気づいて築くバレーボール

バレーボールに関わる多くの人を元気にするために・・・ バレーボール指導を通じて気が付いたこと、またその逆で、日常生活や読書の中から、バレーボールに通じる大切なことも発信していきたいと思っています。

気づいて築くバレーボール イメージ画像

更新情報

昔、甲斐バンドの歌でヒーローという歌があったが、ヒーローとはなんじゃろか?神話には必ずヒーローが出てくる。ヒーローの存在は万国共通、みんなの称賛をもらい世の中の役に立つリーダー。僕は誰もがヒーローになれると思っている。バレーボールチームにおいても全員がヒ

NHK土曜日のチコちゃんのセリフ、「ぼ〜っと生きてんじゃねーよ!」まさのその通り、人生は一度きり、いろいろ学んで、自分の天命の人生を生き抜きたい!!!

潜在意識は一人称、なので素晴らしい試合やプレイ、優勝したシーンを観ることが夢への懸け橋!

誰しも自分の苦手なことがある。しかし、苦手のことを排除するのではなく、それも自分の一部と受け止め受け入れること。それが自分らしく最大のパフォーマンスを出すために必要なこと。

過去に関心はありません。 過去は、良くても悪くても "己の抜け殻"に過ぎません。 「人生を考える201のメッセージ」江口克彦著

先日、樹木希林さんの最後の映画を観に行った。 自分が茶道を嗜んでいることも含め、 改めて日々の感謝の気持ちの大切さに気づかされた。 「日々是好日」「一期一会」 禅語は本当に奥が深い。 全国ヤング、第一回小学生エンジェルズカップ 本当にいろんなことに心から
『日々是好日』の画像

世の中には、見える世界と見えない世界がある 見える世界は出来事 見えない世界は心 私たち人間は見える世界で起こった出来事に反応して心が動く そういうサイクルだと感情に振り回される 出来れば逆がいい 心が先で出来事を後にする生き方

昨日も経営者の勉強会があった。 これからの日本はどうなるのだろうという話…。 ある社長さんが最近の若い人は権利ばかり主張して、役割を果たさないという話から 昔こんなCMあったやんなぁ〜 「黄色と黒は勇気のしるし24時間働けますか?」 そんなマインドが高度
『リゲイン』の画像

この世に産まれたその日から、自分といレンタカーを借りて人生が始まる。そして命尽きるその日まで、その車で旅をする。晴れの日も雨の日も、下り坂も上り坂も、ひたすら走る。どんな気持ちで走るのか、それは自分次第。全ての旅が終わると、レンタカーは廃車になり、魂は古

松下幸之助さんの成功の秘訣は 「家が貧しかったこと」 「学歴が無かったこと」 「身体が弱かったこと」 日本中に数えきれない程の多くの雇用を生み出し、 自己資産5000億円とも言われる億万長者の成功の秘訣が、 この3つなのだ。。。 人はいろんな出

長年の夢であった書籍出版が現実となりました。 これからもどんどん夢を叶えていきたい思いです。 ご興味ある方、宜しくお願いします。 子どもファースト〜誰だって“叱咤”より“激励”されたい〜著者:本郷真也ギャラクシーブックス(2018-06-03)販売元:Amazon.co

毎月松下幸之助さんの学びの会(朋友塾)を開催している。きっかけは江口克彦先生(元松下幸之助秘書、元PHP代表取締役社長)との出会いからだ。不思議なご縁に心から感謝したい。塾での学びは江口先生のユニークでありがたいお話と、先生の著書「松翁論語」を教科書として進

人間には長所、短所があり、得手不得手がある。 自分の短所は見たくない、認めたくない。 しかし、本当に変わりたいなら、 常々、意識して変える努力をする。 自分の不得手は見たくない、認めたくない。 しかし、それに気づいたなら、 時間を惜しまず

日々たくさんの経営者の方と会う機会が多い。 成功している経営者に共通するのは、言うまでもないが、 学びが多いことだ。 吉田松陰先生は獄中にいるとき 「我々は一生外に出ることのできない終身刑なんだ。あんたからいくらいい話を聞いても、外に出て役立てる

バレーボールの活動をしていると、いろんな人の意見がある。子どももいろんな子がいる。自分の価値観で、それに対して「良い」「悪い」をつけてしまいがちだが、本来は出来事に良い悪いはない。 例えば「練習を休む」というと、ネガティブな感情が生まれるが、休むという

