吉祥寺ホームボランティア日記

*ホームページ・ブログへの個人情報・写真の掲載は、ご本人または関係者の許可を得て行っています。 *掲載された記事・写真等につき、訂正、削除等が必要な場合は下記にご連絡ください。速やかに対応いたします。 連絡先 0422-20-0800(ホームページ担当まで) 受付時間 平日9時〜17時

4年ぶりに開催された日本三大祭りの一つ神田祭

撮影:2013年、2023年 上田幸孝氏

s-R0030067





s-DSCF1447






s-DSCF1459





DSCF1515






s-DSCF1502

朝顔と向日葵の植え替え

育苗ボランティアさん達が種から育てて下さった「朝顔」を柳澤さんがプランターに植え替えてくださいました。グリーンカーテンの準備です。
yP5300171P5300172P5300173

なにわの街角

s-HORIZON_0001_BURST20230530103120106_COVER
大阪で見かけた花壇です。
今は街の花壇も、季節ごとの植え替えがあまり必要のない宿根草を使ったものが提唱されているとかで、この花壇もとても自然風。
まるで草原のような雰囲気で素敵だなぁと思いました。

5月30日投稿  

「日本蕎麦の魅力」

20230424 むさしのFM「むさしのトディ」放送原稿 「日本蕎麦の魅力」
 私の友人に「そばリエ」と名刺にプリントしている男がおりまして、彼は当地武蔵野二中の元理科教師でS君といいますが、若い時からケーキ作りなんかもこなし、歳重ねて、そば打ちに目覚め、今では、彼を訪ねる誰彼に、大海老や野菜の天婦羅も付けた蕎麦をご馳走してくれたり、近所付き合いの人びとには年越しそばを振舞うなどしております。もちろん、そば打ちの道具も揃え、新そばの粉の情報が入ればいち早く出かけ…と。それでも、そばリエの公認の折、職業としての蕎麦屋を決して目指さぬようにと言い渡されているとか。つまり、それほどプロとは格が違うのだと。
 そうして、彼がそばリエになる研修で何軒かの蕎麦屋さんで味わい、レポートを書かねばならぬ課題があったんですが、私も付き合い、先ずスタートしたのが、相撲の御当地場所みたいに、武蔵境駅の北口から数歩、創業五十年以上の地元でも知られる日本蕎麦『ささい』さん、石臼で挽く限定二十食のお蕎麦はともかく、何を戴くも美味、お昼目指して贔屓客が列をなすお店です。
 で、今回の放送はS君のそばリエ取得奮闘記はおいて、『ささい』店主伸一郎さんに取材してのささやかなレポートです。
伸一郎さんは、二十六歳の時と言いますから、バブル景気の始まり、「新人類」なんて言葉が流行語に登場した八十年代半ばですか、「蕎麦屋」の「そ」の字も知らないで蕎麦屋になったんだとか。同じ暖簾の店に修業に出て、そこでは足手まといにならないように必死の毎日だったそうです。以来、三十七年になるのかな、それでも、まだ満足いく蕎麦打ちができていないんではないか、どうしたらもっと美味しく食べていただけるだろうかと日々考えながら仕事していますとか。
最近の苦心を伺うと、やはり、原材料費や公共料金の値上げ、人材の確保なんだそうです。
お客さんの好みの受け止めはというと、お客様はうちの味を気に入られてご来店いただいているものと思いますので、先代から受け継いだものを守りながら作り続けていますとのこと。私はまるで通ではありませんが、蕎麦屋さん各々にその店の味というものはあるんでしょうね。
つゆの拘りは、一時間煮込んで、できればおいしいからと飲みつくしていただける味を目指すとか。塩分控えめで、残されるのもありなんですが、そう辛くもない所を工夫しておられるようです。
(そう言えば、私の父、仕立て屋でしたが、出前を取らぬ際蕎麦は家で茹でても、出汁つゆを、当時近所の青戸庵という蕎麦屋から買い求めて来いと言う我がままで…とお袋がこぼしていましたけ。)
『ささい』さんの、ここは他の店とは違うというアピール?これが意外と変わっていて、一週間から十日で入れ替わる手打ち蕎麦の産地というアイデアなんだそうで、産地によって変わる味を打って、私自身が楽しいんですよと。例えば、今日は丁度群馬の赤城のを、三月には信濃安曇野のが、おいしいんですよと。差し支えない範囲での伺いなんで、さらに突っ込みは遠慮したんですが…なるほど…って、独り納得してもしょうがないんですが。
さて、こんな時代、他の和食、洋食をヒントにしたことはありましょうかと訊きますと、ローストビーフと同じ製法で仕込んだ鴨のローストというお答え。それに、クリームチーズと合わせた圧削り節(薄削りは花かつおで、厚削りは燻製風なんだそうですが、それに山葵を乗せた一品だとか。
ここで、思い出しましたが、「蕎麦前なくして蕎麦屋なし」という小説家池波正太郎氏の言葉。「蕎麦前」とは、蕎麦屋で呑むお酒のことで、「前」とあるように蕎麦が茹で上がる前に肴をつついてお酒を1、2本呑むこと、つまり、 蕎麦を肴にお酒を呑むのではなく、蕎麦屋ならではの肴とお酒を楽しんだ後に蕎麦でシメるというのが「蕎麦屋酒」というわけですが、紹介した「ささい」さんの酒の肴は極上ではないでしょうか。
伸一郎店主のお仕事で最も楽しい時というか、喜びをお訊きしたら、せいろ蕎麦を注文していただいたお客様から、もう一枚と、せいろの追加注文を戴いたとき、これが一番で、心の中で「よし!」と叫んでいますと、言われるんですね。それと、笑顔で帰るお客様を見送る時とも。私たちも満足すれば、そりゃあ顔に出ますからね。食というものは正直ですもんね。
…そうして、『ささい』店主にズバリ、お蕎麦の魅力はどこにと締めをインタビューしましたら、「自分の好みの量のつゆをつけ、ズルズルと勢いよく音を立てて啜った時の鼻に抜ける香りとともに味わい、飲み込んだ時の喉越し、舌の上に残るつゆの旨味の余韻を楽しむこと」…と言われました。ここんところをやたら食べ過ぎて台無しにしてしまう不思議な落語「そば清」というのがありますが、噺家の蕎麦を食う演出には、ささいさんのいう醍醐味が見て取れますね。
 そうそう、『ささい』さんは武蔵野市の小学校や保育園の依頼でうどんを打つという実践もされているんだそうです。子どもたちは、小麦粉に水を入れていくとき香り立つ香りに新鮮に驚き、また何を言っても足の裏で踏んでうどんが作られていく、食べ物が踏まれてと言う発想と、足の裏の感触、これを何年も忘れられずに、お店にアルバイトに来た学生が記憶を蘇らすほどの、感動体験なんだそうですよ。さて、五月季節もよく、あなたはどんなお蕎麦を召し上がりましょうか。

