2017年04月08日

春の彼岸会   明石東支部

【衣川地区 お彼岸会】

私は初め絵本を読む依頼が来たとき、まずはどんな本かなって思いました。
だけど本番になるとすごくきんちょうして、少しとまったり まちがえたり もしました。
だけどここに来て、喜ばれる人についていろいろ分かったし、私もいっぱい喜ばれる人になりたいと思いました。
感じたことは、教会に行ったりもするけれど、話しなんて聞いてなかったけど、この話をきっかけに話しを聞いてみようと思いました。
ありがとうございました。       合掌
眞理子ちゃん。

010

takoferi610 at 17:21|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 明石東

2017年04月06日

春の彼岸会・   明石東支部

bana-




先日から主任さんが色々と段取りを組んで下さったお陰様で 皆で買い物、
お盛り物と 助け支えながらワイワイ賑やかに楽しく春のお彼岸会の準備をさせて頂きました。
壮年部のOさんは木鉦のお役は初めてですが 気持ちよく引き受けて下さり本当に有り難かったです。
春のお彼岸に沢山のご先祖さまが来られ喜んで下さっているように思え 日々感謝し 明るく 優しく思いやりのある私になりたいと思いました。
Aさん
CIMG2560
CIMG2557







我が家でお彼岸供養をして頂き、有り難うございます。未会員のお友達が「こんなにわかりやすく お彼岸について話して下さり、お戒名まで一体一体読み上げて下さることに感動した」と言われました。そして「ご先祖さまも喜んでくださっているね」とも言ってくれました。
主任さんはじめ地区の皆が心ひとつになり式典がスムーズにできたことが嬉しかったです。
この感動を今回は来て頂けなかった方にお伝えさせて頂きます。
Bさん
CIMG2565CIMG2569








【木鉦の代役】
西支部、高橋支部長さんを迎え、3月25日松ヶ丘地区の彼岸会が開かれました。当日男性が一人も居なく困っているので、ぜひ参加して欲しいと懇願され承諾したところ、木鉦を担当するよう言われました。
なんの資格もない私がそんな大役出来ないとお断りましたが、地区の男性の方が1月亡くなられどうしても、と言われ引き受けました。
教会で読経供養の時、聖壇のお役の方の木鉦を思い出し、真似事を自宅で練習し当日、そばに居られる主任さんの合図で何とかお勤めする事が出来ました。
当家のご先祖様にご迷惑をかけていないか心配です。お許しください。
私は引っ込み思案で、人の先頭に立つ事が苦手ですが人様の困っておられる時、手助けが出来るような人間になるよう努力致します。    合掌
T・O
CIMG2555CIMG2589

010

takoferi610 at 11:10|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 明石東

2017年03月31日

ジュゲムブログで新たに出発

神戸教会−kizuna−のブログは、4月からジュゲムに変わりました。


3月までの記事は、ライブドアブログでご覧頂けます。宜しくお願いいたします。(スタッフより)

2017年03月29日

佼成学園女子ハンドボール優勝!!

試合会場3月29日(水)グリーンアリーナ神戸にて行われた全国高等学校ハンドボール選抜大会の応援に行きました。
佼成学園女子高等学校(関東 東京都)と県立水海道第二高等学校(関東 茨城県)との決勝戦。

前半相手チームの素晴らしいゴールに「はぁ〜」とため息。「やっぱり強いな!」と感じました。なかなか点差をつけるのが難しく、後半、佼成学園にレッドカードが出され、一人退場のときは、ドキドキ、ハラハラし、数分が経つと戻ってきました。やれやれ(−−;)
また、一点差に息がとまるほど心配しましたが、皆の祈りが届き、選手たちの力が発揮され、23対21で優勝です。(^^)V

選手の皆さん、先生、学校関係者、保護者の皆さま、おめでとうございます。
みんな素晴らしいですね!神戸にきてくれてありがとうございます。「ルールよく分からないけどやりたくなった!」「応援の仕方も覚えました。」と楽しげな会話を耳にしました。 

