ネットワークkizuna~きずな~

『ネットワークkizuna~きずな~信州』は東日本大震災を契機に作られました。             私たちは今も被災地東北への支援活動を続けています。                        もう間もなく震災から5年目を迎えます。                                    今私たちは子供たちを笑顔にしようと考え行動しています。                        子供たちが笑顔になれば、きっとまわりの大人たちも笑顔になって元気になる!!                                                                 そのことが必ず被災地の復興の力につながると信じています。                     応援ください。よろしくお願いします。

支援活動報告 2/11湯けむりカップ 2/18冬期駅伝

新しい年を迎え、1月はのんびり過ごしましたが、少しだけ身体がウズウズしてきました!(^。^)
先週先々週と行われた支援活動の御報告をさせて頂きます。

2月11日は千曲市まで出かけ、恒例の湯けむりカップで2017年の活動の始まりです。
今年は一日目の午後のみ更埴体育館会場にお邪魔しました。
~きずな~ブースを作るなりやって来てくれたのが、彼ら埴生SSCのメンバーです。
KIMG0630




聞くと今度の3月11日に、“~きずな~in千曲・坂城”で交流を持った南相馬市の大甕SSSさん・石巻市の釜SSSさんの招きで、東北まで遠征してくるということです。
金井コーチの話では、あまり遠征自体が多くないチームとのことでした。 でも子供らしい一生懸命な好感の持てるチームで、私は個人的に大好きです。
そんな彼らに自分が出来ること。
当時まだ幼稚園児だった彼らに、震災がどういうものであったか、すべてを失った方たちがそれからどんな時間を過ごして来たのか、そして今の被災地の様子などを話してみました。
イメージしにくい難しい話だったかもしれません。
でも全員目をそらすことなく真剣に聞いてくれました。きっと彼らなりに何かを感じて帰ってきてくれるのではと思います。
そして東北の子供たちと力をあわせ、”いつかきっと!”素晴らしい世の中を作っていってくれると信じることができました。
募金の方は、埴生の子供たちの応援もあり4,235円が寄せられました。復興グッズも4,500円分購入頂き、12月に預かってきた分がすでに品薄となっています!(^-^;
KIMG0634




“埴生SSCのみんなありがとう! みんなたちの想いもしっかり東北の子供たちに繋ぎたいと思います。 
みんなたちもしっかり東北の今を見て感じてきてください。 
これからもよろしく!!"

昨日2月18日は、これも新年の恒例となっている宮田小学校・冬期体力作りクラブの駅伝大会です。
こちらも本当に楽しみにしている大会で、とにかく子供たちの頑張りが目の前で繰り広げられるのが最高なんです!!
毎日のトレーニングではかなり厳しい言葉もかけています。
そんな子供たちが目の前を全力で走っていく!!
いつも応援してくれるお父さんお母さんのために。
チームの仲間、そして何よりも毎日頑張ってきた自分のために!
そんな子供たち全員に、思いっきり“頑張れ~!!”と声をかけまくる、本当に素敵な時間です。
今年も素晴らしい大会となりました。
こちらの様子はよろしければ冬期体力作りクラブのブログをご覧下さい。
http://blog.livedoor.jp/toukitairyokudukuri/

~きずな~ブースに寄せられたのは、募金が2,700円、復興グッズが2,300円と少々少な目です。
これはどうしても私が大会の方に夢中になってしまうからで、ご勘弁いただければ幸いです!!(⌒▽⌒)
でもOBの中学生がおこずかいから募金してくれたり、一生懸命にパネルを見てくれるメンバーがいたりと、こちらでも素敵な出来事が!!
KIMG0656KIMG0648



私に出来ること。
やっぱり一生懸命に頑張っていくことしかないように思います。
これからも応援よろしくお願いします。

2016~きずな~クリスマスプロジェクト 続報

まだまだ春遠しの感はありますが、~きずな~の活動の方は、少しずつ冬眠から覚めて行こうと思います。

プロジェクト当日から1ヶ月以上が経ちました。
岩手県大船渡市のサンアルタスさんから嬉しい知らせが届きましたのでご紹介します。

12/11、宮田村で行ったプレゼント作りには、全国から仲間たちが集まってくれました。石川県から来てくれた勝家さんもその一人で、被災地のチームに届けてくれと、手製のフットサルゴールも持ってきてくれました。
15390754_911315632301660_432824253306725609_n[1]
49








そのゴールを、12/18のプロジェクト初日にサンアルタスさんに贈ったのは以前お伝えした通りです。
その日岩手県サッカー協会から届いた少年用ゴールと勝家さんのフットサルゴール。奇しくも同じ日同じグランドに並び、なんか感慨深いものがありました。
KIMG0025KIMG0008



ただ、まだまだ環境が整わない中、体育館を取ることも大変のようです。天候の悪いときなどは、トレーニングを中止にすることが多いと聞いています。

ようやく先週初めて使えたそうです。
みんなで組み立てて、これから続くフットサルの大会に向けて、がんがんゲームをやりまくったとのことです。
DSC07947DSC07950



