errant's cafe

errants cafe 01


errants cafe 02


鶴ヶ島中有図書館の裏手に2011/03にオープンしました
エランズカフェです。
乳牛用の牛舎をカフェの空間にリノベーションしました。
白い壁には写真ギャラリーも併設しています。

お勧めはオーナー自身が小さな焙煎機で3種類の豆をオリジナルで
ローストしたブレンドコーヒーです。
セットでクリームたっぷりのシュークリームもオーダーしましょう。



埼玉県鶴ヶ島市三ツ木400
駐車場:3台分
open & close
11:30~19:00[L.O. 18:30]
定休日:木曜
メール:coffee@errant.biz
twitter:errants_cafe

Basket

basket03


KOBO cafe にBasketのスタッフの方が来店して頂いたことから
KIZUNA coffeeのつながりが生まれました。

そのスタッフの方は土曜日だけのworkingですがBasketのオーナー
にとっては大切な関わり感を持っている事が伝わってきます。

いつも来店して頂けるお客様を第一にしたメニュー作りが安心して
おいしく頂ける地元に密着したランチカフェです。


ちょうど新しく作るブレンド珈琲のメニューを検討中にこのKIZUNA coffee
の話を聞いて頂き新メニューの「KIZUNA coffee」が出来上がりました。

偶然に出来上がったブレンド名「KIZUNA coffee」を宜しくおねがいします。


Basket
048-855-8321
埼玉県さいたま市中央区上峰2-1-6
営業時間 [月~土]10:00~20:00
定休日 日曜日・祝日
全面喫煙可



basket02


basket01



イノセントアートギャラリー&カフェ 寧

nei

イノセントアートギャラリー&カフェ 寧 

1000坪の自然林の中にあるカフェ寧
オーナーのコンセプトで癒しの空間を作ったそうです
里山風のアプローチは自然をそのままに
活かした空間でスローライフへ誘う小径になっているのです

寧は8月の1ヵ月の間を夏休みにします
それは毎年のこと...

何故...何故なんでしょうか
雑木ガーデンという本にその謎が隠されていました
寧ではその1ヵ月の間に雑木林の手入れをしているのです
秋に向かうこの時期にお客様を迎え入れるアプローチの
手入れをしているということなのです

PICT0604-12_s

店内は木を基調としたあたたかい温もりのある雰囲気
窓からは庭の緑が飛び込んで心地よい緑で覆われています
自然の中で憩いの時間を楽しめるスペース...
寧カフェではそんな時間を味わえるのです

カフェの奥にある形の変わった暖炉
冬には火が入れられパチパチという暖かい音と
温かいぬくもりを味わえることを聞きました
冬の時間も楽しみになってきました...

PICT0604-13_s

寧カフェがKIZUNA Coffee プロジェクトの
義援活動に賛同し参加されることを決めたのは
話をしてすぐのことだったと聞いています

決断の速さは活動の力でもあると思います
力強い一軒がスタートしてくれました...


(記) : 関根

どこでもカフェTONCHAN

idosinai01


大分県は久住連山のすそ野にある久住山荘。
その駐車場の一角でとびきりおいしい自家焙煎珈琲をいただくことができます。
それは「どこでもカフェTONCHAN」
地元の方はもちろんのこと山荘にこられた旅人たちもくつろぎそして都会からの移住者
たちにとっては大切な情報交換の場にもなっているとか。
それはオーナーの志賀なおみさんのいれた珈琲の味と包容力のある人柄さりげない気配
りのなせる技でしょう。

久住高原を見渡しながら阿蘇の大自然にすっぽり包まれて頂く一杯は最高です。
注文が入ってから丁寧に豆を挽いていれてから提供されるまでを待つ間雄大な景色を
眺めていると気持ちがゆったりおおらかになっていきます。

一杯頂いたあとオーナーのなおみさんにKIZUNAのお話をするとすぐに快諾してください
ました。そしてなんと「パンフレットも余分に置いていってもいいですよ。機会があれば
他のお店にも話してみますよ。」と素敵なお言葉。
結局なおみさんにはKIZUNA coffeeプロジェクトの九州エリアの事務局になっていただく
ことになったのです。

埼玉は上尾から始まったKIZUNAが熊本そして大分へと繋がりました。「TONCHAN」を
紹介してくれた友人とは7年くらい音信不通になっていたのですが東北大震災を機にまた
つながるこことできました。
途絶えていた絆がつながりそこからまた新たなKIZUNAへと発展できたこと
本当にうれしい出来事でした。

(記)橘


idosinai02

レストラン 「風のもり」

kazenomori01



熊本・阿蘇は南小国の山道沿いにある自然食レストラン「風のもり」は
緑と優しい風に包まれた心もお腹も満たしてくれる愛情いっぱいのお店。

こちらのお店で出されているのはお店のすぐ近くにある農園でとれた作物。
大切に育てられた素材と天然の調味料だけを使って丁寧に手間暇かけて作られたメニュー
はどれも魅力的です。

いろいろ悩んだ末、私と友人はデザートが3種ついたランチプレートを注文しました。
どれも優しい味で美味しかったです。
黒ゴマドレッシングや釜炒りハーブソルトは素材の味を一段と引き立ててくれてました。
食後にいただいたミントやレモングラスetcをブレンドしたハーブティーも最高でした。
一口含んだとたん、体中がすぅ~っとさわやかになってゆくのです。

窓から入ってくる風にカーテンがひらひらとゆらめき、そんな光景を眺めていると
なんだか妙に心が癒されてくるのでした。

数年前故郷へと戻った友人に会いにきた熊本。
その熊本で友人と偶然見つけたお店でしたがもしやと思いオーナーさんに
KIZUNAのお話をさせていただきました。
すると「さりげなく自然な形で支援ができていいですね」と
二つ返事でご賛同してくださいました。
レストラン「風のもり」はめでたく九州地区KIZUNA第一号店となりました!

