糖尿病で失明寸前の脳梗塞患者は今日も前向き。

私は61歳主婦。 約3年前、長年糖尿病に気づかず ある朝突然、目が見えなくなった事をきっかけに 緊急入院。レーザー手術。その後脳梗塞発症。。 半年もリハビリ病院に入院するハメに… こんな私の一番のテーマは、ほとんどを見えぬ目で明日を見ること…

2013年02月

第284話。ええっ!まだ?もうええって!!


数ヶ月ぶりの下痢のおかげで

本当の空腹感や、何かを食べたい!という欲求を

久しぶりに感じる。

生春巻き万歳!!

あ~あ、お寿司食べたい。

餃子、キムチ、白身魚のフライ、ポテトサラダ。

それからそれから、土井のしば漬け。

マルセイバターサンド、舟和の芋羊羹。

う~ん、他には??

あっ!そうそう。

紅生姜の天ぷら。

新宿中村屋の月餅。

名古屋大須のういろう。

ういろうの本場、名古屋で一番美味しいのが大須ういろう。

まだある。

福岡の辛子明太子で一番美味しくて

地元の人たちならここを選ぶ、というのが

かばた食品。

ここの昆布漬けは絶品。

決して高くない。

ここのを食べたら他は食べられない、と私は思う。

台湾で食べた、世界十大レストランの一つと紹介されたお店の小籠包。

美味しかった~!

またいつか行けるだろうか?