成蹊大学のケヤキ並木の「紫陽花」

image23,4年前、庭に咲いた紫陽花を仏壇にお供えした後、枝を土にブスブスと突きさしておいた。
毎年葉は出ていたのだが、まだ花には会えないでいた。今年ふと見ると、何本かの枝のうちの1本だけ蕾がついている。たった一つなので余計可愛く思え、毎日のように見ていたら今は直径10センチくらいの花になった。



image0そろそろ成蹊大学のケヤキ並木の紫陽花も咲き始めているだろうと思い行ってみた。高くそびえ風に揺れるケヤキの足元に何本もの紫陽花はすでにたくさん咲き始めていて、これからの一時期楽しめるなあとゆっくり歩いていると、何やら掲示板が目に入った。普段は気にも留めなかったが、見てみると、「残したい日本の音風景100選 成蹊学園ケヤキ並木」として四季のそれぞれの並木道の写真が貼ってあり、1996年に環境庁に選ばれたと書いてある。点字の表記もある。

春  新緑の優しく爽やかな葉ずれ

夏  濃い緑の下のしじま

秋  軽やかに舞う落ち葉

冬  木枯らしの後の一瞬の静寂

風景は意識しても、音を意識したことはなかったとあらためて気付かされた。四季折々、ケヤキは高いところから並木道を行く学生や人々を見守ってくれているような気がして、ますますこの並木道が好きになった。