フランス優勝で幕を閉じたワールドカップ。たくさんの感動的な試合やプレーに心が揺さぶられる。スポーツはやっている人も見ている人もとても楽しむことが出来る。ただし勝った時はとても嬉しい気持ちになるが、負けた時は結構ネガティブな気持ちにもなる。考えてみると、ワ

 出来ない我が子を見ていてイライラするお母さんは少なくない。気持ちはめやくちゃよく分かる。しかし、“出来ない子”が“出来る子”になるのは、イライラしても改善されない。そしたらどうすればいいか。。。  バレーボールの指導現場でも、ついつい目が行くのが、出

先日あるワークショップで、人間は4つの分類に分けられるという。 この考え方はとても素晴らしいもので、コミュニケーションを取るのにはとても役立つツールだ。 ワークショップの中では、それぞれの価値観を持って、こんな場面ではどう考えるか?どう感じるか?を意見

NPO法人を無事立ち上げ、秋の全国大会の切符も手にし、沢山の優秀な選手に恵まれ、今正に順境なところに立っている。 ----------------------------------------------- ★順境にある者は恩を忘れやすい 順境に到達したのちも受けた恩を忘れないでいることは大変難し

ある指導者の方にとてもいい話を聴いた、 人は干された時に成長する。 食べ物も干すと美味しさが増すでしょ。 確かに・・・ 干し椎茸、干し柿、切り干し大根・・・ みんなええ味出してるもんな〜っ。
『干し椎茸』の画像

老子の教えで「無為自然」という言葉がある。 最近この言葉がとても腹に落ちている。 これは決して、何もしないのではなく精一杯の努力をし、あとは天地自然の宇宙の原理や変化をそのまま受け入れるということ。 我欲を捨て、人を思いやる心を忘れず、この宇宙に命
『無 為』の画像

今年、春先に蓮の池を掘り起こし、古い根を捨てて、新しい芽だけを丁寧に植えた。お陰さまですくすく育っている。 お釈迦様は蓮の花の上に立っておられる。やわらかい花の上に、力まずふわぁっと立ったおられる。 人生もああいう感覚で生きることが大切なんだろうなぁ
『蓮の花』の画像

健康でつつがないことなどをあらわす時に、よく「無事」ということばを使う、 禅語では「無事」は、あれこれ求める心がやんだところを「無事」という。 もう少し付け加えると、命そのものが仏さまであるなら、もともと心の中に仏さまをいただいているのにもかかわらず

6月12日にシンガポールで初の米朝首脳会談が行われる。 平和な方向に進むためには、計り知れない課題があるのだが、 何んとか良い方向に進んで欲しい、 坂本龍馬は「どうやったら、一滴も血を流さずに革命がおこせるのか」 と考えていたと言われている。 実際

子どもからよく質問を受ける。 そんな時、自分の経験値だけで「こうしなさい」と命令口調になる。 いやいや、そうじゃない。 大切なのは、一緒に考えること、 そして、チームにとって、本人にとって最善、最適を探し出すこと、 絶対正しいはないということ。

こんまりさんの本を読み返し、 連休中にほとんどの書籍を処分した。 心がトキメク本はほんの数冊。 情報が溢れる中、 学びは確かに大切だが、 あれもこれもよりも深堀することが大切だと思う。
『こんまり』の画像

最近、学校で道徳教育が始まったと聞く。道徳や倫理は人それぞれの価値観や、育ってきた環境の差があるので、学校の先生も伝えるのがなかなか難しいという問題も起こっているようだ。 今NHKの大河ドラマは西郷どんだが、島津藩には、島津家中興の祖と呼ばれる、島津日新公

エンジェルズにはいろんな子がいる。 中には部活の友達関係が上手く行かず辞めてしまった子。。。 更には、学校の人間関係が上手く行かず不登校になってしまった子。。。 そんな子は、同じ境遇にある子の痛みが分かる。 -------------------------- 喜びや楽し

僕の知ってる社長さんで、こんなシールをバラまいている人がいる!お陰様で人生「つきまくり!」ですわ😀
『つきまくり!』の画像

仕事でお付き合いのある社長さんに、とても礼儀正しい方がおられる。 なぜそんなに礼儀正しいのですか?と聞くと、 「私みたいな二代目のぼんぼんは、これくくらいやってもまだまだなんです」 と言う答えが返ってきた。 ------------------------------ 礼するは、人にす

↑このページのトップヘ