2010年03月09日

1321 オアシス&オアシス乱視用 はじめてキャンペーン

28ジョンソンのSさんが春のキャンペーンを持ってきてくださいました。オアシスのキャンペーンです。



初めてキットプレゼント
























オアシス&オアシス乱視用 はじめてキャンペーン:
期間:
3月8日(月)〜5月31日(月)まで(※景品がなくなり次第終了)
内容:
「アキュビュー オアシス」または「アキュビュー オアシス」乱視用を初めてご購入の方に、アキュビューオリジナルミニバッグ・2週間お知らせタイマー・ケア用品(コンセプトワンステップ300ml)をセットにしてプレゼント。先着60名様限定。なくなり次第終了です。お早めにご来店ください。

(販売店に渡された案内に新砂コンタクトへの割り当て数60セットがペンで記入されているところが御愛嬌。)



30日間返金保証
























オアシス&オアシス乱視用 30日間返金保証プログラム
期間:
2010年2月1日(月)〜6月30日(水)ご購入分まで
7月30日(金)電話申込締切




29
内容:
対象製品を初めてご購入後、何らかの理由で製品満足いただけなかった場合、レンズ購入金額を返金します。※お一人様1回限り、上限2箱(1箱に4枚以上の未開封レンズが残っていること)※返金方法は銀行口座振込 ※検査代等レンズ以外の代金は返金対象外※購入後30日以内に事務局へ電話で申込み
☆0120-584-555 受付時間9:00〜18:00(日・祝除く)



清澤からのコメント;
,禄佞離丱奪トゥースクールのキャンペーンでしょうか?今まで私のところでの過酸化水素系消毒液はチバのAOセプトが主流でしたが、今回はジョンソン社が用意したAMO社とのタイアップで、コンセプト・ワンステップだそうです。消毒液代金を考えるとかなりなお買い得かも。

△蓮▲譽鵐困鮨卦に購入して気に入らなかった場合にジョンソン・エンド・ジョンソン社が直接に購入代金を返金するというわけですね。私のところでは、レンズの払い戻しを今までにほとんど経験してはいませんので一見不必要なキャンペーンにも見えます。

 使用開始後に返品の希望が有った場合には、諸費者とレンズ会社との間に立つ販売店を省くことで、迅速で感情を排した良好な対応をとれるようにするという目的の様です。

 消費者には、苦情を持ち込むこと自体が精神的にも時間経済的にも大きな負担ですから、”どうも私には合わないようだ”と電話で顔も知らない担当者に説明するだけで済む訳ですからとても気楽で、現代の消費者には向いているかもしれませんね。

 販売店にとっても、”コンタクトレンズへの苦情その対応”は、金銭面ばかりでなく、不満の原因が何かを考えて説明する野に要する時間と、消費者との関係が気まずくなってしまうケースなどでは従業員にも苦労をかけますから、そこをあっさり肩代わりしていただけるならば大変助かります。

 4枚残っていれば開封されていても良いですが、全量が2箱までで一回のみという数の制限があり、さらに銀行口座振り込みという事で個人が特定されますから、キャンペーン制度の不正使用もできなくなっています。申し訳ありませんが、医療機関に払われた医療費は返還の対象外です。

 と、大変良く考えられたキャンペーンでさすが業界最大手のジョンソン・エンド・ジョンソン社のキャンペーンだと思います。まあ、うちの様な小さな医院では、診療費はかかってしまいますが、相対で患者さんとともに改善策を探しますので、気楽に声をかけてくだされば、喜んでレンズの種類を換えるなどの対策を患者さんと一緒に考えますけれど。コンタクトレンズは、一度売ってしまえば終わりという商品ではなく、継続的で安全なレンズの供給を前提とした商品ですから。
ーーーーーーーーーーーーーー

best doctors logo vertical (ベストドクターズとは)

今日も最後まで眼を通してくださりありがとうございます。


管理頁


相互リンクページ,相互リンクstation) 眼科眼科医フォーチュンクッキー日記&ブログ
眼医者さんのリンク集 | Ganka Links


清澤眼科医院通信最新ページへ(リンク)します



kiyosawaganka at 19:10│Comments(0)TrackBack(0)コンタクトレンズと眼鏡 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール
院長 清澤源弘
”すべては患者さんのために”を目指す江東区南砂駅前の眼医者です。眼科知識普及に役立つブログの作成が趣味。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患を治療し、コンタクトレンズにも注目。眼瞼痙攣のボトックス治療、複視や視野障害の治療が専門でPETでの脳機能評価も手がけます。東京医科歯科大臨床教授(07年4月-、現在も毎水曜午後の神経眼科外来を担当)、2006年国際神経眼科学会副会長。日本眼科医会学術部委員
診療案内
◎診療時間◎
【月・火・木・金】
・9:00〜12:30 
・15:30〜19:00
【水・土】
・9:00〜12:30

【休診日】
水曜と土曜の午後、日曜と祭日


毎週水曜は院長不在のため、代診の医師による診療となります。

診療終了時間30分前に受付をお済ませください。

診察内容によってお時間のかかる検査をする場合もありますので
お時間に余裕をもってお越し下さい。

Archives