(ありんこY)

カーネーション

P5240156昨年5月に施設ご利用者に届けられたカーネーション、植え替えしたら今年も咲きました。
隣のテラコッタに咲き終えた今年の花も植え替えました。

牧野植物園へ散歩 

「大曲の花火異聞をFmで語りました
週間再放送が日曜日午前十時になりました。
よろしければお耳拝借。

今日は吉祥寺のカレー《ナマステ》でランチ その後の曇天に牧野植物庭園にでも行くかとバスに揺れ練馬区の学芸大附属前バス停からすぐ…朝ドラ見ていませんが、影響で人をたくさん集めていました。高知の本家にも観光客の人出があるようで。
こちらの庭園は牧野さんが若いころから植物検索三昧だったことがよくわかり、妻の名にちなむスエコ笹も群生、書斎も保存されていて一日散歩によろしいかと。大泉学園駅に歩いてすぐ、スタバでティータイムしました。」(5月22日)

「千川上水わきの遊歩道」と「扶桑通り南公園」

お散歩のときに撮った写真をおおくりします。  蓮村

上段は「千川上水わきの遊歩道」で撮りました。
一番目は、水草で囲われた池のようなところに鯉が沢山たむろしていまして、水のきらめきで写真を撮ったら鯉が泳いでいるのかどうかもわからない奇妙な写真になってしまいました。
二番目は遊歩道わきに立っている上水の生き物一覧の看板です。実際によくみられるのは鯉ぐらいで、たまにサギが飛んできていますが、そのほかの生き物はいるのでしょうが見られません。
三番目は千川橋のたもとに咲いていたお花で、いつも夏前に咲くようです。名前は?

123














下段は「扶桑通り南公園」のお花です。ボランティアさんたちが時々手入れをしているのを見かけますが、そう広くなくて市立公園なのに沢山の種類のお花が咲いています。
すみません、どれもお花の名前は?。
456789

エッセイはトライアル

ベルクソンの『時間と自由』の原題は
『意識に直接与えられたものについての試論』(Essai sur les Donnees Immediates de la Conscience)    です。
若い頃、この原題を見て、”フランスの哲学者は論文でなく、エッセイを書くのだな” と、妙に感心したことがあります。
今となっては、とんでもない思い違いであることがわかりますが、当時はエッセイ = 随筆 という風に捉えていましたので、かかる推論となった次第です。

最近、生涯学習講座を受講して、エッセイの元の意味を知ることができました。
通常はエッセイを随筆としても問題はないのですが、学術論文では違う意味になる場合があると知ったのです。

つまり、フランス語のエッセイ(エッセ)は英語のトライ、トライアルに当たるのだそうです。
随筆とは全く関係がありません。
日本は翻訳大国ですが、元の意味を知らないと、間違った解釈をすることになりますので要注意です。
トライ、トライアルですから、試論というのはうまい訳語だと思います。

現在、後期高齢者なのですが、このトシになって、いまだに知らぬことが多くて、相変わらず調べ物に時間を取られている毎日です。

                                               (H.K.)

腐葉土

P5180148P5190151






昨年11月12月に集めた庭の欅の落葉とご寄付の米糠で作った腐葉土の切り返し2回目を先週しました。二日間の天日干しの後、YさんとOさんが70ℓ袋に入れなおしてくださいました。20袋が8袋になりました。
皆々様ありがとうございます。

《思ひよるいづれかあやめ杜若(かきつばた)(子規)》俳句クイズぁ   嫻亢腑イズ

(   )似たりや似たり水の影      (松尾芭蕉)
・杜若  ・花あやめ


きのふ見し妹(いも)が垣根の(   )   (加藤暁台)
                         ・杜若  ・花あやめ



古溝(ふるみぞ)の只(ただ)一輪の(   )     (正岡子規)
                           ・杜若  ・花あやめ

(    )葉さきは雨のおくところ   (室生とみ子)  
 ・杜若  ・花あやめ   

続きを読む

《遊びをせんとや、戯れせんとや・・・》俳句クイズ

問:各句の空欄に次の季語を入れて下さい。
  ・青田風  ・木陰かな  ・てまりばな

毛虫落ちてままごと破る(     ) 
                                         (池西言水)


