くろきのトレード日記2

2005年から無職の40過ぎが株とFXで生計を立てる奮闘記→資金枯渇により派遣社員へ(2012/6)→相場活況により専業復帰(2013/2/13)→資金200万達成(2013/2/26)→トレードライフ損益0達成(2013/3)→資金3000万(2013/6)→資金5000万(2014/11)→資金6000万(2015/3)→資金3800万(2016/6)

8月結果 +120

+120(FXドル円のみ +12、株 +108、株含み +15位)

FXは相変わらずドル円の逆張り買いスキャオンリーで、この時期らしくボラがかなり少なかったが、数少ないチャンスで利益を残せて良かった。こういう相場の時は、一回大き目の損失を出してしまうと、ボラが続かない為なかなか回復できない事も何度も経験してきただけに良かった。業者はほぼYJFXのみで1ショット100万通貨単位だった。結果的には200万通貨単位の勝負でも勝てたはずだが仕方ない。一方の外為どっとの資金は待機状態が続いた。こちらは提示値の癖で、逆張り買いスキャでは結果的にすべる約定を経験していたので、今のボラでは使いにくいと判断した。

株の方は、日足逆張り系、順張り系の両手法ともに取る事ができた。昨年の8月に株で−400万を喰らっただけに心配していたが良かった。ただし、最近ロットを半分にする裁量を入れており、これは結果的に利益を得る機会損失に働いた。今後この裁量をどうするか。こういった相場をも想定している本来のルール通りのロットに戻すべきなのだが。もう一度、取引ルールの妥当性の根拠となる過去9年のバックテストの結果を確認し、自信を取り戻すところから始めたい。

7月結果 +225

+225(FXドル円のみ +62、株 +163、株含み −1)

株は、イギリスEU離脱に向けて不動産不安のあおりを受けた国内不動産株の逆張り買いがヒットしたのと、以前から持っていた銘柄が7/8からのNYダウ連騰の恩恵を受けて利食いに持ち込めた。なお、あまりに連騰したので19日に裁量で全銘柄決済したのだがこれも結果的に良かった。

FXは今月も東京タイムのドル円の買いスキャオンリーだった。後半動いたとはいえ、全体的には流動性問題の為かスプレッドが安定しなかったので終始半分ロットで、後半のハイボラではあるがスプレッドがかなり開く展開では、1/4ロット、1/6ロットと調整し、スリッページと逆指値幅は2倍、3倍に変更して対応したがうまくできたと思う。

株もFXも去年前半までの儲かる相場環境ではないので、コツコツ焦らず状況にあわせながら日銭を稼いで、4〜5年後再度来るであろう大相場入り口まで生き延びるつもりでがんばりたい。

6月結果 −157

−157(FXドル円のみ +59、株 −216、含み +15位)

信用も使ってすでに結構な持ち株あって、さすがにそのまま6月24日のイギリスのEU残留、離脱の国民投票開票を迎える勇気は無かったので、6月23日の大引けで持ち株数を全銘柄半分にした。結果的には薄損で全部降りる事もできていたので失敗になると思う。今後に生かしたい。

FXは相変わらず東京タイムのドル円しかやってないが、6月24日のようなボラはかなり久々だったこともあってかふつうにやられた。これまでなら、あと1〜2日程度ボラ余韻があって取り戻せるパターンなのだが、俺の逆張りスキャ手法では取れるような動きにはならなかった。ま、しかし月全体としては、この手法で取れる時間帯と動きの読みは外していないので、このまま継続したい。

株の損をFXで埋める展開はちょうど去年の6月から続いている。過去13ヶ月の収支はFXが+860万、株が−1,280万でトータル−420万。2013年初からトレード再開してからかなり悪い流れだ。原因はバブル崩壊初期の相場で、かつ金融緩和が無かった事だ。ま、このまま金融緩和がなくても、バブル崩壊初期は過ぎ去ったわけなので、手法のバックテストからしてこれからはコツコツモードで改善していくと期待している。

8月結果 −301

−301(FXドル円のみ +112、株 −413、含み +190)

FXは株のボラティリティ上昇によって買いスキャ手法がよく決まってくれた。ただし流動性の問題なのか、YJFXや外為どっとのスプレッドが、ボラが増大した瞬間だけ開く動きで思い切った勝負はできなかった。

