12/4月曜日

★ともこ様
メッセージ欄しかコメントをしない人もいるので、案外簡単かも、と思うのですが、私が詳しいことを知らずに説明できません。理解できたら説明しますね。
高い血糖値に慣れすぎて、食べ過ぎて困ります。

★うめきち様
メッセージ欄へのコメント、1月末までには理解しておきますね。

☆☆☆☆☆☆☆


朝の目覚め6:10。

血糖値は126。まあまあ。

何気ない日記風のblogでも、熱心にお読みいただいている読者様の存在を改めて知り

嬉しいやら感謝するやら。

だから、最後まで心を込めてblogを書くことにしよう。

もうわずかしかないが、なるべくお役に立てるように

私に分かることは思い出しながら書いて行こうと思う。

まず糖尿病のことから。

私は、失明騒ぎから糖尿病が見つかり、時すでに遅し

食事の度にインスリン注射をしていて

食後、私が予測した単位を打っていいことになっている珍しいパターンなので

一般的にお役に立てるかどうか自信はないが

インスリン注射と言う物に対して現時点で分かっていること

知っていることを書いてみよう。

初めて糖尿病の宣告を受け入院したとき

すぐに始まったインスリン注射について

詳しいことは一切理解していなかったと思う。

食事は朝、昼、夜の三回摂るもので

一日三回の食事前に速攻型のインスリン注射を打つものだと思っていた。

そんなある日、若い女性が入院して来て、1ヶ月の入院を申し渡された私と違い

1週間で退院して行った。

その人の退院の日、休憩時間かバラバラの職場での食事とインスリン注射を心配するのに

主治医は「3時間空ければ次のインスリン打っていいですよ。」と言った。

私はそれを聴き漏らさなかった。

(そうか。速攻型インスリンは、3時間しか効かないんだ。)と思った。

その後、自分なりに考えて、効果が3時間と言う理由よりむしろ

低血糖を防ぐためと思った。

                         -----続く-----