2006年05月26日

【訪問介護事業】
 訪問介護事業は、訪問介護員などが利用者の居宅を訪問して提供するサービスです。
人材面でのウェイトが著しく高く、大きな施設・設備はほとんど必要としません。

訪問介護事業者の指定を受けるための要件は以下の通りです。


(1)法人であること
 介護事業を始めるには、法人格を有することが必要です。
株式会社、有限会社に限らず、NPO法人や確認株式会社・確認有限会社(1円会社)でも可能です。そのため、介護事業を始めたい場合は法人を設立するところから始めないといけません。既存の法人より介護事業に参入する場合は、目的変更が必要な場合もありますのでご注意ください。



(2)3つの基準を満たすこと
56








46












1-34





















(3)業者として都道府県より指定を受けること
 提供しようとするサービスごと、事業所ごとに都道府県知事より指定を受ける必要があります。指定を受けてはじめてサービスを開始することができます。



【ビジネスの特徴】
(1)質の高いサービスを提供するための社内教育・研修が必要です。
(2)サービスを開始できる態勢になったとしても、運営についても契約などが絡んできます。
   法令遵守の姿勢が強く求められます。

(15:13)