2010年04月10日

なぜ私がご主人様に?

 長いこと放置してしまいました。
 相変わらずへたれのSですが、久々に活動してみようと思います。

 Sがこんな事を書いたら変だと思うかもしれません。何人かのパートナーを調教していつも思うのは、端的にいうと「なぜ私がご主人様に?」と思うことです。

 自らパートナーを探しておきながら、いざお互いの関係がうまく進んでいくと不思議な感触を持つのです。M女性がどうして性奴隷として仕えてくるのか、長いことその本質をよく分かっていなかったのです。

 SMプレイ。目の前で変態な行為を強要して、M女性も始めは躊躇しながらその関係を受け入れていく過程。Sにとっても、そしておそらくMにとってもこれ以上の快楽はないのですが、どうして私に?という疑問を常に感じていました。なぜ出会ったばかりの男にここまで自分を落とせるのか。

 分かっていなかったというか、頭の中でのプレイじゃなく実際にパートナーを持ってみたとき、その感情と光景に快楽を感じつつも、説明できない何かに怯えていたように思うのです。

 以前のパートナーには、フェラチオはもちろん、イラマチオ、体の隅から隅まで舐めさせていました。最初は抵抗がある、と言っていたパートナーも、いざ私の強い視線で命令されると従ってしまうと話していました。私は体も毛深く、舐めたからといって嬉しい事は何もないと思うのですが…それでも舐める女。吐くほどフェラチオしても尚私を喜ばせようとしている様子は、Sとして私服の瞬間ですが、同時にこの説明できない快楽に身をゆだねてしまう恐ろしさもあるのです。
 本質的に舐めることが大好きなら、単に「舐めるのが好きなM」です。でもそうではない。お互いに、SMという特殊な趣向を持っているのは確かです。でも舐めるのが好きな訳じゃない。
 うまく言葉にできませんが、それは単に二人の人間の関係の問題だと思います。SMという特殊な関係性の中で、二人で登りつめた場所なのだと思います。

 うまく書けていませんが、そんな場所にまたたどり着きたいと思うようになりました。
 なかなか活動する時間も取れませんが…積極的に動いてみようと思っています。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by さやか   2010年04月21日 05:28
 SMは、よく愛と信頼とか言われますが、それは、やっぱり、現代社会で人生のすべてを共にしていくわけじゃない相手(結婚してれば別ですが)に、身体を預ける以上、どこまで責任が取れるか・・・と、云う問題から、避けて通れないために、必要なのだと思うんです。
 でも、日常生活も、世間体も、明日も、未来も考えなかったら。純粋に自分の欲望だけを見つめてみたら。物理的な刺激以上に、支配する。従う、従わせられる、従わずにはいられない。からくる、SとMの精神的快感は、縄よりも強く、お互いを縛りつけているのかもしれません。
2. Posted by けいじ   2010年04月24日 00:58
>さやかさん
コメントありがとうございます。
以前もお返事できていなくて申し訳ない。

いつもプログ拝見しております。

S70%、M30%で、ちょっとMにも興味のある私ですが、
やはり支配する事への欲望と快楽というものには逆らえないと感じています。
以前は、縛りやフェチなプレイそのものに心を奪われていました。(実際今でもそうですが)
でも支配する事そのものへの喜びを感じてしまう。
逆に支配されることに喜びを見出せる人を支配したいと望みます。
フェラチオ。ペニスを刺激される性欲としての快楽もありますが、
やはりこのような行為をさせているという支配欲が満たされるのがたまらないと感じる今日この頃です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