あまりにも居心地がよくすっかり長居してしまった友人と私。
なんとスタッフさんたちの3時のお茶のみまでご一緒させていただいちゃいました。
こんなふうにスタッフさんとお客さんで一緒にお茶のみというのも珍しいことではないそうです
ほんとに気さくであたたか~いオーナーの梅木ご夫妻さんありがとうございました。

おかげで熊本の友人ともよい思い出ができました。
もうあまり会えなくなってしまったけれど偶然見つけた素敵なお店でKIZUNAが
深まりました。


(記) 橘
kzenomori02

天然酵母パン&ベーグル 小春日和

DSC_2950

大宮公園サッカー場ナックファイブスタジアムのすぐ近くに
天然酵母パン&ベーグルのお店「小春日和」があります
火・水・木・金の11時からオープンです
評判が評判を呼びお店は6時までですが
早めの時間でなくなってしまうこともしばしば
それほど美味しいパンとベーグルのお店です

DSC_2967

パンとベーグルはとてもモチモチとしていて
食べ応えのある優しい弾力と美味しい味
パン・ベーグルがこんなに美味しかったかと思うほど
今までに食べたことの無い感覚の味でした

もともとは、氷川神社の参道沿いにお店を出していて
口伝えで増えたお客様でベーグルのお店として有名でした
今の場所に移って来て垢抜けしたデザインの店舗が
朝の太陽に照らされてお客様をお迎えしてくれます

営業日 火・水・木・金
am11:00 〜 pm6:00
大宮区堀之内町3-39-1
tel 048 - 648 -5614

DSC_2955-1

レジの前に置かれた義援金ボトル
いっぱいの義援金が入っていました
少しでも多くの義援をお客様のお力をいただいて
すすめていっていただきたいと思います



(記) : 関根

Natural & ORIGINAL おからパン工房


DSC_3076


おからパン工房さんも積極的に参加いただいたお店です。

ホームページで書かれているのですが、
「我が家の長男は18トリソミーという病気を抱えて生まれてきました。

今までに何度も命の危機を迎えましたが、
現在奇跡的にも6歳を迎えることができ、日々頑張ってくれています。」

『いのちはプレゼント~ぼくは18トリソミー~』という本も出されています。

創業の発端は、子供から目を離さずに家で仕事ができるものを考えて、
おからから作ったパンをインターネットを通じて売り出したことから、
爆発的な人気になり多くのお客様を抱えるほどになったお店です。

エコロジー・ナチュラル・ダイエット・健康ブームも手伝って、
今は直接販売のお店も出し、パン作りに忙しい日々の毎日とのことです。

DSC_3078

KIZUNA Coffee プロジェクトに賛同をいただいてすぐに考え出したのが、
おからシフォンで KIZUNA Coffee モカ 味の商品を開発したのです。
そしてそのシフォンが売れたらその中から20円、
そしておからパン工房から30円の合計50円を、
義援金にするという計画でスタートしました。
幸先良く、お客様の協力もあり、多くの数がすでに出ているとのこと、
多くの金額が義援金になる活動をはじめていることを聞きました。
本当にありがとうございます。

DSC_3104



(記) : 関根

駄菓子と手作りケーキの店 鈴木さんち

DSC_3010

クマネコ印さんの紹介で鈴木さんちが義援活動に参加してくださいました
子供たちの憩いの場所鈴木さんち
昔、駄菓子を買うことは子供の金銭感覚を養う大切な場所でした
子供たちにとって大切な町のホッとする場所
そこには必ず肝っ玉かあちゃんがいました
もちろん鈴木さんちにもいます
義援活動を一つ返事で決めてくれた肝っ玉かあちゃんが…

DSC_3016

駄菓子意外でも知る人ぞ知る手作りケーキが隠れています
チーズケーキ・豆乳クレープが
これでやっていけるのかと目を疑う超安い値段で
提供しているのです
でも素材はより新鮮でいいものをと
卵は幸手の養鶏場から直接仕入れているという
こだわりをもって採算を度外視して作っているのです
味は派手でなくとても素朴なのですが素材をいかした味で
体に優しい美味しいケーキとクレープを提供しているのです

営業は水・木・金・土
浦和区前地 1-2-14
tel 048 - 881 - 2752
場所は浦和競馬場の近くですが分かりにくい場所
是非探し出して行って見てください

DSC_3050

KIZUNA Coffee プロジェクトの義援金のビンが置かれました
今活動がスタートしました

肝っ玉かあちゃんの肝っ玉決断の早さに脱帽です


(記) : 関根


カレー・コーヒー クマネコ印

PICT0590-1_s

夏の暑いときにカレーは最高です
カレーの美味しいお店に行ってきました

その日は平日でしたが
お昼を食べに多くの方がつめかけていました
女性の方が多くみえていて
やはり女性の方は美味しいお店の情報はいち早く
口伝えで伝わるようで...
女性が多いお店は美味しいお店の証拠なのです

