2008年08月10日

000 清澤眼科通信;疾患ページリンク、お祖母ちゃんにもわかる眼の病気

お祖母ちゃんにもわかる眼の病気管理頁

0002 お祖母ちゃんにわかる眼の病気(神経眼科編) 2へ⇒リンク

各種疾病の関連ページをここにまとめます。索引としてお使いください。

使い方この画面上端の”編集(E)”から”このページの検索”を選びそこに求める単語を入れると、このページのどこにあるかわかります。目的の単語をクリックしていただくと目的のページにリンクできます。


17
◎清澤眼科
○536 清澤眼科医院開院3周年、医院と南砂町駅の3年前、2年前、1年前、今、そして将来 (2008年03月23日)⇒リンク
○491 神経眼科医 清澤源弘 紹介 2008年01月18日
○361 事務員募集記事の再録 イーアイデムから(2007,6):募集終了
○299 眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の清澤眼科医院における最新の治療について
○287東京医科歯科大学眼科での清澤院長の外来診療の一日(水曜日)
交通手段(当院受診のための道案内)


8
◎眼と眼科疾患の一般的事項
550 悪性リンパ腫の診断システム(READシステム)の紹介を読んで 2008年04月14日
○508 羊膜で保護した難治性緑内障への線維柱帯切除手術とは
○171 網膜剥離手術後の埋没物マイラゲルMIRAgelの脱出(2007年12月21日)
○447 皮膚科疾患と目 (ベーチェット病などの話題)
○401”体外離脱感覚out-of-body experiencesを再現 仮想現実ゴーグルで”の記事→リンク
335 VDTと眼の健康管理の講義をしました
○290 加齢とともに多く発症する白内障と緑内障
○麻酔深度が浅いと眼球はなぜ動くのか?(10月15日)⇒リンク
鈴木氏アイチェックチャート論文出版⇒リンク
白内障、緑内障より怖い!中高年の「眼瞼けいれん」(週刊実話)⇒リンク
眼精疲労
老眼、白内障、緑内障に効く福与式の眼の調節トレーニングめまい
老人の色覚
眼科学会:視覚の中枢処理
老人と眼(一般的症状)
緑内障疑いといわれた患者様へ
白内障について
アトピー性皮膚炎に伴う眼の症状(結膜炎、白内障、網膜剥離)
エイズ、HIV感染の眼症状、サイトメガロウイルス網膜炎


7
◎眼科の社会医学的事項(学会印象記を含む)
○594 清澤眼科医院:病院の通信簿へのアンケート投稿のお願い 2008年06月25日
○542 迷ったときの医者選び東京  名医は名医を知る 最新版 に清澤源弘が収載されました2008年04月03日⇒リンク
○541 眼科でも新しい医療保険制度が始まりました ⇒リンク
○527 診療あれこれ 眼科ブログは楽し 江東区 清澤源弘
○524 3月10日は東京都平和の日=東京大空襲のあった日です。⇒リンク
○497 ボトックスによる死亡例のテレビニュースに出ました。顛末記2008年01月25日
○475 介護保険とその認定 2007年12月23日
○426 ポアンカレ予想(⇒リンク
○407 大型と2種の運転免許試験における深視力検査⇒リンク
○405 第23回 真鶴セミナー(神経眼科夏のセミナー) 印象記
○347 ロザリオの鎖 永井隆
○343 視力も下がったパナマにおける謎の疾病、原因はジエチレングリコール
○330 平成19年度江東区国保ミニドック(国保無料健康診断)の案内⇒リンク
○327、眼科学校検診に行きました (眼科校医からの講評)⇒リンク
○285 第17回眼科医療従事者講習会(全体)印象記
○278 第9回東京都眼科医会実地研修会のオルガナイザーをしました
○271 目前に迫った日本の医療崩壊
○231 ノロウイルス感染症
○188 LD learning disability 学習障害(10月18日)⇒リンク
○186 ”眼瞼けいれん・眼面けいれん患者友の会の記事”毎日新聞(10月17日)⇒リンク
第60回日本臨床眼科学会印象記
新患申し込み表、新患アンケート、問診表
眼外傷、眼科、夜間、救急、江東区、墨田区、江戸川区、文京区
江東区乳児医療券