選手の皆さん、お疲れさまでした。また、来年もお待ちしています!(スタッフより)


春の彼岸会     明石東支部

【春の彼岸会・貴崎地区

地区の皆さんのお陰様で、我が家で式典をさせて頂く事が出来ました。
地区での式典に参加した事がなかったので、家を使って頂く以外何をするのか分かりませんでした。
御宝前の準備が出来、式典が進むにつれて、ありがたくなり感激で涙が出そうになりました。
地区の皆さんと共に、式典に参加できていました。有難うございました。
人前で話をする事がとても苦手な私です。今回、初めての司会のお役にとても緊張しましたが、無事にお役を終える事が出来ました。
これからは、いろいろな事にチャレンジしてみようと思います。また、お説法ををさせて頂く事で気づかせて頂いたご縁のありがたさを、地区の中でも広げて行きたいと思いました。
本日は お役を頂き有難うございました。     合掌


b_ornament_100_1L

takoferi610 at 09:17|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 明石東

2017年03月28日

全国選抜高校ハンドボール試合に盛り上がる神戸

3月27日(月)全国選抜高校ハンドボールの第三試合の応援に参加。
応援

懐かしい神戸教会第9代教会長でおられた、現:椎名佼成学園理事長さんとお合い出来、応援メンバーは試合前からにぎやかにご挨拶の嵐!
椎名理事長

若者たちの後ろから、慣れない応援ですが、一生懸命手をたたき、太鼓を打ち、ポンポンまで振って(笑)心から応援させて頂きました。

試合が始まり、まだ試合の流れに目が付いていかない中、いきなりゴール守るメンバーの顔にボールが直撃。
応援席のメンバーは自分のことのように一瞬固まりました。
痛かったでしょうが、直ぐにプレーは進められ、若さあふれるパワーにドキドキ。

試合

点差が少しずつ離れて、6点差、8点差、少し安心すると、追い上げられ、また応援に力がはいります。
結果勝ち進み、28日は準決勝、玄関で選手を見送り、教会挙げて応援団も出発。

勝ちました!いよいよ、明日は優勝か?期待を胸に・・・・。







2017年03月27日

春の彼岸会     明石東支部

【春の彼岸会・望海地区】
IMG





お彼岸の前日、テレビで神戸大空襲を放送していました。神戸大空襲の時は父も亡くなっており 心細い思いをした事を思い出し、お彼岸のご供養がとてもありがたく思いました.と、おしゃた会員さんがいらっしゃいました。
私も昨年、亡くなった父を偲び ご供養致しました。
ご供養出来た事がとっても嬉しかったです。     合掌
H・H主任さん

10066865


takoferi610 at 10:01|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 明石東

2017年03月26日

淡路支部 ボクにも出来たヾ(=^▽^=)ノ

20170312_彼岸会(大磯)3月12日に淡路支部の彼岸会のトップバッターの大磯地区に神戸教会から高野教務部長さんにお越しいただきました。
当日は、お彼岸の意義、読経供養、地区の方のお説法に続き、小学3年生のM君が絵本を読みました。
読み始めて教務部長さんに「前に座って絵本がみんなに見えるように読んでね」と言われて、M君は突然のことでびっくりしてしまいました。
しばらくは、おばあちゃんが続きを読んでいましたが、その後は、しっかり最後まで一人で読むことができました。
そして、「喜ばれる人ってどんな人?」と教務部長さんからM君に質問され、首をかしげながらも、教務部長さんの話を、じっと目をみて聴いていました。教務部長さんは、今は難しい事は覚えなくても良いので、『ありがとう』と言える、また、困っている人に手を差し伸べられる人になりましょう、と優しく教えていただき、笑顔で『うん、うん』と頷いて聞いてるM君の姿を見て、みんなの心もほころびました。

