2010年12月02日

住之江加圧トレーニングセンター卒業

ご報告遅れましたが、
11月末をもちまして、大阪住之江加圧トレーニングセンターを卒業しました。
2年と2カ月の間、本当に本当にお世話になりました。
ありがとうございます。

私が加圧トレーニングインストラクターになろうと思ったのは、住之江加圧トレーニングセンター(兼住之江カイロプラクティック)のオーナー原田先生と出会ったことがきっかけでした。

2年前の3月末、某企業で事務職として働いていた私は、なまった身体を引き締めるために、当時メディアでちょこちょこ取り上げられていた“加圧トレーニング”をやることを決めました。
そこで、探して見つけたのが住之江加圧トレーニングセンターでした。
その当時はまだ女性専用の安立にある加圧トレーニングセンターの存在はなく、住之江カイロプラクティック兼加圧トレーニングセンターでのトレーニングでした。

「誰が気づくの?」というような路地裏に存在していて、「大丈夫かな?」と、多少どきどきしながら訪問したのを覚えています。しかし、行くと、素敵な笑顔で迎えてくださる原田先生がいて、すごく気持ち良く感じる空間でした。

それから毎週通ったわけなのですが、
仕事のグチとか他愛のない会話を、先生はいつも笑顔で聞いてくださり、仕事と家事の後でグッタリ状態で行っても、帰る頃には、私までニコニコ笑顔でスッキリした状態で帰っていました。身体もどんどん変化していきました。

“私も先生みたいな人に何かを与えられるひとになりたい”
そんなことを思っていたとき、先生から、女性専用施設オープン及びトレーナー募集のお話をいただきました。
ものすごく良いタイミングでした!すぐに主人を説得し、やることを決めました。

そして、もう一人、同じくインストラクターを志望していた西岡可名子さんに出会いました。ともに研修を受け、二人でベルトを巻きあいトレーニングし、たまにジョギングをしたり、お互いの趣味を分かち合ったり・・・
西岡さんとは、このような出会いでしたが、今では私のド親友といえるくらい大切な同志であり、友達であり仲間であり、たまにはライバル(笑)でもあり、ともに成長し刺激し合う仲です。

原田先生と西岡さん、3人4脚で大阪住之江加圧トレーニングセンターは出来上がっていきました。

半年前に、私は完全独立を二人に宣言しました。
二人にもクライアント様にも迷惑かけるな、と思いましたが、自分の思いをこの半年伝え、行動しました。お互いが感じていること思っていることを伝え合うことで、より仲が深まる半年間を過ごし、
11月末、二人にもクライアント様にも、応援してもらえるカタチで卒業することができました。

そして、昨日12月1日より、堺市西区諏訪森の自宅にて“堺・浜寺プライベート加圧トレーニングジム プレシェール”をオープンしました。

住之江加圧のメンバーではなくなりましたが、グループは一緒です^^
より安全なトレーニングを提供していくために、住之江にて月に1回ミーティングがあります。
これからも、皆様に喜んでいただけるようしっかり精進してまいります。

これからもどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました。

kjnm1113 at 14:53|Permalink

2010年09月23日

チャリティー映画上映会のお知らせ

私の知人で、Kotubu(コツブ)という名前で活動している、ステキなご夫婦がいます
ご夫婦で、小さなパンの製造・販売・週1回のcafe営業(@堺の諏訪ノ森のCafeらるご)されたり、小さな農園での野菜作りを行っていらっしゃいます。

Kotubuさんは、自分が楽しいと思うことややってみたいと思うことをたくさんの方と楽しく共有したい、そして、何らかの形で社会に貢献していきたい、というお気持ちで活動されています。

そのKotubuさんより、チャリティー映画上映会のお知らせがありましたので、私のブログでもご紹介します
私はスケジュールの関係で、まだ行けるかどうかわからないのですが、ものすごく興味のある内容です。

(以下、Kotubuさんのブログより引用です)


【カンボジアの子どもたちを応援するために、10月2日(土)にチャリティー映画を自主上映することになりました。】

〜その映画〜

『107+1〜天国はつくるもの〜part2』は、この世には過酷な現状を、見方一つで天国に変えた人たちがいる!
そんな人たちにスポットをあてたドキュメンタリー映画(約2時間)です。

テレビでも紹介された、自然分娩の吉村医院の話や、カンボジアの孤児院の話、中国に植樹する話など、

私は今年の1月に観ましたがすごく感動し、きっと皆さんの心にも響き、そして、元気と希望をもらえる映画だと思います。

・そして、スペシャルゲストに、書家で詩人の上山光広さんが来て下さいます。

この方は、29歳という若さながら、
「カンボジアでは、1人の子どもが、1万円の募金で1年間、学校に通えるんやって〜」と聞いて立ち上がった人で、
既に、カンボジアの100人の子供たちに、3年間分の教育費をサポートし、今現在も続けています。

実際に、カンボジアの子ども達から来た写真や手紙も見せて貰いましたが、それにも感動しました。
(当日映画の前に、少しお話してもらう予定です。)

・今回の映画上映に関しては、かかった費用を差し引いた利益の全てを、カンボジアの子どもたちに、今回の上映会の主催された方が直接持って行かれます。

映画を観てくれた人にも、チケットに名前を書いて頂き、それをカンボジアに持って行っていただけます。
是非映画を観て貰いたいし、一緒にカンボジアの子ども達を応援して貰えたら嬉しいです。

・当日、自然や体に優しいものの手作り市も開催しますので、お楽しみに!(雑貨、パン、お野菜等々)


・当日、五円玉を持って来て下さい。
あなたとカンボジアっ子のご縁が繋がる事を願い、五円玉を繋げます。

●日時・会場/

10月2日(土)

和泉市立コミュニティセンター

(和泉市府中町二丁目7-5)

●1回目/

AM9:30(会場)AM10:00(開演)

●2回目/

PM1:30(会場)PM2:00 (開演)

●前売り券/1000円(当日券/1500円)

●中学生以下/500円

1、2回目合わせて、300枚完売目標です。

映画のチケットをご希望の方は、下記アドレスにメール下さい

kotubu_2009@yahoo.co.jp


お子様がいて来れないと思っている方にも、参加していただきやすくなるように、上映中、くま先生とうさぎ先生によるお絵かき教室が一人につき500円でありますので、ご家族揃って当日は来てくださいね☆

kjnm1113 at 08:20|Permalinkおすすめ 

2010年09月22日

中秋の名月2010

IMG_0925
お月見だんごとお月さま
ススキがあれば完璧ですね、笑。

kjnm1113 at 23:55|Permalink生活