無限夢中

関ジャニ∞のことを語ったり絵を描いたりしています。

2015年春からeighterになりました。特に安田くんが好きですがメンバーみんな大好きです♪
たまに腐った発言をすることがありますのでご注意ください m(_ _)m
Twitterもやってます!(不定期)→@hachiko_kjeight

私は昔からダンスを見るのが好きで、三浦大知くんのようにソロで踊るのもカッコイイけど、できれば5人以上の大人数でやるフォーメーションダンスが特に好きなので、今回はめっちゃ楽しい特集!
できれば5人以上と言ったけど、4人組のs**t kingzさんもカッコイイね!
とにかくダンスが揃ってて綺麗にシンクロしてると鳥肌立つくらい興奮します。

K-popなんかはどのグループもほんとにダンスのレベルが高いし、日本だとモー娘。とかすごくカッコイイですよね。
だから私はなるべく見ないようにしてるんです。ファンになっちゃうから(笑)
最近よく話題になる、高校のダンス部とかもシンクロ率がほんと凄くてびっくりします。

ダンスが好きとは言っても私自身はまったく踊れないし経験も知識もないので、ダンスの名前とか色々聞けて面白かった~♪
まぁ、覚えることはないでしょうけど(笑)

TAKAHIROさんによるA.B.C-Zのダンスの説明もわかりやすかったし、欅坂はダンスというより一つの舞台かのように細かい構成で作られてるなんて驚きました。
そうなるとs**t kingzのOguriさんが振付してくれたBlack of nightも設定とか構成が色々ありそうだけど、その説明も聞きたくなりますね!
(雑誌かなんかで言ってたような気もするけど忘れた笑)

私も踊れないのに失礼だけど、サバンナの高橋さんのダンスめっちゃ笑いました(*´艸`*)
さすが”運動神経悪い芸人”ですね(笑)
食べ物(食品サンプル)が落ちて思わず「もったいない!」って言っちゃう大倉くんも可愛い♡
ご飯大好きキャラがブレないな~大倉くんは。


セッションはNOROSHI~♪
スタジオには横山くんいなかったけどセッションには参加してくれたので良かった♡
やっぱりNOROSHIのトランペットは横山くんじゃなきゃね!

今回はs**t kingzさんとのバンドvsダンスバトルって感じだったけど、画面があっちっこっち移動するから目が忙しかったな💦
バンドが後ろでダンスが前で全体を画面に収めるとか、もしくは二画面にしたほうが良かったのでは?って思うけど、そうなるとバトル感が出なくて迫力無くなっちゃうかな~…

こういう構成は前にもありましたよね。三浦大知くんがゲストで、『EXICITE』をセッションした時。
あの時もダンス見たいしメンバーも見たいし忙しい!ってなったな(^^;)

でもなかなか見れない構成なので、こういうのもたまにはいいですね。
バンドもダンスもカッコ良かったです♡


4人組のs**t kingzさんを見てたら無性にノスタルジアを踊る年下組が見たくなったので、今日は久しぶりに再生しようかな♪

昨日、西郷どん最終回を見ました。号泣でした。
最初は亮ちゃん目当てで見始めたのに、どんどんと引き込まれ、亮ちゃんが出る出ないに関わらず毎週の楽しみになっていました。

大河なんて今まで見たことなかったし、歴史なんてぜんぜんわからないし、しかもドラマが苦手な私が1年間も見続けるなんて無理なんじゃないかって思ってたけど、結局1話も見逃さずに最後まで見れてしまった。
そのぐらいとても素晴らしく魅力のある作品でした。

脚本の出来ももちろんあるだろうけど、何より俳優さん達の演技が本当に凄くて、特に主人公の西郷隆盛役を演じた鈴木亮平さんは、まるで西郷がそこにいると錯覚してしまうかのように、本当に身も心も西郷隆盛に成りきっているように感じました。

私、ほんとうに歴史が苦手で勉強したことがまるきり何も記憶に無くて(笑)、西郷さんがどういう人でどういう最期を迎えたのかすら知らなかったから、最終回に向かってどんどんと不穏な空気になっていくのがツラくてツラくて、西郷さんに感情移入してしまってたぶん、ここ数週間は毎回泣いていました。
もちろんドラマですから史実とは違う部分とか、憶測の部分とか演出もあるんでしょうけど、こんな劇的で波乱万丈な人生を生きた人だったのかと初めて知ったし、西郷さんを見る目がかなり変わったと思います。