(     )チェンジのときも賑やかに     (中田尚子)



濡れるだけ濡れて帰る子(     )  (坂口佳音)                                      


続きを読む

タオルが”〇〇〇タオル”へ

P5150144地域の方からご寄付いただいたタオルを半分に切って、端を丁寧に縫ってくださいました。その数130枚。清拭用や顔拭き用のタオルとして使わせていただく、と聞いています。縫製にご協力くださったボランティアさん達ありがとうございました。

《あらたふと青葉若葉の日の光》俳句クイズ

問:標題の芭蕉の句から次の句に共通する二文字を取り出して、句を完成させましょう。そして芭蕉に始まる、俳諧三部輪唱を楽しみましょう。

〇〇して御(おん)目の雫(しづく)ぬぐはばや (松尾芭蕉)


〇〇して仏のお顔かくれけり  (夏目成美)


〇〇して手のひらほどの山の寺     (夏目漱石)


続きを読む

小玉スイカ

今年の野菜は、小玉スイカとミニトマトです。三年ぶりです。
小玉スイカ・ミニトマト小玉スイカ ミニトマト お預かり中ですが、
ポット苗が大きくなり安定してきました。
小玉スイカをプランターに植え付けてから
お持ちします。
今しばらくお待ち下さい。(園芸ボラ柳澤)

《刻々と夏》俳句クイズ

問:次の各句の空欄に入る語句は何でしょう。
  ・風おもく   ・空ありて   ・音立てて
(    )八十八夜の山の水    (桂信子)


(    )人甘くなりて春暮れぬ  (加藤暁台)


手つかずの(    )夏立ちにけり    (伊藤通明)

続きを読む

楽しい「おしゃべりな古典教室」

20230512091703_00001私は、ラジオ第二で毎週日曜日に放送される「おしゃべりな古典教室」を楽しみにしている。
おしゃべりと朗読で古典の世界へと誘われた。
活字の「古事記」に挑戦したことがあるが、登場する神々の名前が覚えられない。その上、神なのか人なのか。お話はあっちへとび、こっちへとび、読む私の頭の中は整理しきれず、何処へ行ったら良いものやら。
「おしゃべりな古典教室」のおかげで「古事記」の世界が魅力的で実に愉快なお話し満載であることが分った。聴いて得をした。「方丈記」も面白い。
                                         絶滅危惧種

好きな本

20230512091614_00001
ますます家から出る機会がなくなり、ラジオと本を友とし、数少ない本の在庫の中をあさり、あら こんな本もあったのと発見する楽しみを味わっています。
このところ、ポール・ギャリコの本をたて続けて読んでいますが、前回読んだ内容と違った印象になることに驚きです。
好きな本は何回読んでも面白い、面白さ倍増です。
現在は「不動明王」を読んでいます。仏教も面白いです。(まり庵々主)

80号をお読みくださりありがとうございました。

大変ご無沙汰致しております。『さくせすふるえいじんぐ』お送り頂きありがとうございました。
ホームの皆様がコロナに屈すること無く、今出来る事を元気に楽しまれているご様子がとても良く分かりました。
今年は、桜の花もハナミズキも、芝桜も、さつきもみんな、みんな例年より早くから咲いて、ちょっとびっくりしました。
・・・・・・コロナが五類になり世の中の動きも活発になって来ました。 でも感染者数は増えている様で、油断大敵ですね。
(皆様)どうぞ引き続き健康管理をされてお過ごしくださいませ。

機関紙80号を新居に送付頂き、ありがとうございます。
「ラジオ体操を続けています!」の記事を拝読し、なんて素敵な活動だろうと羨ましく思いました。私も、名古屋で交流や地域のつながりと健康維持が出来る事に参加したいです。

サクセスフルエイジング拝受いたしました。
ありがとうございます。
なかなかそちらに伺う機会がないのですが、
中庭でもお花見されたり、スイーツをチョイスできたり
ご利用者様が楽しまれるといいですね。

