September 19, 2008

傍らにはハンカチとティッシュを置け

なぜ君は絶望と闘えたのか

昨夜、この本を読んだ。

夜の10時ちょっと前だったので少しだけと思って読み始めた。結果、あとがきまで一気に読み上げてしまった。気がつくと夜中の1時半になっていた。

「面白かった」わけではない。

冒頭から涙が溢れ、時に怒り、時に憎み、時に哀れむ自分がいる。

著者が見守り続けた本村洋氏、本村氏を支えた人々の中で彼の辛さ・やるせなさ・絶望感、それを心に抱きながらも自分がなすべきことを感じ取り行動に起こした勇気。痛いほど感じた。

最後の死刑囚Fのインタビューを読み、人を殺めるという大罪を自分のこととして考えることができる加害者。本当に反省をしている加害者をみた。これが本村氏のゆらぎない信念と行動でFに伝えたかった罪の償い方、罪を犯すということの重さであろう。

だから人を殺めたものは自分の命をもって償うしかないのだ。



kiyoyqb02014 at 09:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 語ってもいいですか | 愛読本

August 27, 2008

日本人のDNA

先日、お伊勢参りに行って来ました。

 

  荷造りをしながらこころ飛びゆかんお伊勢参りに心が弾む

 

昼間に一度、お神楽奉納と参詣をして、朝早くにも参詣しました。

やはり、日本人のDNAなのでしょうか。一生に一度はお伊勢に行きたいと思っていましたが、荘厳でしたねー。特に朝は・・・・

日常の喧騒とした日々が嘘のようにこころおだやかな心持になったのです。



kiyoyqb02014 at 10:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0) 体験日記 

August 11, 2008

今さら韓流?

友達が『絶対におもしろい』『はまるよ』と豪語するのでとうとう見てしまった。

そして今、ワタシは確かにハマッった。

この半年で、見た韓国のドラマ

宮廷女官 キム尚宮(さんぐん) DVD-BOX1

 

キム尚宮の性根の悪さにのめりこんでしまいます(笑)


ホジュン BOX8 ~宮廷医官への道~

 

ホ・ジュンの運の悪さにのめりこんでしまいます(笑)


商道[サンド]DVD-BOX 1

 

イム・サンオクとタニョンの悪縁、実らない恋のトライアングル。ずるがしい人間に邪魔されながら商売の道を進むわけですが、その『悪』対『正』の微妙なバランスにのめりこんでしまします。


海神-HESHIN- [ヘシン] DVD-BOX 1

 

ジャミ夫人のヘアスタイルにはまります(笑)
まっ、それだけではないのですが、友情・恋愛・生き方などなど、見ていくにしたがって、のめりこむ度合いが加速度的にパワーアップされてくのです。また、結構笑えるシーンも多くて、うまく作りやがったなと思ってしまいました。


太陽人 イ・ジェマ~韓国医学の父~DVD-BOX1
いつのめりこましてくれるのかと一応、見たのですが、あははは。

 

という作品は全て見てます。今、途中のシリーズは

朱蒙〔チュモン〕第一章 前編
太王四神記 DVD BOX I(ノーカット版)
これらについては、全て見終わってから感想は書きましょうか。

 

つまり、一番のお薦め韓国ドラマは

ヘシンとサンドです。しかーし!

いつも、感じるドラマの最終回での感想は

 

 

『それで終わりかよ!』

 

 

『そんなんでいいのかよ!』

 

です。



kiyoyqb02014 at 11:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 海外ドラマ 

July 29, 2008

海の勇姿に心が熱くなるゼ!

ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX1
ホーンブロワー 海の勇者 DVD-BOX2

最近、私の中でのヒット作品!!
C・S・フォレスターの海洋冒険小説がTVドラマ化されたものです。17歳で海軍の士官候補生となったホレイショ・ホーン・ブロワー、彼が士官候補生から海軍提督まで上り詰めていく姿を描いています。

映像が壮大で、なんともいえない色彩美。
これは只の【成り上がり物語】とは違います。
見る人が、当時の欧州各国列強の最大の誇り、海軍の晴れやかなるも、その裏側にあったであろう人間同士の熱い想いを感じ取るような、歴史ドラマ。

17歳のひ弱な若造が、知恵と勇気と正義感で苦難を乗越えていく姿が、もう爽やかで爽やかでたまりません。
爽やかというだけでなく、彼の心の中に燃え滾る熱い想いと強い意志。その炎は見ているものの心をも熱く、そして気高くさせてくれます。

是非との一度お試し下さい。そして感じて下さい。

ワタシは小説を読んでみようかと思っております。



kiyoyqb02014 at 11:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DVD | 海外ドラマ

July 26, 2008

茹だ小僧 参上!

