2016年01月31日

7421:松本市の温泉旅館「扉温泉・明神館」が雪で一時孤立

孤立320人、長野扉温泉大雪で倒木…道路ふさがれ

眼科医清澤のコメント:明神館は高級な旅館で松本市内からもたまに出かけてゆきます。東町の料理屋「ヒカリヤ」は系列店。東京中央郵便局にも支店(http://r.gnavi.co.jp/gd1n619/)を出していると聞いています。
 谷が折れ曲がっているのでここではパソコンも事務室前以外では通じません。松本市内といっても信濃川(此処での河川名は信濃川犀川、奈良井川、薄川すすきがわと別れた先で)のはるか上流で、普段の川幅は1m程度です。それでも水の流れる音が客室の窓を開けるといつも聞かれます。
AS20160130002435_commL
 場所としては三城牧場の近くで、美ヶ原の王が頭に登る崖道;百曲り登山道☆の直下です、この崖を小学校の登山で上ったのは50年前のことです。

 本道からわかれた温泉への道では、自動車の擦れ違いにも苦労する小道があるだけです。湯治に行くたび、いつかは雨に伴うがけ崩れなどで孤立することがありそうだと思っていました。ここに金曜の夜から雪が降ったのですね。

☆百曲り登山道 (https://www.mcci.or.jp/utukushi/maphyaku.htm)
『 百曲り登山道は、松本の小学校高学年の登山でも利用されるルートで三城牧場から
美ヶ原高原へ登る最も一般的な登山道。
標高差400mほどを細かく折れ曲がって登ることから百曲りと呼ばれる。
また、多くの文人が訪れたコースでもあり「文豪コース」とも呼ばれる。
深田久弥氏の名著「日本百名山」に「三城牧場から、原の一角に登り、金の風に
吹かれながら武石峰までさまよい歩いて、・・・」との記述が、また山岳詩人
尾崎喜八氏は『高原詩抄』の『美ヶ原熔岩台地』で「登りついて不意に開けた
眼前の風景にしばらくは世界の天井が抜けたかと思う」と詩った。』

 東京は雪との予想でしたから、私も帰宅しないで院長室に泊まり込みました。しかし、雪も積もることはなく、誰一人電車の遅れで遅刻する職員もおりませんでした。
 無事1月の診療を終了でき、土曜午後から、清掃担当の奥秋さんが集中的な清掃とワックスのかけ替えを日曜までかけて一人で行ってくださっています。
   −−−
IP160130TAN000146000��

松本・山形村の孤立、利用客ら救助

孤立から救助され、マイクロバスで移動する扉温泉の利用客=30日午後3時42分、松本市入山辺

 松本市や山形村の道路を倒木で寸断し、旅館や日帰り温泉施設の利用客、従業員を孤立状態にした交通障害。一定の復旧により多くの利用客は30日午後、無事救助され、関係者はひとまず胸をなで下ろした。

 通行止めとなった同市入山辺の県道松本和田線などでは、道路管理業者による倒木撤去や中部電力による電線復旧が続いた。作業中も、氷が付着した木の枝や幹が重みで曲がったり、折れたりする音があちこちで響いた。山形村の清水高原では、折れた木が車のボンネットに突き刺さる被害もあった。塩尻市の国道20号など主要幹線も一時通行止めとなった。

 孤立状態だった扉温泉の旅館「扉温泉・明神館」と日帰り温泉施設「桧(ひのき)の湯」の利用客や従業員らは、同日午後、県道が通れるようになり、徒歩で移動。マイクロバスに乗り込んだ利用客はホッとした表情を浮かべた。

kiyosawaganka at 11:02│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

プロフィール
院長 清澤源弘
”すべては患者さんのために”を目指す江東区南砂駅前の眼医者です。眼科知識普及に役立つブログの作成が趣味。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患を治療し、コンタクトレンズにも注目。眼瞼痙攣のボトックス治療、複視や視野障害の治療が専門でPETでの脳機能評価も手がけます。東京医科歯科大臨床教授(07年4月-、現在も毎水曜午後の神経眼科外来を担当)、2006年国際神経眼科学会副会長。日本眼科医会学術部委員
診療案内
◎診療時間◎
【月・火・木・金】
・9:00〜12:30 
・15:30〜19:00
【水・土】
・9:00〜12:30

【休診日】
水曜と土曜の午後、日曜と祭日


毎週水曜は院長不在のため、代診の医師による診療となります。

診療終了時間30分前に受付をお済ませください。

診察内容によってお時間のかかる検査をする場合もありますので
お時間に余裕をもってお越し下さい。

Archives