10/12木曜日。


★ともこ様

無事に運動会があって良かったですね。

私たちが若い頃、台湾はよく紹介されてましたね。日本の国民に優しい国です。


★うめきち様

どんな国に行く時もドキドキしたことはありません。

決して英語が完璧ではないのですが、どうにかなるさ!の気持ちです。

お嬢様、楽しく終わって本当に良かったですね。




       ☆☆☆☆☆☆☆



読者の皆様ももうお気づきのように、私は物事が解決してからしかご報告しない。

途中経過をお話しすれば、訪問者が増えることはわかっているが


姉や妹にさえ途中経過は話さない。


いたずらに心配して欲しくないからだ。


だから、解決してからブログにする。


一人孤独に耐えると言えばカッコいいが。


先日の白川クリニックでの事。


MRIの憂鬱と比べてとてもリラックスして診察に行った。


有難うのおかげか、MRIの結果は問題なくて、安心したが


実は貧血が悪化していて、有無を言わさず腫瘍マーカーを調べられたのだ。


腎性貧血か内臓出血かを確定するため。


心の中は、MRIを撮れば交換条件として腫瘍マーカーは計測しないって言ったのに。


が本音で、口にしたかったが我慢した。


「いつ結果を聞きにいらっしゃいますか!」


私はもう面倒なことは早く済ませたくて「血液検査の結果が出次第来ます。」と言った。


「5日ほどで出ます。」


「しゃあ、11日に来ます。」


春のときと同じラッキーナンバーの日を選び言った。


不思議にこの1週間、明るく過ごせた。


何か悪い予感という感覚はなかった。


そして結果は腫瘍マーカーは下がっていた。


やっぱりね。


なまじ血液検査を毎月しているので、患者の不安を煽るが


いたって元気なのに、腫瘍マーカーなんて測りたくない。


交換条件でMRIを受けたのに、これからもきっと定期的に測られるはず。


どうやって断ろう?


今その方法を模索中。笑