さくせすふるえいじんぐ、ありがとう御座いました。皆様の、様子、安心ですね。早く、元の生活に、戻れると、良いですね。

読みました。いつもありがとうございます。

ご無沙汰しております。さくせすふるえいじんぐありがとうございました。〇さんが投稿してくださったそうで懐かしい写真が飛び込んで来てビックリしました。近いうちに又活動出来る日が来る事を祈るばかりです。皆様にお会いしたいです、その日が来るまで私も健康に留意してお待ちしております、ありがとうございました

自分の事が記事になるとは気恥ずかしいばかりです。お手数をおかけしました。ナーシングの中庭紹介懐かしく拝読し3年も見てない庭がどんなになってるかなと想像してます。さつき祭中止は残念ですがもう少しの辛抱になると良いですね。御礼まで。 

サクセスフルエージング、届いています。春いっぱいのお便り、ありがとうございました。
ところで、ナーシングの桜はいつ頃植えられたか分かりますか?私が子供の頃あの桜並木は記憶にないのですが。
せめて市内の桜は楽しみたいと思って、でも今年偶然にナーシングの桜を発見しこんなに綺麗なんだと嬉しいでした。施設が桜に囲まれていてご利用者様はお幸せだなあと思いながら通り過ぎました。
あの場所にナーシングがあって良かった、庭のお花も綺麗だし、地域にも開かれていて、、と改めてナーシングの存在が素敵に思えました^_^
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

この度は「さくせふる えいじんぐ」を送ってくださり、ありがとうございました。
「○○○○」の原稿をまとめたものが同封されていて、しばし懐かしさを覚えました。
コロナで3年間、ボランティアの活動ができず、残念に思っております。
早く終息し、活動が再開される日を待ち望んでおります。
取り急ぎお礼申し上げます。
ありがとうございました。

 GWも本日で終わりますが、いかがお過ごしでしたか?
私は予定もなく、ゆっくり過ごしました。
・・・・・楽しく読まさせていただきました。
いつも有り難うございます!

今朝、「サクセスフルエイジング 80号」いただきました。楽しく読ませていただきました。
ありがとうございました。  

本日受領、拝見しました。さつき祭中止は残念ですが元の生活に戻って欲しいです。小金井公園の鯉のぼり五月晴れの中元気に泳いでいました。

緑がまぶしい季節となりました。この度はさくせすふるえいじんぐを送ってくださりありがとうございました。
長い間丁寧に繋がりを大切にしてくださりありがとうございます。
今回は中庭の様子もみじの木をはじめ草花の様子、さくらのお部屋のピアノと本当に懐かしく思いだしました。
私は何とか過ごしております。何年かぶりにさくら庵に行き吉祥寺ホームの前にしばらく立ちどまっていました。

ご無沙汰しております。「80号 サクセスフルエイジング」ありがとうございました。
皆様の温かい思いに接しこちらまで「ホット灯りが心にともりました」

引越し先の名古屋

image0 (1)image1image2








4月に名古屋へ転勤になり、11年住んだ武蔵野市を離れました。これからもブログで参加させてください💕

GW、片付けに追われノープランでしたが、なごやおもてなし武将隊・織田信長さまガイドで堀川をクルーズし、名古屋城へ行って来ました🚤🏯

橋の下を潜りながらの景色は、歴史に思いを馳せさせます。
堀川は、名古屋城の西の防備と舟運での物流を兼ねていたそうです。
名古屋城の見どころは、復元された本丸御殿✨
約400年前の豪華絢爛な姿が蘇りました!
              (さんさくうさこ)

育苗ボランティア活動始まりました

育苗(朝顔今年度もお花の育苗をボランティアさん達にお願いさせていただきたいと思っています。
4月にスタートした「朝顔」の苗を蓮村さんが持ってきてくださいました。
ダリア、コキア、タチアオイ、コスモス・・・・ご協力くださるボランティアさん募集中です。
どうぞよろしくお願い致します。

中庭の花 と 園芸ボランティアさん(80号)

