12/6水曜日


★ともこ様
長期間ヘモグロビンA1cは低いほど良いと思ってた方は
なかなか慣れないでしょね。

            ☆☆☆☆☆~☆ 

朝の目覚め5:25。

血糖値は167。

昨夜の夕食はカレー。

そうカレーを食べた翌朝は、血糖値が高い。

そして昨日の続き。
例えば、まだ効果が持続している3時間以内に次のインスリンを打ってしまい、低血糖になったら…

しかしやってしまった。

つい最近の事、単純に計算をミスして、2時間で打ってしまったのだ。

もちろん自分では3時間経ったつもり。

どうもお腹が空かないと思いながら、次の食事をした。

何を考えてるの!?

インスリンを打ってから気づいた。2時間しか経っていないこと。

それから、1時間間隔で血糖値を測り、低血糖から身を守った

と言う出来事があったが、肉体的の異変は何も起こらなかった。


持効型インスリンは、入院時9単位と決められた。

ランタスの単位は、もちろん毎日同じ単位。

私の場合は、就寝前に打つと決められている。

テレビなどで知ると、朝打つ人もいるようだ。

毎朝血糖値を測るうちに、あることに気づいた。

前夜、食べた物によって微妙に翌朝の血糖値が変わること。

カレーや焼肉、トンカツなどを食べたら、高め。そこにご飯を加えると、かなり高い。

その逆で、野菜料理のみと言う場合、かなり低い。

ご飯を加えると加えても低め。ご飯と言う炭水化物はそんなに悪さをしない。

お肉系のおかずと組み合わさると悪さをするが。

それが、パンを食べた日や麺を食べた日は少し高くなる。

私のように、ヘモグロビンA1cを上げるように命令されている場合以外

特に飲み薬での治療を受けていれば、朝の血糖値も低い数値を目標として良いのだろうが

朝と昼にカレーや肉は食べて、夜は粗食にする方が、体によいと言うことか…

インスリンとの付き合い方もやっと理解し

今や私は手遅れの合併症だが、経験上、暗く感じてストレスになるより

忘れて明るく暮らす方が合併症の進行も妨げられると思う。

糖尿病の宣告を受けてしまったら、もう元には戻らないと諦め

前向きな行動力でストレスから遠ざかろう!