で発症後5年以上の自然経過を観察できた52名の症例のうち、5年以上経過した後に最終視力が0.5以上であった視力予後良好群と
最終視力が0.1以下荷なってしまった視力予後不良群を集めて分析がなされています。

その結果は、発症時年齢、屈折度、眼軸長、 CNV の大きさ、CNVの位置、発症時視力の6項目を統計学的に比較検討しています。

020203平均観察期間は約9年間で最終視力が0.5以上で予後良好群に入ったものが14%、予後不良群は全体の64.9%でした。
予後良好群では不良群に比較して,発症時年齢が有意に若く、血管新生CNVは小さく,
また網膜の中心部分の中心窩以外に位置する傍中心窩の脈絡膜新生血管が多く,さらに発症時視力は良好でした。

一方、屈折度(近視の強さ)、眼軸長(超音波で測る眼球の前後の長さ、近視では長い)については両群間で統計上の差はありませんでした。

これは、強度近視眼でも若い症例では比較的 色素上皮機能が良好に保たれており、そのために脈絡膜新生血管の退縮が良好であったためと説明されました。

020201しかし、65%という大半の症例は5年以上が経過すると、眼鏡をかけても視力は0.1以下になってしまい予後は不良であるということになります。

従来の近視性眼底出血‘脈絡膜新生血管)の治療にはレーザー光凝固、CNV抜去術、黄斑移動術などがありますが,いずれも正常網膜へのダメージが大きく良好な効果は得られず,殆どの症例に治療を行うことはできませんでした。

020104そこで、最近、東京医科歯科大学で試されているのが、光線力学療法と、アバスチンという薬剤を眼球内に注射する硝子体注入との2つの治療法です

光線 力学療法(PDT)は,光に対する感受性を強める感受性物質Verteporfinベルテポルフィンを静脈内に注射し、半導体レーザーで正常網膜に障害を与えずに眼底の網膜の新生血管だけを特異的に閉塞させる治療法です。

013002東京医科歯科大学では脈絡膜新生血管を有する強度近視患者でこの治療を(本人に経済的負担をかけない)研究費負担で施行しているそうです。

今までに光線 力学療法(PDT)を施行したのは56眼で1年以上の経過観察ができた患者を分析すると、病巣の最長径GLDは光線 力学療法(PDT)により縮小したそうです。脈絡膜新生血管が閉塞に至るまでの光線 力学療法(PDT)施行回数は1年で平均1.5回との事です。

光線 力学療法(PDT)群における,0.2 logMARをこえる視力変化の割合は,1年後に改善20%,不変65%,悪化15%で約85%の症例では視力の維持または改善を示しました。

光線 力学療法(PDT)群と自然経過群とを比較すると、1年後の視力(logMAR)はPDT群の方が良好だったそうです。

アバスチン近視性CNVに対する新たな治療のオプションはベバシツマブ (Avastinアバスチン)の眼内注入です。

avastinは 血管新生を促進する血管内皮細胞増殖因子VEGFに対するモノクローナル抗体で,VEGF の眼内での異常血管の増殖を止める働きがあります。

東京医科歯科大学でアバスチンを注入した近視性脈絡膜新生血管の患者は現在までに20名20眼とのこと。これも今は、患者さんに経済負担のない研究費で施行しているそうです。

近視性脈絡膜新生血管(CNV)に対する光線 力学療法(PDT)とavastinのにはそれぞれメリットとデメリットがあるようです。

以上、林先生のお話を極力正確に再現してみました。

この治療に興味がおありの方は、医科歯科大学の金曜日の新患をお尋ねください。
もし私の診療所をお訪ねくだされば、一通りの診察の上、医科歯科大学で私の担当している外来を通して、なるべく早く見てもらえるように強度近視の治療を行うグループの先生におつなぎいたします。

(追伸:この研究につきまして筆者清澤は詳しくはありませんので、医科歯科大学強度近視外来担当者にお聞きください。)


kiyosawaganka at 11:28|PermalinkComments(1)TrackBack(0)網膜、硝子体、ぶどう膜疾患 

2007年02月10日

279 清澤眼科医院通信76号

清澤眼科医院通信75号  (2007年2月10日土曜日)
136-0057江東区新砂3−3−53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929 (管理頁

020201◎当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。日中の電話予約が簡単ですが、夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします 花の写真は相川さん提供

◎眼科受付、医療事務員の急募:眼科パート事務員を募集します。医院への復職をお考えの方など至急お問い合わせください。( ⇒当院の概要はHPをご覧くださいタウンワークへも採用募集を掲載します。水曜日の午前午後と土曜日を含む勤務。住所の近い方優遇。。⇒当院求人ページへリンクhttp://www.kanja.jp/kyujin/info.php?hosp_no=No017057&mode=kensaku

1、ご挨拶 
江東区でも花粉症が始まっています。慈恵医大耳鼻科のページ(⇒リンク)花粉症の方は抗アレルギー剤の点眼をおはじめください。。⇒リンク点眼薬、経口剤、点鼻薬を短時間で処方します。

当医院への道案内(地下鉄、自動車、バス、徒歩)です、(⇒リンク)