M君の感想
はずかしかったし緊張したけど、最後まで本を読めて良かった。20170312_彼岸会(大磯)2
おばあちゃんの感想
初めての体験で、途中アクシデントもありましたが、学校では出来ない事を勉強させていただきました。次の行事にも参加すると言ってくれて、今後の活動に繋がる一歩になったと嬉しく思います。
地区の方より彼岸会の感想
・M君が一生懸命に絵本を読んでいる姿に感動しました。
・これまでは出来る人だけでやっていた準備も全員が一つになって、各々のお役をさせて貰えたことに感謝の気持ちで一杯です。
 これからも自分だけでなく、皆で共に智慧を出し合って精進して行きたい。
・みんながそれぞれに意識を持って、準備から当日まで役目を果たすことが出来ました。
 きっと全員の真心がご先祖さまに通じていると思います。
地区主任より
相手の立場になって分かり易く伝えることの大切さを教えていただきました。
みんなの心が一つになれたことを忘れずに、これからも地区一丸となって精進いたします。
合掌  (H主任)

tamanegi416 at 08:59|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 淡路

2017年03月21日

〖本部参拝〗  須磨支部

IMG_27512月28日から3月1日にバス4台で本部参拝に行きました。佼成の本「肯定的か、否定的か」のかみしめに入らせて頂きました。その中で、すべての現象は肯定的にみて有難く受け止めるといい。もし出来なければ「やさしさを忘れていないか」「素直さを失っていないか」つまり自分の思いだけでみていないかを考える事が大切と教えて頂きました。私はすぐ自分の思い通りにならないと相手を責める自分ですが、内省出来る事を有難く思える私に少しでもなりたいと思いました。ありがとうございました。合掌(N)

講師さんから開祖さま最後の公式説法をわけて頂きました。「教団創立61周年」
私が本会を創立した願いは、一人でも多くの人に法華経に示された人間の生き方を知ってもらい、本当の幸せを自分のものにして頂きたい、ということでありました。私の努力のすべては、この願いに発していると言っても過言ではありません。本日を契機として本会創立の願いを再度かみしめて、会員の皆さまとともに、その達成のために決意をあらたにする次第です。(平成11年3月5日)一乗宝塔

団参で、学林生の卒林レポート発表会に参加しました。
スリランカ、カンボジア、バングラデシュの3名が発表されました。
2年前は、おはようございます。と挨拶の後、会話が続かなかったそうです。一番印象に残った事は、飛び込み布教の事でした。 「お釈迦様の教えです。」の一言で、布教されて 私の探していたのはこれだったと、即入会したことをお伝えしました。
母国に帰られたら、きっと私のように待っていて下さる方があると思いますので、お互いに布教を頑張りましょうね。お伝えしました。この度のご縁に感謝です。合掌  (N)

サービスエリアにて今迄は、小学生の娘と幼児の息子をつれての本部参拝でしたが、今年はじめての一人での参加で、式典等ゆっくりと参加出来て得る物が沢山ありました。平日でしたので、仕事、小学校、保育所と行き、留守番してくれた、主人と子供達に感謝です。ありがとうございます。 合掌  (N)

佼成会にあまり理解を示さない娘ですが、「私も頑張るからお母さんも頑張って来てね。」と送り出してくれた娘に感謝です。合掌  (M)

イラスト2

shuma919 at 09:04|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 須磨

2017年03月20日

子育て日記 「私の勉強」頑なな心がゆっくり解けて・・。

年末にこんなお勉強があると知った時、わぁやってみようかなと受講条件の一つ、原稿用紙5枚の作文に即、取り組んだのが、穂高の保養所。家族が寝ている間、四時起きでシーンと静まり返る廊下に椅子を置き、仏さま開祖さまの息を感じながら、一気に書き上げた。(と言うかスマホに打ち込んだ。)

しかし、その日婦人部長さんとのやりとりで研修は平日泊の2日間、6回コースだと知る。
主人の帰りはほぼ毎日深夜、実家は遠く、主人の両親は他界、子供二人、おまけに長男Kちゃんは発達障害。これでは、諦めざるを得ない。
婦人部長さんは「ご主人と相談してね」と言葉を返してくれたが主人とは「土日じゃないなら無理だね」と言うことになった。