そして、そんな西郷さんの弟・従道(信吾)を演じた亮ちゃんも、本当に本当に素晴らしい演技でした。
今まで何作か亮ちゃんが出演した作品を見てきて、もちろんその都度演技が上手いと感じてたけど、なんというか、これほどまでに”表情で語る”演技ができるなんて、感動と驚きで毎回圧倒されていました。
特に中盤の、鬼になってしまった兄・隆盛との衝突や、戸惑い、それでも兄の側にいたい弟としての葛藤なんかの場面は、見ていて何度胸が締め付けられたか。
本物の信吾はどうだったのか知りませんが、亮ちゃんの信吾はあまり口数が多いわけではなかったので、それが逆に表情の演技を引き立ててたような気がします。

私が西郷さんに感情移入していたから、信吾が兄に戦をやめるように説得したり、最期に兄と一緒に戦いたいと本音を漏らしたり、兄の最期がわかっていてもどうすることもできず、でも仲間と共に死ぬまで戦うのが兄らしいと思うのも全部、「信吾…わかるよ…」と思いながら、勝手に信吾の気持ちになって涙、涙で見ていました。

最後に鰻を食べて泣くシーンも良かったな…
小さい頃、兄が友人たちと川に入って鰻を獲っているのを羨ましく思ってたと隆盛にふと漏らしたら、後日川に鰻獲りに連れて行ってくれて嬉しかった日のことを思い出していたんだろうな。
兄弟で布団を並べて寝ながら、兄と仲間たちが羨ましかったと拗ねるあのシーンは、ほんとに可愛くてキュンキュンしたよね(n*´ω`*n)♡
亮ちゃんは弟がぴったりだなって思った。

隆盛と信吾は最後は敵と味方に分かれてしまったけど、いつもまっすぐに兄を想い、心配し、尊敬し、慕う、西郷信吾という人は、今や亮ちゃんしか演じられない、亮ちゃんだからこそ演じられた役だったと贔屓目なしで思います。

1年以上もの長丁場の撮影、本当にお疲れ様でした。
戦乱を生き抜いた本物の人物を演じるというのは、私が思うよりもはるかに大変で心がしんどいこともあったと思います。
身体も心も一旦リフレッシュできてるといいけど、休む間もなく次のドラマが決まったので、気持ちの切り替えとかできてるかな💦
レンジャーでいつも「頑張る」って言葉を見ると、大丈夫かなって逆に心配しています…
どうか仕事以外でたくさん楽しいことがあったり癒されたり、一日でも心が穏やかになれる日があればいいなと願います。

亮ちゃんが出てなかったら大河を見る機会もなかっただろうから、『西郷どん』という素晴らしい作品に出合えたのは亮ちゃんのおかげです。本当にありがとう(*´-`*)
次のドラマは私が一番大好きな科学捜査モノなので、とても楽しみにしてます♪

今回のクロニクルは、ゲストの清水さんや女芸人さんには申し訳ないけど、マルちゃんのモノマネしか印象に残らなかった(笑)
もうめちゃくちゃ面白かったよ~~(><)
陽水さんのカラオケのとこは涙流して笑いました。
芸人の持ちネタか!ってくらいやり慣れてる感が出てて、しかもクオリティめちゃくちゃ高いから余計笑っちゃうんだよね。
マルちゃんしか印象に残らなかったって言ったけど、ゲストさんがマルちゃんのモノマネに次々と突っ込んでくれたからこそ更に盛り上がったから、もうこれは団体芸みたいなもんですね(笑)

モノマネの面白さに惑わされがちだけど、ほんとにマルちゃんは歌が上手いね~♪
歌が上手い人はモノマネも上手いって聞いたことがあるけどほんとだね!(歌が上手い人は耳がいい。耳がいいと聞いた音を適格に再現できる=モノマネも上手いってことらしい)

クロニクルでマルちゃんのモノマネコーナーを作ってほしいと思っちゃうくらい、とても楽しい回でした♪
そして、来週はめちゃくちゃ久しぶりのヤスくんのロケ~~~~~~。゚(゚⊃д⊂゚)゚。
しかもKicyuだよ…!スルーされたニュース初代記者だった2人♡ 楽しみ過ぎる!!

このページのトップヘ