でふぁいん
2.コンタクトレンズ:図はデファインのCMから

○コンタクト希望の方は保険証を持ち清澤眼科医院を御受診ください。クレジットカード一部可。初めてのレンズは(正規の診察のうえ)無料お試しレンズ試験装用数日後購入を決定可。乱視レンズも処方可。 ⇒価格表

3、◎意外に多い緑内障:視神経乳頭陥凹拡大などが診察時に発見され、視野測定した患者さん50眼は異常20%、ボーダーライン12%でした。近視患者の緑内障の率は思ったより高いです。。(元の記事に⇒リンク

コスメ
4、 眼瞼痙攣の治療について瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さんまで居ます。早めにご相談ください。

◎当医院の今後のボトックス投与予定:2-3月は毎火曜と毎土曜です。電話で直接ご相談ください。

ボトックス関連の詳細記事は別項目です。眼瞼痙攣とボトックスに関心のある方はどうぞ。眼瞼痙攣特別号75B⇒リンクから。

グーグル
5、当院ホームページは“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院と御検索願うと出ます。。⇒リンク

当ブログの2月6日の訪問者数は694ページビューは1183。いったい誰がみてくださるのか?ますます盛況ですが不思議です。


◎病名説明記事検索○検索方法 1)病名解説は、control Fで”このページの検索”から検索できます。右の記事名クリックでページにリンク中。2)系統索引(御祖母ちゃんにもわかる目の病気)もあります(⇒リンク

患者の気持ちロゴ ご質問は“患者の気持ち”の質問欄⇒(ここでリンク)からお寄せください。大変恐縮ですが、新しい質問が入ると答えを出すまで一時的に閉じます。




インターネット医科大学
○”インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科の質問に短く答えています。





hon
○神経眼科をやさしく理解するための視覚と眼球運動のすべて、編集 若倉雅登、三村治、が1月15日に出版されました。私の担当は3章視覚認知の中枢機構の中の”視覚認知とその異常にはなにがあるか?”堀江長春、清澤源弘です。⇒リンク ⇒元の記事にリンク



両眼視すぐに役立つ眼科診療の知識”両眼視”大月洋 編集、金原出版も1月31日出版。私の担当は ”両眼視と不定愁訴” p137-142 です










とれぼーの2関東の私鉄系スーパーの共同仕入れ会社八社会のフリーペーパー”とれぼーの”のドクターのよもやま話の第2回のお題は、”網膜剥離と飛蚊症”。⇒リンク。院内にも置きます。。⇒リンク




迷ったときの医者選び
5.迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されました。眼科医は12人です。

第9回東京都眼科医会実地研修会のオルガナイザーをしました。⇒リンク

◎ 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○283 瞼の癌
○282 眼科で見るMeige症候群、メイジュ症候群
○281 無晶体眼に用いられるソフトコンタクトレンズの連続装用
○280 強度近視眼の眼底出血に対する治療ジャイレートアトロフィー
○276 gyrate atrophy 脳回転状脈絡網膜萎縮症⇒リンク
○274 視神経炎と妊娠○272 眼瞼ミオキミア、眼輪筋波動症⇒リンク
○271 目前に迫った日本の医療崩壊⇒リンク
○267 黄斑円孔の治療について⇒リンク
○264 眼瞼けいれんに悩む人は意外と多い⇒リンク
○263 ミュンヒハウゼン症候群⇒リンク
○260 スターガルト病 Stargardt disease家族性黄斑萎縮  ⇒リンク
○259 パーキンソン病の眼症状⇒リンク
○257 網膜有髄神経線維と指摘されたら⇒リンク

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁



kiyosawaganka at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)眼科医院通信 

2007年02月09日

278 第9回東京都眼科医会実地研修会のオルガナイザーをしました

第9回実地研修会のオルガナイザーを私が務めました。この会は東京都眼科医会の主催で2007年2月8日19時から21時に都市センターホテルにて開催されました。(管理頁


司会は学術委員長で二本松眼科の宇多重員先生。まず最初は東京都眼科医会会長の朝広信彦先生の挨拶で、日ごろ新しい機械に十分な時間をかけて触れられないので今日のたくさん集められた展示機会を良く見ようとおっしゃいました。

020204次にインストラクターとして私が主題に関するお話をしました。といっても、主題のないテーマなので一風変わった話になりました。

自分の医院(清澤眼科医院)の現状から紹介を始め、そこに新しい眼科検査機械を導入する場合の説明をしました。

このような小さな医院では限られた診療所の面積、限られたスタッフの時間、そして限られた資金を充当しなけらばなりません。

ですから、前もって十分に、”常に活用できる機材であること”のリサーチが必要です。

020104其の中で今、運営中の医院にもう一品の眼科検査機械を導入するならば、何がお勧めかを出品7社に問いかけた結果、本日の出品機材が集められた事をお話しました。

ですから今回は今までの会のように屈折の検査機械とか、角膜の検査機械とか、神経眼科診療の機械とかといったテーマに沿ったものを集めたわけでは有りません。

020201ここで少し話題を換えて、自分の眼科医院を社会にアピールする方法としての眼科医院のブログ、この場合私の物はこの”清澤眼科医院通信”なのですが、その紹介をしました。

