青山清利のキャンパスライフ~気ままに旅blog~

青山清利のキャンパスライフ~気ままに旅blog~です

青山清利です。

お久しぶりの投稿になります!!

 

今日の話題は今注目の国です♪

これ見て色々参考にしたいと思います~

皆さんにも共有しますね!

2018年注目の海外旅行先ランキング | Travel Trend

旅行会社のエイチ・アイ・エス(HIS)が「2018年ヒットしそうな旅先」を発表しました。

最近、問い合わせが増えた方面などについて、社員937名に実施したアンケート調査をまとめてランキング化しました。

【2018年ヒットしそうな旅行先ランキング】
順位 旅行先
1位 ドバイ(アラブ首長国連邦)
2位 モロッコ
3位 ロシア
4位 オーストラリア
5位 アイスランド

 

1位のドバイは女子旅での問い合わせが増加中。

世界一の称号の多い豪華なデスティネーションの割に、旅行料金は他の都市と比べても高くない点も人気の理由だといいます。

ドバイはアラブ首長国連邦第2の都市でエメラルドグリーンに輝くアラビア湾のリゾート地で、近未来的な雰囲気が漂うコスモポリタン都市でもあります。

 

f:id:kiyotoshi001:20180730180816j:plain

一方、スーク(市場)や史跡のある旧市街やアラビア文化、広大な砂漠までも体験できるユニークなデスティネーションとして近年日本人旅行者数も増加しています。

近年メディアでの露出が増えていたり、世界一の称号を多く持っていたり、規模の大きさと豪華さはドバイでしか体験できないのも魅力です。

また、最近ではSNSで写真がアップされていたり、女子旅としても人気が高まっております。

 

3位のロシアはサッカーワールドカップ開催地。

入国の際、ビザが必要な国ですが、サッカーワールドカップのチケット購入後に「FAN ID」とよばれる申請を行うことで、観戦のためにロシアを訪れる人はビザ取得が免除されます。

また、ロシアのアファネシエフ駐日大使は30日以内なら日本人はビザなしで入国できるようにすることを検討中であると述べており、近い将来にロシア旅行が気軽にできる時代がやってきそうです。

 

このほかHISでは、少数票の方面のなかから今後のトレンドになる可能性があるとして、「イスキア島(イタリア)」「クック諸島」「バルト三国(エストニア、ラトビア、リトアニア)」「アゼルバイジャン」の4方面をピックアップ。

このうちアゼルバイジャンの首都バクーは「世界一バブルな都市」と言われ、ドバイにある世界一の高層ビル「バーシュカリファ(828メートル)」を超える1050メートルの超高層ビルの建設が予定されています。

 

1位~3位の共通点としては、中東と欧州、欧州とアフリカ、アジアと欧州など、交易路として栄えた独特の歴史文化的な魅力にも注目が集まっています。

全体的バブル感を漂わせる中東に注目集まっている印象です。

私が旅行業界に勤めていた10年前ほどから、中東エリアが人気をじわじわと集めてましたが、ここ最近は国の観光産業の発展スピードに比例して、
一気に来た感じです。

 

 

と、こんな感じみたい!

ワールドカップ終わっちゃったから、ロシアはちょっと人気落ちたかもね!

けど行ってみたい国ではあります(*´ω`*)

 

卒業までにはこの国のどこかに行きたいな!!

皆さんはどうですか?

 

青山清利でした♪

青山清利です!

旅行が好きな青山清利ですが、

今期はサークルで行こうと話している場所についてご紹介します!

といってももうすぐなんですけどね!笑

大政奉還150周年を彩る!京都府にて「二条城ライトアップ」開催

大政奉還150周年を彩る!京都府にて「二条城ライトアップ」開催

京都府の二条城にて、2017年10月13日(金)〜10月22日(日)の期間で大政奉還150周年を記念した「二条城ライトアップ」が開催されます。京都府の観光地としても名高い歴史ある二条城が、美しくライトアップされるこのイベント。デートにもおすすめですよ。

京都府にて「二条城ライトアップ」開催

開催期間:2017年10月13日(金)〜10月22日(日)

京都府の二条城にて、2017年10月13日(金)〜10月22日(日)の期間で大政奉還150周年を記念した「二条城ライトアップ」が開催されます。
※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

京都市では、大政奉還150周年を機会に幕末維新に縁のある全国の22都市が相互に交流・連携を図る「大政奉還150周年記念プロジェクト」に取り組んでいるそうです。記念プロジェクトのメイン事業として、初の二の丸御殿内夜間一般公開となる「二条城ライトアップ」が実施されます。
※写真は過去のものです。

※写真は過去のものです。

※写真は過去のものです。

※写真は過去のものです。

ライトアップやプロジェクションマッピングだけではなく、京都の伝統工芸、菓子、漬物、お酒が揃う「京の老舗名産品展」やステージイベントも同時に開催されるので観光のついでに寄っても楽しむことができるのだとか。

美しい二条城に足を運ぼう!