6
◎症状から
○353 亜鉛欠乏と眼に関する話題
○530 ヘパリンと眼について
○427 飛行機に乗ると眼が痛みます
○417 目やにとは?、目やに(眼脂)を示す疾患⇒リンク
○389 「老眼」だけではない、目の老化現象に要注意 (三菱東京UFJ銀行広報誌記事)
○393 眠っているときに白目をむいてしまうのはなぜ?(NHK8月4日解体新ショー)
○381 眼の老化、この症状はすぐ眼科受診 (AAO勧告、眼科受診の勧め) →リンク
349 顔面神経痛(三叉神経痛?、顔面神経麻痺?、片側顔面痙攣?)
○341 白内障術後の耐え難いまぶしさ
○315 歪んで見えて困っています。(変視症 metamorphopsia)
○313 ドクターの四方山話 その4 (結膜下出血、老視化した近視、遠視性弱視の治療など)
○308 ウエルニッケ コルサコフ症候群Wernicke Korsakoff's syndrome
○307 ラクーンアイズ raccoon eyes(アライグマの目)、両目の皮下出血、:頭蓋底骨折のサイン
○263 ミュンヒハウゼン症候群(ほら吹き男爵症候群)⇒リンク
○225 2007年杉とヒノキの花粉症⇒リンク
○200 変視症(metamorphopsia ゆがんで見える)⇒リンク
相貌失認と中枢性色覚異常(PET検査)
眼精疲労(9月7日⇒リンク)
不等像視(左右の眼で大きさが違う)
まぶしさ、まぶしい
鞭打ち症
眼球打撲と飛蚊症



5
◎小児の眼の病気
○556 先天性眼振の解説(e-medicine)からの抜粋(診断編)⇒リンク 2008年04月23日
553 小児内斜視の発病率と病型⇒リンク 2008年04月17日
 549 Microphthalmia 小眼球への対応 2008年04月11日
○467 鎌状網膜剥離2007年12月08日
○469 医療用虹彩付コンタクトレンズ(先天性無虹彩症用)販売中止の件 2007年12月11日
○471 Pierre Robin(ピエール・ロバン)症候群とsticklerスティックラー症候群の眼症状 2007年12月16日
○438 家族性滲出性硝子体網膜症は何%が失明するか?
○436 アトピー性皮膚炎の眼合併症 (健康教室683より)
○416 瞳孔膜遺残 persistent pupillary membrane (PPM) ⇒リンク
○409 子供の内反症(さかまつげ)には手術が必要か?
9.15⇒リンク
○404 メビウス症候群
○397 夏休みの子供の眼の救急疾患
○386 先天性無虹彩 aniridia
○364太田母斑と眼の症状
○357 レクリングハウゼン病(von Recklinghausen disease)とその眼症状
○355子供の眼鏡の視力はどうする?
ウエルナー症候群 Werner's syndrome早く老人になる病気の説明です。
○344 麻疹(はしかmeasles)流行,眼の症状は?
○324 眼のコロボーマ coloboma 脈絡膜欠損鍵穴状の瞳孔です。
○316 コロイデレミア(先天性脈絡膜欠如)
○311 調節性内斜視は治らないのか?
○255 小児の内斜視⇒リンク
○211プロテウス症候群proteus syndrome⇒リンク
○207 子供の強度近視、リスクが最も少ない対処とは?
○201 PHPV:第一次硝子体過形成遺残 persistent hypertrophic primary vitreous⇒リンク
○188 LD learning disability 学習障害(10月18日)⇒リンク
○187 色素性乾皮症xeroderma pigmentosumの眼症状(10月18日) ⇒リンク
未熟児網膜症と表層義眼のQ and A
子供の近視の治療についてQ and A
遠視の眼鏡作成
乳児の眼瞼皮下腫瘍
小児の心因性視力障害、視覚障害の解説
心因性視覚障害、心因性視力障害、ヒステリー、転換反応の症例Q&A
未熟網膜症、未熟児網膜症
先天眼振の診断と治療
水痘と眼、帯状疱疹、急性網膜壊死、バリセラ ゾスター ウイルス
水いぼ(伝染性軟属腫)の眼の症状
近視と調節緊張、治療と小児用眼鏡の処方
先天性鼻涙管閉塞
乳児の内斜視、赤ちゃんの寄り眼
小児弱視等の治療用眼鏡購入に対する補助
アトロピンを用いた屈折検査