PICT0590-2_s

場所は浦和の競馬場の近くに位置しています

初めてでしたのでクマネコ印おすすめの
チキンカレーをいただくことに

圧力釜で時間をかけて蒸したチキンが
とてもジューシーでいてとてもやわらかく
しっかりとした味付けがされていてビックリさせられます
そして野菜の揚げ具合・スパイス調合抜群のカレー
すべてが完璧なまでの出来具合で出されてきました

お味は?...書く必要が無いほどの素晴らしさ
言葉で表現するより味わってみて欲しいと思います

やはり暑い夏に食べるカレーは最高です...
はずすことの出来ないおすすめの品がクマネコ印 にありました

PICT0590-5_s

カレーコーヒーの
クマネコ印さんも
東北地方大震災への義捐活動に
協力してくださいました
心強いお店がまた一つ
加わっていただきました
さっそくレジのところに
義援金ボトルを置いてくれました



(記) : 関根

COOCOOBIRD 小さな音楽のみどころ

coocoobird

2009年2月にオープンしたカウンター7席のちいさなのみどころです。
長い間この場所でBARをやっていた方が都合によりクロースする話を聞いた
若い二人がそのまま引き継いで「COOCOOBIRD」としてリレーしたお店です。

店内の音楽はマスターがハードオフなどで見つけたレコードとか少し前の
CDが流れています。
近くのASUKATASUNA record & co.でも音源を仕入ています。

初めての方は入り口側の一番手前に陣取って下さい。
行きなれてきたら少しづつ奥の席に座るのがほかのお客様との
コミニュケーションを取る秘訣です。

アトリエ 薔薇の小径

DSC_9049-1

薔薇の小径という喫茶店があります
そこは火・水・木の祝祭日除く日が営業日で
時間は11:00~17:00までの喫茶店
薔薇の庭が素敵な場所です

ドアを開けると玄関になっていて靴を脱いでスリッパに履き替えます
西洋風のたたずまいの家は部屋の中もヨーロピアン調で統一されていました
中に入りカウンターのあるところに腰かけました
後ろからオーナーの女性の方が「いらっしゃい」と声をかけてきました
明るく気さくな感じの声で迎えてくれましたので
何故かいっぺんに親しくなれる雰囲気にしたってしまいました

DSC_1481-1

オーナーは人形作家とのこと人形の顔から作られると言っていました
人形が飾ってあるのですが皆存在感のある人形なのです...
またオーナーの趣味は絵を描くことだそうで
描かれた絵が部屋のレイアウトとして飾られています
とても素敵ないい絵を描かれているとみとれながら話を聞いていました
趣味の世界がアトリエ薔薇の小径の中で輝いているのでした
以前は洋服のデザインも制作もされていたようで
オーナーはマルチの才能を持っていらっしゃるようです

DSC_1017-1

薔薇の小径のオーナーが KIZUNA Coffee プロジェクトの
趣旨に賛同していただき一緒に活動していただけることになりました




(記) : 関根


tanpopo & LOCUS

tanpopo

tanpopoさんはオーナーの手料理がとっても美味しく値段もリーズナブル
なお店です。材料の野菜も地元の取れたてを使っています。



locus ahop

LOCUSさんは珈琲豆をドイツ製のプロバット焙煎機で焙煎された美味しい
煎り立ての豆を提供してくれるお店です。



LOCUSさんで焙煎したオリジナルの「KIZUNA coffee」豆を両店で販売し義援に
つなげていく活動が始まりました。

locus coffee

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*tanpopoさんのブログに書かれたいる「KIZUNA coffee」のコメントを
掲載させて頂きました。

3月11日の震災後、いろんなお店がいろんな活動をはじめました。
Tanpopoも何かできないだろうかと、ずっと考えていたところでした。

TanpopoのコーヒーはLocusさんが、特別にブレンドし、焙煎してくださっているもの。
Locusさんなら、きっと一緒にやってくれるだろうと思い
こんな提案をしました。

Locusさんに『KIZUNA coffee豆』というものを特別にブレンドしてもらうことにして
Tanpopoでは、Tanpopoブレンドとその『KIZUNA coffee豆』のコーヒーを
両方お客様にご用意することにして、
『KIZUNA coffee豆』のコーヒーをご注文いただいたら
募金をするということにしようと思いました。
そしてLocusさんは、その豆が売れたらその分募金をする。

「そういう感じでやろうと思います!」とLocusさんの承諾も得ずにお答えしました

震災の後、お客様がいらっしゃらない日々が続きました。
「このままどうなってしまうのか…」と不安でいっぱいだったけど
すごくすご~~~く小さなただのカフェだけど
踏ん張ってがんばって行くこと、経済を超~~~~小さくだけど支えて行かなくてはと、
そういう気持ちでやってきました。
気持ちだけだった思いが、やっと形になりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Tomiyama Keiji School of Ballet Performance

tkb performance02

6月26日(日)に開催された「Tomiyama Keiji School of Ballet Performance」
の会場ロビーにてKIZUNA coffeeの販売を行いました。