DSC_0976柳澤さまより(女性)
☆四季を感じる機会が少ないと思うので、中庭の花を通じて季節の移り変わりを楽しんでもらいたい。
☆朝顔、ヒマワリ、チューリップなど誰でも名前の分かる花を植えると良いかなと考えています。記憶をたどりながら、会話の話題作りになりそうなので。
☆ハーブコーナーが有ります。
葉っぱに触れて、香りを楽しんでもらいたいです。
☆『お花を見ながらリハビリ』コーナーでは、明るい色合いの花を中心にまとめています。
芍薬大村さま(男性)より
「矢車草や桜草の植え替えや水遣り」は、我が家の庭だと思ってやらせて頂いてます。
咲き揃った色とりどりの花が傍らに有ったなら、さぞかし心穏やかな毎日を暮らせるだろうと思っています。

百合ただ、広い庭なので、なかなか手が回りきらないのが心残りです。

川 柳 あ れ こ れ 

 「名句に学ぶ川柳うたのこころ」(斎藤大雄著・新葉館出版)から引用掲載

お茶がわりなどと嬉しい泡が出る 大木俊秀
 酒好きを見越したおもてなし、その心をありがたくいただく。いわゆる心と心を
よみあった人間臭い句である。無類の酒好きが生んだ傑作と言えよう。ビールなどと一言も言わずに「泡」の一字がすべてを語ってくれている。

これ小判たった一晩ゐてくれろ 古川柳
現代流にいうと庶民哀歌である。1765年(江戸時代)頃の作。「これ小判」を「ボーナスよ」
と置き換えると現代でも充分に通じる佳吟と言えよう。句の表側は、ひょいと笑いを誘う句になっているが、裏側には庶民の生活が生々しく詠われている。

子も金も病も無くて百を越し 諸田つやの
昭和45年、103歳の天寿をまっとうした諸田つやの作品。八十余歳から作句活動に入り作句歴十余年であったが、底抜けにあかるく俗称・川柳ばあさんとして世に知られる。
 ・また一つ年をふやしてほめられる
 ・初恋もあった顔かと皺を撫で

見舞いには日本銀行券がよし 今川乱魚
乱魚は“ユーモアが人の心を和ませ、詩としても川柳の特徴の中で重要な要素である”と主張している。この句は現実にガンと闘っている本人から偽らざる気持ちとして吐き出されたもので、笑いの神髄を衝いた佳吟と言えよう。何枚つつむかが問題である。

奥さんによろしくと言うだけ聞いただけ 山田良行
昭和四十九年設立の「日本川柳協会」四代目理事長。戦前奉天医大に勤務の折に川柳を知り、やみつきとなる。この句、日常生活のなかのごく平凡な会話の中に笑いが潜在していることを巧みに捉えている。川柳の持つユーモアをモットーとして川柳の生涯を貫いた。


著者は「川柳とは特定の専門家が趣味で作っているのでもなく、川柳を文学として気負っているものでもなく、ただ、日常生活の中から生まれてきた人間愛そのものであることを再認識してもらおうと思って執筆した。」と序文に書く。
                           5.5.6 佐藤博信

「散歩がてら見つけてはパシャリ❗️」

image0 (1)6月6-3
私のスマホは花がいっぱいです。今年はいろいろの花が次々と忙しく咲いたような気がします。気候が少しおかしくなっているのでしょうか。井の頭線高井戸駅ホームからよく見える桐の花も、もう散りはじめてました。神田川にカルガモのカップルとあやめの花。
電車に乗って行ったかいがありました

散歩がてらの花探し、オガタマの花、紅花トチノキ(マロニエ)、ハニーサックル、薔薇とオルレア、
次は、我が家の黄花藤(キングサリ)とスイカズラの花、定家葛の花も満開です。
花の名前等中々覚えられないし、またすぐ忘れる…
でも最近は、スマホが助けてくれます。スマホは賢い!
子供の頃、牧野富太郎氏の言葉で「雑草と言う名の草は無い」と言う言葉を知りました。園芸種も好きですが、自然に、道端に咲く花、名前もほとんど分からないけど好きです。

GW前半『大曲の花火』ツァー

ご無沙汰しております。あの人気のあった時宜もよろしいサツキ祭またもや叶わぬそうで残念です。
似顔絵やバザーのお手伝いしたり車いす移動介助…で皆さんの談笑にまみえる機会も貴重でしたのに。