それから3カ月、私はすっかりこのお勉強のことを忘れていた。
仲良しの婦人部さんが受けると聞いたとき、「羨ましいなあ」と心が少し動いたが、「家事を犠牲にしてまで私は行きたくないから・・・」と納得していた。

がしかし、来たのである〜。赤紙ならぬラインのお知らせが。もちろん婦人部長さんから、それも支部長さんの折り紙つきで。申込みの締切がその3日後、

人数が集まらず開催が危ぶまれる中、私の名前があがったらしい・・・
「教会あげて、支部長さん主任さんも精一杯バックアップする。」「特例で宿泊は免除」と言って頂き、この条件ならいけるかなと思いながら、「でもなんで人数調整のために私が出なくてはならないの?」と、そんな思いを抱える私に、「今のあなたにぴったりの、今を逃したら得られない学び、そしていつもがんばるあなたにご褒美よ」
と支部長さんはおっしゃいました。

「そうかなー」と思いながらも、半分は信じられず・・・

そのせいか、思わぬことが次々起こる。
長男が遅刻ばかりしていたある日 近所の同じクラスのお母さんから、叱責されたり、そのショックで普段元気なのだけが取り柄の私が体調不良の数日を過ごすことになったり・・・

やっぱり、障害児がいる我が家は2日家を空けることなんて無理だ。

最後は結局ここに行きつき、都合の悪い出来事はこの勉強に行けるか不安で頭を抱えているせいにしている私。

もう、過ぎ去るまであまりこのことは考えずに過ごそう。主任さんにも話を聞いてもらい、私の心に寄り添ってもらったのだし。

何がいやなのか、いつもやっている家事が十分できないこと? 他のやりたいことが制限される?

とにかく、「2日間、家を空けることに抵抗があるのだ!」 「いやなものはいやだ!」と心は駄々っ子のようになっていた。

しかし、それまでにやりたいこと、やらなくてはいけないことを精一杯やってみた。
作りたい料理、お菓子づくり、友達にプレゼントしたい手芸、出かけたい場所、掃除、両親への近況報告、子供の写真の整理など。何だかいつも億劫になっていたことがかえって思い切ってできた。

「なんだ〜」 研修を受けるからって何もできなくなるわけではなく、やる気いっぱいにこなしていける自分がいた。

そんなこんなでやってきた研修当日、支部長さん主任さん&主人にどんなことを協力してもらいたいかをお伝えし、私もできるだけの準備をして挑む。がしかし、当日長男を何とか遅刻しないよう着替えを手伝い、食べさせ、トイレのフォローをして、普通の小3児にしないようなフォローをして、それでも気の乗らない長男をついにはガミガミ怒ってしまった。

けれど、最後は言い過ぎたと謝り、玄関で、「Kちゃん、あなたは本当はいい子なんだよ」とハグして送り出した。

しかし、それから20分経ったころピンポンが鳴った。すぐに長男だと思った。トイレも行き、忘れ物も確認したはずなのになんで?
聞いてみると、私が早く早くと追い出すようにしたせいか、エレベーターのところで時間割をしたと言うのだ。

私はこの言葉にさすがにもう一度切れて、「早く学校行きなさい」とばかりドアをバタンと閉めた。

「あー、やっちゃった〜」という後悔と共に、私は次男を幼稚園で降ろし、教会に向った。

研修の教室に入ってもその自己嫌悪がなかなかぬぐえなかった。

自己紹介が始まり、私は婦人部としては年がかなり上ということ、障害児がいることを含めて話した。なぜかいつもどこでもこれが私のネック、肩身が狭い思いの原因。

そしたら、向えに座っていた二人のうち一人が「私も二人、アスペルガーの子供がいるよ。他二人子供いて四人の母親。」
そのお隣の方が「私、早生まれだから、学年一つ上だよ」とその瞬間私の頑なな心がゆっくり解けていくのがわかった。

こんな勉強の初日を迎えた私です。(ブログ担当者T.S) つづく

kizuna55 at 16:06|PermalinkComments(0)clip!【支部】 | 芦屋