ブログに説明する疾患や機械の名前を増やしてゆけば、自然にアクセスが増えてくるという当然の理もお話しました。

020102ちなみに2月7日に私のこのブログにたどり着くためにの検索に用いられていた単語は眼瞼痙攣 11件、眼瞼ミオキミア5件、清澤眼科5件、上斜筋5件、顔面ミオキミア4件、清澤眼科医院通信4件、閃輝暗点4件、福与貴秀4件(私の同級生の眼科医で本も著しています)、外斜位4件、乳頭浮腫4件、核間麻痺4件、ポスナーシュロスマン症候群4件などです。

いずれも神経眼科に関連した単語で、このブログの執筆項目に取り上げて説明したものです。

実際に其の患者さんが受診してくださる訳ではありませんが、ポスナーシュロスマン症候群などはページを訪問してくださる観客数を稼ぐという意味では常連になっています(私はポスナーシュロスマン症候群のスペシャリストではないのですが。)。

それに対して白内障、緑内障、網膜剥離などの大きな概念の単語では、単語のリスト内での順位が低く、リストの一ページ目である10位以内には入れないので、私が時間と力を入れて記載してあっても、実際に見てもらえる確率はずっと低くなっています。

ですから自分に合った適切な単語をテーマに選ぶことも大切です。

020203最後に新しい機械を選ぶヒントとしての話をいたしました。

コンタクトレンズを作りに見えた近視の強い患者さんの眼底を撮影してみると、乳頭陥凹拡大や傍乳頭のもう脈絡膜萎縮など見落としがちな緑内障に関連する変化が見えてくるという経験をお話しました。

その変化に気がつけば、主治医として視野検査の必要性にも気がつくことが出来、患者さんに無理強いをしないで視野検査を受けてくださった25人中の7人という高い頻度で”正常範囲外”のハンフリー視野を持つ近視を伴う緑内障の患者さんにたどり着くことが出来るということを話しました。

020103日本では緑内障患者の8割が自分の病気に気付いていないのですから、私はこの数字がありうべき数字だと思います。

もちろん私のこの経験は学問としては、多数例での追試が必要な類の話です。

出品してくれた会社は二デック、興和、JFC、イナミ、トーメー、ワック、トプコンの各社です。

020202この場を借りて出品各社と各社を糾合してくださったリィツメディカルの柴原さんに感謝申し上げます。

また、未熟な話になってしまって恐縮ですが、一介の開業医にこのような本格的な会の準備をする機会を与えてくださった朝広先生、宇多先生にも感謝申し上げる次第です。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁



kiyosawaganka at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)医療制度、政策 

2007年02月08日

277 清澤眼科医院通信75B号  (2007年2月8日)

清澤眼科医院通信75B号  (2007年2月8日)
136-0057江東区新砂3−3−53
清澤眼科医院 電話5677-3930(管理頁

020204この B(眼瞼痙攣ボトックス)シリーズはその読者を眼瞼・顔面痙攣の患者さんとその家族と想定しています。今後も極力新しい眼瞼けいれん関連の情報を集めてこの特集を充実させてゆきますのでよろしくお願いいたします。

先日の友の会の患者さんの交流会でもこの清澤眼科医院通信Bシリーズを紹介させていただきました。最近はこの通信の全閲覧者が一日5〜600人なので、会場の方も大勢見てくださっているのかと思いましたが、見たことがあるという方はまだ3人に一人くらいでした。


01268◎米国の良性原発性眼瞼痙攣研究財団の機関紙26巻1号(2007年1-2月号)が届きました。

○今年の同財団の研究費は
(1)イタリアのBari大学のDefazio博士らのMRI拡散強調画像とSPECTによるドーパミントランスポーターの画像化の研究などに与えられています。(このグラントは数年前私たち東京都老人研PETグループが授与されたものです。)

○この号に多くの Q and Aが出ています(眼瞼痙攣に関する質問とお答え(BEBRF26巻1号)翻訳中⇒リンク

○上のQアンドAの続きです。⇒リンク

眼瞼痙攣特集f0745263.jpg 眼瞼痙攣の治療について写真はビフォーアフターボトックス(カナダの美容形成HPから)です。
注:この”眉間じわ(みけんじわ)”は現在も国民健康保健診療の給付対象ではありませんが、保険給付対象である”眼瞼痙攣”でこの表情をしているのに、本人がそれと気づかずに”しょぼついた眼”に悩んでいる患者さんも少なくありません。

020202◎”とれぼーの”3月号の医者のよもやま話の取材を受けました。第3回の話題は眼瞼痙攣です。(⇒先覗きリンク)スーパーマーケットのフリーペーパーですが1,2号のインパクトは弱くはありません。

○ボトックスは”眼瞼けいれん”の治療の大変優れた方法です。その症状の概要はしかめ面(しかめつら)です。(上の図参照)顔瞼痙攣には保険診療でのボトックス投与が可能です。一度ご相談ください。(2005.10.30、記事番号25)(ボトックスの解説ページに⇒リンク