三部構成の幕間の短い時間でしたが皆さんからたくさんのご支援を頂きました。
ありがとうございました。

KIZUNA coffee販売の場所を提供していただいた「Tomiyama Keiji School of Ballet」
主催の富山禊士さんに感謝致します。


tkb performance01

ギャラリーカフェ Bradbury

bradbury01

桶川駅から数分の中山道沿いにあるカフェ
趣のあるギャラリーカフェは真空管アンプで
音楽を聞かせてくれる素敵な空間のお店です
Bradburyという名前は
オーナーが学生の時代に読んだ本の著者の名前
Ray Bradbury からとったとのこと
学生時代のいい思い出を今の時間に展開して
穏やかで優しい時空を感じる空間を作っていました

ご家族は全員が美大の出身
オーナーは武蔵野美術大学で
奥様とお嬢様は女子美術大学ですので
置いてあるもの販売しているものすべてが
洗練されている空間になっていて
すべての世界がセンスのいい品でレイアウトされています
またお嬢様の作られたBradburyのサイトもセンスのいいものです
こちらからそのセンス  をご覧ください

bradbury02

真空管アンプで聞く曲を推選してもらいました
ハーモニカを演奏するLee Oskarのレコードを
オーナーはかけてくれました
このレコードも学生時代に買ったレコードとのこと
優しい軽やかな曲が流れ出しました
いいテンポが体の中に入ってきました
何故かこの空間で聞いているせいでしょうか
心が癒される素敵な時間を感じさせてもらいました
過去の時代のスローな時間が今もゆっくりと流れて聞こえてきます

このお店も KIZUNA Coffee の考え方に賛同され
協力店として入っていただけたお店です
ギャラリーカフェ・Bradbury
とても癒されるいいカフェでした
今度はギャラリーの開催しているときに行ってみようと思います



(記) : 関根

本町のパン屋 翠玉堂

suigyokudo02

秩父鉄道行田市駅近くのパン屋翠玉堂さん
4年前に出来たとのことですが
ホームページも無くいっさい宣伝もせず
口伝えだけで知る人ぞ知る伝説のパン屋とのことで
いつ行こうかいつ行こうかと思案していて
KIZUNA Coffeeに協賛していただいていたのは
かなり早い時期だったのですがなかなか行けなかったお店だったのです

オープンは木・金・土・日の11:00~19:00です
行田市駅から歩いて2分のところにあります
40歳くらいのお兄さんがオーナーで一人でやっているお店で
後で分かるのですが味が抜群の美味しいパン屋なのです

suigyokudo01

このお店の逸話を一つ

私が写真を撮りに行かせていただいた時です
写真を撮り終えカレーパンとピザパンの2つを買って失礼し
車ですこし走った「さきたま古墳」の駐車場でそのパンを食べはじめました
カレーパンと言っても揚げたパンの中にカレーが入っているパンでなく
焼きそばパンのような作りですがパンは多少フランスパンに近いでしょうか
そのカレーパンを一口かじった時「なにこれやばい、めっちゃうまいじゃん...」
頭を金槌でガツンとなぐられたような衝撃でした
中には具がたくさん詰まっていてこぼれそうです
表現するとしたら野菜カレーパンとでも言ったほうがいいようです

suigyokudo03

そう言えば本町のパン屋翠玉堂は伝説のパン屋だと誰かが言っていました


本町のパン屋・翠玉堂
行田市行田5-7
電話 048-556-2640


(記) : 関根

コーヒー屋 シュッツ

PICT0566-4


コーヒー屋シュッツと言うお店があります

このお店の特徴は丁寧に体に悪い欠点豆をハンドピッキングして

一粒一粒の良質のコーヒー豆だけを使用して焙煎しているのです

何故って…それは美味しいコーヒーにこだわるため


発酵豆・虫食い豆・カビ豆・未成熟豆などの欠点豆が混じっていると

生臭い臭いやえぐみや渋みが強く出た重い味のコーヒーになるのです

また新鮮でないと酸敗してしまい
胃のむかつきや胸焼けを起こす原因になるのです

産地ごとの豆の特性を引き出しながら

焼きムラや芯残りが無い適正な焙煎を心がけているそうです


新鮮で良質なコーヒーを目指して焙煎していくと言うコンセプトで

一日一日のコーヒーの味にこだわって

お客様に満足していただけるために

こだわったコーヒーを提供しているお店なのです

コーヒー屋シュッツはJR埼京線中浦和駅から徒歩2分
閑静な住宅街に入った中にあります
コーヒー豆の提供もしています
自分にあった味を見つけるお手伝いもしてもらえるのです
コーヒーの奥深い世界を堪能することが出来る特別なお店です
コーヒー屋シュッツはコーヒー通なら一度は訪れたいお店のようです

PICT0566-1


サイトの中からブログ記事を見つけました

dd5b5274

2粒の涙

数日前の新聞に、絵本の主人公うさこちゃんのイラストとメッセージが、のっていました。
作者のブルーナさんから、悲しい思いをしている日本のこどもたちに向け、送られたそうです。
私は、本棚の奥から、うさこちゃんの絵本を見つけ出しました。
親子2代にわたって読んだ古い本です。
春に生まれたちいさなうさこちゃんが、夏には海で貝がらをひろい、秋には動物園でどうぶつたちと出会い、冬には真っ白な雪の中であそんでいます。