DSC07953DSC07969



DSC07961DSC07948






子供たちでも簡単に組み立てられますので、どこの体育館でも使うことが出来ます。
子供が大好きなおっちゃんの熱い想いの溢れたゴールです。
思いっきり使いまくって下さい!(^o^)v

もう間もなくサンクスレターも出来て来ます。
そこからは楽しみな行脚に出かけようと思います。
またいろんな会場にお邪魔します。
これからもよろしくお願いします。

2016クリスマスプロジェクト 現地報告

帰って来てからすでに1週間以上が過ぎました。
今年はなんか不思議な感覚に包まれています。

いつも3日目の夜ぐらいになると思うんです。
”明日で終わりなんだな~! 明日長野へ帰るんだ!!”
今年も同様の想いはあったのですが、あまりに時間的に短かったような感覚です。

一日目、金澤君と待ち合わせ、いつも通り相棒を千曲の高速のバス停で拾い一路東北を目指します。
KIMG0004




途中大船渡のサンアルタスさんに連絡を取り、ゴールを届けさせて頂くことに(このゴールは~きずな~メンバーの勝家さんからのクリスマスプレゼントです)
この10月に校庭の仮設住宅が撤去され、ようやくグランドとして使えるようになったこと。
岩手県サッカー協会にお願いしていたゴールが届き、今日がその初めての使用であったこと。
不思議な偶然に驚き、純朴な子供たちにウルッとさせられ、素敵な旅の始まりとなりました。
KIMG0008KIMG0025



二日目は相棒に宮古市田老町まで一人で行ってもらい、私と金澤君は大槌町でのサンタ行脚となります。
5ヶ所の保育園をまわった後、午後からは相棒と合流し釜石市の鵜住居保育園へ。
お遊戯室で全員にプレゼントを渡し、次は今回初めてとなる大船渡市に向かい、2ヶ所の大きな保育園でのサンタクロース。
た~くさんの子供たちの大歓迎をうけました。

3回目の宿泊となった気仙沼市の南最知仮設住宅は、来年の夏には閉鎖になるそうです。
震災の年の9月から5年以上。 いざ閉鎖・取り壊しと聞くと、何かもの哀しさも感じてしまいます。
私たちですらこうなのですから、地元の方たちにとってはどんな想いなのでしょうか? 少しずつ少しずつ、被災地東北の復興は目に見えるかたちで進んでいます。
KIMG0121




三日目は毎年保育園をめぐる中では最長の移動距離となります。
気仙沼市;1ヶ所、石巻市;1ヶ所の保育園をまわり福島県の新地町まで。
5ヶ所の保育園と1ヶ所の学童保育でサンタをし、夜はフットサルチーム;アステルの子供たちとも交流してきました。

最終日は南相馬市で11ヶ所の保育園・幼稚園、いわき市で2ヶ所の保育園。
たくさんの皆さんが応援に駆けつけてくれ、今年のサンタクロースの日程も無事終了です。
KIMG0194KIMG0109



KIMG0163KIMG0317



KIMG0056KIMG0404



KIMG0388KIMG0054



KIMG0051KIMG0049



2016kizunaxmas01412016kizunaxmas0195





この間、地元の支援者の方とは毎晩懇親会を行いました。
大槌町では、クリスマスプロジェクトのきっかけとなった方たちと、トヨタカップの決勝を見ながら盛り上がりました。
気仙沼には、長野から復興工事の応援に行っている私たちの大切な仲間が来てくれました。
新地では、伊達FCの菅野さんがサプライズで登場!!
サプライズやハプニングはその他にもたくさんあり、感動の瞬間はそれこそ数え切れません。

三人に増えた車の中。親子以上に年の差のある金澤君の将来の夢のことも聞かせてもらいました。
相棒とは今後の~きずな~のことを、かなりじっくりと話せたように思います。

我ながら凄いなと思える濃密な時間!!しかしこの時間がほんのわずか、半日ぐらいにおさまっていたような感覚。
自分でも不思議で仕方ありませんでした。


2011年3月11日 東日本大震災

大きな被害を受けた東北地方では少しずつ復興が進んでいます。
ようやく全体の整備が進み、これから街が出来上がっていくというところに差しかかっているのではと思います。

今こそ応援の声を届けませんか!?
”頑張ってください!! 私たちは忘れていませんよ!!”
そんな声と共に、あたたかい想いも一緒に届けませんか!