当医院からの眼瞼痙攣治療に関連するお知らせ。当医院の直近のボトックス投与予定日は、2月と3月は各火曜と土曜です。電話で直接ご相談ください。

◎友の会関連記事
○”眼瞼・片側眼面けいれん友の会”会報第3号ができ会員に送られました。清澤眼科(および井上眼科)の窓口でも配布中です。
眼瞼・顔面けいれん友の会入会者募集:申込書も当医院窓口に届いています。(井上眼科病院内の事務局への送金費用は当医院で持ちますので)患者さんは当医院窓口で奮ってご登録ください。年2000円(?)で会員には友の会会報などの情報が随時届けられます。

○「眼瞼・顔面けいれん友の会」からの連絡。
次回の第4回友の会の例会の日程は2007年の6月9日(土)です。新日本橋興和ビルのコーワホールです。


友の会東海林会長から東京新聞に記事が出たとの連絡を戴きました。⇒リンク
○両眼性の眼瞼痙攣で開瞼失行成分が強く、片方の瞼に指を添えて眼を辛うじて開いて居るような場合にはボトックスに加えてクラッチ眼鏡を作ることが特に有効です。眼瞼けいれん用のクラッチ眼鏡(2006.10.13、記事番号151)⇒リンク

○眼からうろこの眼瞼痙攣(眼瞼けいれん); 眼瞼痙攣とは何かを説明した記事です(2005.8.30 記事番号9)眼瞼けいれんとは⇒リンク

○多くの患者さんは単に瞼がぴくぴくするだけの眼瞼ミオキミアです。⇒リンク





012611◎外部の有用なリンク (今後追加して行きますが)

眼瞼痙攣の一般向け解説書”眼がしょぼしょぼしたら、眼瞼けいれん、正しい理解と最新の治療法”(清澤・若倉共著)のご案内⇒リンクアマゾンなどで取り寄せられますが、電話くだされば当院からの発送もします。

「眼瞼けいれん・片側顔面けいれん」の情報サイト、一般向け(グラクソ・スミスクライン社)⇒リンク http://btx-a.jp/kao

○「ボトックス注100」の情報サイト、Botox.jp医家向け(グラクソ・スミスクライン社)⇒リンク http://botox.jp/

◎黒澤さんの眼瞼痙攣のブログ⇒リンク


01263◎終わりに

012610受診案内
◎新患再来とも予約をお勧めします。電話予約が簡単ですが、ここからは夜間も使える新患診療予約フォームに⇒リンクします。

ボトックス投与を御希望で住所が遠方の患者さんは何度も足を運ぶことが難しいでしょうから、電話で受付に(当日注射希望など)その旨お伝えください。

地下鉄東西線
初診の患者さんに当医院への道筋を説明します、(⇒リンク)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します

携帯SEO
今日:
昨日: 



kiyosawaganka at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)眼科医院通信 

2007年02月07日

276 gyrate atrophy 脳回転状脈絡網膜萎縮症

ジャイレートアトロフィー脳回転状脈絡網膜萎縮症"脳回転状脈絡網膜萎縮症">(⇒リンク)について私のブログを見てくださった方が居ましたのでご説明いたします。この疾患は、近視などで見られる普通の網脈絡膜萎縮とは無関係です。



012902この疾患にかかった患者は進行性の視力低下に直面し、40歳から60歳で多くが失明します。この疾患の原因は生まれつきの代謝異常です。

図に見られるような脳の表面の皺のような網膜の萎縮が周辺網膜から現れてきて、視野の狭窄や視力の低下など網膜色素変性症に見られるような症状が観察できます。

012903この原因遺伝子は第10染色体にあり、オルニチンケトアミノトランスフェラーゼornithine ketoacid aminotransferase (OAT)という酵素の異常があります. その遺伝子の異常のパターンによって異なった臨床症状を示します。

OAT という酵素はオルニチンというアミノ酸を尿素サイクルから最終的にはグルタミン酸に変えます。脳回転状脈絡網膜萎縮症ではこの回路が冒されるので血清のオルニチンornithineが増えます.

食品中のアルギニンを減らすと症状を軽くする効果があることが知られています。

013001最近はこの疾患は臨床的にも研究でもやや注目を浴びることは下火のようですが、当時の発表を見た先生や特異な眼底所見から図譜を見てこの疾患を診断することの出来る先生がいらっしゃるのでしょう。

この事実を世界に先駆けて発見したのは当時東北大学の眼科で講師をしていた早坂征次先生(後に富山医科薬科大教授に就任されました)です。私も一例の患者さんを母校の東北大学に当時留学中だった北里大学から繋ぎ、論文の共著者の一人に入れていただきました。

Takahashi O, Hayasaka S, Kiyosawa M, Mizuno K, Saito T, Tada K, Igarashi Y. Gyrate atrophy of choroid and retina complicated by vitreous hemorrhage.
Jpn J Ophthalmol. 1985;29(2):170-6.