大切な日常がなくなってしまうということ…

あたりまえにあったものが、なくなってしまうということ…

(スタッフE)


PICT0566-5

このようなやさしい心を持っていることが

東日本大震災への支援活動に積極的に行動していただく

原点なのだと感じています…


KIZUNA Coffee プロジェクトに

ご一緒していただけること心から感謝しています

追伸 : ゴーヤのグリーンカーテンを作っていました
    今年の夏のためにエコ推進活動を開始していました




() : 関根

珈琲関口

関口1

北本の駅から歩いて8分住宅街の中に珈琲関口というお店があります
自宅を喫茶店にしたお店で道から奥まったところにあるので
見つけて入ってきた人は秘密の隠れ家を見つけた気持ちになるお店です

偶然のタイミングで KOBO*CAFE に見えていた妹さんからの紹介で
NPO・KIZUNA Coffee プロジェクトに参加してくれることになったのです

近くにある駐車場で車を止め道を横断して路地に入っていきます
庭を通りそして玄関にかかっている珈琲関口の暖簾をくぐって中に入ると
和風なのですが何故かシックな感覚の部屋に通されます
部屋の四つの壁面の鴨井の中にレコードジャケットがならんでいます

本人曰く「70年代のロックを中心に珈琲関口ではその他いろいろかけています
Add some music to your day とうことで...」
「流れる音楽の一つ一つが来てくれている人の人生を幸せに...」
という意味でしょうか
いや違うかも知れませんので...行って聞いてみてください
何故か不思議な感覚をお持ちなのですがそれがとても素敵に感じられる方です

DSC_9537-1

珈琲関口...
ロック好きにはたまらない場所かもしれませんが...
でもお年寄りの方も若い方も色々な方が見えていましたので
誰でも憩える場所としての空間を提供しているようです

オーナーのもう一つの顔をそっと紹介しておきます
アルバムを出しているミュージシャン
ちなみにバンドの名前は「日本関軍」
ユニークなセンスのネーミングです
歌っている姿をYOUTUBUで見てみたくなりませんか...

DSC_9786-2

KIZUNA Coffee のメニューはコーヒーゼリー
これから暑くなる季節に最適の企画センスです

珈琲関口
北本市北本 3-64
電話 048-592-3630




(記) : 関根

KIZUNAスタッフの被災地レポート

tohoku1
























事務局スタッフが被災地に入り現地の今を見てきましたので
今まで入ってきた情報と合わせてレポートします。

行かなくては分からない事
伝えることの大切な事
これからの活動を考える事
3ヵ月経ったことで
忘れさられることがいっぱいあるようです。

阪神大震災のときは身内がいたので
すぐに行ったのですが
何もできずに帰ってきました。
その後5月の連休でボランティアで入ったのですが
そのときもまだまだ復旧されていませんでした。

今回の大震災はさらに凄まじいようで
報道ではかなり回復が進んでいるイメージの映像が
多くなりましたが現場では片付くめどがついていないようです。
仙台・福島・茨城と仕事での関係者と話していますが
今までは生きるために食事をとっていたとのこと、でも
今後の自分たちの生活までも支援してもらえるものではないので
自分で見つけ出さなくてはと言っている人がほとんどです。

これからの支えがとても大切な時期に入っているようです。

貯蔵してあった魚が津波で流され
冷凍されていたものが今腐りだして
風にのって異臭が漂ってくるそうです。
そんな匂いが前向きな心までも蝕んでいくようだと言っていました。

記(事務局)
 
tohoku2






























Italian French ポワール

PICT0560-1_s

また一つ KIZUNA Coffee の
協賛店が蓮田に増えました
Neo Lotus 加盟店の会合で
彩々楽と空楽の店主の栗原氏
より紹介をしていただいたお店
Italian French ポワールさんです

SOBA Dining SORA さん
と同じ道沿いにあります
蓮田駅・SORA・Poireさんの
順番に位置する形になります
住所は蓮田市本町 2-19 です

PICT0560-2_s

お料理はイタリアン・フレンチ
パーティーメニューもあり
貸切で皆で楽しむスペース
として最高かも知れません

KIZUNA Coffee メニューは
コーヒーゼリーで企画して
ジュレ・ド・カフェオレ名に...

DSC_9219



(記) : 関根

ミツバチの羽音と地球の回転 + KIZUNA coffee

mitubachi

エコ・コンシャス・ジャパンの主催する映画放映会に
KIZUNA coffeeプロジェクトが参加させて頂きました。
プロジェクトの事務局である「一凛珈琲」「KOBO cafe」
のスタッフが担当しました。

放映前と放映後のタイミングで持ち込みのミルで挽いた豆を
ペーパードリップで抽出してKIZUNA coffeeを提供しました。
映画のタイトルに合わせてシュガーの替わりに蜂蜜を入れて
甘さとフレーバーを楽しんでもらいました。
これは好評でした。

「ミツバチの羽音と地球の回転」チャリティー上映会in青山LinkIcon

  5月29日 

Cafe Restaurant BAOBAB


PICT0555-2_s

BAOBABはアフリカの巨木
映像で見たことがあると思いますが
変わった形の木のことで
このカフェレストランの名前に
なっているのです
バオバブの木のようにロハスなお店
それがこのお店なのです...
地産地消のメニューで
川越の小江戸黒豚のハンバーグや
こだわりの地元野菜のサラダなどが
美味しい味を演出してくれる
Cafe Restaurant BAOBAB なのです...

