--------------------------------
週刊 世界百不思議
   この世は謎と怪奇に満ちている [全50巻]

出版:講談社
発行:2009年02月26日創刊
    毎週木曜日発売
価格:創刊号のみ ¥290 通常¥580
--------------------------------


いつもとちょっと毛色が違いますが、
まぁ、ご勘弁のほどを…(^^;

まだ結構TVCMやってるんですかねぇ?

最初、この雑誌のCMを見た時は、
完全にあの、「DeAGOSTINI」の雑誌かと
思っていたら、講談社なんだよね。

もうさぁ、正直言うと「DeAGOSTINI」の雑誌は
勘弁してほしいのよね。

「週刊 マイ・ディズニーランド」だの…
「週刊 古代文明 ビジュアルファイル」だの…
「週刊 歴史のミステリー」だの…
「隔週刊 科学忍者隊 ガッチャマン DVDコレクション」だの…
「週刊 仮面ライダー オフィシャル データファイル」だの
「週刊 フェラーリ・グランツーリズモ」だの…
「24 TWENTY FOUR DVDコレクション」だの…

とにかく、新しいのが出るたびに、
「うわ、これいいかも… 」
「これ、欲しいかも…」
って、思っちゃうんだよね。

そこに来ての
「隔週刊 地球の鉱物コレクション」
には、参ったね。
「なんちゅうニッチ(隙間)な所に目を付けるかねぇ〜」ってね。

単純に、すげぇ〜! と思っちゃった。
鉱物コレクションなんて、学研の「科学と学習」以来だわさ! (^^;

いや、別にアタクシ鉱物マニアじゃないんですが、
「いるんだろうなぁ〜」ってね。(^^)
しかも、最後にゃ「ウラン鉱石」とか、
「超合金Z」とか、付いてくるかもしれないじゃん?

でね、これだけ食指を動かされても、おかげさまでアタシャ
ひとつも買ってないのさ… ウハハハ…

だって、これ… ひとつ手を出したら…
もう、絶対におさまらない…
なし崩し的に、あれも… これも… ってなる!

そして、読みもしないのに、習慣的に買い続ける事になるという、
まさに、期待されたとおりの行動になりかねないのは
自明の理でございまして…(^^;

なので、DeAGOSTINIさんには、ほんと申し訳ないんだけど、
自粛… 自粛… 自粛… 自粛… の人生を歩んできたわけです。

なのに… この「世界百不思議」は買っちゃったんだよなぁ〜(^^;

やっぱり、


『空飛ぶ円盤捜索隊』


『U M A』


『怪魚 ウモッカ』


『怪奇現象… それこそ「テロ」って感じじゃありません?(^^;』


等のネタをblogに書く位だからさ…
「辛抱たまらん!」という、自分の心の声を冷静に分析しまして、
創刊号の釣り価格¥290に乗っからせてもらったわけです。

また、創刊号が
「隠されたUFO事件を暴く!」
「妖精写真は本当に偽造だったのか」
なんて、非常に興味あるネタを提供してくれちゃっていてさ…

当然の事ながら、既知の事実も結構あるにも関わらず、
豊富な写真、挿絵、紙面構成により、
結構おもしろく読めるんですわ!

ほら… もう人生転げ落ちていくアタクシの姿が目に浮かぶでしょ?
しかも、全巻定期購読の申し込みを決意しちゃってるもんね。

全巻定期購読申し込むとさぁ〜
「古代ピラミッドの謎と秘密」ってなDVD2枚組が
もらえるんだよ? (^^)/

いいでしょぉ〜〜〜? (^^)

でもね、やっぱりちょっと価格が高めの気がするかな…(^^;
30ページ程度で、580円…
月4冊だから、2320円…
月に一度に一遍に買うとしたら、
2320円の月刊誌ってありえないよね? (^^;

確かに、広告ないし、写真もたくさん、ちょっとした付録付きだから、
「まぁ、そんな値段なのかな?」とも思うけどさぁ〜

あと、全50巻までちゃんとワクワクさせてくれるような
ネタを提供し続けられるか?って問題もあるよね。

値段を考えると、単純にお勧めできませんが…
このジャンル、好きな人はやっぱり押さえておきたい所かな?


今はちょうど、最新刊の第五号を読んでるんだけど、
創刊号の「妖精写真ネタ」を読んで思った事を最後に…

創刊号の案内で、表紙を見てもらえばわかるけど、
例の有名な「コティングリー妖精事件」の写真の
考察の記事があるのね。


晩年撮影者が、偽物だって告白したって話なんだけど…

どうしてさぁ〜 「これは本物です」って言っても
信じない人がたくさんいるのに、
「これは偽物です」って言うと、みんな一斉に
「ほらやっぱり」って、信じる方向に言っちゃうのかねぇ?

これ、おかしいと思いません?(^^;
ネッシーの写真とか、UFOの写真とかでも
まったく同じ事が言えるよね?

自分の都合のいい方に動いた時だけ「ほらね」って
すごく不公平な気がしちゃうんですよね。

※もちろん鑑定結果も怪しい事がおおいわけですが…(^^;

妖精写真の撮影者も、「一枚だけは本物だ」って
最後まで言っていたらしいんですよ。

これは非常に興味ある話ですよね。

って事で、全巻定期購読申込みは5月まで
受け付けてるみたいですすよぉ〜