013002当時早坂先生は入院中の患者さんをよく観察して、売店で大量のピーナッツを買い間食しているのを見て、この網膜変性の影にこの代謝異常が隠れていることに気が付いたとおっしゃっていました。

気が付いてみれば、同級生であった筆頭著者はすでに世を去り、古い東北大学の歴史の思い出となりました。私の大学卒業後7年目で臨床修練と研究に眼の色を変えていた血気盛んなころの思い出です。
今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁




kiyosawaganka at 08:45|PermalinkComments(1)TrackBack(0)網膜、硝子体、ぶどう膜疾患 

2007年02月06日

275 清澤眼科医院通信75号

清澤眼科医院通信75号  (2007年2月6日火曜日)
136-0057江東区新砂3−3−53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929 (管理頁

syoumenn

◎当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。日中の電話予約が簡単ですが、ここからは夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします

◎眼科受付、医療事務員の急募:花粉症の季節を控えて眼科事務員(と視能訓練士と)パートを募集します。小さな医院ですが、開院以来退職者なく従業員が継続勤務してくれている明るく安定した職場です。医院への復職をお考えの方など至急お問い合わせください。( ⇒当院の概要はHPをご覧ください)今週水曜のトラバーユへも採用募集を掲載しました。常勤募集が中心に見える記事になってしまいましたが、パートの方を中心に今週末までの選考を考えて居ます。別に週に5日出てくれなければ駄目なわけではありません。唯、水曜日の午前午後と土曜日には出てくださると助かります。住所の近い方を優遇します。)。⇒当院求人ページへリンクhttp://www.kanja.jp/kyujin/info.php?hosp_no=No017057&mode=kensakuなお、常勤の視能訓練士の採用はすでに内定しました。

01163
1、ご挨拶 
江東区でも花粉症が始まっています。慈恵医大耳鼻科のページ(⇒リンク)を見ますと花粉が飛散しています。花粉症の方は抗アレルギー剤の点眼をおはじめください。。⇒リンクこの季節、患者さんの利便を考慮して、点眼薬、経口剤、点鼻薬の処方を用意して最短の待ち時間を心がけています。

当医院への道案内(地下鉄、自動車、バス、徒歩)です、(⇒リンク)

でふぁいん
2.コンタクトレンズ:図はデファインのCMから

○コンタクト希望の方は保険証を持ち清澤眼科医院を御受診ください。クレジットカード一部可。初めてのレンズは(正規の診察のうえ)無料お試しレンズ試験装用後購入を決定できます。乱視レンズも処方可能です。

○”オーツーオプティクスキャンペーン”新砂コンタクトでは2月中に新規でオーツーオプティクス(O2オプティクス)2箱を購入の方にAOセプト大瓶一本を進呈中です。◎(コンタクトレンズの価格表にリンク、大変廉価です。)

3、◎意外に多い緑内障:診療の現場から
視神経乳頭陥凹拡大などが診察中に発見され、視野測定を受けて下さった患者さん50眼の結果は眼数で異常20%、ボーダーライン12%でした。近視患者での緑内障の率は思ったより高いです。。(元記事に⇒リンク


コスメ
4、 眼瞼痙攣の治療について瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さんまで居ます。早めにご相談ください。

◎当医院の今後のボトックス投与予定:2-3月は毎火曜と毎土曜です。電話で直接ご相談ください。

ボトックス関連の記事は別項目です。眼瞼痙攣とボトックスに関心のある方はぜひどうぞ。眼瞼痙攣特別号75B⇒リンクから。

グーグル
5、当院ホームページは“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで清澤眼科と御検索願うと出ます。。⇒リンク 2月6日の訪問者数: 694 / ページビュー: 1183 いったい誰がみてくださるのか?ますます盛況ですが不思議でなりません。


◎病名説明記事検索○検索方法 1)病名解説は、control Fで”このページの検索”から検索できます。右列挙の記事名で関連ページにリンクします。2)系統索引(御祖母ちゃんにもわかる目の病気)もあります(⇒リンク

患者の気持ちロゴ ご質問は“患者の気持ち”の質問欄⇒(ここでリンク)からお寄せください。大変恐縮ですが、新しい質問が入ると答えが出せるまで一時的に閉じます。





インターネット医科大学
○”インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科の質問に短く答えています。







hon
○神経眼科をやさしく理解するための視覚と眼球運動のすべて、編集 若倉雅登、三村治、が1月15日に出版されました。私の担当は3章視覚認知の中枢機構の中の”視覚認知とその異常にはなにがあるか?”堀江長春、清澤源弘です。⇒リンク ⇒元の記事にリンク





両眼視すぐに役立つ眼科診療の知識”両眼視”大槻洋 編集、金原出版も1月31日出版。私の担当は ”両眼視と不定愁訴” p137-142 です





とれぼーの2関東の私鉄系スーパーの共同仕入れ会社八社会が配布するフリーペーパー”とれぼーの”のドクターのよもやま話の第2回のお題は、”網膜剥離と飛蚊症”です。⇒リンク。4月号まで連載してもらえるそうです。院内にも置きます。。⇒リンク これを見て遠方から来てくださる患者さんに感謝しています。




迷ったときの医者選び
5.迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されました。眼科医は12人です。

◎”碌山の恋”の記事を早々に引き上げてしまいましたら、その記事で昨日検索してくださった方が5人も居ましたので、再度戻します。
先週土曜の診療終了後に隣の薬局で頼んで、待合室のテレビを見せてもらいました。合津さんらしいきれいなドラマで、最後の塑像のカバーを外す場面では泣けました。碌山美術館の庭もあんなに大きな森になったのですね。40年前の建設当時は赤土が舞う校庭に続く殺風景な庭でした。
女◎私の松本深志高校の同級生合津直枝さんが監督を務める「碌山の恋」が今週土曜日(2月3日)14時〜TBSで放送されます。合津さんの制作への熱い思いが、インタビューで紹介されています。舞台は明治30年の穂高、美しい安曇野の自然も映し出されることでしょう。【碌山の恋】HP⇒ http://sbc21.co.jp/tv/rokuzan/index.html ご覧ください碌山美術館の隣の穂高小学校は、明治28年生まれの私の祖母が松本女子師範学校を卒業し、初めて教師を務めて16円の月給を戴いた学校です。