PICT0555-1_s

お店の雰囲気もアフリカン風
とでも言いましょうか
木のぬくもりを大事にしたお店でした...
大宮バイパスから白鍬の交差点を
川越方面に入って浦和白鍬郵便局手前の
交差点をフードガーデンの方向に行きます

お料理はハンバーグがおすすめでしょうか...
もっと色々とメニューはありましたので
BAOBAB のサイトをご覧ください

今回KIZUNA Coffee の趣旨に賛同いただき
案内掲示も店内の色々な場所に張ってくれていて
積極的にすすめてくれている雰囲気が
ひしひしと強く伝わってきたお店でした...

PICT0555-7_s


(記) : 関根

KIZUNA coffee 巡りクイーン

kizuna sweetbasil

上尾エリアと蓮田エリアのKIZUNA coffeeを巡回して
頂iいたようです。

komibou   /  一凛珈琲 /  KOBO CAFE  
QUATTRO FOGLIO

タチバナ ミサコさんは音楽ユニット「Sweet Basil」の
ボーカルとして活動しています。

先日も鴻巣市の「香文木」で被災者支援のボサノバライブで
チャリティー演奏に出演しました。

 (記) 和田

トラットリア・ナトゥーラ

panorama-15

KIZUNA Coffee の協賛店です
このお店はイタリアンのお店です

大きな木のもとにトスカーナ地方から
抜け出てきたような一軒のお店があります
トラットリア・ナトゥーラ と言う名のお店です

イタリアの庶民的な小さなレストラン(Trattoria)
の名にふさわしいイタリアンレストランです

建物の周りは手入れの行き届いたお庭になっていて
その場所に一歩足を踏み入れると...(Natura)...
ナトゥーラの名前の由来である"自然"を感じることが出来ます
「自然に帰ろう!」というオーナーシェフの強い気持ちが
強く伝わってくるお店へのアプローチです

花と緑あふれるガーデンが誘う小路を通って
店内に入ると木のぬくもりが溢れる吹き抜けの空間が迎えてくれます
オーナーと奥様のお二人がもてなす空間はトスカーナの風を感じながら
食べるイタリアの手料理の美味な香りもただよっているかのようでした

DSC_8168

自家製手打ちパスタや無農薬有機栽培のコーヒー・紅茶...
ゆったりと過ぎる時間のなかで食するイタリアン
ソースから仕上げに至るまですべて手づくりのお料理が醸し出す味は
そこを訪れる方々を決して裏切らない味なのです...

友人が食した感想を伝えてきました
おすすめは海の幸のパエリアとのこと...
エーゲ海の香りただよう風景が見えてくるような
とても自然な食材の味をいかした素晴らしいパエリアだと
言っていたので...一度私も味わってみようと思っているところです

風にゆれる木立...座って感じる香り...
食事の時間が終わってその余韻の中で味わう庭の散策は
心の中に自然の大切さを感じさせてくれます
ナトゥーラの中で味わう時間は素の自分に帰らせてくれます
優しく穏やかですべてを愛することが出来る心を持っていることを
感じさせてくれる憩いの時間を提供してくれる場所なのです

DSC_8202

是非この道を通るときに
あなたの貴重な時間をこの場所で使ってみてください
きっとなんともいえない素晴らしい時を与えてくれるはずです...

この素晴らしい感性をお持ちのご夫妻が
KIZUNA Coffee へ賛同いただけたことは
とても素晴らしいことだと思っています
お二人からの発信が大きく羽ばたき
この場所を訪れる多くの人々の心に
その思いが伝わっていくことを
節に願うばかりです...

(記) : 関根



Gallery cafe Largo

DSC_7310-2

Gallery cafe Largo

また一つ KIZUNA Coffee の協賛店が増えました
南与野駅から歩いて3分新しいマンションの一階に
Gallery cafe Largo  があります
ギャラリースペースのカフェでセンスのいいレイアウトと
広い空間が心を落ち着かせてくれる場所です...

DSC_7290-2

訪れた当日は油絵の個展が開かれていて画家の友人の方々が訪れていました

贅沢なギャラリースペース豪華なオーディオ機器から流れる音楽が
また素晴らしく空間の中でハーモニーを醸し出していました...

庭にはバラが咲き誇っていて素敵な香りを漂わせていました
その手前にある温室のスペースは白い空間で明るいたたずまい
貴重な時間を過ごす場所としてbestな価値を味わえる空間でした
時間を忘れて憩える空間を是非堪能してみてください...

17)

KIZUNA Coffee の趣旨に賛同いただき
今回被災地への援助活動を一緒に進めることになったのです

KIZUNA が発信する思いやりと温かい心を伝えるために
このギャラリーカフェ・ラルゴから更なる発信をしていただきたいと願います...

