2018年04月17日

9776:第二砂町中学校眼科学校検診を行いました。

無題 今年の学校検診の先端を切って、江東区立第二砂町中学校(http://2suna-chu.koto.ed.jp/)の眼科検診を本日行いました。なぜ春になると生徒さんたちが学校からの紙を持って押し寄せるのかを理解してもらおうと、私が眼科学校検診に出務するときには一人ずつ視能訓練士を連れてゆくことにしています。

東京メトロ東西線が西葛西から荒川を超えて地下に入る直前に右手に見えるのか第5砂町小学校とこの第2砂町中学校です。中学の校舎の窓には地震対策のトラスが追加工事で入れられています。

昼の1時15分から開始して2時半過ぎまでの約70分で生徒数700名ですから一人約6秒です。斜視の有無、眼瞼下垂の有無、結膜炎を含む外眼部の疾患などをチェックしてゆきます。簡単な診察ですが、さすがに500人を超えるころには眩暈がしてきます。

今日の検診で何らかの指摘を受けた人と、保健室での測定で視力不良な生徒さんには後日、いずれかの眼科への受診の勧告が渡されます。また、本日お休みであった生徒さんには学校医である私への受診を勧告する手紙が渡されるはずです。

本日は保健室の先生はじめ、生徒さん方の協力も戴き、無事検診を終えることが出来ました。感謝申し上げます。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



kiyosawaganka at 01:12│Comments(0)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
プロフィール
院長 清澤源弘
”すべては患者さんのために”を目指す江東区南砂駅前の眼医者です。眼科知識普及に役立つブログの作成が趣味。緑内障、小児眼科、花粉症などの眼科疾患を治療し、コンタクトレンズにも注目。眼瞼痙攣のボトックス治療、複視や視野障害の治療が専門でPETでの脳機能評価も手がけます。東京医科歯科大臨床教授(07年4月-、現在も毎水曜午後の神経眼科外来を担当)、2006年国際神経眼科学会副会長。日本眼科医会学術部委員
診療案内
◎診療時間◎
【月・火・木・金】
・9:00〜12:30 
・15:30〜19:00
【土】
・9:00〜12:30
【水】
・9:00〜12:30
・14:00〜17:30
毎週水曜は院長不在のため、
代診の医師による診療となります。

【休診日】
土曜の午後、日曜と祭日




診療終了時間1時間前に受付をお済ませください。

診察内容によってお時間のかかる検査をする場合もありますので
お時間に余裕をもってお越し下さい。

Archives