◎ 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○272 眼瞼ミオキミア、眼輪筋波動症
○271 目前に迫った日本の医療崩壊
○269 眼瞼けいれんに関する質問とお答え;BEBRF 26巻1号 その2
○267 黄斑円孔の治療について⇒リンク
○264 眼瞼けいれんに悩む人は意外と多い⇒リンク
○263 ミュンヒハウゼン症候群⇒リンク
○260 スターガルト病 Stargardt disease家族性黄斑萎縮  ⇒リンク
○259 パーキンソン病の眼症状⇒リンク
○257 網膜有髄神経線維と指摘されたら⇒リンク
○258片頭痛(偏頭痛)migraine、閃輝暗点、⇒リンク
◎256ボトックス最新のQ and A⇒リンク
○255 小児の内斜視⇒リンク

◎大学の後輩の眼科医が症例報告作成の相談に来てくれました。症例報告の論文を書くコツは言いたい主題を唯ひとつに絞り、臨床経過は的確に短く整理し、最低限必要な引用文献で一気に結論を目指すことと思います。辺縁角膜潰瘍を示したWegener肉芽腫症の一例、近々要旨を掲示します。 ご期待ください


今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁



kiyosawaganka at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)眼科医院通信 

2007年02月05日

274 視神経炎と妊娠

視神経炎を患った病歴を持ち、現在も片眼の視力低下を残した患者さんが、妊娠した場合どのような注意が必要か?という質問をいただきました。

01281

1)まず、視神経炎のひとつに栄養の不足で起きるし神経症があります。タバコ・アルコール弱視と呼ばれますが、ビタミンなどの不足が視神経障害を起こすと考えられています。妊産婦や授乳中の婦人では十分な栄養が取れない場合これに類似した栄養の不足を原因とする視神経障害があるとされています。飽食の時代である現在ではほとんど見ることもないでしょうが、知識としては存在する疾患です。この場合には、視神経炎の発生が妊娠に先行していますのでこの心配はないでしょう。

01282

2)視神経症の原因の大きな部分を占める多発硬化症では妊娠との関連が論じられます。(ただしこの議論では視神経炎一般を多発硬化症と混同してはいけません。)

日本人における多発硬化症の頻度は人口10万に6-8人程度。
視神経炎の有病率は1.6程度(発生率は10万人に年1.0程度)のようです。

また、欧米では視神経炎の数十%が多発硬化症に進展するとされますが、日本ではその進展は10%程度とされているようです。

視神経炎では多発硬化症を疑わせる時間的空間的な再発の存在の聴取や、最初の視神経炎の診断時にMRIで多発性の無症候性の病巣の存在を見ておくことや、これも早期に髄液検査でミエリン塩基蛋白などを調べて多発硬化症を除外しておくことが有用と思われます。

01282


米国や日本のページで多発硬化症の解説(googleでmultiple sclerosisとpregnancyをかけると多くのヒットが得られます。)を読んでみますと、以前は妊娠で多発硬化症の再発発作が誘発されるので妊娠は避けるべきであるとされていましたが、最近の追試ではそのようなことはなく、大概の患者は健康な子供を出産していると記載されていますし、妊娠を恐れる必要はないとされたようです。

ただし、妊娠、出産に関しては、次の有名な論文がありました。
多発硬化症の再発は妊娠中は少なくなりますが、出産後2−3カ月は明らかに増加することが知られていて(N Engl J Med 1998; 339 : 285 - 91 : Original Article)の邦訳、一説では20%から40%の方が再発を経験するとされています。分娩後3ヶ月以内には特に注意を要するということです。その原因としては、ホルモンバランスの変調、育児による精神的・身体的ストレス、不充分な睡眠などが考えられますが、はっきりしたことはわかっていません。

この再発発作には視神経炎や眼球運動の麻痺などの眼科に関連する症状も含まれますのでその可能性のある患者さんはご注意ください。

012818

3)そのほかの素直な視神経症(いわゆる原発性視神経症)や虚血性視神経症では特に妊娠によって悪化することは考えなくて良いでしょう。

012819
4)隠れた視神経近傍の腫瘍:ただし、妊娠後に視神経症(または陳旧性視神経炎に伴う視神経萎縮)の症状が悪化する場合には、もともと下垂体付近に(下垂体腺腫や髄膜腫などの)腫瘍があって、これが妊娠に伴うホルモン状態の変化によって大きくなり、この結果で腫瘍の視神経に対する圧迫が増悪しているという場合がありますので、ご注意ください。

取り留めのないことを並べましたが、視神経炎と妊娠の話題はこの辺まで。




kiyosawaganka at 15:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)視神経、視路、視野 | 全身疾患と眼、健康一般