車椅子で。

故郷不知火の「ガネ」

あれは、絶対死ぬまでにもう一回食べないと。

それに、リンガーハットのちゃんぽん。

あ~あ食べたい、食べたい、食べたい。

こんなの初めて。

元気なときでもなかった。

本来、食べることには執着心のないタイプ。

どんな粗食でも、どんなに少量でも耐えられる私は

もし、被災して避難所生活になっても、食事のことには耐えられそう

と思うくらい、食には欲のない人間だったのに。

今日、何ヶ月ぶりかの健康な空腹感を取り戻したら

浮かぶ浮かぶ。欲しい物たくさん。

まだまだ浮かぶ。

大好きだったしめ鯖は、もう自分では作れないかもしれない。

自分で考案した鰯鍋、鰯寿司。

けんちん汁、お手製の梅干し、ラッキョウ。

必死にシュミレーションしてやっと見つけた苺のときとは大違い。

次から次へと湧き出すように。

大阪の人ならこういうとき「もうええって!」

と言うはず。

とどまることを知らない食のマーチに

頭の中には幸せが広がって

私の笑顔も久しぶりの本物。





クリックお願いいたします→→→

                         人気ブログランキングへ

第283話。幸せなお腹。



朝食前に十数回も下痢したが

その後は、夕方までに4~5回トイレに行って治まった。

ナースに「今日はカマグはやめとこか。」

と言われるまでもなく飲むつもりはなかったが

午後、白川ドクターの回診の際

ビオフェルミンを出しときますね。と言われた。

「ビオフェルミンは、気軽に飲んでいい薬ですから。」

と、相変わらず、患者の不安を察して言葉を選んでいる白川ドクターらしい優しさ。

ドアーの向こうに白川ドクターの姿がうつったとき、私は実は一瞬緊張した。

生春巻きのことを注意されるかと思ったのだ。

しかし、そのことには何もふれず、「永井さん!下痢ですか?」

と言って、子どものときのように、お腹に聴診器を当てて、

「うん!大丈夫ですね。出ないよりいいですよ。」

と、例の励まし。

○○よりいいですよ。の白川ドクターの言葉が

あながち思いやりからだけではない真実を言い当てている

と思うように、私のお腹は、数ヶ月ぶりにすっきりしている。

すっかり慣れてしまっていたが

私のお腹は、常に重苦しい不快感を抱えていたようだ。

そのせいか、実に久しぶりに、お腹が空いた~

と思った。

何か食べたい、と思った。

焼きそばもトンカツも、無理やり思い浮かべた物。

自然に浮かんだ物ではない。

今、食べたい物がいくつも浮かぶ。

完全に管理された病院で

許可を得た食事だとしても、病院食以外を食べて下痢したことに

大きな罪悪感を抱いていた私は

きっと、神様がくれた下痢なんだ、と思い始めた。

久しぶりの空腹感。

食べたい、という欲求。

それは、すっかり忘れていた幸せだった。

神様が、私に美味しく食べられるように

と与えてくれた生春巻きというインスピレーション。

あの日、娘が自分のために買ってきたのを

こわごわもらって食べたのにはきっと意味があったのだ

と思えるくらいに、私のお腹は、久しぶりの幸せ。



クリックオネガイイタシマス!!→→→
                             人気ブログランキングへ

第282話。おちおち下痢もできない。



これまでで一番素早く動いて車椅子でトイレに。

やっぱり下痢。

脳梗塞になってから初めて。

原因は何だろう??

一昨日の生春巻きの辛いソース?トンカツ?

どちらかに違いない。

日頃の食事は、薄味で油分のない料理ばかり。

それに慣れている胃腸がビックリしたのだ。

その朝、下痢は何度も何度も私を襲い

車椅子に座ったままで、トイレの前で朝食までの数時間を過ごした。

便器に座ったまま待つのはあまりに切なかったし

素早く動いたとはいえ、健康な人のように走れる訳ではないから。

しかし、そのことより

初めての下痢が、自分でトイレに行けるようになってからで良かった!

という気持ちに包まれて、笑顔がこぼれる妙な私。

一時間に十数回もナースコールを押すことを考えると

私の性格では耐えられそうにない。

朝食の時間が近づいた頃、下痢は治まった。

朝食、どうしょう?

柔らかい食パンだけでも食べようかどうしようか?

ナースが来るのは8時を過ぎてから。

下痢のことと、朝食の相談のためにわざわざ夜勤のナースを呼ぶのは申し訳ないので

食パンだけひとくち食べて

脳梗塞の薬と胃薬を飲むことにした。

いつものように8時過ぎに来たナースが

体温計を渡してくれて、血圧を測り

「便の回数は?」と聞くので

「う~ん、15回くらいです。」

「えーっ!下痢??」

「はい。」

「何か食べた?」

少しだけ疑うような口調。

「一昨日の眼科通院のときの生春巻きの辛いソースだと思います。」

不思議。こういうとき、何故か罪悪感にかられる。

隠し事でもしている子どものような心境になる。

外出許可をもらって食べたお昼ご飯なのに

まるで罪でも犯したかのような気分になるのは何故??

自宅なら、誰にも気を使わず下痢ができるのに…




クリックオネガイイタシマス!!→→→
                         人気ブログランキングへ

第281話。病を得て花開く私。



7~8段の上り下りでこれほどまでに消耗するのに

50段ほどある自宅の4階まで上がれるのだろうか?

の不安は、試験外泊直前まで忘れようっと。

いつものお気楽さを取り戻して

この日も、言語のリハビリ、手のリハビリの度に

セラピストたちに試験外泊のことを報告した。

ちょっとした肉体の進歩や

心が上向きになる出来事があると

子どものようにセラピストたちに報告する。

かつての私からは想像もできないこと。

しかし、最近私はこのように思う。

これは、人としてある意味進歩かもしれないと。

人に、強い自分、大人の自分、聡明な自分だけを見せていたときと比べると

私は可愛くなったような気がする。

今なら私はもっと家族や肉親に愛されるかもしれない。

そんなことを思うこの頃。

もしかすると

弱い自分や傷ついている自分を人に見せられるとき

初めて人は、本当に愛されるのかもしれない。

それこそが、真の強さかもしれない。

病を得て花開く私がいる。

子どもっぽくなったことを自覚することに戸惑った日もあったが

そのことも受け入れ始めている。

翌朝、いつものように朝5時に目覚めた。

あれ?

