11/18日曜日

★うめきち様
思い出しました。長女が中学生の時、仲間外れに遭って私はとても心を痛めました。本人もその時は意味もわからず焦ったようです。しかし今になって理解できます。波動が合わなかったのだなと。大人になってみてわかりますが、長女は優秀な大学に進学し、今は仕事で成功しています。とても聡明で明るく前向きです。実は、私の幼い頃にそっくりです。私は学生時代にすでに友人はいらないと思っていました。唯一無二の友人は自分だったからです。不思議に周りからは愛されましたが。
引き寄せの本には、こんな事例が載っていました。

いじめにあっていた中学生の男の子が、引き寄せの実践者に相談していたそうです。その人からはこんな答えが返ってきたそうです。いじめている子を悪いと決めつけるのではなく、そのことを忘れて、ひたすら自分が毎日笑って学校生活を楽しむ姿をイメージしなさい、と。
その子はイジメがあまりに辛く、毎日毎日イメージしては笑ったそうです。すると不思議なことに、いじめていた子が、1人また1人と転校していき1人もいなくなったそうです。イメージをする時大切なのは、相手のことを悪く思ったり、変えようとしないことです。ただ自分の明るい未来をイメージすることに時間を使えばいい、と書いてありました。
うめきち様が、1日も早く明るい毎日を取り戻されますように。