2007年02月03日

272 眼瞼ミオキミア、眼輪筋波動症

012701
眼瞼ミオキミア、顔面ミオキミア、眼輪筋ミオキミア、眼輪筋波動症はすべて同じ疾患をさす言葉とお考えください)

眼瞼ミオキミアは疲れたときなどに瞼の一部で、その多くは片方の眼の下側がピクピクと動く症状です。

012702

一般にミオキミアは不規則で持続時間が長い小さな不随意運動であって、一部の皮膚表面からさざ波が周囲に波紋状に伝わるような筋収縮で観察されます。自覚的には下瞼がピクピクとする感じが一般的です。

発生のしくみとしては、下位運動ニューロンに異常な電気活動が生じ、その支配下にある筋線維束が安静時にも興奮することによって起こるとされています。

(眼科では眼輪筋のほかに片目で見た世界が不規則に傾くという奇妙な症状を示す上斜筋ミオキミアが有名です。)

012703

顔で起こる顔面ミオキミア(眼輪筋ミオキミア、眼輪筋波動症と同義)では、顔面神経が支配する眼輪筋という筋肉の一部に異常な興奮が発生することでこの疾患が生じます。

眼瞼ミオキミア(顔面ミオキミア、眼輪筋ミオキミア(波動症))は肉体的な疲労だけではなく、精神的なストレスでも起こりやすいとされています。コーヒーなどの興奮性の食品や薬剤を摂取しても症状が強く出る場合があるそうです。

ミオキミアは健康な人でもワープロやパソコンの長時間操作などがもたらす眼精疲労や、寝不足の際に一時的に感じられることがると言われています。

012704

その疾患が眼輪筋波動症であれば、両目を5-10秒程度強く瞑ってもらい、その後両目の力を抜いて眼を開いていただいたときに、患者さんが意図しない患眼の眼輪筋下半の収縮を自覚的にも医師の側からも観察することが出来ます。


その他に顔面ミオキミアを起こしうる疾患には、脳幹部の腫瘍(しゅよう)や脳の炎症、多発性硬化症、外傷による顔面神経損傷の後遺症なども挙げられていますので注意が必要です。

012706

眼輪筋波動症でも眼瞼痙攣や片側顔面痙攣と同様にドライアイの症状を伴うことがまれではありません。

角膜生体染色検査やシルマーテストでドライアイがみられれば、保湿用の点眼液の使用、風除け眼鏡の装用、室内加湿器の設置などを指導します。

通常は、抗痙攣薬(リボトリールなど)までは処方しなくてもドライアイの治療で数日〜数週間で自然に症状が消えます。 それが、眼瞼けいれんや片側顔面痙攣とは違う点です。

012707

顔面ミオキミアは通常ボトックス治療の対象とはしませんので、その点からも眼瞼けいれんや片側顔面けいれんと区別することが必要です。

眼瞼けいれんは両眼のまぶたが上下とも等しくけいれんし、片側顔面けいれんは片側のまぶたと一緒に同じ側のほほや口の周りなどの顔面筋が連動して動き、ミオキミアよりも速くけいれんします。

012708
しかし実際に多くの患者さんを拝見しますと、そのいずれであるかがはっきりしない症例もあるように感じられます。その場合に私は治療を試みながらそのいずれかを判断し,最終的に必要ならボトックス治療を勧める様にしています。

全例に画像診断を施す必要はないでしょうが、治りが遅い場合には注意が必要かと思います。

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



管理頁




kiyosawaganka at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)複視、眼球運動 

2007年02月02日

273 清澤眼科医院通信74号  (2007年2月4日)

清澤眼科医院通信74号  (2007年2月4日)
136-0057江東区新砂3−3−53
清澤眼科医院 電話5677-3930 ファックス5677-3929 (管理頁

syoumenn

◎当医院は新患再来とも予約をお勧めしています。日中の電話予約が簡単ですが、ここからは夜間も使える(新患、再診)診療予約に⇒リンクします

◎急募:花粉症の季節を控えて眼科事務員(と視能訓練士と)パートを募集します。小さな医院ですが、開院以来退職者なく従業員が継続勤務してくれている明るく安定した職場です。医院への復職をお考えの方など至急お問い合わせください。(今週水曜のトラバーユへも採用募集の出稿を予定中です。今週末までの選考を考えて居ます。)。⇒当院求人ページへリンクhttp://www.kanja.jp/kyujin/info.php?hosp_no=No017057&mode=kensaku先日、常勤の視能訓練士採用内定しました。

01163
1、ご挨拶 
江東区でも花粉症が始まっています。慈恵医大耳鼻科のページ⇒リンクを見ますと花粉が飛散しています。花粉症の方は抗アレルギー剤の点眼をおはじめください。。⇒リンクこの季節、患者さんの利便を考慮して、点眼薬、経口剤、点鼻薬の処方をモジュールに用意して最短の待ち時間を心がけています。

当医院への道案内(地下鉄、自動車、バス、徒歩)です、(⇒リンク)

でふぁいん
2.コンタクトレンズ:図はデファインのCMから

○コンタクト希望の方は保険証を持ち清澤眼科医院を御受診ください。クレジットカード一部可。初めてのレンズは(正規の診察のうえ)無料お試しレンズ試験装用後購入を決定できます。乱視レンズも処方可能です。