なお、ドル円は24日22時過ぎに3.5円急落した。特に最後の2分間で3円近く急落した。その時間前後に指標があった訳では無かった。俺は過去の経験からドル円の買いオンリーしかやらず、8時から15時までの時間帯しかやらないが、今回のこの動きはこの経験則が有効な事を再度証明してくれた。

株の方は、中国株式市場の急落が発端のハイボラな展開の序盤から旧手法でくらい続けた。最後の買いだけは成功し、少し利益確定をしてある程度は戻せた。含み益も残っている。それでも月ベースで−400万越えは初めての悪い結果だ。しかし、これもこの手法の過去9年分のバックテストでは想定内の事だ。このまま継続していく。

7月結果 -57

−57(FXドル円のみ +56、株−113、株含み−23)

FXは今月も相変わらず動きが少ないが、外為どっとでの100万通貨単位でコツコツ積み重ねた(外為どっとは100万通貨単位を超えるとすべりが発生するので100万通貨単位までにしている)。YJFXは200万通貨単位でかつスプレッドが拡大しやすいので、かなり慎重にINしたので外為どっとの1/3の儲けだった。手法は相変わらずドル円の深押しの買いスキャオンリーだった。今月は東京タイムでのリバ無しのきつい下げが無かったので危なげなく儲ける事ができた。買いスキャには不利と思っている東京タイム以外はほとんどやらなかったがおおむね正解だったと思う。

株は買いポジ比率が高い時に上海ショックをまともに喰らった感じで、新、旧の両手法ともマイナスだった。ま、しかし、これらの手法は過去6〜9年分のバックテストで実績があるのでなんら心配はしていない。このまま継続していきたい。

例年この時期の相場はこんな感じなので、あせらずに次のチャンスを狙いたい。

6月結果 +36(トレードライフ収支高値更新)

+36(FXドル円のみ +206、株−170、株含み−87)

FXは、黒田総裁発言で大きく下に動いた時に昼寝をしていて、目がさめた時がちょうど直近の底値になっていて、そこから+70万程取れたのはラッキーだった。いつもなら下落初動で大きくやられて、リバウンド過程で戻すというのがパターンなのだが。他の日は前のめりの買いスキャが機能していただけに、ここで前のめりの買いスキャINしてロスカットの連続で大きくやられず、逆に取れたのは大きかった。

株は、大き目ポジションの買い持ちがギリシャ問題を喰らった。しかし、各手法とも過去8年位のバックテストでは、年中盤でやられる事はよくある事だし、ルール通りトレードできているので特に問題は感じていないが、新手法の売りに関してはこれまで踏まれの連続だったが、今回のギリシャ問題の時のように全体相場が下がる時は幾分かの安心材料になっている。なのでこのまま継続したい。

5月結果 −6

−6(FXドル円のみ取引 +20、株 −26、株含み +62)

FXは、今月もやる気がでない動きだったが、ごくたまに深押しした所の逆張りスキャ買いはやっていたが、そのまま連続の深押しでやられる動きは1回だけだったのでプラスで終える事ができた。業者はYJFXと外為どっとで、どちらもボラ初動のスプレッド拡大時は見送って、スプレッドが落ち着いたところをうまく狙ってINするやりかたがなんとか成立していた。以前使っていたFXプライムはスプレッドはなかなか拡大しないのだが、他の業者がスプレッド拡大しているような時は滑るので結局やられてしまう。ただし、外為どっとは100万通貨単位以上は滑って使い物にならないが、FXプライムは200万通貨単位まで使えるので、ドル円に動きがでてきたら復活させたい。

株は、売られすぎ逆張り買いスイングの手法は取引がなかった。新手法スイングは売りが全滅で、買いの利益を上回った。新手法の売りは導入をかなり悩んだが、過去数年分のバックテストの結果で決めたのでもうしばらく継続したい。

4月結果 −10

−10(FXドル円のみ取引 −26、株 +16、株含み −30位)

FXの損失は、コツコツとったものを、たまの下ボラの初動を買いスキャにいって、その後も延々とやられるパターンだった。2回ほど大やられした。ボラが無い時はその直後の挽回も難しい。おそらくこんな動きが9月まで続くのだろう。FXはロットを落として残りの資金を株に振り向けたい。