さて愚生と荊妻と世間の黄金週間に先駆け春の花火・東北に行ってまいりました。ささやかな報告を。
おしなべて日程を急かれる気がする団体旅行は避け、もっぱら個人旅行を好みますが、今回は諸事情で阪急トラピストの『大曲の花火−春の章、テーブル席から鑑賞と作並温泉』というツァーに参加してみました。
時節柄、前提としてコロナ感染防止対策として、「ワクチン三回接種証明」か「医療機関による有効期限付き検査陰性証明」が必要とのこと。松井クリニックに打診しますと、当方は症状ある人のみと言います。調べると吉祥寺辺では稲垣薬局が予約なしでPCR検査OK、念のため電話入れれば三時半まで来ていただければと快諾。
愚生は「微笑む看護師さん」を除いて、白衣に弱いメンタルで…まずはヘルパーの妹に貰っていた自宅用の検査キッドで練習。
綿棒で鼻腔刺激すればくしゃみが頻発。それでも、検体版に三滴検査液を垂らせば、たちまち「陰性」ラインが浮かび上がるのが不思議。さて、サンロードの稲垣薬局(ここの漢方薬処方は親切で効用大です)に出向いて自己申告票記入、唾液を試験管に取る段になり焦りました。日ごろ、あんなに唾棄すべき世の中の事象に愚痴っているのに、唾液がなかなか溜まらない⁈
同行した荊妻(三回のワクチン済みで検査不要)が、年寄りだから…と冷笑します。しかも、試験官が泡だらけで溢れそう。すこし叩いて泡を粒子に分解してやるのだと薬剤師のアドバイス。時間がかかりましたが、再検査とか、陽性は勘弁だなと翌日結果を待っておりますと、登録のスマホに医療法人クリニックから陰性証明が届きましたので安堵。
…というわけで、4/28金曜日各ツァーが東京駅に集合、私どもは24名。新幹線「やまびこ」は福島までは順調だったものの、仙台駅で人身事故(死亡)というアクシデント、一時間以上運行停止の事態に。大幅に遅れた昼食は松島湾の市場食堂で焼き牡蠣ニケ付きの海鮮丼。芭蕉が詠んでおらずとのあゝ松島やにしばし憩い、桜見るはずの西行戻り松という高みはすでに落花、広大な「国営みちのくの杜公園」は夕景の中に今や盛りの多彩のチューリップ、その斜面の咲き所を眼下に見せる配置も見事でした。古い宿でしたが、夕食バイキングと大浴場に不満はない和洋室の作並温泉泊。
4/29土曜日、ツァーにつきものの早立ちはなく、十時発。山寺(立石寺)1010階段に喘ぎ、厭わず登った若さも早や昔。それでも、昨今、金毘羅、出羽羽黒山、階(きざはし)あらば、よく登って来たなとなお健脚に感謝。岩窟に堂を建て、像を彫り、しみいる蝉にも耳傾けた先人業は何ぞやと感慨。新緑の濃淡眩しく、野の藤の紫もまたこの季節らしい。
昼食は小ぶりな蕎麦屋〈常力坊〉で山菜・ざる蕎麦とずんだ餅。
さてさて道路は渋滞知らず、秋田大曲へ。夏の場合は観光バスも160台入り、駐車場出るのは二時間待ち、宿入りは夜中の三時…と噂の大曲花火・春の章、バスは20台程度。地元の方々は道路際の思い思いの場所を確保され、観光客は土手を降りて有料椅子席・テーブル席(なかなか上等な弁当が配られて)に案内されていく。夕闇迫るころには厚い上着が必要になりますが、定刻七時に大音響とともに豪奢な瞬時の花模様が夜空狭しと描かれます。東京・長野・徳島からも参加の花火師・煙火業者がこの催し目指し創りあげたとはいえ、ただ華麗というのみの空しい、無用の用に人はなぜ喝采を揚げるのかといつも思います。かくいう私も隅田川、仙台広瀬川、近江の野洲…と花火好きではあります。暗く暑く大群衆と花火待つ…西東三鬼。
宿の一ノ関までドライバーは緊張強いられた長途、安全運転してくれ零時直前到着。
4/30日曜日 朝方雨降り。中尊寺・金色堂(旧覆い堂)、浄土を現世に金色で出現させ、その肉体を今生に留まらせてミイラに…というみちのく藤原三代とは何だったのでしょうか。ここを訪ね、また感懐を詠み残した老俳諧師の徘徊も畏るべしではありますが。宮城の明治村登米ー当時の尋常小学校が文化遺産ーに寄りましたが、遥か五十年前、ここに来たことは思い出しながら、明治の和服姿で写真撮影をという商法はハズレだなと思わせられた。仙台のスタバで憩い、新幹線は18時13分発。
帰京、世間は黄金週間、上野鈴本の夜席に権太楼の特選十日が掛かる。聴きに行こうか、今日は『火焔太鼓』だ。