DSC_7392-1





(記) : 関根

ReeBAL Cafe

DSC_6828_s

ReeBAL Cafe (KIZUNA Coffee)

また一つ KIZUNA Coffee の協賛店が増えました
浦和駅から近く浦和一女の正面への突き当たりの道の
右側に ReeBAL Cafe があります

オーナーの奥様がこのお店を運営していて
女性に人気のSweet な 喫茶店だと思いました
かわいらしいたたずまいのお店に入ると
中もかわいらしいグッズでレイアウトされていました

DSC_6897

奥様ともう一人の女性のお二人が
優しさに溢れるお出迎えをしてくれました

ケーキはオーナーの奥様がつくっているとのこと
丁寧に作り上げられたケーキが並んでいました

穏やかな空気が店内に流れているのは
お二人の女性が醸し出す雰囲気なのでしょうか
光までもが優しく差し込んできていました...

DSC_6894_s

ReeBAL Cafe は KIZUNA Coffee の趣旨に賛同していただき
一緒に支援活動を推進してくれています

絆がつなぐ支援の輪が
しっかりと根付いているのを感じることが出来ました





(記) : 関根

SWEET & CAFE ポネット

PICT0543-1

またひとつ KIZUNA Coffee の協賛店が増えました
東浦和駅から235号線を大宮方面に歩いて10分
車では浦和から越谷方面へ463号線を走って
東浦和駅入り口の交差点を右へ
そして一つ目の信号を右へ行くと一つ目の交差点の角に
SWEET & CAFE ポネット があります

店内に入るとポエムの世界の中にいるような温かさで包まれます
入った正面のガラスケースにはオーナーが作られた
愛情溢れるケーキがいっぱい並べられていました

DSC_5871_s

そのガラスケースの上に置いてある絵...
ポネットさんの女の子の絵が目に飛び込んできます
この絵が語るやさしさが店内いっぱいに広がっています
この絵はオーナーの娘さんが描かれた絵だそうです
素敵な絵がお客様を心から笑顔でお迎えしてくれていました

明るい店内とお母様と娘さんで営まれているお店は
女性の目線でとらえられたメニューがならびます

女性の方の人気メニューでおすすめの
シューサンドをいただくことにしました
かるーく昼食したい方におすすめのメニューと
Lunch Menu では書かれていましたが
食べてみるとその美味しさにお腹は満足するほどでした

まず食前に紅茶を出してくれます
一口飲むとその味に舌を巻きます
その紅茶はほのかに甘くマンゴー風味が口の中に広がる
オリジナルブレンドの紅茶だったのです
食前の紅茶はこれから出る食事の味を調えてくれます
よりいっそう食事が美味しくなる心遣いを感じるお店です

DSC_5945

紅茶がなくなる頃にシューサンドが出てきました
シューサンドはオーナーがはじめた頃
シュークリームの皮でサンドイッチにしてみたらとのアイデアから
出来上がってきた品で他のお店ではなかなか見ない品なのです
2つのシューの中の一つにはシュリンプと卵で作られた具
もう一つはやわらかいチキンを細く細く裂いた具が入っていて
口に広がる味はとても美味しく心を癒してくれる優しさを
感じることが出来る Lunch Menu の品でした

ポエムのようなやさしさが広がる店内
母と娘の醸し出す優しさと溢れる穏やかな対応で
すべてが心癒される空間を作りだしているポネットでした

まだまだLunchは終わりません
ケーキ作りはすべてオーナーの仕事とのこと
食事の最後に心の満足を満たしていただきたいとの心で
プチシューとコーヒーを出しているとのこと

二口ぐらいで食べられるプチシューを食べ
コーヒーをゆったりと飲んでおもむろに席を立ち
お会計を済ませてポネットをあとにしました

SWEET & CAFE ポネット
優しさ溢れるポエムの世界のような癒しの空間を
是非味わってみてください ...

PICT0543-7_s

ポネットさんもKIZUNA Coffee の考えに賛同され
義援金活動に協力してくださいました
前向きな考え方で助け合う心をオーナーはお持ちです
早い復興を願って少しでも協力したいという気持ちが
お店の中で広がっていました


(記) : 関根

cafe easy land

cafeeasy-6

またKIZUNA Coffee に賛同し義援活動のお店が増えました
行田にある hanburger cafecafe easy land です

こだわりのハンバーガーを一人ひとり丁寧に作りあげ
そして心込めて焼き上げる若い感覚の明るいお店です

店内はカントリー的な風景が見えてくるような雰囲気で
レトロアメリカンの飾り付けがまた素敵なお店です
店長も若く...元気のいい声でお客様を迎えてくれます
カップルやヤングファミリーが店内をうめつくしていました

cafeeasy-20

17号を大宮から鴻巣方面に走り宮地の交差点を右に行くと
glass studio luco が右手に見えてきます
lucoを過ぎてさきたま古墳に着く手前の左手に
カントリー風の白いお店が現われてきます...
車を止め中に入ると
お店の中は若い方々でいっぱいで
ボリュームあるハンバーガーを
皆ほおばって食べていました

ドライブの途中に立ち寄りたい
おすすめの hamburger cafe です

cafeeasy-27

しっかりと KIZUNA Coffee をすすめてくれました
美味しいハンバーガーと絆コーヒー
是非ご賞味を!!


(記) : 関根

KIZUNA coffee イベント参加 / 「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会


kizuna-coffee-mitubachi




下記の上映会に「KIZUNA coffee」を提供できることになりました。
昼夜と2回に分けて行います。(予定)詳細が分かり次第連絡します!