ネットワークkizuna~きずな~信州では、これからも東北の皆さんへ、想いを届ける活動をしていこうと思っています。
よろしければ応援ください。
これからもよろしくお願いします。

追伸
日本や世界でたくさんの災害が起きる中、私たちにはそれほどたくさんのことはできません。困っている方たちに対し心苦しさもあるのですが、私たちの応援は、これまで通り東北のみなさんへ向けていこうと思っています。
他の場所への支援を行っている・行おうと考えている方は、出来ればそれを続けてください。
日本中・世界中がやさしさに包まれることを願っています。

支援活動報告 クリスマスプレゼント作り 12/11

今年で6年目となる『~きずな~クリスマスプロジェクト』
いよいよ大詰めを迎えています。

きっかけは2011年11月、初めて岩手県の大槌町まで支援物資を持っていった時のことでした。
そこで出会ったのが、ご自身も被災される中、地元をなんとか元気にしようと頑張っておられた川原畑さんです。
”来月は子供たちにクリスマスプレゼントを贈りたいんです!”
そんなふうにおっしゃっていました。
”そのプレゼントは私達から贈らせてもらえないでしょうか?”
期間は1ヶ月しかありませんでしたが、とにかく全力で集めてみようと大勢の方に呼びかけました。
http://blog.livedoor.jp/kizunasinnsyuu/archives/5364609.html
毎日たくさんのプレゼントが届きました。
支援活動させて頂いた大会では、いろんなチームの皆さんがプレゼントを持ってきてくれました。
募金して下さったお金で購入した物も含め、その数は1000個を超え、大槌町のすべての小学生・幼稚園児に笑顔を届けることができました。
http://blog.livedoor.jp/kizunasinnsyuu/archives/5520007.html

翌年からは幼稚園児に絞り、おもちゃ・お菓子を詰合せたプレゼントを贈るようになりました。
このヒントはアメリカからの素敵な荷物にありました。
http://blog.livedoor.jp/kizunasinnsyuu/archives/5603858.html
応援してくれたのは、長野県宮田村立宮田中学校の生徒達です。
クラス全員で協力し、素敵なプレゼントを作ってくれました。
http://blog.livedoor.jp/kizunasinnsyuu/archives/6814322.html

今は大人の皆さんも含め、たくさんの方の力で作っています。
中学からずっと参加している男の子は来春大学生になります。
遠くは兵庫県からこのために来てくれる方がいます。 長野県は広いんで、1時間以上かけて来てくれた方が何人もいます。
アレルギーの子にも食べられるお菓子をということで、1万枚以上のクッキーを手作りしてくれた素敵な素敵なパン屋さん!!
私がコーチをしている宮田小学校の冬期体力作りクラブからは、保護者の方も含め30人以上が参加してくれました。

前日1時間以上かけて品物を会場となる宮田村のうめっこランドに運び込みました。
とんでもない量でした。
”集まるのが去年より少なかったらどうしよう! 逆にたくさん来てくれたら・・・ 泣くかもしれんけど子供たちに涙は見せれんよな。 とにかく頑張ろう!!”

始まる10分ぐらい前は本当に2~3人しかいなかったんです。
続々集まってくる子供たち・大人の皆さん!!
え~! うわ~!! っという方が何人もいました。
けどバタバタ忙し過ぎて泣く暇もありませんでした!!(⌒▽⌒)

0346



2016~きずな~クリスマスプロジェクトもいよいよファイナルステージを迎えます。
応援してくださったたくさんの方の想いとともに、とびっきりの笑顔を届けてきます。

本当に本当にありがとうございました。
これからも見守ってやってください。
応援よろしくお願いします。

49

支援活動報告 第41回伊那市スポーツ少年団剣道大会 12/4

こちらも~きずな~支援活動の冬の風物詩となってきた『伊那市スポーツ少年団剣道大会』
お邪魔するのは4年目となります。
今年も、凛とした雰囲気から、試合が始まれば一転、子供たちの元気な掛け声の溢れる素敵な場所でした。
15416112_551002965106227_1447492279_n[1]







こちらでの支援活動、私自身は開会式での挨拶のみとなります。
サッカーの大会のように会場内を動いて募金活動するわけにはいきませんし、この時期、他の支援活動とかぶることが多く、少年団の保護者の皆さんにお任せして会場をあとにします。
昨年からは~きずな~メンバーの中村めぐみさんが応援してくれるようになりました。
~きずな~の活動も説明しながら集まった支援金は11,668円。 本当にたくさんの皆さんが募金して行ってくれました。

いよいよ募金活動は土曜日のフォルツァメモリアルカップがラストとなります。
翌日はこれも楽しみなプレゼント作り!!
今年はどんなメンバーが集まってくれるか、今からワクワクがとまりません!!
こちらには、“自分の手で東北の子供たちへのプレゼントを作りたい!!”という想いさえあれば、どなたでも参加することが出来ます。人数は多ければ多いほど助かります。小学生ぐらいからならみんなできる仕事があります。たくさんのみなさんと楽しみながら作りたいと思います。

あと10日もしないうちにサンタ行脚が始まるというのが何か不思議な感じです。
特別トラブルもなく順調に進んでいるせいかもしれません。
でもこんなときこそ気をつけて!!
もう一度しっかり確認し、気を引き締めて頑張ろうと思います。
これからも応援よろしくお願いします。


《今週末の支援活動》

12月10・11日(土) 
フォルツァメモリアルカップ 【塩尻北部公園】

12月11日(日) 
クリスマスプレゼント作り 【宮田村うめっ子ランド】 9時から

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