3
◎角膜と結膜に関係したお話
568 原発性開放隅角緑内障の脳脊髄圧は低い? 2008年05月21日
○567 ”コンタクトレンズと角膜感染症”の話題 2008年05月21日
○558 レーシック治療眼は6ヶ月間、国民健康保険での眼科治療が受けられないという事です。⇒リンク 2008年04月24日
○529 上強膜炎と強膜炎、その診断と治療
496 流涙とは、涙が出る、涙ぐむ、涙が流れるということ 2008年01月25日
○481 ocular albinism、眼白皮症、眼白子症
○479 フックス角膜滴状ジストロフィーと角膜グッタータ 2007年12月26日
○476 杉とヒノキの花粉症 2008年(2007年12月25日)
○468 流行性角結膜炎 (続報)2007年12月09日
○419 角膜に刺さった栗のいが⇒リンク
○411 眼瞼皮膚の角化を伴う諸疾患⇒リンク
○380 ドライアイは涙点プラグで“根治”できる→リンク
○363 乾燥性角結膜炎の診断と治療
○348 角膜の日常診療について(第40回日本眼科講習会)を聞いて ドライアイ、アレルギー、免疫、感染
○322 マイボーム腺圧迫鉗子(補追)
○285−1 ”緑内障の目薬ーたかが目薬、されど目薬ー”、吉川啓司先生講演を聴いて
○285−2 涙ーこの神秘の世界ー山田昌和先生講演を聴いて
○285−4 ”屈折ーオートレフには任せられない” 伊沢保穂先生講演を聴いて
○239 再発性角膜上皮剥離,反復性角膜糜爛
○222 翼状片pterygiumとは⇒リンク
○210 マイボーム腺⇒リンク
○196 シェーグレン症候群⇒リンク
結膜下出血、hyposphagma ⇒リンク
ヘルペス性角膜炎 (樹枝状角膜炎、円盤状角膜炎など)
涙点プラグ、(ドライアイの治療)
オルソケラトロジー
花粉症
花粉症の未短縮版(本文が長いです)
流行性角結膜炎
糸状角膜炎
結膜弛緩症
辺縁角膜潰瘍
ドライアイに用いられるパピロックミニとシクロスポリン
眼サルコイドーシス、角膜後面沈着物、雪玉状硝子体混濁
鼻涙管閉塞、鼻涙管狭窄(成人の)
さかまつげ、睫毛乱生、睫毛内反、眼瞼内反
緑内障手術眼の濾過胞感染

2
◎コンタクトレンズに関係した話題
○567 ”コンタクトレンズと角膜感染症”の話題 2008年05月21日
○513 オーツーオプティクス(O2 Optix)の新たな使い方、1ヶ月連続装用⇒リンク
○425危険なハロウィーン仮装用コンタクトレンズ
○403 ジョンソン・エンド・ジョンソン、東京オペレーションセンター(TOC)見学録 →リンク
○379スリーサム・イン東京印象記、(日本眼感染症学会、日本眼炎症学会、日本コンタクトレンズ学会)→リンク
○281 無水晶体眼に用いられるソフトコンタクトレンズの連続装用
○237 遠近両用二重焦点コンタクトレンズ
○199 ビジョンケアセミナー2006 (医療経済とコンタクト診療)印象記(2006.10.30)⇒リンク
AOセプトが戻ってきます。エーオーセプトクリアケア新発売
コンタクトレンズ洗浄液に関連した角膜真菌感染症の報道に接して
コンタクトレンズの処方とは?
使い捨てコンタクトレンズ
コンタクトレンズに関連したドライアイ。コンタクトレンズで眼の乾く方へ<(ブリンクアンドクリーン、アキビューモイスト、O2オプティクスほかの記事です。)
コンタクトレンズに適した消毒液は?”)
乱視を矯正するコンタクトレンズ

今後も、解説する疾患のレパートリーを増やしてゆきますのでご期待ください。

清澤眼科医院通信の最新ページへ(リンク)





未整理分を以下に仮に置きます。
○2008年08月28日
651 「目がぼやけるの意外な結末」日本臨床眼科学会インストラクションコース 解決!不定愁訴、不明愁訴6 の清澤担当分ハンドアウトです
○2008年08月27日
649 副鼻腔炎術後の脳硬膜海綿静脈洞瘻?○2008年08月26日
648 目力の秘密 若倉雅登著を読んで
○2008年08月24日
646 放射線視神経症とは○2008年08月24日
645 献眼を訴えるミュージカル「パパからもらった宝もの」
○2008年08月20日
644 「明日から役立つ神経眼科」 「打倒!解決!不定愁訴・不明愁訴」新潟○2008年08月24日
643 網膜中心静脈閉塞症 RETINAL VEIN OCCLUSION○2008年08月18日
640 視神経乳頭小窩(ピット)への漿液性剥離の合併 Optic pit and central serous detachment ○2008年08月17日
639 点状表層角膜炎 superficial punctate keratitis, SPK (瀰漫性表層角膜炎 KSD)、角膜の傷⇒リンク
○2008年08月16日
579 網膜色素上皮剥離⇒リンク
○2008年08月12日
637 視神経乳頭メラノサイトーマという疾患⇒リンク
○2008年08月10日
636 なかざわクリニック(つくばみらい市)開業⇒リンク
◎2008年08月10日
557 先天性眼振の解説(e-medicine)からの抜粋(治療編)⇒リンク
お待たせいたしました。先天眼振の治療に関する記載の抄訳です。
○2008年08月09日
635 生まれつきの眼振について質問を受けました (先天眼振)
○2008年08月08日
634 コンタクトレンズ価格表(新砂コンタクトレンズ)
○2008年08月06日
632 網膜色素変性症 retinitis pigmentosa, pigmentaru retinal dystriphhy

