お盆に行ったワークから最近よく読む本は精神世界関係の本が多い。

昔からよく読むジャンルだけど、最近は読むことも少なかった。

病院勤務を辞め、独立するので経営関係の本や治療関係の本が多かった・・・

しかし、また読み出すと面白い!!

特にイッキに読んでしまった本がこれ。

 

アウト・オン・ア・リム (角川文庫)

直感を無視してしまうことってありませんか?

私はこの数年間、病院を辞め独立することばかり考えていました。

しかし、鍼灸治療院で独立する自信がなく踏ん切りがつかなかった。

当初は介護業務と治療院をやるつもりでいた。

なぜなら、このパターンで成功している先生が多かったからでした。

しかし自分自身、「本当にやりたいことなのか?」と自問自答ばかりしていた。

何もやっても上手くいかなかった。

 

2年前にケアマネの受験に失敗してから、イッキに踏ん切りがつきやりたい事が明確になったような気がします。

その後、なぜだか事が上手く運ぶ事も多くなり、色々な出会いもあった。

訪問鍼灸・リハビリの患者さんも介護事業所から紹介していただけるようになり、患者さんも来てくれるようになり、退職の踏ん切りもつきました。

結局今まで、自分の直感を無視していたような気がします。

自分の、「内なる声」に従ったほうがいい。

そんなことを思い出された本です。