善福寺池の鯉のぼり

PXL_20230424_233304319毎善福寺池の鯉のぼりが風にそよぐ動画を先ほど美容師I先生から見せていただきました。
午後になって一枚の写真を送ってきてくださいました。
ありがとうございます。
ありんこY」さんのエッセイによると5月7日まで見られるようです。

4月ブログアクセス人気記事ベスト30

ご閲覧ありがとうございます。
ブログ投稿にご協力下さった皆様ありがとうございました。
今月もどうぞよろしくお願いいたします。
2回クリックで拡大版ご覧になれます       下線クリックでリンクします
20230501084201_00001
小さな旅
百花繚乱(ナーシングの中庭) 
百花繚乱(チューリップ)
コスモス(手話ダンス) 
「善福寺池の鯉のぼり」
感謝状贈呈しました
生きているから 
向日葵の芽が!
春の歌と花
善福寺池は私のルーツ
《さあ、皆さん大江戸時代蛙の登場です》





「街角のヘップバーン」

「街角のヘップバーン」  上田幸孝

オードリー・ヘップバーンが亡くなって30年
街角で彼女の姿を見つけると未だ人気は衰えていないのだなと思い、
そして映画のワンシーンや魅力的な彼女の声が記憶の中からよみがえってきます
ヘップバーンは永遠のスターだと思います


s-1R0026549
















s-2R0029630











s-3R0010918















s-4R0028198_01














s-5R0027216

芍薬に、シラーに・・・咲き始めています!

芍薬 シラーカルミラP4280136

「善福寺池の鯉のぼり」

「善福寺池の鯉のぼり」
image0
















先日、再び善福寺の池に行った。前回は私が生まれた家のそばにできたカフェの訪問が第一の目的だったが、今回は鯉のぼりがお目当てである。以前、ゴールデンウイークの頃だったか、池の上いっぱいに舞う鯉のぼりを見て、うわー!凄い!と感激し、また見たいと思っていた。

鯉のぼり情報を得るために、まずカフェに。「今年も飾るのですか、飾るとすればいつから?」と聞いてみると、「もう飾ってます」との返事。カフェのご主人こだわりのコーヒーで心地よいひと時を過ごし、いざ池へ。

公園に入るとすぐ色とりどりの鯉のぼりたちが気持ちよさそうに風を受けて揺れているのが目に入った。カラフルなその姿は堂々としていてしかも優雅。曇り空でも負けていない。

前回絵の展示をやっていた池の脇の善福寺サービスセンターに寄って鯉のぼりの話を聞いた。飾る期間は4月22日から5月7日。サービスセンターの目の前の大きな木の高い所にロープが固定されており、向こう岸まで渡して飾っているのだそうだ。4,5メートルもある鯉のぼりが18匹くらい、その重量はかなりのものになる。わー!素敵と喜んでいたが、見えない所で、木が頑張って支えていることを知った。沢山の人に見てもらいたいなあと思いつつ池を後にした。

(ありんこY)

千川上水と木花小路公園















上段の,鉢△論蘋郛綽紊法屬も」が二羽いました。めったにいないのですが、たまに飛んでくるみたいですでね。どこから飛んでくるのでしょうか?

は家のベランダからイワシ雲を撮ろうとしたのですが、結果的にはクジラ雲になってしまいました。
雲というのはすごく早く変わるのですね、難しいです。すみません。     

い鉢イ任垢、北町の木花小路公園で撮りました。花の名前は? すみません。ははは。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