かなり投げっぱなしにしたblog。
いいかげん、閉鎖しようかとも思いましたが・・・
せっかくなんだから。くだらないことがあった時は書き込むことにします・・・(笑)

今日は、なんだかこんなことを思い浮かべちゃったのよ。

だって、うだるような暑さで心も体も『うだぁ〜・うだぁ〜』としちゃうでしょ。

 

『茹(う)だ小僧』のような状態じゃー!

           ↓

 

           ↓

 

           ↓

 

『茹だ小僧』とはワタシの想像上の妖怪です。

どんな奴かって?

続きを読む

kiyoyqb02014 at 12:01|PermalinkComments(1)TrackBack(0) どうでもいいこと 

October 27, 2007

ホストな彼 メガネ編

『ホストな彼』と呼んでいるが、奴はホストではない。ましてやワタシの彼氏でもない。職場の同僚(?)か部下(?)か・・・いやなんとなく違う気がする。
そう、部署が違う後輩というのが一番あっているかもしれない。うん。
奴の呼び名はBJとしよう『big jab』
BJの放つ言葉はハートに響く。まるでボクサーが魂のパンチを打ち込むように。奴はとてつもなくこのワタシを心地よくさせる。名づけて『ホストな彼』
そんな奴のホストたる所以を綴る・・・・ときどきね。

昨日のこと。
視力が両目とも0.01なワタシ。普段はコンタクトレンズを着けているが最近、目疲れが気になり、メガネをかける日が多くなった。
そして先週、新調したばかりのメガネをかけていた。
奴とは朝から会うこともなく一日が終わろうとしていた。その時、奴と事務所で会った。

ウェン『お疲れさまぁ〜』
BJ 『お疲れ様です。あれ?メガネ。イメージチェンジですか?』
ウェン『普段はコンタクトしてるんだけど、最近、目が痛いんだよね。』
BJ 『そうなんですか。おしゃれかと思いました。メガネもいいですね。より知的に見えますもん。』

そこまで褒めてくれるかぁ〜。
笑いが収まりませぬ。



kiyoyqb02014 at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホストな彼ネタ | どうでもいいこと

October 25, 2007

ホストな彼 車編

今年の3月から奴はやって来た。
私の職場にやって来た彼・・・・『ホストな彼』と言おう。

なぜ『ホストな彼』なのかという所以を記録に留めよう・・・・
ときどきだけど

 

ある日のこと。
たまたま奴がちょっと遠い大型ショッピングセンターに社用で買い物に行くということを聞いた。私は前からその店で買ってきてくれと頼まれているものがあることを思い出した。ついでに買ってきてもらおうかとも考えたが、はっきりと商品名が思い出せずうる覚えだったため、一緒に連れて行ってもらうことにした。

車に乗ろうとドアを開けようとした時、奴は小走りでなぜか助手席のほうにやってきた。私がドアを開けた瞬間に奴は言った。

 ホストな彼 『あぁ〜。自分が開けようと思ったのに・・・・ごめんなさい』

 ウェン 『あっ!折角だったのにごめんね。』

なんとドアを開けてくれようとしたらしい。そんなことしてくれる人に会った事ことないゾ!

 ホストな彼 『汚い車ですけど・・・・』

 ウェン 『社用車だからね(笑)』

 ホストな彼 『だって、ウェンさんを横に乗せるならもっといい車でないと・・・』

そんなこといわれると

小気味がいいではないか!