ミツバチ@東京都

日時     2011年 5月 29日 (日曜日)
場所      東京都渋谷区神宮前5-53-67

「ミツバチの羽音と地球の回転」チャリティー上映会in青山

会場    東京ウィメンズプラザ視聴覚室
プログラム   開場13:00/上映13:30
参加費   1500円(震災復興支援金として経費以外はチャリティー)
主催      エコ・コンシャス・ジャパン
問合せ先   和田/090-5584-5456/yukiet@cablenet.ne.jp
鎌谷監督もスピーチにきます!

29日の夜も19時~で上映会@渋谷でする予定
その際もカフェスペースでKIZUNA coffeeをやります。

 

----------------------------------------------------------

イラストはイベントblogから転載させて頂きました。

 

(記)和田 /  宮本 


SOBA-DINING SORA

DSC_4643_L2

KIZUNA Coffee の協賛店として
蓮田にある 日本料理の彩々楽(sa-sa-la) さんと
SOBA-DINING のSORA(空楽そら)  さんが
参加をしてくださいました

実は先日紹介したQUATTRO FOGLIOさんは
Neo Lotus 加盟店の会合で彩々楽・SORAの店主の栗原さんが
KIZUNA Coffeeの話を会員の方に話をしていただいたことにより
KIZUNA Coffeeをスタートしてくれたのでした
本当はこちらのお店が先にスタートしていましたが
取材が遅くなってしまいましたので
順番が違ってしまいました

彩々楽(sa-sa-la)さんは日本料理のお店で
東京吉兆や外国で腕を磨いた店主が出したお店です
空楽(SORA)さんは2号店として2010年4月にオープンした
SOBA DINING のお店でセンスのいい食事を提供してくれています

DSC_4679_s

また KIZUNA Coffee にも積極的で
色々な場所に案内や義援金箱が置いてあり
また従業員の胸には KIZUNA バッチをつけてくれていました
積極的な協力に心から感謝をしております


(記) : 関根


LOTUS Cafe


PICT0531-7_s

深谷にあるLOTUS Cafe  さんは
若い感覚のCafe & Restrant です

PICT0531-8_s

家族連れやペアーでの方々が多くいらっしゃっていました

お料理も美味しく
明るい日差しに照らされる店内は
明るい笑い声で一杯に溢れていました

KIZUNA Coffee への積極的な参加に感謝したいと思います

PICT0531-9_s


(記) : 関根




QUATTRO FOGLIO

PICT0531-2_s

KIZUNA coffee プロジェクトは
わずかな期間で10店舗が参加してくれています
その中から取材した店舗を紹介させていただいています

 蓮田にある
QUATTRO FOGLIO  さん
幸せ運ぶ四葉のクローバーの意味です

写真のようにイタリアン料理のセンスのいいお店です
料金もリーズナブルでもあり昼も夜もいっぱいのお客様です
女性のお客様の多さに目が行きます

行かれる時は必ず予約をして行かれることをおすすめします

PICT0531-3_s


(記) : 関根

自家焙煎cafe KOMIBOU

PICT0531-4_s

上の写真は自家焙煎Cafeのお店
上尾の
KOMIBOU  さんです
美味しいコーヒーを淹れることに心をかたむけ
一杯の珈琲に魂を入れて作る味は最高の味です

PICT0531-5_s

迎えてくれるお店の雰囲気は温かく
憩いの時間が得られる場所でもあります
また色々な場所にKIZUNA Coffee の案内を置いてくれていました




(記) : 関根



絆の輪が広がっています

PICT0531-1_s

NPO KIZUNA Coffee プロジェクトに
美術家(書道家)の金田石城さんより
絆の文字とメッセージをいただきました

金田石城さんは出身がいわきでもあり
今回の震災支援活動に
力を入れていらっしゃいます
埼玉の地から発信している
小さなこの支援の団体にも
目をかけていただけたのです
心から感謝申し上げます


金田石城さんよりのメッセージ

東日本大震災の支援活動は「絆」です。
多くの人の慈愛と団結です。復興はこの力が必要です。
埼玉の地から「絆」の輪を発信広げていく事は素晴らしいことです。
多くの方々の力が大きな支援につながることを期待しています。
美術家 金田石城



(記) : 関根



一凛珈琲


DSC_2805

もう一人の発起人の 一凛珈琲  さん
上尾にある一凛珈琲さんは
今回の支援活動の企画で
積極的に行動されました
震災や計画停電の中でも
ボランティアオープンで
従業員全員無給で活動され
そのときの売上げ全額を
支援金として提供されています


お客様を迎える一人ひとりの
心があったかいお店ですので
一度足を運んでみてください

PICT0531-15_s



(記) : 関根

KOBO*CAFE

PICT0531-10_s

発起人の一人のKOBO*CAFE  さん
このカフェはマスターが
デザイナーでもあり
白で統一した店内が素敵で
センスのいい空間を与えてくれる
上尾の癒しのCafe Restrant です

PICT0531-11_s

マスターは今回のこの KIZUNA Coffee
プロジェクトの提案者でもあります
KIZUNA Coffee のフライヤー 
すぐに作成してくれたこともあり
みんなが自由に使えることで
一段と絆の輪が広がっているのです

PICT0531-12_s



(記) : 関根



プロフィール

kizunacoffee

記事検索
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