※写真はイメージです。

※写真はイメージです。

京都旅行の観光定番スポットになっている二条城ですが、ライトアップやプロジェクションマッピングによってさらにいつもとは違った雰囲気の二条城を見ることができると思います。是非足を運んでみてくださいね。

詳細情報

・開催期間:2017年10月13日(金)〜10月22日(日)
・開催場所:二条城
・開催時間:18:00~21:00(閉城21:30)
・入城料:一般 600円/小中高生 300円

150周年なんて記念すべき年のライトアップ!

これは旅行サークルとしては行かないと名が廃ります!

というわけで

かな~りギリギリでなかなか空き探すの大変だったけど行ってきますw

機会がある人はぜひ!

青山清利でした。

青山清利です。

まだ昼は残暑が厳しかったりしますが、

そろそろ秋!

夏の名残とこれからの秋を同時に楽しむことができそうな場所を見つけました!

とても美しい渓谷をどうぞ

仁淀ブルーに息をのむ!高知県にある「仁淀川」は日本一”青く”美しい

高知県にある「仁淀川(によどがわ)」って知っていますか?”日本一美しい川”としてカメラマンや一部の観光客の間で静かにブームになっている仁淀川の最大の魅力は、その”青さ”。「青の神秘」、「仁淀ブルー」という言葉が生まれるほどの美しさをご覧ください。

「仁淀ブルー」と呼ばれる神秘の美しさ

日本一きれいな川と聞いて真っ先に思い浮かぶのは「四万十川」ではないでしょうか?
でも水質ランキングで一位を獲得しているのって実はこの「仁淀川」なんです。
この青さは「仁淀ブルー」と称され、NHKのスペシャル番組「仁淀川――青の神秘」で紹介されてから徐々に「仁淀川」を知る人は増えてきているそうです。

青い滝壺、「にこ淵」

仁淀川水系の上流には「にこ淵」という滝壺があります。知る人は少ないですが、神秘的な「仁淀ブルー」には息をのんでしまいます。
「にこ淵」までの道には簡単な看板と地図しかありません、険しい山道を用意されたロープをつたっていくと見えてくるエメラルドグリーンの滝壺は、まさに秘境…

心安らぐ、安居渓谷

美しい川には森は欠かせません。川と森は生態系の中心、「安居渓谷」ではそんな自然の力強さを感じることができます。
夏は河原遊び、バーベキュー、渓谷トレッキングなど、景観と同時に、川自体を楽しむこともできます。川を感じて、川で遊ぶ。都会にいるとできない最高のレジャーです。

神秘的な滝の景観、中津渓谷

「仁淀川」の美しい流れは何千年の歳月を経て、岩を削り、渓谷をつくりました。
「中津渓谷」には滝が創りだす神秘的な景観が数多くあります。
「雨竜の滝」は中津渓谷のシンボル的存在です、昔は近づくことが容易ではありませんでしたが、現在は遊歩道が整備され、間近で見ることが出来ます。

ホタルが集う”光る森” 横倉山

横倉山は”光る森”として知られています、その正体は「シイノトモシビタケ」、光る特殊なキノコです。
こんなに神秘的な森があるのも、仁淀川の清流あってこそ。仁淀川のきれいな流れが創りだす、自然の芸術です。
”光る”のはキノコだけではありません、空を舞う無数のホタルも。空を見上げると満点の星空、この場にいるとまるで宇宙にいるような錯覚に襲われてしまいます。

今年の夏は「仁淀ブルー」に心を洗われてみては?

昔は日本にもこんな川がたくさんあったそうですが、今では数えるほどになってしまいました…「川を感じて、川で遊ぶ」ということは川の周りの自然を、生き物を、全てを感じるということ、それは日本人が忘れかけている自然との付き合い方です。今年の夏は、都会の騒々しさからフッと離れてみて、「仁淀川」で思いっきり自然に包まれてみませんか?きっと気分もリフレッシュしますよ♪

心が安らぐ本当に美しい渓谷です

ここに行きつくまでの疲れも

日頃の疲れも

全て洗い流してもらえそうです

秋も終わりごろになると冷えますが、

まだこの時期ならいけますよ!

是非この行楽シーズンに訪れてみては?

青山清利

↑このページのトップヘ