3/6火曜日

★ともこ様
私も大阪に越して来て、しばらく経ってから川久の
存在を知りました。
本当に娘と二人の旅は疲れませんね。

                     ☆☆☆☆☆☆☆

川久の続きに進む前に…

さすが3月。暖かくなり、春らしい風を感じて幸せになる。

一年前は、ガンの不安と闘っていた。

その経験から、ますます行動的になり、子どものためにお金を遺そうとか

老後のために貯蓄しようとか元々思わなかったが

今を楽しもうと決めた。

だから、贅沢と思いながらも川久に行った。

私の経験の国内、海外のホテルバイキングで1位に躍り出たメニューは

お刺身、ステーキは当たり前。お寿司やしゃぶしゃぶ、天ぷらも当然だが

アクアパッツア、トルティーヤ、ローストポーク、ローストビーフ

生ハム、数種のチーズ、フォンデュ、フォアグラ、聞いたことのない小鉢数十種、サラダはもちろん

和歌山と言えばクエ。ピンチョス、アヒージョ、次々に出てくるスイーツ、生搾りジュース各種

スパゲティ、ピザも美味しい。カニ、伊勢海老まで食べ放題。

それでも半分くらいしか食べられず、絶対又来たい。

素晴らしい接客に感激した出来事もあった。

普通、バイキングの料理を取りに行くとき

家族に任すか、自分の膝にお盆を乗せて取り、そのまま席にそうーっと運ぶが

川久では、いつものように膝に乗せて選ぶつもりでバイキング会場に行くと

「お盆をお持ちしましょうか?」と若い男性スタッフから声がかかり

車椅子の客のために、人件費を惜しまないのか…

と感動した。

チェックインまで色々観光したが、それを書く必要がないほど川久に感動した。

部屋はもちろんオーシャンビュー。

窓から見える太平洋は、キラキラ光り美しい。

話は前後するが、夕食の前に、円月島観光に行った。

IMG_3539

IMG_3541


夕日がきれいな絶景ポイント。人がたくさん集まっていたが

あいにくこの日は曇り空。普通ならせっかく来たのに、とショックを受けるが

川久に又来る口実ができた、と喜んだ。

「円月島の夕日を見てないので川久に行こう。」と言える。

それくらい川久を気に入った。

目がちゃんと見える娘に言わせると「アチコチで老朽化が目立ったけど、それを補って余りある素晴らしさ。」と言っていた。

そして就寝。ベッドは半身麻痺にも気持ちいいシモンズ。


明日は「アドベンチャーワールド」だ。

パンダを楽しみにおやすみなさい。

                 

                                ---続く---