○2008年08月06日
630 マリーゴールド
○2008年08月03日
628 江東区報(2008年8月号)を見ました○2008年08月01日
626 ”医師に未承認薬販売、初摘発 しわ取り、ボトックス注射” の記事を読みました。
○2008年07月30日
625 東京医科歯科大学学外向け広報誌 BLOOM! No6 をみて
○2008年07月29日
624 目次の先読み 眼瞼・顔面けいれん友の会会報 2008年7月 第6号
○2008年07月27日
621 ステロイド緑内障
○2008年07月25日
620 目の神経形成に重要な新タンパク質を「ピカチュリン」と命名:の記事を読みました
○2008年07月24日
619 乳癌の自己検診または視触診によって乳癌の生存率は改善しない という記事を読みました
○2008年07月22日 617”世界緑内障の日記念 天満敦子 ヴァイオリン・コンサート”のお知らせ 再掲示
○2008年07月21日 616 AZOOR (Acute zonal occult outer retinopathy)
○2008年07月17日 613 おしゃれ用カラーコンタクトで眼障害多発 の記事を見て
○2008年07月16日 原田病、Vogt-Koyanagi-Harada syndrome、フォークト・小柳・原田症候群
○2008年07月12日 610 コンタクトレンズとその保存液が赤い!
2008年07月11日608 南砂町ショッピングセンター SUNAMO(スナモ)に決定
○2008年07月11日 607 眼科医院通信ブログにおけるロングテール(The Long Tail)理論の実際
○2008年07月06日 605 ”<ぱっちりメーク>ドライアイなどの危険性”の記事を読みました。
603星状硝子体症(アステロイド ハイアローシスasteroid hyalosis
602 SLK、superior limbic keratoconjyunctivitis 上輪部角結膜炎
601 脊髄小脳変性症3型( MJD, Machado-Joseph disease, SCA3)の眼症状
○599 視神経のコロボーマについての質問と答 2008年06月29日
○598 第2回心療眼科研究会 印象記 2008年06月29日
○595 小児へのオルソケラトロジー施術に対する警告 2008年06月26日
580 a big blind spot syndrome盲点拡大症候群⇒リンク2008年06月03日
○585 コンタクトレンズで視力急落した人たち (日刊ゲンダイ記事の引用とコメント)
○584 フィッシャー症候群、Miller Fisher syndromeの眼症状
581 オアシス乱視 キャンペーン 新砂コンタクトからのお知らせ 2008年06月01日
○577 流行性角結膜炎 (続報)2008年06月01日
754眼科の学校検診について2008年05月27日
○573 第2回心療眼科研究会 告示(引用) 2008年05月26日
○571 シード虹彩付ソフトコンタクトレンズが戻ってきます。2008年05月24日
○570アベリノ角膜ジストロフィー、(顆粒状角膜変性症、グレノフ1型Groenow1角膜ジストロフィー) 2008年05月24日




























kiyosawaganka at 06:54│Comments(1)TrackBack(2)社会問題と眼科 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

2. 「白内障・緑内障・黄班変性症」について  [ 続・・・マツケンの世界!! ]   2008年01月19日 09:52
こんばんは、マツケンです。そろそろテーマを決めてみようと思います。そして今回は眼 「白内障・緑内障・黄班変性症」について少し・・・最初は ”白内障” に関してです。白内障ってどんな症状なんですか?白内障って眼の病気なんですか?白内障ってよくなるんですか?白内...
1. 眼瞼下垂(がんけんかすい)  [ 赤ちゃんと子供の病気 ]   2007年01月24日 07:52
眼瞼下垂とは、生まれつきまぶたを引き上げる筋力が弱いために、 上まぶたが下がった...

この記事へのコメント

1. Posted by 黒沢   2006年08月15日 00:09
これはすごいですね。猿でもわかるという番組がありましたが。目で悩んでいる人に教えます。

お答え:ありがとうございます、清澤

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
院長 清澤源弘
”すべては患者さんのために”を目指す江東区南砂駅前の眼医者です。眼科知識普及に役立つブログの作成が趣味。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患を治療し、コンタクトレンズにも注目。眼瞼痙攣のボトックス治療、複視や視野障害の治療が専門でPETでの脳機能評価も手がけます。東京医科歯科大臨床教授(07年4月-、現在も毎水曜午後の神経眼科外来を担当)、2006年国際神経眼科学会副会長。日本眼科医会学術部委員
診療案内
◎診療時間◎
【月・火・木・金】
・9:00〜12:30 
・15:30〜19:00
【水・土】
・9:00〜12:30

【休診日】
水曜と土曜の午後、日曜と祭日


毎週水曜は院長不在のため、代診の医師による診療となります。

診療終了時間30分前に受付をお済ませください。

診察内容によってお時間のかかる検査をする場合もありますので
お時間に余裕をもってお越し下さい。

Archives