株の方は、新手法導入に伴い旧手法で持っていたポジションを減らした利益と、新手法の最初の利益だ。最近やっと新手法の資金配分方法が固まった。両手法とも、過去7〜8年のバックテストでは年平均純利益+15%越えを達成しているので、手法を信じて淡々と運用していきたい。さらに、株の新手法は過去7〜8年の相場でバックテストが可能なものを探していきたい。過去2007年〜2014年株の相場は、スイング手法のバックテストに最適だと確信している。

3月結果 +68(トレードライフ収支高値更新)

+68(FXドル円のみ −74、株 +142、株含み−35位)

FXの損失は3月19日の9:18からの下げのスキャ買い。ドル円は数時間前のNY時間に急落してその名残なのか、東京タイムにしては初動は珍しいリバ無しの下げが続いた。さらにそれまでの数日間はほとんど取引がなかったせいか、フライングINと遅れの上値INを連発してまい、さらにFXプライムのすべりも災いしてやられた。そして、下ボラはこの一回で終わってしまい、どんどんリバウンドして上にいってしまったことで、取り戻す機会を失ったのもあった。ま、しかしこれは、下ボラの買いスキャしかやらないマイルールを守れたという意味ではしかたない。ちなみに、もうひとつのYJFXも同様にやられたのだがその後の取引日でなんとかプラ転できた。FXプライムはすべりでやられてたのでその後取引は控える事になり、結果として3月19日の損失がそのままになった。FXプライムで取れる動きはなかなかやってこないかもしれない。

株の方は、相変わらず年会費1万の商材の指示通りの売買オンリーで、今月はうまく儲かった。ただし、まだ持ち株があり含み損の状態。ロスカットラインは−70万弱で逆指値をセット済み。売買機会が少ない手法なので、最近は株の本を買って2つ目のいい商材を探しているが、過去8年間以上の完全なバックテストが可能なものはさすがに見つかっていない。

2月結果 +133(トレードライフ収支高値更新)

+133(FXドル円のみ +120、株 +13)

FXは、1月後半のある日に、ギリシャ材料で東京タイムでの結構下げにも関わらずあまり買いが入らない状況を見て、もしかするとこのまま動かなくなってしまうのではないかと思っていたらその通りになった。よって、それまで21以降トレード禁止のルールだったのを、14時以降のトレードは積極的にやらないルールにした。ふりかえると、このルールは悪くなかったと思う。それまでよくあった、東京タイムでの儲けを欧州タイム序盤で削ってしまう現象をほぼ無くす事ができた。これで120万儲かったのだから言うことはない。

FX業者はYJFXが1ショット250万通貨単位、FXプライムが1ショット200万通貨単位の体制だった。
YJFXはボラが出始めるとすぐにスプレッドが1.9に拡大する状況だった。動きがおちつくと0.3には戻るのだが、返済のタイミングが悪いと1.9にはまった。平均利食いが1.0から2.0の俺にとってはかなり痛いスプレッド拡大だった。なので、後半はあまり使わなくなった。メインで使ったのはFXプライム。こちらはほぼ0.6固定だった。200万通貨単位でもすべりは全く感じない状況で利益もYJFXの2倍くらい儲ける事ができた。

株は、有料商材の指示通りで1回トレードがあり無事利食いに持ち込む事ができた。手法が日足で売られすぎの銘柄を逆張り買いして持ちこすものなので、この相場で売られすぎになるような銘柄は板が薄いものが多く、目標のロットを入れられなかったので薄利には終わったが悪く無い。何れ、板の厚い銘柄でも日足で売られすぎる時は来るだろうから、商材の指示通りやるだけで全く問題ない。年会費1万ですでに13万儲かっているわけだし、去年などは200万以上儲かった訳だし、信頼に足るいい商材である事は実績が示している。この仕事を始めた頃にいくつも株の本を買った中にたまたまこの商材を紹介した本があって、年会費が安かったのでお試しで始めてみようと思ったのがこの商材だった。最初の一歩を踏み出す勇気はハードルが低いとすんなり踏み出せるという事は間違いない。そして、そのハードルが低いからといってその後の展開もそれなりかというと、そうではない事をこれからさらに証明していきたい。
免責事項
当サイト及びリンク先、その他いかなる情報について保障および責任を負いません。また、当サイト及びリンク先との間で生じたいかなる問題にも一切の責任を負いません。ご自身の責任においてご利用ください。掲載している情報について予告なしに変更する場合があります。なお当サイトはリンクフリーです。コメントは共有するのに有意義な物を選別させて頂きますのであらかじめご容赦を。
Twitter