○”オーツーオプティクスキャンペーン”新砂コンタクトでは2月中に新規でオーツーオプティクス(O2オプティクス)2箱を購入の方にAOセプト大瓶一本を進呈中です。◎(コンタクトレンズの価格表にリンク、大変廉価です。)

3、◎意外に多い緑内障:診療の現場から
視神経乳頭陥凹拡大などが診察中に発見され、視野測定を受けて下さった患者さん50眼の結果は眼数で異常20%、ボーダーライン12%でした。近視患者での緑内障の率は思ったより高いです。。(元記事に⇒リンク


コスメ
4、 眼瞼痙攣の治療について瞼が痙攣する患者さんから、開いて居るのがつらいというだけの患者さんまで居ます。早めにご相談ください。

◎当医院の今後のボトックス投与予定:1-2月は毎火曜と毎土曜です。電話で直接ご相談ください。

ボトックス関連の記事は別項目です。眼瞼痙攣とボトックスに関心のある方はぜひどうぞ。眼瞼痙攣特別号71B⇒リンクから。

グーグル
5、当院ホームページは“患者の気持ち“(ここでリンク)にあります.googleで眼科医院または清澤眼科と御検索願うと出ます。。⇒リンク


◎病名説明記事検索○検索方法 1)病名解説は、control Fで”このページの検索”から検索できます。右列挙の記事名で関連ページにリンクします。2)系統索引(御祖母ちゃんにもわかる目の病気)もあります(⇒リンク

患者の気持ちロゴ ご質問は“患者の気持ち”の質問欄⇒(ここでリンク)からお寄せください。大変恐縮ですが、新しい質問が入ると答えが出せるまで一時的に閉じます。





インターネット医科大学
○”インターネット医科大学⇒リンク”でも清澤が神経眼科の質問に短く答えています。







hon
○神経眼科をやさしく理解するための視覚と眼球運動のすべて、編集 若倉雅登、三村治、が1月15日に出版されました。私の担当は3章視覚認知の中枢機構の中の”視覚認知とその異常にはなにがあるか?”堀江長春、清澤源弘です。⇒リンク ⇒元の記事にリンク





両眼視すぐに役立つ眼科診療の知識”両眼視”大槻洋 編集、金原出版も1月31日出版。私の担当は ”両眼視と不定愁訴” p137-142 です





とれぼーの2関東の私鉄系スーパーの共同仕入れ会社八社会が配布するフリーペーパー”とれぼーの”のドクターのよもやま話の第2回のお題は、”網膜剥離と飛蚊症”です。⇒リンク。4月号まで連載してもらえるそうです。院内にも置きます。。⇒リンク




迷ったときの医者選び
5.迷ったときの医者選び迷ったときの医者選び 首都圏⇒リンク◎ “迷ったときの医者選び、首都圏“(南々社)、名医に混じって”神経眼科のパイオニア“として紹介されました。眼科医は12人です。









◎ 当ブログで取り上げた、最近の新テーマにリンクします。
○272 眼瞼ミオキミア、眼輪筋波動症
○271 目前に迫った日本の医療崩壊
○270 目前に迫った日本の医療崩壊
○269 眼瞼けいれんに関する質問とお答え;BEBRF 26巻1号 その2
○267 黄斑円孔の治療について⇒リンク
○264 眼瞼けいれんに悩む人は意外と多い⇒リンク
○263 ミュンヒハウゼン症候群⇒リンク
○260 スターガルト病 Stargardt disease家族性黄斑萎縮  ⇒リンク
○259 パーキンソン病の眼症状⇒リンク
○257 網膜有髄神経線維と指摘されたら⇒リンク
○258片頭痛(偏頭痛)migraine、閃輝暗点、⇒リンク
◎256ボトックス最新のQ and A⇒リンク
○255 小児の内斜視⇒リンク

◎大学の後輩の先生が症例報告作成の相談に来てくれました。症例報告の論文を書くコツは言いたい主題を唯ひとつに絞って、臨床経過を的確に短く整理し、最低限必要な引用文献で一気に結論を目指すことと思います。辺縁角膜潰瘍を示したWegenerの一例 ご期待ください


今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。

清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します





ビジネスブログの構築なら、アロマネット株式会社




管理頁



kiyosawaganka at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)眼科医院通信 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
院長 清澤源弘
”すべては患者さんのために”を目指す江東区南砂駅前の眼医者です。眼科知識普及に役立つブログの作成が趣味。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患を治療し、コンタクトレンズにも注目。眼瞼痙攣のボトックス治療、複視や視野障害の治療が専門でPETでの脳機能評価も手がけます。東京医科歯科大臨床教授(07年4月-、現在も毎水曜午後の神経眼科外来を担当)、2006年国際神経眼科学会副会長。日本眼科医会学術部委員
診療案内
◎診療時間◎
【月・火・木・金】
・9:00〜12:30 
・15:30〜19:00
【水・土】
・9:00〜12:30

【休診日】
水曜と土曜の午後、日曜と祭日


毎週水曜は院長不在のため、代診の医師による診療となります。

診療終了時間30分前に受付をお済ませください。

診察内容によってお時間のかかる検査をする場合もありますので
お時間に余裕をもってお越し下さい。

Archives