俺は身長が低いことでつまらない学校生活を強いられてきたんだな。

俺の身長は現在157cm。
別に小学5年生の男の子ではありませんよ。
れっきとした32歳の成人男性です。

保育園の年長さんまでは俺は常に一番身長が高かったのに、
小学校に上がってからは見る見るうちに身長を追いこされていき、
小学2年生からはずっと身長が一番低かったんだな。

新学期や新学年になる度に行われる席替え・・・。
これほどつまらない事はなかったなぁ。
なぜかって?俺は一番身長が低いことから絶対に一番前の、しかも教壇の前の席しか座れなかったからです!

他の奴らはそりゃ席替えの度に目を輝かせるわけですよ。
「後ろの席がいいなぁ」、「あの子の隣がいいなぁ」、「あいつの隣だけは避けたいなぁ」
なんて期待と不安をふくらませながらクジを引くわけですよ。

しかし俺にはクジは回ってこない・・・。
だって席はすでに決まっているから・・・。

先生は俺の為を思って一番前の、しかも教壇の前に席を構えてくれたと思うのだが、
「先生よー、目の前に教壇があることで黒板が見えにくいんですけど~」という
俺の心の叫びに気づいてくれる先生はだれ一人いなかったなぁ。

今の時代はちょっとしたことでいじめの対象にされるみたいだけど、
俺の時代はそんなことはなかったよ。
もしも、今の時代に生まれていたら俺はきっと悲惨な目に合っていたかもと思うと、
時代が変わった事に、日本の教育が変わった事に恐ろしさを感じてしまうよ。




pinky plus