2010年05月

2010年05月04日

エコキャップ!

加圧トレーニング中、貧血防止のため、スポーツドリンクを飲んでいただいています。
殆どのクライアント様が、スポーツドリンクを、ペットボトルで持ってこられます。
飲み終わったペットボトルを回収し、リサイクルのゴミ収集日に出すのですが、ペットボトルのキャップは別にためています!
672e9f8c.jpg
キャップ400個で10円のワクチン代ができるそうです。
ポリオワクチンは、1人分20円、
小さなキャップでも、分ければ資源、命をも救います。
私たちの心がけで、世界の子どもと地球の未来を創りうります。
エコキャップはスーパーや小学校、商工会などで回収してくださいます^^

kjnm1113 at 00:11|Permalink

2010年05月02日

よもぎ餅

塔原町で摘んできた、よもぎを使い、よもぎ餅を作りました。
よもぎ餅を作るのは、小学校3年生の調理実習以来、一人で作るのは初めて
ネットでレシピ検索をし、いいとこどりさせていただき、それなりにうまくできたので、レシピのご紹介をします。

芽の柔らかい部分のみを摘んだよもぎ(120g)を、水洗いし、たっぷりの熱湯に重曹(少々)を入れて、2分ほど茹でて水に取り上げます。

水を何度も変え、すすぎを何度も繰り返し、あくが弱くなってから、フードプロセッサーで細かく刻みます。

ボールに米粉(125g)を入れ、熱湯(100g)を少しずつ加えながら辛抱強く練り、丸い塊にします。
蒸し器の真ん中に置き、15分蒸します。

お餅が半透明になったら、
水をはったボールに、ちゃぽんとつけて、粗熱をとります。

粗熱がとれたお餅に刻んだよもぎを入れ、砂糖水を手につけつつ、よもぎがまざり、かつ、柔らかくなるまでこねこね。

棒状にしたお餅を、片栗粉をしいた板の上に置き、8等分。
麺棒で丸く伸ばし、あんを包む。

はい、できあがり  きれいなみどりー
IMG_0376

※運動も忘れずに、笑。

kjnm1113 at 03:56|Permalink

2010年05月01日

たけのこ掘り@塔原町

GW初日、堺市西区の自宅から車を60分走らせ、岸和田市塔原町まで行ってきました。

何をしたのかと言いますとっ!!!

身体に安心・安全な野菜をお届けされている“秀ちゃん有機農園”さんの山におじゃまして、初たけのこ掘りをしました
(塔原町の農家さんは、30年以上前から有機栽培で野菜を作っていらっしゃるそうです!30年以上前からってスゴイッ!)

秀ちゃん有機農園の代表:秀ちゃんこと藤原さんに、たけのこ掘りのコツを教えていただき、いざ挑戦です!

山の斜面を歩き、少しだけ顔を出すたけのこを見つけるのですが、なかなか見つからず
(今年は例年より収穫高は低いそう)
コツは、“たけのこが土から頭を出しかけている=土がひび割れしている”ところを見つけるのがポイントです。
藤原さんのご協力もあり、見つけることができました

トンガという農機具で掘るのですが、結構力のいる作業なんです。
主人の力もかりまして・・・
IMG_0364

たけのこGET
左のおっきぃのが主人、右が私の見つけたたけのこ☆
IMG_6807

掘った後は、お楽しみのお食事タイム
おっきなお釜で炊いたごはんに
IMG_0368

たけのこがたくさん入った、たけのこカレー!
IMG_5249

マイお皿に盛り、マイスプーンで食べました。お茶もマイコップに注ぎます。
さて、たけのことカレーという意外な組み合わせ!
しかし!これがめちゃくちゃマッチしていましたっ!!!

お料理は、堺市の古民家再生複合施設“「遊」”内の日替わりオーナーカフェ「カフェらるご」などで、腕をふるっていらっしゃる、“ゆめや”さんや“kotubu”さんが中心になって、してくださいました。
そんなの美味しいに決まっているじゃないですか
いつもはおかわりとかしない私ですが、具だくさんのさらさらの美味しいカレー、おかわりしちゃいました☆

そしてそして!これを楽しみにしてきたのです!!!
現地でしか味わえない!“たけのこの生さしみ”
IMG_0371

掘りあげて即水洗いし、剥いてスライスすること2分くらい?!
すぐにお醤油をつけて生でいただきます。
んまいっ!!!甘みがあってさくさく?!しゃきしゃき?!
なんとも言えない美味!
しかし3分4分・・・経っていくうちに、アクが出てきて生ではとても食べれなくなります。
非常に貴重な体験でした。

山の中で自然を楽しんだのち、
自分で掘ったたけのこや、養鶏農家さんの有精卵を買い、
野生のよもぎを摘みました。

そして、秀ちゃん有機農園を藤原さんに丁寧に案内していただきました。
IMG_0073

有機栽培なので、すぐに雑草がたくさん生えるそうです。
(作物のまわりに雑草を刈った後がありますよネ)
有機栽培は本当に手も費用もかかるそうです。

「一般に流通している野菜に使われている農薬の恐ろしさを知っているからこそ、有機しか食べないし、自分の作る野菜は他に負けない自信があります^^」
との言葉がすごくかっこよく印象的でした。

kjnm1113 at 23:54|Permalink