まさかの下痢??

急げ!車椅子に飛び乗った。

これまでで一番素早く動く自分を自覚しながら、大慌て






クリックオネガイイタシマス!!→→→
                          人気ブログランキングへ

第280話。奈落の底が待っている。



毎回、眼科通院を終えて森野リハビリ病院に帰るときは

言いようのない寂しさにかられる。

でも、今日は少し違う。

次回は家に帰る、と思うと、気持ちが明るい。

何ヶ月も帰ってない我が家。

何十年も暮らした我が家に

一ヶ月後に帰る、と思うと今からそわそわしてしまう。

森野リハビリ病院に帰ってからも

そのことを思うと気分が明るい。

久しぶりに次男にも会える。

翌日、血圧、体温測定に来たナースにそのことを伝えた。

午後、回診に訪れた白川ドクターは

「永井さん、試験外泊されるんですね。リハビリ頑張って下さい。」

と言った。

階段や自宅での移動を無事にこなせるように一層鍛えておくように

の意味だと理解し

「はい!」元気に返事をした。

その日、試験外泊のことをセラピストにも伝えた。

南(仮名)PTは、少しずつ階段の練習をして行きましょう。

と言ってくれた。

一時的にではあるが本当に帰宅するんだ

という確信が押し寄せて、ドキドキする。

その日、早速階段を7~8段上った。

南PTのリードのまま素直に足を動かしたら

思っていたよりスムーズに上れた。

ただ、わずか7~8段を上がりきったときは、全身から力が抜け、何キロもマラソンでもしたかのように体は泣いていた。

それでも次は下りなければいけない。

下りはもうおんぶしてもらいたいと思うくらい体は疲弊している。

上から見下ろすたった7~8段の階段はあまりに急に感じて

まるで奈落の底に向かって行くような怖ろしさ。

指導のままに一歩一歩カニ歩きで下りた。

手すりを握りつぶしそうなほど強く握って。

右手は、それでも、しっかりとは握っていない。

油断すると手すりからすぐはずれてしまう。

一階にたどりついたときは疲労困憊。

リハビリが終わって部屋に戻ったら、久しぶりのノシイカ。



EGS(イージーエス) エアロビクスステップ 踏み台昇降運動 EG-3086

新品価格
¥2,064から
(2015/10/19 10:15時点)




★血糖コントロールの味方。


Panasonic エアーマッサージャー レッグリフレ ブルー EW-NA34-A

新品価格
¥11,926から
(2015/10/19 10:18時点)




★血圧安定に。

ハリオ 香りマグカップ 330ml HKM-1T

新品価格
¥605から
(2016/1/29 13:34時点)




★でぃあべはこれで飲み物が美味しくなりました。



長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

新品価格
¥1,188から
(2015/10/19 10:18時点)





NHKスペシャル 脳がよみがえる 脳卒中・リハビリ革命

新品価格
¥1,296から
(2015/10/19 10:19時点)




ロッシモイストエイド 馬油ナチュラルミルクローション 485mL

新品価格
¥490から
(2015/10/19 10:20時点)




★お肌しっとり。

馬油シャンプー600ml

新品価格
¥490から
(2015/10/19 10:20時点)





馬油コンディショナー600ml

新品価格
¥503から
(2015/10/19 10:20時点)




★髪サラサラしっとり。

カルビー フルグラ 800g

新品価格
¥780から
(2015/10/19 10:21時点)





ラカントS 顆粒 800g

新品価格
¥1,850から
(2015/10/19 15:38時点)




★カロリー0の甘味料。


テルモ メディセーフ ミニ 血糖値自己測定器セット

新品価格
¥11,500から
(2015/10/21 12:39時点)




ドクター・ショール つま先ウォーマー 女性用フリーサイズ(22~25cm)

新品価格
¥540から
(2015/10/29 14:06時点)


プロフィール

でぃあべ

メッセージ

名前
メール
本文
  • ライブドアブログ