 

そういうことを自然に口に出せる奴なのだ。
背は180cmはあるだろう。中肉中背。顔はパッと見「氷川きよし」に似ている。

決して好みではないが、話していて気持ちのいぃ〜。
どうかワタシを癒して下さい!って思うです。



kiyoyqb02014 at 00:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ホストな彼ネタ | どうでもいいこと

October 19, 2007

ミラクルバナナ

ミラクルバナナ

 

 

廃棄物となっていたバナナの木から紙を作り発展途上国の暮らしに役立てようという実在のプロジェクトをモチーフに作られたドラマ。
大使館の派遣員として赴任した幸子。赴任先は西半球の最貧国と言われ、政情不安なハイチだった。ハイチでは路上でお金ほしさの窓拭きをする少年や人の財布をかっぱらおうとする少年との遭遇。学校に通えない子供のいる現状。学校に通える子供でさえノートも買えない現実。ハイチの抱える状況にカルチャーショックを受ける。
そんなある日、ひょんなことからバナナの木から紙が出来ることを知った幸子。ハイチには緑は少ないがバナナは多く栽培されていて、収穫したあとは伐採する。つまり、大量に廃棄されているバナナの木があるのだ。それを利用してバナナから紙を作ることを考えつきプロジェクトを立ち上げる。

見終わった時、さわやかになれます。
まっ、ちょっと無茶な設定もあったりしますが、現地にあるものだけで不足しているものを現地の人が簡単にできる方法を伝授する。現地に新しい産業が生まれる瞬間っていう意味ではとても現実的で夢のある物語です。

そして日本人の物に恵まれすぎている愚かな現状を改めて確認してしまいました。物がなければ今日生きることで精一杯で自ら命を絶つなど考えられないのです。生きたくても病気で医者にもかかれず死に至ることもある。

こんなに豊かな国に生まれてきて命を粗末にすることなかれ。

そう思える作品です。



kiyoyqb02014 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DVD | 映画

September 16, 2007

デート・ウィズ・ドリュー

デート・ウィズ・ドリュー

映画監督を夢見る無名の青年が、憧れのドリュー・バリモアと1ヵ月に以内にデートをすると誓い、果敢に挑んでいくドキュメンタリー映画です。

27歳の青年、ブライアンは映画監督を夢に見ながらバイトを2つ3つ抱えながらギリギリの貧乏生活をしていた。6歳の時に「E.T.」を観て以来ドリュー・バリモアに心奪われてしまったブライアン。ある日彼はクイズ番組で賞金1100ドルを獲得する。クイズの最後の答えが“ドリュー・バリモア”だったことから、勝手に運命を感じてしまった彼は、“30日以内にドリューとデートする”と心に決め、それをドキュメンタリー映画にしようと奔走する。コネもない中、情熱と素朴な人柄だけを武器に、限りなく細い糸を手繰りながら実現へと近づいていくさまに感嘆してしまいます。
ブライアンの少年のような心と行動が微笑ましい作品です。
けど、入館証を偽造するのは犯罪じゃないかな?関係者が見たら訴えられそうだよ(笑)

ともかく、まったく期待も何もなしで楽しめたのでよかったですよぉ〜。
彼がいつの日か映画監督として本格映画を作った日には見たいものです。



kiyoyqb02014 at 16:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0) DVD 

September 13, 2007

世界最速のインディアン

世界最速のインディアン スタンダード・エディション

久しぶりにとてもほのぼのとした気持ちとやる気や活力が溢れてくる映画と出合いました。レンタルで借りたのですが、3日の間に3度見直しました(笑)
これは63歳にしてニュージーランドから海を越えアメリカへ渡り、世界最速記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの実話を映画化したものです。

40年以上もかけて愛車のインディアン・スカウトを改良し、自分のインディアンが世界最速であることを証明したい。25年間見続けた夢がかなったバート。
映画は心地よく終わるのですが、最後の字幕で更に血が燃え滾る。

「その後、バート・マンローは9回も最高記録を塗り変えた。」
「1000娑焚次[線型マシン部門では1967年の記録は今も破られていない。」

今もかよ!これ2005年の映画ですよ。
初めて、世界記録を塗り変えたのが映画で見た部分です。
これが興奮せずにいられようか。

前向きになれる作品です。どーぞお試しを・・・



kiyoyqb02014 at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画 | DVD