ブログネタ
読みやすいビジネス書が楽しい!! に参加中!

--------------------------------
問題は「数字センス」で8割解決する

著者:望月 実
出版:技術評論社
発行:2008年08月05
価格:¥1,554
--------------------------------


「王道」と言った感じでしょうか?
最近のビジネス本の「奇をてらった感じ」もなく、
非常に読みやすく、

・数字の読み方
・数字の使い方

を説明してくれています。

著者が前書きで書いている通り、
「会計の本」とかを読む前に、
数字に慣れるという意味で読むには、
「最高」の部類に入るんじゃないでしょうか?

なんか妙に、体に染み渡る感じのする書籍でしたね。

ボリューム的には、一般的なビジネス書
−200ページ位で結構行間あるヤツ−
なので、ちょっと物足りない感じがしちゃいます。

いい意味で捉えると
「もっと読みたいなぁ〜」と言った感じかな?(^^)


以前紹介した、同ジャンルの書籍で

『超数字術』 <=クリック

と比べると、個人的には、かなりこちらの方が「好印象」です。(^^:

「数字」と言う局所的な所にとどまらず、
そこから発展させる応用技術的な事まで
フォローしていくれているので、
即効性もあるんじゃなかな…

「表に出ている数字から、裏にある数字を読む」
なんてのは、なかなかおもしろかったですね。

「docomo vs その他」

に関して表に出てくる数字と、その裏の数字…
わかりやすい例だと思いました。

って事で、入門本としてはもちろんですが、
もしかして普段「数字」を扱う仕事をしている方にとっても、
発見がある一冊かもしれません…(^^)




     -2  0     5    10
読み易さ:■■■■■■■■■■■□□
笑ったよ:■■■■□□□□□□□□□
お役立ち:■■■■■■■■■■■□□
心地よさ:■■■■■■■■□□□□□
嵌ったね:■■■■□□□□□□□□□
泣けた!:■■■□□□□□□□□□□
※あくまで個人的な感想です。