2006年12月18日

オナニープレイ

 相変わらず、消極的にパートナーを探しています。
 先日、一人のM女性とお茶をしたのですが、私より数段SMに対する考え方が成熟していて、「SMってなんだっけ」と考えさせられてしまいました。

 実際に会う位ですから、好きなプレイの話などが出ても良さそうですが、そんな話は一切なし。SMに対する考え方について、お互い話しただけに終始しました。彼女いわく「内心好きなプレイはあるけれど、私は『される』側だから、そんなのを話しても意味はない。」との事。「する」側の意のままという事なのでしょうけれど、それはそれで、本当の意味でのSとしての力が問われそうです。
 確かに「縛りが好きだ」とか「スカトロは苦手だ」とか聞いても、彼女にとっては無意味なんでしょう。誰かのMとして従う事を決めたら、例え時間がかかっても、どんな事でも受け入れる覚悟(?)を持っているんだと思います。

 ひるがえって私。Sとしてはこの上なく嬉しいはずなのですが、「縛りが好きです」という短絡的でオナニーとさして変わらない快楽に浸りたい自分もいて、「SMってなんだけ」と、また考えてしまうのでした。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